« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月に作成された記事

2014年1月31日 (金曜日)

きっと「かっぽう着」が流行り出す。

  「かっぽう着」が勝負服の若い女性博士が凄い発見をした。0001l
 これを機に、日本で考案された「かっぽう着」が国際的にも見直されることになるかも知れない。

 連れ合いも着ることがなく、最近の東京では殆ど見かけない「かっぽう着」だが、山形県庄内地方に冠婚葬祭などで帰省すると、かっぽう着に手拭いであねちゃ被りをして忙しくしている、カァちゃん、バアちゃん達を見かけることがある。
 昭和の香りを強く残した姿に、何故か癒される郷里の光景だ。

 その姿を、最先端の再生科学総合研究センターの若い女性研究員に見せてもらうとは思ってもいなかった。その女性は、千葉県松戸市出身で理化学研究所発生・再生科学総合研究センター (神戸市中央区)の小保方晴子博士、30歳。
 仕事着は白衣ではなく、大学院時代に祖母からもらった「かっぽう着」、「これを着ると家族に応援してもらっているように感じる」という。
 この他にも、研究室の壁をピンクにしたり、亀を飼ったり、ムーミン好きなど、ユニークなキャラも新発見同様に注目されそうだ。

  発表した内容は、細胞の「初期化」などと門外漢には理解不能だが、革命的手法と世界が賞賛する画期的なもので、iPS細胞の山中伸弥・京都大教授も、「重要な研究成果が日本人研究者によって発信されたことを誇りに思う」と高く評価する。
 小保方博士は、若くして女性初のノーベル賞受賞者となるマリ・キュリー夫人を彷彿させるが、この「かっぽう着」姿をノーベル賞受賞まで貫いて欲しいものだ。
 なお、「かっぽう着」 は、2千円以内で購入できる。
 小保方博士にあやかって、巣鴨の地蔵通り辺りから一着購入して上げようかと思う。

|

2014年1月30日 (木曜日)

「ルネサス鶴岡」をソニーが買収決定

 Main_image
 昨日は、山形県酒田市に住む甥っ子家族から喜びの声が聞こえて来た。
 この朗報は東京五輪決定以上に、山形県庄内地方を駆け巡ったことであろう。
 それくらい、この地域では影響が大きく去就が心配されていたのだ。

 「ルネサス エレクトロニクス株」は1月29日、ルネサス山形セミコンダクタの鶴岡工場を3月末付でソニーに売却すると発表した。譲渡価格は75.1億円で、12インチウエハラインが対象となる。ルネサス山形には従業員912人が在籍するが、鶴岡工場で働く従業員680人のうち、8割がソニー子会社のソニーセミコンダクタに転籍するという。
 この会社は、NECの地方進出工場の先駆けとして誕生し、1996(平成8)年に鶴岡工場が完成すると同時に本社機能も移転し、庄内地方の雇用創出に多大の貢献をしていたものの、経営不振から、三年以内の閉鎖か大幅縮小の方針を知らされた社員の中には、早々に転職した人もいた。
 甥っ子も転職を検討していたが、早まらずに良かったと語っていた。

 数年後には、NECは手放したことを残念がり、ソニーはいい買い物をしたと思うことであろう。それくらい、庄内地方には秀逸且つ勤勉な勤労者が溢れている。
 関連記事としては、昨年山形県庄内地方の雇用創出と喪失として知らせした。

 ソニー、ルネサス鶴岡工場買収で合意 70億円
  2014/1/28 23:41  日本経済新聞 
 ソニーは半導体大手ルネサスエレクトロニクスの鶴岡工場(山形県鶴岡市)を買収することで、ルネサスと合意した。
 買収額は70億円程度。ソニーは200億~300億円を追加投資し、スマートフォン(スマホ)に組み込むカメラ用イメージセンサーを月2万枚(300ミリウエハー換算)生産する。生産能力増強で同センサー事業の世界トップの座を固める。

 

|

2014年1月29日 (水曜日)

世界最強の防衛力「海自の力」

0000abb

 ようやく「尖閣と竹島は固有の領土」だと、学校の先生方の指導要領解説書を改訂する運びらしい。
  下村文部科学大臣も、「そもそも今までの教科書で、わが国の領土の範囲をきちっと教えていなかったことに問題がある。教育的観点から、自国の固有の領土を子どもたちに正しく教えることは、国家として当然のことだ」と述べている。
  普通の感覚の日本人なら、何故こんなに売国・亡国の地図や教科書になったのかと心配していたはずだが、ようやく子供達も領土を自覚する一歩になるはずだ。

 思えば、日本に地理的に近接した中国や朝鮮半島、ロシアからの脅威は尋常ではなかった。事実、『ロシアの南下政策』に端を発した日清戦争、日露戦争や、満州事変、日中戦争、大東亜戦争等がそれであり、今後も脅威は永久に続くものと覚悟しておいたほうがいい。
  しかし、結果的にこの脅威のお陰で、国民の理解を得て防衛力を高めることが可能となり、安全保障の方針である「ハリネズミ防衛論」は益々強化されている。
 日本は困れば困るほど、窮地に陥れば陥るほど、科学や医学はもとより、他の製造技術や防衛力も更に向上させる国民性であることを知ることだ。

 今回はYouTubeから領土防衛の最前線で活躍する「海自の力 」を紹介したい。
 ハリネズミ防衛を代表するECM (エレクトロニクス カウンターメジャー、電子的妨害装置)の威力をみよ!
 この鉄壁の備えと同時に、国民の領土防衛意識の高まりがより大切なのだ。


海自の力
 http://youtu.be/LM11Ak2xWMg


現代の艦隊戦
     http://youtu.be/F69Y-x0Z83c    

|

2014年1月28日 (火曜日)

世界史はモンゴル帝国から始まった?

 1月26日大相撲初場所(国技館)は、千秋楽で横綱白鵬(28)は大関鶴竜(28)との優勝決定戦を寄り切りで制し28度目の優勝を決めた。Mongolall
 このように大相撲がモンゴル人に席巻されて久しい。
 このままでは次の横綱誕生は鶴竜であろう。

 最近では、日本人横綱がいたのは何時頃だったのか直ぐには思い出せないし、日本人横綱の誕生を予測するのは更に難しい。
 相撲界でのモンゴルの破竹の勢いは、歴史上最大の帝国と言われる「モンゴル帝国」をつくった当時の蒙古族のDNAそのものなのだろうか。

 それとも、「元寇(文永の役・弘安の役)」では、日本国だけは征服出来なかった無念を大相撲の世界ではらしているのかも知れない。
 そのあたりのことを、宮脇淳子先生と武田邦彦先生が解説してくれる。

宮脇淳子「世界史はモンゴル帝国から始まった」#01 1

http://www.youtube.com/watch?v=FGsvyS1WRBk&feature=share&list=PLtpaJ_DTI7z6gUPz2LRp8tWmsSsNRL3vr

1モンゴルとはどんなところ
 (地理・気候・遊牧民の生活・都市の生活・伝統文化)
2 朝青龍はなぜ強いのか
(モンゴル相撲の力士はみなアマチュア・土俵も時間制限もない)
3 チャイナドレスの起源はモンゴル服
 
(立て襟とスリットが満洲服へ、清朝崩壊後にチャイナドレス誕生)
4 韓国ドラマの歴史観
 
(チャングムの誓い、朱蒙、太王四神記、ファン・ジニ等を題材に)
5モンゴルと日本の歴史的関係
 
(日本人はモンゴロイド、ではモンゴル人と日本人は親戚?)
6 モンゴルの遊牧生活
 
(シャラブの絵「モンゴルの一日」の解説、ゲルの組み立て、移動)
7 朝青龍はなぜ強いのか? Part 2
 (モンゴルに長幼の序はない。モンゴル女性は強い)
8スキタイと匈奴
 
(紀元前一千年に黒海北岸とモンゴル草原で遊牧騎馬民が誕生した)
9 韓国ドラマの歴史観 Part 2
 (「朱蒙」の描く「古朝鮮」と実際の「高句麗」、「ファン・ジニ」と李氏朝鮮)
10 モンゴルと日本の歴史的関係 Part 2
 (日本の皇室は騎馬民族の子孫?)
11なぜ「世界史はモンゴル帝国から始まった」のか
 (地中海文明と中国文明を一つにしたモンゴル帝国)
12源義経はジンギスカンになった
 (明治時代に義経伝説とジンギスカンが結びついた理由)
13 ファインダーから見たモンゴル 1(写真家・大塚知則さんとの対談)
14 ファインダーから見たモンゴル 2(写真家・大塚知則さんとの対談)
15 北京の歴史
 
(遊牧民と農耕民が交わる場所にできた都市、紀元前から現代までの変遷を語る)
16ウランバートルの歴史
 
(移動僧院から社会主義建設へ、モンゴル帝国の首都カラコルムとの関係は?)
17『古事記』と『日本書紀』(『古事記』と『日本書紀』の内容はどう違うのか
    (
両書の成立年と日本語の誕生)
18モンゴルとチベット(モンゴル帝国以来のモンゴルとチベットの深い絆
  ダライ・ラマの誕生

■2012.05.05 武田邦彦 日本だけ(2) モンゴルに勝った日本
     http://youtu.be/NVrDYoXsZcs  

|

2014年1月26日 (日曜日)

魚の骨図(fishbone)の知識と応用

 群馬県下の「冷凍食品農薬混入事件」も解決の方向だが、このような食品工場でも「魚の骨図」を活用し「異物混入防止対策」などとして、衛生観念向上や製造工程チェックなどに全員が意見を出し合って品質向上に努力をして欲しいものだ。

 ところが我が家でも、課題解決を図る必要性に迫られたことから、「魚の骨図」或いは「フィッシュ・ボーン・チャート(fishbone diagram.)」と呼ばれる「特性要因図」を思い出した。
 かつては、この骨図で職場のトラブル対応など問題解決に取組んだこともあったが、その応用編として、「就活」、「婚活」、「持家新築」、「減量作戦」、「選挙対策」などと課題を掲げ、完成したら部屋や事務所などの見えるところに掲示して、方針に添っているか、忘れていることはないか確認したり、新しい案を追加するのもいいではないか。
 
