« 幽霊作家は作曲は駄目で作家はいいの? | トップページ | 再評価され始めた酒田出身「大川周明」 »

2014年2月13日 (木曜日)

韓国とは徐々に疎遠になることを期待する!

 韓国外交三原則、「助けない 教えない 関わらない」を貫くことだ。
 何も戦争は期待しないが、兵法三十六計の「遠交近攻の計」は、遠い国と手を結び、背後から牽制させながら近い国を攻める外交は今も通用する。

 さて、慰安婦記念碑像建立を推進している「韓国挺身隊問題対策協議会」の尹美香常任代表は、村山元首相を「慰安婦問題に非常に大きな傷を与えた政治家だ」首相になると立場を変え「日本政府は戦後補償をできない」と言い始め「被害者の反対にもかかわらず、基金による(償い金)支給を強行した」と主張した。と批判した。

 近年、粗製濫造された内閣総理大臣の弊害が、最近、随所に現れている。
 去年は鳩山由紀夫元首相の中国訪問で尖閣問題に水をさしたり、元首相や細川元首相、小泉元首相の原発発言等々が目障りと思っていたら、今度は村山富市元首相の韓国訪問だ。
 戦後50年の節目の年に「侵略」や「植民地支配」を行ったと認めた「村山談話の張本人だけに何か打開策でもあるのかと見ていたら、案の定、日本国を他国に売る売国奴の恥さらし外交だった。
 12日は、韓国国会で「女性の尊厳奪った」「恥ずかしい限り」などと、日本を貶める恥さらし講演をしたと思ったら、挺対協の尹美香常任代表からは、「首相になると立場を変えた人物」などと批判されている。

  結局は、自ら墓穴を掘ったようなもので、「飛んで火に入る夏の虫」外交だった。
  もっとも、社会党は元来、「親北朝鮮・反韓国外交」だったから批判されて当然。
 まあ、こんな国には、何をやっても、やらなくても恨まれることになるのだから、韓国外交三原則、「助けない 教えない 関わらない」を貫くことだ。

  • Logo_sankeinews
  • 韓国の好感度アップに必要なものは
  • 際立つ中韓の「日本嫌い」

    韓流ブーム終焉…観光業界悲鳴、日本人…

    過去には目瞑り…中韓の蜜月ムード

    アベノミクスが中韓に嫌悪される理由

  • 日本とは異次元の電力危機にある韓国
  • アベノミクスで韓国経済“瀕死”状態

    韓国、日本非難なら何でも許される

    韓国の謝罪と反省要求が執拗なワケ

    |

    « 幽霊作家は作曲は駄目で作家はいいの? | トップページ | 再評価され始めた酒田出身「大川周明」 »

    08 朝鮮半島に関すること」カテゴリの記事