« 韓国人のルーツはエベンキ族と同じ! | トップページ | 済州島出身の評論家・金満哲氏の言葉 »

2014年1月19日 (日曜日)

都知事選「漁夫の利」は田母神候補か

 
 愛称は「ラジオNIKKEI(にっけい)」と呼ばれる短波放送局のネット上で、2月Photo_29日投開票の都知事選に関連して、 「東京都知事にふさわしいのは誰?」 と調査中だ。
  http://market.radionikkei.jp/marketpress/goiken/
 そのアンケートで、今日19日午後5時時点だが、なんと田母神候補が 57.18%支持でダントツ一位だ。
 きっと、大手マスコミが「細川VS舛添」一騎打ちムードを演出する中、この候補者二人のスキャンダルを知り、ネット上で明確に拒否反応を示した結果であろう。
 これは極めて常識的判断と見ているが、果たして、2月9日の投票に反映されるかは疑問だ。

 ラジオNIKKEI『マーケットプレス』アンケート】
 (1) 田母神俊雄  57.18%
 (2) ドクター・中松 35.34%
 (3) 細川 護煕   2.86%
 (4) 舛添 要一   2.32%
 (5) 宇都宮健児   1.07% 
   ※1月19日午後5時の時点

 それに今回の都知事選は、やらなくてもいい選挙だ。
 それなのにやることになったのは、前都知事の金銭の授受問題からであり、今度こそ、クリーンな人をと願う気持ちの表れと見ることも出来る。
 よって、田母神候補が漁夫の利を得ることも有り得る。
 舛添氏に対しては小泉進次郎復興政務官の、「舛添氏を応援する大義は無い。自民を除名された人への支援、理解出来ない」とのコメントが正論だし、また、1億円借り入れ問題を抱える細川元総理に対しては甘利明経済再生担当相の「殿、お戯れを」などの発言が実に的を射ている。
 また、東京五輪・パラリンピックの大会組織委員会会長に就任する森元首相が、「原発即時ゼロなら五輪返上すべき」と小泉氏・細川氏ラインや、他の「原発ゼロ」を主張する候補者を案に批判したことも常識的に理解できる。
-------------------------------------------------------
都知事選「漁夫の利」は田母神候補か

有力候補の質の悪さは「五十歩百歩」

「舛添氏」は首都東京の顔に相応しいの?

「大名釣り」で迷惑するのは都民だ。

石原元都知事が田母神候補を推薦!

見えて来た「都知事選候補の顔ぶれ」

|

« 韓国人のルーツはエベンキ族と同じ! | トップページ | 済州島出身の評論家・金満哲氏の言葉 »

03  紹介しておきたい話」カテゴリの記事