 「魚の骨図」は、「品質管理の父」と呼ばれる、東京大学名誉教授、武蔵工業大学(現東京都市大学)元学長だった石川馨が日本で発展させたと言われ、特性(品質)に影響している要因を系統的に図解することで原因追及が容易になるとされる。

 トラブルや解決すべき課題があったとき、漫然と頭で考えていても、なかなか答えは見えてこないもの。そんなとき、因果関係を可視化することで課題の要因を突き詰めてみることも大切だ。
 
 

Image_3

作成のポイントは
●出来るだけ多くの人から、多くの意見を集め、参加意識を高める。
●多くの意見によって、幅広い意見が正しい要因が発見される。
●中骨・小骨が多く出た骨図は出来が良いものになる。
●要因を掘り下げるには「なぜ」「なぜ」を繰り返す。
●見えるところに掲示して、不足している要因を追加するなど完成度を高める。

■サンプル
 
(※下記サンプルは単独で短時間に作成したことや具体性に乏しいことに注意)

Image

Image_6 Image_2

|

2014年1月25日 (土曜日)

蘇るヒットラーの「演説練習写真集」

  日本五輪招致のプレゼンテーションは、語る内容は勿論だが、表情、目線、ジェスチャー、カメラ位置に至るまで微細に計算していたことが決め手と言われる。
 今、正に都知事選では街頭演説の真っ盛りだが、はたして候補者たちは、どのくらい聴衆に対するアピール力を研究し実行しているのか。
 この上手下手で、当落に大きな差が出ることは間違いない。

 さて、ナチスのアドルフ・ヒトラーが破棄を命じていたという「演説リハーサルの写真集」が一部公開されていることをご存じだろうか。ヒトラーは、自分の録音音声を聞きながら、このようなジェスチャーの練習をしていたとされる。
 そして、人心を揺り動かすには、人知れず努力していたことを知る。
----------------------------------------------------------------http://www.dailymail.co.uk/news/article-2362848/Images-Hitler-dictator-rehearsing-public-speeches-start-political-career.html
 
The pictures Hitler wanted nobody to see: Images of Nazi leader looking half-crazed that he wanted destroyed Read more: http://www.dailymail.co.uk/news/article-2362848/Images-Hitler-dictator-rehearsing-public-speeches-start-political-career.html#ixzz2rNHZd84W Follow us: @MailOnline on Twitter | DailyMail on Facebook



|

2014年1月24日 (金曜日)

都知事には田母神候補以外にいない。

01840ba1  
 今回の都知事選では誰に投票するかは、単純に難しいと思う。
 一般的には、支持政党優先か、人柄や政策優先か、醜聞の有無等、どれを優先させるかとされるだが、この比較が難しいのだ。
 このブログでは、今回の都知事選に関連した記事を7回も記述していたが、これと整合性ある支持をするには、田母神候補以外にないと結論づけた。
 きっと潔癖性が強い人と期待する。
 まず、石原元都知事が言う、「この東京を原発即ゼロの細川外国人参政権賛成の舛添に任せるわけにはいかない」にもろ手をあげて賛同する。
 また、佐川急便からの一億円借用問題を抱える細川元総理は勿論ダメだが、片山さつき氏へのDVや実姉の生活保護、息子の養育費減額裁判等々から福祉を語る資格がない舛添候補も都知事にしてはならない。
 それに、「原発即ゼロを掲げるなら東京五輪も即廃止も公約しろ」と迫る森元総理の発言も支持する。
 これの問題に全てクリアーしているのが田母神候補だが、あとは都民の投票行動に結果が伴うかであり、都民の民度が試されことになる

 
 ただ一点、田母神候補に注文を付けるなら、街頭演説などで何かと「自衛隊・自衛隊」と言わないこと。
 それに「私は本当はいい人なんです」も邪魔な台詞だ。
 強いアピールやユーモアになっていないし、都民の琴線に響かない。
 ただ、これまでのように強気で正論を不撤退の決意で述べつつ、都民に誇りと自信、やる気を持たせるアピールを繰り返して欲しいものだ。

 現段階では、有力候補の票はかなり割れると予測されるが、大手マスコミが「細川×舛添」を演出する中で「漁夫の利」を得ることも十分にあり得る。

片山さつき氏が「舛添知事候補を斬る」

都知事選「漁夫の利」は田母神候補か

有力候補の質の悪さは「五十歩百歩」

「舛添氏」は首都東京の顔に相応しいの?

「大名釣り」で迷惑するのは都民だ。

石原元都知事が田母神候補を推薦!

見えて来た「都知事選候補の顔ぶれ」

【今日の田母神】1月23日都知事選告示
 ② 渋谷 度肝抜くゴンドラ車
     http://youtu.be/MvJeRoZ9sTE


【今日の田母神】1月23日都知事選告示
 ④ 渋谷で出陣【石原慎太郎
     http://youtu.be/OyEH2WBVJJk  

|

2014年1月23日 (木曜日)

警視庁創立140年記念式典グランドコンサート

Photo
 
 
 折しも、1月22日付で首都・東京の治安を担う警視庁のトップ、西村警視総監が退任し、第91代警視総監に警察庁の高綱刑事局長(55)が就任したその日に、警視庁創立140年記念式典警視庁音楽隊グランドコンサートが、午後7時から午後9時まで「東京文化会館」:台東区上野公園5−45で開催された。

 警視庁音楽隊のレベルの高い演奏、カラーガード(MEC)の華麗な演技の他、 警視庁儀儀仗隊による警視総監に対する栄誉礼も会場の雰囲気を引き締めた。
 都議会からは、不在の都知事に代わって自民党(警察・消防委員会)の吉野利明議長も参列され、警視庁警察学校学生が唄う「警視庁の歌」のくだりにあった「.明るくも 正しく 強く」の歌詞を引用した挨拶も関係者の心を打つ内容であった。
 なお、昭和23年制定の「警視庁の歌」を作詞した山口栄は、戦後に大手の新聞記者をしていたが、転職して警視庁警察官を拝命している。その歌詞も警視庁職員の増員により昭和50年ころ、「われら三万」から「われら四万」に改正されたという。100003bf
------------------------------------------------------
警視庁創立140年記念 警視庁音楽隊グランドコンサート
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/sikumi/ongaku/grand.htm
 日時:1月22日(水) 19:00開演(18:30開場)
 場所:「東京文化会館」:東京都台東区上野公園5−45
 曲目:ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」 「警視庁の歌」、「警視庁行進曲」他
 指揮:藤崎凡
 出演:警視庁音楽隊
      警視庁音楽隊カラーガード“MEC”(メック) 00003bf
   警視庁警察学校学生 100名
   警視庁儀仗隊      30名

警視庁の歌  
   山口 栄 作詞
 鳴り渡る  自由の鐘に
 盛り上がる 平和の力
 明るくも 正しく強く
 挙り立つ われら四万
 その名こそ オウ オウ 警視庁

 炎熱の 巷の中や
 星凍る 冬の夜空に
 民の幸 都秩序
 護り行く 光はわれら
 その名こそ オウ オウ 警視庁

 花と咲く 文化の都
 築きゆく 聖なる務め
 希望満つ その晨(あした)こそ
 旭日は 燦と輝く
 その名こそ オウ オウ 警視庁

 

|

2014年1月22日 (水曜日)

日本が朝鮮半島でハングルを教えた。

 朝鮮半島は長年の愚民政策によって、”考えない国民”になっていた。
 そんな惨めな愚民達に、ハングル文字を学校教育に導入して教えたPhotoのは、ほかならぬ日本の朝鮮総督府であり、日本統治以前の識字率は約3パーセント以下だった人々を大幅に引き上げ、半島の近代化の基盤を作ったのは日本人だ。
 決して恩着せがましく言うわけではない。
 「日帝36年の支配で自国の国語を消滅しようとした。」などと朝鮮人(韓国人)はわめきたてるが、日本はハングルを普及させ韓国独自の文化を保護し近代化に努力したことを少しは理解すべきでは・・・・・。

 産経新聞の平成22年8月18日の拓殖大学・藤岡信勝教授のコラムを紹介したい。
 【正論】拓殖大学客員教授・藤岡信勝 
 日本がハングルを学校で教えた 2010.8.18
    http://ccce.web.fc2.com/si/hg.html
 李朝時代の朝鮮が「粗末な木造家屋」であったことは、朝鮮の外交顧問であったアメリカ人のスティーブンスさえ、日露戦争のあとで、次のように述べていたことからわかる。
 「朝鮮の王室と政府は、腐敗堕落しきっており、頑迷な朋党は、人民のH2財産を略奪している。
 そのうえ、人民はあまりに愚昧(ぐまい)である
 これでは国家独立の資格はなく、進んだ文明と経済力を持つ日本に統治させなければ、ロシアの植民地にされるであろう」
朝鮮の近代化は、日韓併合後の日本統治によって初めて実現した。日韓併合100周年に当たっての菅直人首相の謝罪談話を推進した仙谷由人官房長官は8月4日、日本の「植民地支配の過酷さは、言葉を奪い、文化を奪い、韓国の方々に言わせれば土地を奪うという実態もあった」と発言した。
 あまりの無知に開いた口がふさがらない
 ここでは、日本が朝鮮人から「言葉を奪った」という官房長官の妄想についてだけとりあげる。
日本統治時代、朝鮮半島に在住した日本人は、人口の2%に過ぎない。2%の人間がどうして他の98%の人間から、土着の言葉を「奪う」ことができるのか。
仙谷氏は、日本統治下の学校で日本語が教えられたことを、誤って朝鮮語を「奪った」と一知半解で述べたのかもしれない。それなら、この謬論(びょうろん)を粉砕する決定的な事実を対置しよう。
 韓国人が使っている文字、ハングルを学校教育に導入して教えたのは、ほかならぬ日本の朝鮮総督府なのである。
 李朝時代の朝鮮では、王宮に仕える一握りの官僚や知識人が漢文で読み書きをし、他の民衆はそれができないままに放置されていた。
 ハングルは15世紀に発明されていたが、文字を独占していた特権階層の人々の反対で使われていなかった。
 それを再発見し、日本の漢字仮名まじり文に倣って、「漢字ハングル混合文」を考案したのは福沢諭吉だった。。 

|

2014年1月21日 (火曜日)

