« 片山さつき氏が「舛添知事候補を斬る」 | トップページ | 警視庁創立140年記念式典グランドコンサート »

2014年1月22日 (水曜日)

日本が朝鮮半島でハングルを教えた。

 朝鮮半島は長年の愚民政策によって、”考えない国民”になっていた。
 そんな惨めな愚民達に、ハングル文字を学校教育に導入して教えたPhotoのは、ほかならぬ日本の朝鮮総督府であり、日本統治以前の識字率は約3パーセント以下だった人々を大幅に引き上げ、半島の近代化の基盤を作ったのは日本人だ。
 決して恩着せがましく言うわけではない。
 「日帝36年の支配で自国の国語を消滅しようとした。」などと朝鮮人(韓国人)はわめきたてるが、日本はハングルを普及させ韓国独自の文化を保護し近代化に努力したことを少しは理解すべきでは・・・・・。

 産経新聞の平成22年8月18日の拓殖大学・藤岡信勝教授のコラムを紹介したい。
 【正論】拓殖大学客員教授・藤岡信勝 
 日本がハングルを学校で教えた 2010.8.18
    http://ccce.web.fc2.com/si/hg.html
 李朝時代の朝鮮が「粗末な木造家屋」であったことは、朝鮮の外交顧問であったアメリカ人のスティーブンスさえ、日露戦争のあとで、次のように述べていたことからわかる。
 「朝鮮の王室と政府は、腐敗堕落しきっており、頑迷な朋党は、人民のH2財産を略奪している。
 そのうえ、人民はあまりに愚昧(ぐまい)である
 これでは国家独立の資格はなく、進んだ文明と経済力を持つ日本に統治させなければ、ロシアの植民地にされるであろう」
朝鮮の近代化は、日韓併合後の日本統治によって初めて実現した。日韓併合100周年に当たっての菅直人首相の謝罪談話を推進した仙谷由人官房長官は8月4日、日本の「植民地支配の過酷さは、言葉を奪い、文化を奪い、韓国の方々に言わせれば土地を奪うという実態もあった」と発言した。
 あまりの無知に開いた口がふさがらない
 ここでは、日本が朝鮮人から「言葉を奪った」という官房長官の妄想についてだけとりあげる。
日本統治時代、朝鮮半島に在住した日本人は、人口の2%に過ぎない。2%の人間がどうして他の98%の人間から、土着の言葉を「奪う」ことができるのか。
仙谷氏は、日本統治下の学校で日本語が教えられたことを、誤って朝鮮語を「奪った」と一知半解で述べたのかもしれない。それなら、この謬論(びょうろん)を粉砕する決定的な事実を対置しよう。
 韓国人が使っている文字、ハングルを学校教育に導入して教えたのは、ほかならぬ日本の朝鮮総督府なのである。
 李朝時代の朝鮮では、王宮に仕える一握りの官僚や知識人が漢文で読み書きをし、他の民衆はそれができないままに放置されていた。
 ハングルは15世紀に発明されていたが、文字を独占していた特権階層の人々の反対で使われていなかった。
 それを再発見し、日本の漢字仮名まじり文に倣って、「漢字ハングル混合文」を考案したのは福沢諭吉だった。。 

|

« 片山さつき氏が「舛添知事候補を斬る」 | トップページ | 警視庁創立140年記念式典グランドコンサート »

08 朝鮮半島に関すること」カテゴリの記事