« きっと「かっぽう着」が流行り出す。 | トップページ | 都知事選を「清須会議」と比較 »

2014年2月 1日 (土曜日)

小保方博士から「報道の皆様へ」お願い

 メディア(テレビ・新聞・雑誌など)は、広告収入で成り立ち、視聴率、売り上げ部数の数字で、その宣伝効果がハッキリ出ると言われる。0001l
 よって、視聴率や売上げが伸びそうなことには記者や取材陣が相手の事情などお構いなく飛びつき、「シツコイ取材」や偶然を装った「やらせ」、「でっち上げ」、「捏造」も絶えない。
 これには批判が当然多いのに、軽視するのか、自浄作用がないのか、反省や改善の様子は全く見えない。
 今後も、あること無いこと根掘り葉掘り報道して、マスコミの餌食になる被害者が多発することだけは間違いない。

  しかし今、メディアからの被害者の一人が声を上げた。
  理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター(理研CDB)の小保方晴子さんだ。
 メディアは「万能細胞STAP」の研究で大騒ぎしているが、小保方博士から研究成果に関係がない報道や事実でない報道で活動に支障が出ていると発された。
 報道関係者は、自分たちの利益や自己満足のために、買い物や睡眠時間も惜しんで研究にいそしむ研究員たちの、邪魔だけはして欲しくないものだ。
 いずれにしても、朝日新聞記者のシツコイ質問にはめられたNHK籾井勝人会長と言い、メディアの思い上がりと傲慢が如実に現れている報道が多い。

 Jan. 31, 2014
 報道関係者の皆様へのお願い
http://www.cdb.riken.jp/crp/news2014.1.31_2.html
 STAP細胞研究はやっとスタートラインに立てたところであり、世界に発表をしたこの瞬間から世界との競争も始まりました。今こそ更なる発展を目指し研究に集中すべき時であると感じております。
 しかし、研究発表に関する記者会見以降、研究成果に関係のない報道が一人歩きしてしまい、研究活動に支障が出ている状況です。また、小保方本人やその親族のプライバシーに関わる取材が過熱し、お世話になってきた知人・友人をはじめ、近隣にお住いの方々にまでご迷惑が及び大変心苦しい毎日を送っております。
 真実でない報道もあり、その対応に翻弄され、研究を遂行することが困難な状況になってしまいました。
 報道関係の方々におかれましては、どうか今がSTAP細胞研究の今後の発展にとって非常に大事な時期であることをご理解いただけますよう、心よりお願い申し上げます。
 STAP細胞研究の発展に向けた研究活動を長い目で見守っていただけますようよろしくお願いいたします。 2014年1月31日 小保方 晴子

|

« きっと「かっぽう着」が流行り出す。 | トップページ | 都知事選を「清須会議」と比較 »

12 その他の情報」カテゴリの記事