片山さつき氏が「舛添知事候補を斬る」

 片山さつき参院議員に離婚した前夫の舛添都知事候補を応援しろとは、安倍晋三首相も酷な要求をするものだ。1693
 「誰よりも片山さんに、応援に行ってほしい」と依頼されたという。
 片山さつき議員と舛添要一候補は、かつて夫婦関係にあったが、夫・舛添候補からのDV (ドメスティクバイオレンス)で離婚していることを知ってのことだろうか。
 その具体的な経緯は「週刊新潮」から、「舛添要一」という男の本性(片山さつきインタビュー)で明らかにされているので下段にコピペした。
 コピペの元は既に削除されたが、以前「メモ帳」に保存しておいたもの。
 http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org4799199.pdf
 片山さつき議員は応援演説などを今のところ断っているようだが、仮に恩讐を超えて元夫の選挙応援に出たとしても片山議員は国民からは評価されない。

 なお、新聞・テレビは舛添待望論があるのか、同氏の問題ある人間性や女癖の悪さなどのスキャンダルの数々は伝えていない。
 小泉進次郎復興政務官が語る、「舛添氏を応援する大義は無い。自民を除名された人への支援、理解出来ない」とのコメントがあまりにも正論すぎる。
 有権者も、新聞・テレビの報道だけで投票行動を決めてはならない。

 保守系支援の候補とはいえ、最も都知事に最も相応しくない男 と見ているので、重ねてお知らせしたい。
 「舛添氏」は首都東京の顔に相応しいの?

20100428_2

 「舛添要一」という男の本性
 (週刊新潮、2010年5/36・13GW特大号)
 (片山さつきインタビュー)
 弱きに強く、利用できるものは何でも利用する人でした、彼は約束を守らない、 党首となった今、彼の真の姿がいずれ明らかになるはずです。
 総理期待度No1と持て囃される舛添要一・参院議員(61)。
 4月23日、ついに「新党改革」を立ち上げ、党首(代表)の座を手に入れた。
 だが果たして、本当に将たる器なのか。元妻であり「政敵」となった自民党の 片山さつき氏(50)が、彼の本性を今、明かす。
 これまでも、「舛添さんについて喋ってほしい」という求めはありましたが、 いずれもお断りしてきました。
 いろいろな経緯があったとはいえ、 彼とは自民党の「同志」でしたから。
 しかし今回、彼はその自民党に後足 で砂をかけるように離党していった。
 自民党は迷惑している。
 だから今回は、私の知る彼の真の姿をお話ししても良いかなと。
  彼は新党を作って、一体何をしようというのでしょう。
 カネのかかる政治との決別、憲法改正、日米安保を基軸とした 外交・安全保障掲げる政策を眺めてみても、どれも白民党がや ろうとしていることと変わりはない。
 目新しさは何もありません
 なぜ外に出て、それをやらなければならないのでしょうか。
  例えば、新党は遠州制を導入するとも謳っています。 しかし、彼が自民党で遠州制の議論を先導したとか、 実現に向けて汗をかいたとか、そんな話は聞いたことがありません。 何を今さら遠州制と言い出すのか、理解に苦しみます。
  社民党の福島瑞穂さんや国民新党の亀井静香さんは、小党といえども 党首であり、テレビに映る機会が多い。 結局、彼も党首になりたかっただけではないでしょうか。
 利用できるものは何でも利用する人でしたから。
 私との結婚も、大蔵省の女性キャリアという私の肩書 き・立場を利用したかっただけなんだろうなと、 今改めて思います。
 片山氏は、東大法学部卒業後、大蔵省(当時)に入省
 女性初の主計官として注目を集め、05年、代議士に転身。 昨年の総選挙で苦杯を嘗めたものの、今夏の参院選で捲土 重来を期している。
 大蔵官僚時代の86年、東大助教授だった舛添氏と結婚。 後に離婚している。
 両者の夫婦関係はわずか2年強で終焉を迎えた。 だが事実上、結婚生活は始まりとほぼ同時に「破綻」 していたという。 近藤鉄雄先生(大蔵OBの元労働相)に紹介されてのお見合い 結婚でした。
 私が27歳の時のことです。
 今と違って、 当時は27歳にもなれば女性は結婚するものだという風潮があった。 役所は保守的なところですから、なおさらです。 そういった時代でしたから、 実は彼の前にも2回ほどお見合いの話があったんですが、 私は結婚しても仕事を続けたかった。当然、帰りが遅くなることもある。 それを知ると「ちょっと考えさせて」と言われ、二人ともお見合い にまで至らなかった。
 そんな折に紹介されたのが彼でした
  「自分の同期や教え子には官僚がたくさんいて、生活パターンは 熟知している。いくら遅く帰ってきても構わない」  彼はこう言ってくれました。 男性の権力が圧倒的に強い時代でしたが、仕事と家庭の両面を支援してくれ る人もいるんだな、この人は「希少価値」があると思った。 仕事を大切にしていた私にとって、彼のこの言葉こそが結婚を決意させた要因でした。
 最初はソフトな印象だったんですが.......。
 お見合いの場合、特に恋愛の期間がなくても結婚するものだと当時は 思っていました。 それに、相手が一回り歳上で、一応自分が卒業した大学の助教授、 しかも役所のOB政治家の紹介ということで、迂閥にも信用してしまったんですね。
 結婚前にこんなことがありました
 ある日、私に何も知らせず、 彼は夕刊紙の記者を連れてきたんです。
 そして、彼との結婚話が1面で報じられた。 保守的な役所の世界で生きていたにも拘らず、関係者への挨拶等の段取りを、 私はすっ飛ばす形になってしまったわけです。 官僚としての私の立場を全く考えていない。
 彼は、女性キャリアとの婚約という 「ニュース」をやはり利用しようとしたんでしょうね。
 ただただ、怖かった
 慌しく始まった結婚生活でしたが、「平穏」だったのは最初の数週間だけ。 そして彼は2ヵ月で「約束」を反故にしました。  「遅く帰ってきやがって!」 突然、彼は怒り始めたんです。 仕事で遅くなっても終電やタクシーで、日付が変わる前には帰宅しようと 努力していたんですが.......。
 いきなりキーッとなって、理由もなく怒鳴る。一方的にまくし立てて、 私の言うことは一切聞かない。話し合いにすらなりません。 その辺にあるものを、手当たり次第に投げつける。後の話ですが、 炊飯器の上蓋が割れていたことも。
 またある時は、サバイバルナイフなどいくつものナイフを私の目の前に ズラーッと並べた。
 彼は、ナイフ の収集が趣昧だったんです
 しかも、そのうちの一つの 刃先を私に向けたことまであります。
 充分過ぎるほど の威嚇行為でした。今で言『えぱ「DV」ということに `なるんでしょうか。  彼は身体も大きいし、ワーツと大声で責め立でてく るので怖かった。ただただ、怖かった。着の身着のまま、タクシーで浦和市 (現さい たま市)にある実家に戻ったこともあります。
結局、結婚から3ヵ月ほどで、弁護士に離婚を相談しました。
 すると、弁護士の調査で彼には愛人が、そして彼女が妊娠中であるこ とも分かった。でも既にその時は、不倫の事実を知っても何も感じませんでした。
  とにかく、一日でも早く別れたい、離れなければそれだけを考えていました。
  「出ていけ、出ていけ」とギヤーギヤー騒いでいる人の横では、 寝ることさえままなりません。今思うと、愛人ができたから、 私を早く追い出してしまいたかったんでしょうね。完全に向こうの都合です。
 私から離婚調停を申し立て、正式に離婚が成立したのは結婚の 2年3ヵ月後でした。時間を掛けたのは、世間体を考えてのことに過ぎません。
 実際は、のべ半年も同居していません。
  調停にしたのは、籍を抜きたいと言っても向こうが話し合いに応じなかった ことと、離婚の原因は彼にあることを、はっきりとさせておきたかった ことが理由です。
 10歳以上も歳下で、しかも社会での女性の地位が今と比べものにならないほど 低かった当時、彼は私にとにかく「暴力的」でした。
 弱きに強い人-。
 彼との結婚生活を振り返ると、そんなことが思い出されます。
 本当に申し訳ないんですが、良い記憶はない。
 恐怖のみ、それ以外何も感じ ませんでした。まあ、相性が合わなかった。よく調べずに、結婚した私も軽 率だったといえば、それまでですが.....。
 勉強と役しか知らない「おぼこ娘」でしたから。
 離婚翌年、彼女はゴルフ用品のマルマンの御曹司、片山龍太郎氏と再婚。
 今も彼を「龍ちゃん」と呼び、その夫婦仲はつとに有名である。
 そして05年、前記の通り代議士に。
 一方の舛添氏は、二人の女性に出産させたものの入籍せず、後に別の女性と再婚。その間には、婚約不履行で訴訟を起こされてもいる。
 01年、小泉旋風下で参院議員に 初当選。
 安倍改造内閣で厚労相として初入閣、福田麻生内閣と続投した。
 知っているのは20年以上前の彼。それから彼は変わったのか否か、 私には何とも言えません。お互い議員になって以降も、口を利いたことすらない。
  ただ、私が自民党の広報局長時代、参院選で負けた後に、一方的に私のことを 「もっとも広報に相応しくない」(「週刊文春」07年8月16・23日号) などと悪口を言って、腹いせなのか責任を被せてきたことがありました。
 いい迷惑でした
 負けた後なら、どうとでも敗因を押し付けられます。
  そもそも、自身も当時参院政審会長だったんですから、どんどん良き発信 をすべき立場だったと思うんですが。
 また彼は、最初は小泉さん(純一郎・元総理)を評価していた。
 ところが、小泉人気が一時カゲりを見せた02年頃に一転して批判する ようになる。
 安倍さん(晋三・同)の時も、参院選(07年)中から支持率 が落ちると徹底的に非難した。つまり、弱き状況にある人に強く出た。
 かと思えば、その安倍さんに厚労相を打診されると喜んで引き受けたり もしている。公私ともに、人は利用するだけのものと思っているんでしょう。 今回の離党にあたっても、後見人とされる青木さん(幹雄・参院議員) と訣別したそうですが......。
 大体、彼の言葉に信頼性があるとお考えですか?
 例えば彼の新党 には郵政族や、郵政民営化に反対して自民党を離党した人がいる。 そう考えると、民主党政権が進めている「郵政改悪」支持政党という ことになりますよね。でも、彼は民営化に賛成していたんですよ。  彼にはこの政策を実現したい、是が非でも成し遂げたいといった ものがあるんでしょうか。改革派といっても、彼のどの実績がそれ にあたるんでしょうか。専門分野はあるんでしょうか。
 社会保障の分野ですら、彼以上の論客は自民党にいくらでもいます。
  結局、東大を辞めた時と今回は全く同じだと思います。
 彼は東大の体質を外から告発すると言って去っていったわけですが、 その後、何か行動を起こしたとは聞かない。今度も、党名にまで使った 「改革」のための離党と言っていますが、本当にできるんでしょうか。
  いずれにせよ、彼の離党は理解しがたい
 そういった新党はさておき、 来る参院選でのターゲットは、中道左派・社会主義を志向しているとしか 思えない民主連立政権です。「第三極」の動きに惑わされることなく、 保守・自由主義の旗幟を鮮明にして、私はブレずに自民党の筋を通して 戦います。
 尚、舛添氏は依然、総理期待度調査で「29%」(2010/4月5日読売新聞)、 「21.5%」(同月16日時事通信)と、2位に3倍前後の差をつけて 首位を独走している。
 それはそうかもしれません、
 彼の「本当の顔」を知らされていなければ
 民主主義社会においては、時として「小狂気」の政治家が人気を集めることがあるんです。しかし今回、彼は党首になり、注目度と同時に責任 も増した。否応なく、いずれ彼の真の姿が明らかになるはずです。
 自民党の舛添要一前厚生労働相は22日夜、都内で講演し「仮に私が首相になったら、 閣僚の7割は民主党から選ぶ。自民党から欲しいのは3割だ」と述べ、政界再編を視野に首相の座を目指す決意を表明した。 2009/12/23
 (週刊新潮、2010年5/36・13GW特大号)

片山さつき氏は慎重 舛添氏の応援要請
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp3-20140120-1246426.html
 自民党の片山さつき参院議員(54)は19日、安倍晋三首相から東京都知事選(23日告示、2月9日投開票)で党が支援する舛添要一元厚労相(65)を、応援するよう直接要請されたことを明らかにした。
 片山氏は舛添氏の元妻で、推薦を決めた東京都連の所属。この日都内のホテルで開かれた党大会で、近くに座っていた首相から、「誰よりも片山さんに、応援に行ってほしい」と声を掛けられたという。
 これに対し、片山氏は自身の政治姿勢と舛添氏の主張が一致しなければ、難しいとの認識を示し、「条件がクリアされれば」と慎重な言葉を繰り返した。
 障害がある婚外子への慰謝料や扶養に関する対応や、生活保護の問題などを挙げた。応援の可能性について明言は避け、実際に実現するかどうかは不透明だ。
 片山氏は、旧大蔵省官僚時代の1986年、当時東大助教授だった舛添氏と結婚したが、2年ほどで離婚。その後、実業家の片山龍太郎氏と再婚した。
 [2014年1月20日9時8分 紙面から]

|

2014年1月20日 (月曜日)

済州島出身の評論家・金満哲氏の言葉

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は「親中・反日」真っ直ぐらの路線を歩んでいるが、済州島出身の「金満哲氏の言葉」から、韓国にもこのような常識的な思考回路の人がいることを覚えておきたい。同時に、イザベラ・L. バードの『朝鮮紀行―英国婦人の見た李朝末期』 と併せて紹介したい。

---同胞韓国人は嘘つきばかりである。私はそのことが恥かしく、情けない。
--  「日本文化の祖が韓国」とは恐れ入る。---
 一体、併合前の朝鮮半島のどこに「文化」なるものがあったのか。
 併合前、我々先祖は乞食同然の生活をしていたではないか。
 現在の韓国の姿、まさに他人により作られた砂の楼閣だ。
 虚飾と偽善と歪曲とおごりに満ち満ちている、真似と依存と歪曲が全てである。
 このような韓国の本質を知らず「韓国こそ世界一」などとほらを吹いて自己満足している本国、在日の韓国人は正気の沙汰ではない。
 これが恥でなくてなんであろうか。
 同胞韓国人は嘘つきばかりである。
 私はそのことが恥かしく、情けない。
---「韓国は独力で近代化を成し遂げた」って。---
 馬鹿を云うな。
 韓国の近代化は 日本の莫大な資本と人材の投与によって成し遂げられたものである。
---「韓国は日本の統治に抵抗をもって対抗した」だって。---
 馬鹿馬鹿しい。
 同胞韓国人はロバのように日本の統治を甘受したのが実態だ。
 ごくごく一部の抵抗はあったが上から下まで、みんな日本にあこがれ、日本人になろうとしたのだ。
 「韓国が独立したのは韓国の手によるものだ」にいたっては呆れてものも言えない。
 誰も日本からの独立など望んでいなかったのに、アメリカに強制的に独立させられたというのが真実だ。
---「漢河の奇蹟」(はんがんのきせき)だって!笑わせる。---
 日本から賠償金という名目で莫大な経済援助と技術援助で成し遂げられたものだ。
 これだけお膳立てしてもらえばどんな未開民族でも経済成長するだろうよ。
--------------------------------------------------------------
"Korea and Her Neighbours" by Isabella Lucy Bird 
『朝鮮紀行―英国婦人の見た李朝末期』 イザベラ・L. バード 

 英国人女性旅行家 Isabella L. Bird が朝鮮を訪れたのは、1894年、62歳の時である。以後3年余、Bird は4度にわたり朝鮮各地を旅した。

 「朝鮮紀行」("Korea and Her Neighbours")に書かれている李朝末期(約100年前)の朝鮮の姿は凄まじい

・貨幣制度が(ほとんど)ない。
・ソウルは世界有数の汚く悪臭のする都市。
・一般民衆の住む場所は藁葺きのあばら屋で、通りからは泥壁にしか見えない。
・道はとにかく悪い。

Bird が見たSeoul

 「都会であり首都であるにしては、そのお粗末さはじつに形容しがたい。 礼節上二階建ての家は建てられず、したがって推定25万人の住民は主に迷路のような道の「地べた」で暮らしている。 路地の多くは荷物を積んだ牛同士が擦れ違えず、荷牛と人間ならかろうじて擦れ違える程度の幅しかない。 おまけに、その幅は家々から出た糞、尿の汚物を受ける穴か溝で狭められている。
 酷い悪臭のするその穴や溝の横に好んで集まるのが、土ぼこりにまみれた半裸の子供たちと疥癬もちでかすみ目の大きな犬で、犬は汚物の中で転げまわったり、日向でまばたきしている。
 ソウルの景色のひとつは小川というか下水というか水路である。蓋のない広い水路を黒くよどんだ水が、かつては砂利だった川床に堆積した排泄物や塵の間を悪臭を漂わせながらゆっくりと流れていく。 水ならぬ混合物を手桶にくんだり、小川ならぬ水たまりで洗濯している女達の姿。
 Seoulには芸術品がまったくなく、公園もなければ見るべき催し物も劇場もない。他の都会ならある魅力がSeoulにはことごとく欠けている。 古い都ではあるものの、旧跡も図書館も文献もなく、宗教にはおよそ無関心だったため寺院もない。結果として清国や日本のどんなみすぼらしい町にでもある堂々とした宗教建築物の与える迫力がここにはない。」

|

2014年1月19日 (日曜日)

都知事選「漁夫の利」は田母神候補か

 
 愛称は「ラジオNIKKEI(にっけい)」と呼ばれる短波放送局のネット上で、2月Photo_29日投開票の都知事選に関連して、 「東京都知事にふさわしいのは誰?」 と調査中だ。
  http://market.radionikkei.jp/marketpress/goiken/
 そのアンケートで、今日19日午後5時時点だが、なんと田母神候補が 57.18%支持でダントツ一位だ。
 きっと、大手マスコミが「細川VS舛添」一騎打ちムードを演出する中、この候補者二人のスキャンダルを知り、ネット上で明確に拒否反応を示した結果であろう。
 これは極めて常識的判断と見ているが、果たして、2月9日の投票に反映されるかは疑問だ。

 ラジオNIKKEI『マーケットプレス』アンケート】
 (1) 田母神俊雄  57.18%
 (2) ドクター・中松 35.34%
 (3) 細川 護煕   2.86%
 (4) 舛添 要一   2.32%
 (5) 宇都宮健児   1.07% 
   ※1月19日午後5時の時点

 それに今回の都知事選は、やらなくてもいい選挙だ。
 それなのにやることになったのは、前都知事の金銭の授受問題からであり、今度こそ、クリーンな人をと願う気持ちの表れと見ることも出来る。
 よって、田母神候補が漁夫の利を得ることも有り得る。
 舛添氏に対しては小泉進次郎復興政務官の、「舛添氏を応援する大義は無い。自民を除名された人への支援、理解出来ない」とのコメントが正論だし、また、1億円借り入れ問題を抱える細川元総理に対しては甘利明経済再生担当相の「殿、お戯れを」などの発言が実に的を射ている。
 また、東京五輪・パラリンピックの大会組織委員会会長に就任する森元首相が、「原発即時ゼロなら五輪返上すべき」と小泉氏・細川氏ラインや、他の「原発ゼロ」を主張する候補者を案に批判したことも常識的に理解できる。
-------------------------------------------------------
都知事選「漁夫の利」は田母神候補か

有力候補の質の悪さは「五十歩百歩」

「舛添氏」は首都東京の顔に相応しいの?

「大名釣り」で迷惑するのは都民だ。

石原元都知事が田母神候補を推薦!

見えて来た「都知事選候補の顔ぶれ」

|

韓国人のルーツはエベンキ族と同じ!

 これは面白い話題だ。Century_ja_svg
 このページは、最近ネット上で話題の、「韓国人のルーツはエベンキ(エヴェンキ)族 」からのコピペ。
 ほかにも似たようなタイトルで拡散されているが、韓国では、配信すると10分以内で削除されるそうだ。
 半島人はエベンキ族とルーツが同じといわれるのが、よほど嫌いでルーツを隠したくてしょうがない民族なのだろうか。
 半島も、かつては日本や中国と同じ漢字文化圏に属し同じ古典を共有していたが、人種が入れ替わったため伝わらなかったらしい。
朝鮮半島の大雑把な歴史は、
7世紀ころ百済・新羅・高句麗の三国時代は終焉し
7世紀:唐の隷属国
13世紀:モンゴルの属国
13世紀:エベンキ族の侵入により旧朝鮮民族消滅
1392年:李氏朝鮮時代が始まる
14世紀:明の隷属国
17世紀:清の隷属国
20世紀:日本が莫大な資本と人材の投与で近代化を進める。(済州島出身の金満哲氏)
 つまり13世紀ころ、エベンキ族が背乗り」したところで、エベンキ族が多くの朝鮮人を追放したか、混血した地域とされ、顔立ちなどの容姿、言語、トーテムポールなどの風習等々が酷似していると研究者が発表したもの
 これは現在、イスラエルで白人の偽ユダヤ人(ハザール人)が、本物のアラブ系のユダヤ人を迫害していることと酷似している。
 今の日本も、よほどシッカリしないとこのような人達に「背乗り」される虞がある。D0150949_17163020
---------------------------------------------------------------
 本当の高句麗の王族は古代、エベンキ・ワイ族から逃れ、日本に数千人が渡Photo来、土着した。その後エベンキ・ワイ族は高句麗を真似て「高麗」と国を作り、高句麗の子孫になりすました。
 今の在日朝鮮人が俺たちこそ日本人だというようなものだ。
 これは異端の説ではない。
 研究者なら当たり前の事実である。
 実際、中国は、高句麗は今の韓国人と無関係だと歴史論争を繰り広げているし 、言語学者も高句麗語は韓国語とまったく似ておらず、日本語との音韻の類似を指摘している。

 韓国外国語大学ロシア語科のカン・トクス教授が朝鮮人のルーツの研究をしました。それで、結論は、「エベンキ人が朝鮮人にそっくりだ」ということを言いだして、言語学的な研究を行っています。
 このことを韓国のサイトで言うと、ただちに10分以内で削除されてしまいます。
 カン・トクス教授はサハ共和国南北辺境に住んでいるエベンキ人たちが使うエベンキ(ツングース)語は数字や一家親戚を称する単語が韓国語と非常に似ていると話しました。韓国人のルーツはエベンキ人ではないかと主張しています。
 言語学的に研究して今まだに分からないと言われている朝鮮語が「アリラン」という言葉です。「アリラン」という歌がありますが、これはエベンキ人の歌なのです。近隣の少数民族であるエベンキ族は現在まで「アリラン」と「スリラン」という単語を使っています。韓国でもっとも有名な民謡である「アリラン」の歌詞の「アリラン」は「迎える」、「スリラン」は「感じて知る」という意味なのです。
 エベンキ人など全然知りませんでしたが、これが凄いのです。
 物凄く獰猛な蛮族です。エベンキ人はトナカイに乗った狩猟民族です。トナカイの乳を飲み、トナカイを殺して食べて皮を剥いでいた民族です。そして、エベンキ人は衛生観念が全く無いのです。
 貞操観念も無く、獣(けだもの)と言われている民族です。
 シベリア原住民の遺伝子と韓国人の遺伝子型を分析した結果、約70%が典型的なモンゴロイドの遺伝型を見せ、父系を知らせてくれるY染色体の場合、シベリア原住民は主にO型、南アジア原住民はC・D型です。韓国人はO型とC・D型が混ざっているといいます。
 ソウル大医大イ・ホンギュ教授は「韓国人は北方モンゴロイドのエベンキ族と南方原住民の血が混ざって形成された民族」と主張しました。
 埼玉県日高市武蔵台一丁目にある西武鉄道池袋線の高麗駅(こまえき)には、『天下大将軍・地下女将軍』と書かれたトーテムポールが建っています。
 要するに高麗 若光(こまの じゃっこう)が来たところですから、『天下大将軍・地下女将軍』というトーテムポールが並んでいるのです。
 今でもそのトーテムポールは高麗駅にあります。
 トーテムポールは、エベンキ人のものなのです。エベンキ人はたくさんトーテムポールを造り、木の上にも鳥のトーテムポールを作るのです。韓国人も同じ風習があるのです。「韓国人はエベンキ人だ」と韓国サイトに書き込むと10分以内に削除されてしまいます。
 カン・トクス教授が研究したのですが、エベンキ人と朝鮮人は、共通する言葉がたくさんあるのです。
エベンキ語のデョルは韓国語のドルで「石」
デュルはドゥルで「2(二)」
デュル-レはドゥル-レで「周り」
ムはムルで「水」
アミはアビで「父」
エニはエミで「母」
アシはアッシで「若い女性(アガシ)」
アキはアチで「おじさん(アジョシ)」
べイェはべで「輩」
~ンイは~ウイで「~の」
を意味する。
 カン・トクス教授によれば「韓国語の起源がツングース語だという学説を後押しできる実体的証拠が発見された、さらに多い研究が必要だ」と言っています。「こんな蛮族が韓国人のルーツなのか」と分かります。
 だから彼らは自分達のルーツをあかすことを嫌がるのです。
 韓国人はお墓も壊してしまうのです。韓国にも前方後円墳があるのですが、日本風に見えるものは全て壊してしまい、全て無かった事にしてしまうのです。
 また韓国人は、ひどく世界最悪の衛生観念がない民族です。
 このエベンキ族と韓国人はそっくりなのです。
 1906年に「最近朝鮮事情~朝鮮の人々(上)(中)(下)」という本があるのですが、韓国人の生活習慣が書いてあるのですが、凄い事が書かれています。
・衛生観念は全く無く、獣に近い
・勤勉とか責務という観念は無く、雨が降ったらそこらじゅう水だらけになるので仕事をしないで呆然としている。雨が降ると動かないので雨具が無い。日本の傘を入手すると嬉しそうに周囲に自慢している。 ようするに、治水という概念が無い。
・雨が降って水が濁っても、ろ過して使うという事をしないで濁ったまま水を使う。とにかく衛生観念が無く、伝染病がはびこっている。
・濁っている水だろうが、小便や糞が混ざっている水でも平気で飲む。とにかく不潔で、味噌と糞も朝鮮人にとっては一緒だ。
・壁は馬糞を混ぜる。壁が固くなるそうだ。
・驚くべき事に小便で顔を洗う。肌のきめが細かくなるそうだ。
・肺結核や解熱として小便を飲む・いよいよ病気が酷くなると、大便を食べる。
・穴で暮らしているから夏は暑く、家の外で寝るが、顔の近くを大便や小便が流れているが、 朝鮮人にとっては臭くないらしく、平気で寝る。
・小便壷が家の中にあり、客がいても平気で小便をする。また、痰を吐くときは口の近くに壷を持ってくる。
・雨が降るとこれらの不潔物と雨水が一緒になりすねの上まで浸かり、家の中の物が水に浸るが、 洗うという事はしないでそのまま使っている。
・婦人が洗濯をしているので見てみると小便水と見分けの付かない黒い水に洗濯物を揉んだり打ったりしている

 これらの特徴が中国の史書にみられる穢族(わいぞく)の記述に一致するところが多いので、穢族説が見受けられるようになってきているようです。
 エベンキ人は、広場の真ん中にトイレがあり、その周りで寝起きしたのです。彼らは川の水は泥水しかみたことがないので、泥水を平気で飲んでしまうのです。
エベンキ人=穢族(わいぞく)と、女真族という最低の馬賊がいるのですが、この民族が現在の韓国人のルーツです。
 現代の韓国人は古代、日本とつながりのあった高句麗・百済を滅ぼしたエベンキ人であり、日本人と韓国人はまったく違う別の民族なのです。
 現在、在日朝鮮人が日本人に成りすますように、エベンキ人は高句麗人に成りすまして内部から侵入し、唐と組んで内側から国を滅ぼしてしまったのです。
 本当の高句麗の民族は、日本に逃れて埼玉県に土着したのです。
 その後エベンキ人は、高句麗を真似て「高麗」と国を作り、高句麗の子孫になりすましたのです。
 ですから、もともと韓国にいた民族はもういないのです。
 どんどん日本に逃れたりしています。それは、今の韓国人と全く違う民族です。
 一説によると新羅という国をエベンキ人が滅ぼして「我々は新羅人だ」とも言ったのです。
 韓国外国語大学ロシア語科のカン・トクス教授が朝鮮人のルーツの研究をしました。

韓国人のルーツはエベンキ(エヴェンキ)族 2011年05月06日06:04
http://blog.livedoor.jp/sugerless1222/archives/51784557.html#

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1343865373

韓国人のルーツは、高麗人でも百済人でもなく 別民族エベンキ(エヴェンキ)族[Evenks]

「エベンキ トーテムポール」でGoogle検索してみましょう

ツングース族の顔

http://img.tfd.com/wn/51/68A75-tungusic.gif

韓国では大真面目に国家機密扱いらしく、エンコリでこの関係の
スレが立つと10分以内に運営によって消される
余程都合が悪いらしい。

http://www.flet.keio.ac.jp/~shnomura/mura/contents/mid/Img2049m.jpg

 朝鮮人は自分たちのルーツが、実は高麗人でもなければ百済人でもなく、他民族だったというのを隠したくてしょうがない。

|

2014年1月18日 (土曜日)

新右翼の仲介料は1割が相場、「5百万円」

 猪瀬前都知事は都知事選直前「徳洲会」から5千万円を受け取ったが、当選直後、新右翼団体「一水会 (反天皇、反日、反米)」の木村三浩代表に、一割の5百万円を謝礼として渡していた。
 この謝礼の金額などについては、本ブログで2013年12月12日 (木)「猪瀬都知事5千万借用の「疑問の数々」で推測していたことをお知らせしたい。

 
 次は平成6年、細川氏が総理大臣を退陣に追い込まれた佐川急便からの1億円借り入れ問題が再熱するはずだ。
 「徳洲会はダメで佐川急便はいい」とはならない。
 細川氏は予定された記者会見を延期・再延期しているが、東京佐川急便からの借り入れ問題の説明方法に苦慮中とみられる。
 どんな言い訳を準備しているのか。
  当時は、東京佐川急便事件に関連して「徳洲会」以上に暴力団や右翼団体が裏で暗躍していた事件だった。
 
 きっと、この一億円借入れにも暴力団や右翼等の口利きがあったはずだ。
 これに対して、どんなに体裁を取り繕っても、都民の目を誤魔化すことは出来ない。

多摩湖畔日誌:猪瀬都知事5千万借用の「疑問の数々」 
http://z-shibuya.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/510-3611.html
  3:一水会・木村三浩代表との関係について
  (1)新右翼団体・一水会及び、代表との交際の深さはどの程度なのか。
 (2)このような人達の口利き料は1割以上が相場と言われるが、猪瀬都知事は払ったのだろうか。
 タダで動くようなことは絶対にない
 (3)知事選当時、知事は「あっちこっちに挨拶に連れて行かれた」と言うが、代表と一緒に挨拶に行ったところは、何回、どんなところか。
 (4)木村代表と挨拶回りしたところは徳洲会だけでなく、全て資金援助につながったのではないのか。http://www.asiapress.org/apn/pdf/inose_syusihoukoku.pdf
--------------------------------------------------------------
猪瀬氏側、仲介者に500万円 徳洲会5千万円問題
  朝日新聞デジタル 1月18日(土)5時0分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140118-00000011-asahi-soci
 東京都知事選の直前に医療法人「徳洲会」グループから5千万円を受け取っていた猪瀬直樹・前都知事(67)側が、当選直後の2012年12月下旬、新右翼団体「一水会」の木村三浩代表(57)に500万円を渡していたことが関係者の話で分かった。5千万円の一部である疑いがあり、猪瀬氏と徳洲会の仲介役だった木村氏への「当選の謝礼」とみられる。(朝日新聞デジタル)

◆木村三浩氏が仲介者

徳田議員から資金提供申し出 同席者が証言 - 47NEWS(2013年11月26日)

◆地検が本格捜査に乗り出す
猪瀬前知事本格捜査へ 焦点は「新証拠」「新証言」 -
 猪瀬氏は5千万円の借り入れをめぐって違法性を完全否定しており、主張を覆す「新証拠」「新証言」が見つかるかが焦点となる。産経新聞(1月8日)

猪瀬都知事5千万借用の「数々の疑問」

猪瀬都知事は完全に「死に体」だ。

猪瀬都知事の異常発汗は自律神経失調症?

5000万円の集中審議は9日と10日!

猪瀬都知事は「針のムシロ」状態か

某知事は「サイコパス(性格異常)」?

猪瀬都知事!「もうだめだ!観念しろ」

猪瀬都知事に「解決する力」は無い!

見苦しい言い訳が続く「猪瀬都知事」(2013.11.23)

大ピンチ!猪瀬都知事の醜聞噴出(2013.06.14)

|

2014年1月17日 (金曜日)

「永遠の0(ゼロ)」の題名の謎が解けない。

In memory of  稲田堅次(1973-2012)    夏八木勲(1939-2013)

 「永遠の0(ゼロ)」の感慨に浸っていると「エンディング・ロール(映画制作情報)」12795454818の銀幕に、この文字が流れた。「in mémory of〇〇」とは「〇〇を偲んで」となり、二人がこの映画を観ていないことが分かる。
 俳優・夏八木勲(73歳)病死のことは知っていたが、
 稲田堅次(39)さんは映画撮影で使う滑走路の整備中に飛行機と接触して亡くなったボランティアだという。生死を扱う映画だったが、これに重なるように撮影時の現実でも関係者に生死があったことを知った。
 特に、夏八木勲の役は戦死した宮部久蔵の妻・松乃と再婚、佐伯健太郎姉弟の祖父・大石賢一郎として、戦後ヤクザとなった景浦役の田中泯とともに、主人375e62_2公の戦友として、いや運命の共有者として存在感を示していたのに遺作となってしまった。
 この映画は戦争を題材にしているが、実際は家族愛を前面に出した作品であり、祖父は特攻で若くして戦死しているが、その様子を知り遺された娘は勿論、二人の孫達に誇りと自信、やる気を起こさせ、その後の人生を切り開くに十分な勇気を与えたことを示唆していた。
 正に、日本の自信回復の願いをオーバーラップさせた。

 戦後、空母などの戦艦を狙った特攻作戦を、
 「洗脳されていた」、
 「狂っていた」、
 「強制された」などと決め付け、一般市民を巻き込む自爆テロと同一視して批判する傾向がある。約70年前の二十歳前後の若者が、どんな思いでこの国を今に残そうとしたのか、愛国心とは何か、家族を守るとは何か、じっくり考えることも大切だ。そして、いつまでも自虐史観に惑わされない正しい歴史認識を以て、「永遠の0」の孫たち同様に日本人としての自信を回復する機会にしたいものだ。
 この小説は五百万部近い売り上げがあり、映画は観客は376万人超、収益も46億円超を、それぞれ今も更新中のヒット作だそうだ。

 大石賢一郎(夏八木勲)は最後に語った。
 「わしが生き残ったのは、死んだ者の死を無駄にしないためだ。物語を続けることだ。あれ以来夫婦の間で宮部さんの話が出たことは一度もないが、忘れたことも一度もない」、「あの時代、一人一人の物語があった。今は何事もなかったかのように生きている。それが戦争で生き残ったということだ」、「私たち戦争を知る者は、あと10年もすればみんないなくなる。この話を、お前たちに伝えられてよかった」
 この台詞にこそ、原作者の思いが籠められているのではなかろうか。
 このページのタイトルを、「永遠の0(ゼロ)」の題名の謎が解けない。としたが、誰でも「永遠に戦争はゼロにしたい」との願いもあるが、現実はその逆もある。
 よって、観た人、読んだ人、それぞれが答えを出せばいいのではないか・・・・・・

あらすじ
 司法試験に落ちて進路に迷う佐伯健太郎(26歳)は、祖母・松乃の葬儀の日に、今の祖父とは血のつながりがなく、血縁上の祖父が別にいることを知らされる。
 本当の祖父の名は宮部久蔵。60年前の太平洋戦争で零戦パイロットとして闘い、終戦直前に特攻出撃で帰らぬ人となっていた。宮部のことを調べるために、かつての戦友を訪ねる健太郎。しかし、宮部の人物評は「海軍一の臆病者」などのひどい内容ばかり。宮部は、天才的な操縦技術を持ちながらも敵を撃破することより「生きて還る」ことに執着していたのだ。「家族のもとへ、必ず還ってくる」、それは宮部の妻・松乃への誓いだった。
 この作品は70年前の過去から現代までを、ミステリーを解くかたちで進行し、宮部久蔵の真実の姿を少しずつ見せていく。観終われば、その謎は解かれるが、しかし、「永遠の0」という題名に込められた謎が一層深まっている。

 

20131209 VOICE 永遠の0が問いかけるもの
http://youtu.be/jYNm54HIZx4
永遠の0(ゼロ)、百田尚樹さんが語る
http://youtu.be/vyck8SujIgo
永遠の0(ゼロ) ~宮部久蔵の「辞世の詩(うた)」/唄 島津亜矢  http://youtu.be/LMyW8vk-iNE

|

2014年1月16日 (木曜日)

有力候補の質の悪さは「五十歩百歩」

 5千万円の泥棒と一億円の泥棒を比べると、どっちが悪いのだろうか。
 性格や経歴に問題があっても能力が高い人物と、能力は疑問だが性格や経歴は問題ない人物と比較して、どっちを選ぶのかと比べることがある。
 これは比較自体が間違いで、どっちもダメ候補者の資格なしだ
Image_2

 わずかな違いだけで本質は変わらないことを、「五十歩百歩」或いは「五十歩を以て百歩を笑う」との故事は、中学生頃に教わった。
 これを、5千万で都知事を辞めた猪瀬氏と、1億円で総理を辞めた細川氏を対比させると、「5千万円を以て1億円を笑う」とでも言うのだろうか。
 いや、「1億円を以て5千万円を笑う」となるのか。
 それとも、猪瀬氏は5千万円返済、細川氏は1億円返済だから「倍返し」で相殺されるのか。細川Photo_3佳代子夫人は、1億円借入金問題に「全部返しました」「都知事選挙への影響は全然ありません」と胸を張るが、この辺りに、戦国乱世を生き抜いた細川家の知恵があるのか。
 

 それに、対立有力候補とされる舛添要一氏は、もっとお粗末君だ。
 「家庭内暴力(ナイフで妻を威嚇)」、「妻三人、愛人二人、子供二人、婚外子三人」、「妻は創価学会大幹部」、「私は朝鮮人とカミングアウト」、「実の姉が生活保護受給」、「自民除名」、「日本国旗をこれ邪魔でしょ」 「外国人参政権賛成」、「靖国参拝反対」等々の問題だらけ。こんな、人格破綻者や犯罪者と思しき候補者を並べて、都民に何を基準にして選べと言うのか・・・・・

 新聞・テレビも、候補者たちの経歴・実績とともに問題点もシッカリ都民に知らせるべきなのに、最近の報道は腐敗した中身を隠して選ばせるに等しく、後で広げて、その悪臭にガッカリするのは都民だ。 
 やはり、首都・東京の顔は人格経歴も立派、かつ志操堅固で難問山積の巨大都市の都知事として期待される能力の高い人物を選ぶべきであり、問題の山に問題知事を重ねても、問題が多くなるだけ・・・・・・。
 都政を殿様や高齢者、変わり者が弄ぶ、道楽の場にだけはして欲しくないし、賢明な有権者はマスコミの報道を鵜呑みにして惑わされてはならない。
 結論は、こんな質の悪い有力候補者を並べた選挙はめったにないことは確かだ。
 お互いに「目くそ鼻くそを笑う」ような闘いか。

「舛添氏」は首都東京の顔に相応しいの?

「大名釣り」で迷惑するのは都民だ。

石原元都知事が田母神候補を推薦!

見えて来た「都知事選候補の顔ぶれ」

|

2014年1月15日 (水曜日)

1月15日は「警視庁創設記念日」

 明治政府は明治4年「散髪脱刀令」を布告すると、「ザンギリ頭を叩いて見れば文明開化の音がする」と巷で唄われはじめた。30623714
 まだまだ江戸時代の雰囲気を強く残している東京であった。

 明治5年(1872)5月、西郷隆盛に推挙された薩摩出身の川路利良は、東京の治安維持にあたる邏卒(後の巡査)の責任者に起用されると、同年9月、警察制度視察のためにヨーロッパに渡った。
 明治6年9月帰国するが、征韓論に揺れる明治政府であった。
 自分を推挙した西郷は韓国出兵を主張、しかし岩倉使節団に随行して同時期に渡欧していた大久保利通は猛反対する。激しい議論の末、西郷ら征韓論者は参議を辞し鹿児島に帰国することになる。西郷が去った後、薩摩藩出身者が次々と辞職するが、川路自身もどちらにつくか心が揺れたが、明00000002治政府に仕えていることを自覚し残る決心をする。そして、西郷と行動を共にしようとする薩摩人警察幹部にも、「ポリスは国家を背負うものであることを思い、進退をあやまるなかれ」と死を賭して諭したという。

 腹を決めたその後は、明治政府内の薩摩派閥の中核となった大久保に渡欧で見てきたことを報告し、特にフランスを手本とした警察制度の改革に着手する。
 この警視庁創設期を扱った小説には、司馬遼太郎の『翔ぶが如く』、山田風太郎の『警視庁草紙』、また最近では、加来耕三著の『大警視川路利良 - 幕末・明治を駆け抜けた巨人』、神川武利著『大警視・川路利良―日本の警察を創った男』などがある。

 この警視庁は1874(明治7)年1月15日創立だが、例年この日を「警視庁創設記念日 」にすると、昭和32年12月10日付の通達甲第56号で通達された。
 
 今年は関連行事として、1月22日(水)午後7時から「警視庁創立140周年記念警視庁音楽隊グランドコンサート」が東京文化会館で開催される。Photo_2

1874(明治7)年1月15日創設
1874(明治7)年1月24日鍛冶橋第一次庁舎竣工
1882(明治15)年12月4日鍛冶橋第二次庁舎竣工
1911(明治44)年3月30日日比谷赤れんが庁舎竣工
1923(大正12)年9月1日日比谷赤れんが庁舎、関東大震災で焼失
1931(昭和6)年5月29日旧桜田門庁舎竣工
1954(昭和29)年7月1日現警察法施行、現在の警視庁発足 00000honbu
1980(昭和55)年6月17日現在の桜田門庁舎竣工

 ついでながらあと一歩、警視庁創設期や近年のことに触れる。
  
 今から約150年前の幕末期、薩摩・長州を中心とした徳川幕府の倒幕運動である明治維新(革命)が成功し、明治新政府が誕生した。
 国内の治安維持回復のため、新制度を早急に整備する必要に迫られた。
 明治5年、西郷隆盛に推挙された薩摩出身の川路利良は、欧州において警察制度を研究し、帰国後に明治政府に提出した「警察制度改革の建議書」が、内務省及び警視庁創設のきっかけとなる。
 明治7年1月15日、東京警視庁が設置されると川路は警視長に任命され、同年10月、大警視となる。
 警視庁最大の危機は創設三年目の明治10年2月勃発の「西南の役」であった。
 川路は陸軍少将を兼任し、警察官で編成した「警視隊」約9500名を率いて九州及び関西地方に派遣を命じられる。皮肉にも出身地・薩摩藩士族を中心とする反乱軍の敵将は、かつて川路を推薦した西郷隆盛だった。
 「警視隊」の中には、元会津藩士の佐川官兵衛や元新選組三番組長で藤田五郎と名を改めた齋藤一(33才)が参加していたが、佐川は現在の熊本県阿蘇市で戦死。齋藤一は激戦をくぐり抜け警視庁警察官として勤務し、明治24年4月47歳で麻布署警部として退職、大正4年9月28日座禅したまま死亡したという、享年72歳。
 なお、この内乱の最大の攻防は、熊本の田原坂であった。
 数や武器には勝る警視隊も、士族で構成された西郷軍の斬り込み隊には相手にならず壮絶な白兵戦が繰り広げられる中、警視庁警視隊の中から、剣術に優れた百余名を選抜して「警視庁抜刀隊」を編成する。この抜刀隊の奮戦は西郷軍鎮静に多大な貢献をすることになるが、旧会津藩士の隊員は戊辰戦争の賊軍の汚名を果たすべく「戊辰の仇」と叫びながら斬り込んだといわれる。
 
 警視庁第二の危機は終戦時のGHQ命令による内務省などの解体であったが、かろうじて首都東京の警察組織に警視庁の名称を留められたとされる。

 戦後においても、占領期に発生した無差別大量殺人「帝銀事件」、日本共産党が主導した「血のメーデー事件」や「印藤巡査殺害事件(練馬事件)」、1960年の第一次安保闘争や1970年台の第二次安保闘争及び全共闘・大学紛争、東京オリンピック開催(第18回夏季)、成田新国際空港建設の反対運動、第5回・第19回主要国首脳会議(東京サミット)警備、今も話題にのぼる吉展ちゃん誘拐殺人事件、永山則夫連続射殺事件、三億円事件、また、あさま山荘事件、土田警視総監邸爆破事件、新宿クリスマスツリー爆弾事件、連続企業爆破事件など過激派による爆弾闘争、最近も注目される「東京佐川急便事件」や「オウム真理教事件」、重要未解決事件としては「東村山署旭が丘派出所警察官殺害事件」、「柴又女子大生殺人放火事件」、「世田谷一家殺害事件」、「八王子スーパー強盗殺人事件」等々の難事件・警備に直面した。
 更に、警視総監や北沢署長が引責辞任した「制服警察官女子大生殺人事件」、「立川署警察官による拳銃使用殺人事件」などの重大な不祥事も列挙される。
 果たして第三の危機は、どのように訪れるのであろうか。
 最も避けるべきは「獅子身中の虫」の培養のはず・・・・・
 今一度、川路利良初代大警視(警視総監)が言う「ポリスは国家を背負うものであることを思い、進退をあやまるなかれ」との言葉をかみしめ、1月15日の「警視庁創設記念日 」は、その原点を見つめ直す日にすべきだ。

|

2014年1月14日 (火曜日)

「舛添氏」は首都東京の顔に相応しいの?

 都知事有力候補に関するマスコミ報道は、顔出しの長さや順序、取り上げ方で立ち位置が見えて来る。数日前までは舛添要一氏待望一色だったが、ここ数日は、細川護熙元総理を巡る動きが主体だ。しかし、細川元総理には「殿ご乱心」と批判した甘利明経済財政担当相の一言に尽き、証人喚問から逃げるために総理を辞職した、佐川急便からの一億円借用問題が必ず再熱するはずだ。
 いずれにしても、投票行動をマスコミ報道だけで判断してならないことは当然で、細川氏や舛添氏は当選しても猪瀬前都知事の二の舞になるだけ・・・・・・
 どっちも、候補者の資格なしだ

 今回は、マスコミ受けが何故かいい舛添要一氏に多く触れる。
 「外国人参政権賛成」「靖国参拝反対」「家庭内暴力(ナイフで妻を威嚇)」「妻三人、愛人二人、子供二人、婚外子三人」「妻は創価学会大幹部」「私は朝鮮人とカミングアウト」「実の姉が生活保護受給」「自民除名」「日本国旗をこれ邪魔でしょ発言」
 等々から、バランス感覚が全くない人物と見られ、猪瀬氏以上に首都東京の顔には相応しくないと断言する。
 自民は、こんな人物の支持を絶対避けるべきだが、さて都民はどうする・・・・・

三人目の現在の妻は創価学会の大幹部!_2049462
 舛添氏の妻・雅美(1964年1月6日、神奈川県湯河原町生)は創価学会の大幹部であることや、都知事候補に押したのは公明党の要望だったことを、デヴィ夫人が田母神俊雄氏応援演説で暴露。
 「創価学会はフランス等からカルトと指定されている」ことを国際政治学者の舛添氏が知らないはずがない。
 「カルトではない」と反論するなら、その根拠を示すべきだ
 それに都知事選なければ創価大学の教授の予定だったらしい。

週刊新潮、「舛添要一」という男の本性(片山さつきインタビュー)
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org4799199.pdf
  「平穏」だったのは最初の数週間だけ。
 そして彼は2ヵ月で「約束」を反故にしました。
 「遅く帰ってきやがって!」突然、彼は怒り始めたんです。仕事で遅くなっても終電やタクシーで、日付が変わる前には帰宅しようと努力していたんですが・・・・。
 いきなりキーッとなって、理由もなく怒鳴る。一方的にまくし立てて、私の言うことは一切聞かない。話し合いにすらなりません。その辺にあるものを、手当たり次第に投げつける。後の話ですが、炊飯器の上蓋が割れていたことも。
 またある時は、サバイバルナイフなどいくつものナイフを私の目の前にズラーッと並べた。彼はナイフの収集が趣昧だったんです。しかも、そのうちの一つの刃先を私に向けたことまであります。充分過ぎるほどの威嚇行為でした。今で言えぱ「DV」ということになるんでしょうか。
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org4799199.pdf

実姉(北九州市在住)が生活保護受給
 北九州市役所に仕送り依頼されるが、舛添要一氏はこれを拒否した。
 平成4年(1992年)、北九州市の担当職員が 「可能な範囲で1万でも2万でもいいから仕送りしてくれ」と頼みに舛添氏の家を訪ねたが追い返された(元市職員談)。
 当時の舛添氏はタレント学者としてテレビで稼いでおり、億単位で不動産を買い漁っていた。(週刊文春2007年10月4日号)
養育費減額裁判では舛添自身が月収が10万弱と主張
   婚外子3人の内1人は重度の障害者で、元愛人と養育費で裁判沙汰にあるが、豪邸に住み、別荘も何か所か所有し、会社も有るのに月収10万円と大嘘をつく。
 障害ある子供は現在25歳だが、幼少時より重度の障害を抱え、いまも週に5日、病院に通う日々を送っており、自立などとても不可能な状態。

■「私は朝鮮人」発言
 舛添要一は、朝まで生テレビの外国人労働者受け入れがテーマの放送で、唐突に、「日本の文化習慣を完全にマスターした朝鮮人もいるんだ。それが私だ」とカミングアウト。

続きを読む "「舛添氏」は首都東京の顔に相応しいの?"

|

2014年1月13日 (月曜日)

本命か、日本海に眠る「燃える氷」

 日本海側の海底には次世代エネルギー資源で脱原発の救世主或いは燃える氷といわれる「メタンハイドレート(メタPhotoハイ)が露出しているため、太平洋側より採掘しやすく実用化が比較的簡単と言われるが、何故か国やマスコミからも無視され続けていた。
 独立総合研究所・青山繁晴氏と妻の青山千春博士は、数年前から、日本海側の「メタンハイドレート」の有望性を唱えていたが、ようやく昨年末あたりから経済産業省も存在を認め動き出した。

 青山氏は国に先がけて、日本海側の開発を推進するため、平成24年に日本海側10府県参加による「海洋エネルギー資源開発促進日本海連合」組織している。
 このような経緯から関連各県の協力による取り組みを期待していた。Photo
 まず、山形県ホームページ日本海沖メタンハイドレートについて 」にアクセスしてみたが、未だに太平洋側に比べ採取が難しいなどと太平洋側に遠慮なのか消極的なのか、傍観しているような内容だ。
 青山氏は、日本海側のメタハイは表層型で塊で存在し採掘しやすいと証拠を示して主張しているのに、日本海連合加盟県が矛盾した記述をしているようでは情けない。
 日本海側の、能代、秋田、酒田、新潟あたりの火力発電は原発に代わりフル稼働していると聞くが、その燃料として沖合の日本海から「メタンハイドレート」をパイプラインで直接引くことも夢ではない。
 そうなれば、産業形態や雇用の創出に画期的な変化が生まれるはずだ。
 日本が、中東以上の資源大国へ大化けする可能性があるのに、日本海側の自治体が指をくわえて傍観していることはない。

反原発の人に朗報 メタンハイドレート
 http://youtu.be/v5XNWeNK16A

経産省、上越沖でメタンハイドレート確認 海底で「むき出し」に
2013.11.29 22:00
http://sankei.jp.msn.com/life/news/131129/trd13112922030016-n1.htm
山形県の取組状況
  http://www.pref.yamagata.jp/pickup/opinion/search/2013/11/05131434.html
 メタンハイドレートは、国産の天然ガスとして、将来的には我が国のエネルギーの安定供給や経済の活性化に寄与するものと期待されており、今年3月には、愛知県沖から三重県沖に広がる「東部南海トラフ」での産出試験に成功しております。
 日本海側でもその存在は確認されているものの、太平洋側のように海底から数百メートル下にある砂層に含まれるものとは異なり、海底のすぐ下の層に含まれることが多く、採掘の際に自噴してガスに変化してしまい、回収することが難しいことから、採掘方法の研究・開発が進んでいない状況にあります。
 国は平成25年度から3年間で日本海側の広い海域で資源量の調査等を実施しており、国家戦略としてメタンハイドレートの商業生産に向け、採掘方法を含む技術基盤の確立を目指すことにしています。
 このため、本県としても、まずは「海洋エネルギー資源開発促進日本海連合」に参加する10府県で連携して、海洋エネルギー資源に関する情報収集等を進めることとし、県民の皆様にも、将来の有望なエネルギー資源としてのメタンハイドレートについて理解を深めていただく機会を設けてまいりたいと考えています。(2013-11-27その他)

|

2014年1月12日 (日曜日)

この韓国男性を笑っては不謹慎!

この動画は、何を言いたいために配信したのだろうか。
 「障害者を大切にしない韓国社会に警鐘を鳴らしているのか」
 「韓国のエレベーターの扉は壊れやすい」
 「韓国の電動スクーターはパワーがある」
 「これが韓国男性の心意気だ」
 「監視カメラはシッカリ見ていた」、などという話なのか。
 少なくとも、韓国社会を理解するヒントが隠されているのかも知れない。

 ----動画の内容----
  障害者用スクーターの男性は、乗ろうとしたエレベーターの扉が寸前で閉められたことに立腹し、「出て来い!この野郎!」などと怒鳴りながら、同スクーターでエレベーターのドアに衝突を繰り返し、ドアを破壊した。
 ところが、そのドアの中のエレベーターは既に階下に移動しており、スクーターごとエレベーターの天井部に落下し、男性は頭部陥没、肋骨骨折などにより死亡した。
 この動画は、韓国人の性格を端的に表現したのであろうか。

■韓国 エレベーター 車椅子落下    エレベーターに突っ込んで死ぬ      http://youtu.be/0tPbisA4q-c

 

|

2014年1月11日 (土曜日)

「大名釣り」で迷惑するのは都民だ。

 高齢者が知識・経験を発揮できる場として、ボランティアや趣味とも違う「パフォーマー(演技者)」のような社会参加の機会を提供することは大切と言われる。
  これにも限度があって、都民・国民の生活を左右するおそれがある都知事や国会を単なるパフォーマンス(表現)の場にして欲しいとは誰も思わない。0000000f1

  細川護煕(76歳)元首相や後押しする小泉純一郎元首相(72歳)という元総理大臣経験者コンビのことだ。
   細川元首相と言えば、平成10年政界を離れて久しく、伊豆・湯河原の別荘で陶芸家として、悠悠自適、晴耕雨読の日々を送る姿は、「川喜田半泥子の再来」と評価され、まさに「熊本のお殿様」らしい理想的な高齢者の生き方と見ていた。
 それが、還暦前に早々と政権を投げ捨て引退したのに、民主党などが都知事選に担ぎ出し、これに乗りそうだというから驚きだ。きっと、隠居生活の寂しさから、かつて脚光を浴びたことを思い出し再び光を求めたくなったのであろうか。

 釣り具の準備から餌付け、魚外しまで汚れることや厭なことは取り巻きにやらせ、自分は釣るだけの魚釣りを、「大名釣り」或いは「殿様釣り」という。
 細川元首相は熊本県知事から国政に乗り出し、血筋やカネなどにクリーンイメージから小沢一郎新生党代表に推され総理の椅子に座ったものの、政治手法も正に「大名釣り」だった言われる。
  今回、前兆もなしに都知事に押されて「原発ゼロ」という誰もが理想に想う反対し難いことを前面に出しての立候補は、単なる高齢者の「唐突なパフォーマンス」としか見えない。

  都政には、東京五輪準備をはじめ、急速に進行する都民の高齢化、社会インフラの老朽化に加え、震災対策等々の喫緊の課題が山積している。
 「大名釣り」或いは「殿様釣り」で、都政に臨まれても迷惑するのは都民だ。

|

2014年1月10日 (金曜日)

1月10日は「110番の日」

 例年1月10日は「110番の日」らしいが、今年は「警視庁創立140年」と言うこともあり、都内ではいろいろ力を入れているようだ。Images

 「110番」は昭和23年に始まった制度で、当初、各県の番号は別々だったものを昭和29年の新警察法から110番に統一されたと言う。
 日常発生する事件・事故、不審者情報、迷子や騒音などの困りごと相談まで、警察も都民・市民も互いに110番を頼りにしているはず。
 我が家では、まだ一度も利用したことはないが、必要な場面では間髪を入れずに通報するつもりだ。20140110_030
 「110番の日」に合わせたのだろうが、都内の絵画館前では、
7:20~8:30「年頭部隊出動訓練」、
 これは「110番の日」の行事として、午後1時30分から有楽町の読売会館7階で、「鈴木ちなみさん」のトークショーや警視庁音楽隊による演奏、カラーガード隊の演技が行われる。

 更に、1月22日(水) には、警視庁創立140年記念式典に関連して上野の「東京文化会館」で警視庁音楽隊グランドコンサートが開催されるそうだ。
 このコンサートは入場無料だが、既に応募は終了している。20140110

2014 年01月10日 年頭部隊出動訓練 車両部隊

平成26年 警視庁年頭部隊出動訓練=機動隊
 
 http://youtu.be/VQjXKfyL7Aw

平成26年 警視庁年頭部隊出動訓練=警察署、警察学校部隊など     http://youtu.be/0USN2LoLXnk

|

2014年1月 9日 (木曜日)

韓国史は韓国人の「願望の歴史観」

 この「じっくり学ぼう日韓近現代史 」は実に面白い勉強になる動画だ。
 韓国の歴史は全て、ファンタジー(fantasy)と分かる。

 今年の正月は、東洋史家の宮脇淳子先生から韓国の歴史をジックリ学ぶことができた。
 講師の宮脇淳子先生は、東京外国語大学で非常勤講師をつとめ、「蒙古史」が専門だそうだが、日本とは地理的に逆方向の蒙古側からシナ朝鮮半島を見ると、いろんなことが分かるという。
 そして、朝鮮史を独立の一つの国家として書くことの難しさ、朝鮮独自の歴史は全く無いに等しく、つまり、元(シナ)や蒙古がらみでしか語ることが出来ない。
 韓国の歴史ドラマでは、きらびやかな服装を着ているが、染め物の技術がないのだから色つきの綺麗な服装があるはずがない。
 韓国人はハングルは読めても、過去の歴史が書いてある漢字は読めないので、歴史の真実を知ろうとしないし、捏造はなんとも思わない人達。
 「韓国の歴史」は、歴史を持たない民族が嘘で固めて美化した願望の歴史観であると断定する。
 更に、シッカリした歴史的根拠があるから何処からも文句は来ないと語る。
 

■第1話 なぜ今、日韓近現代史なのか?~昔も今も韓国は韓国 【CGS】      http://youtu.be/qwyDpOJh1ig    

第2話 李氏朝鮮ってこんな人達〜韓国には樽もなければ車もなかった http://www.youtube.com/watch?v=mK1GkgRDilg&feature=share&list=PLF5UuMfKdyZjjHiN52UnizAA_GfsyC2wH&index=1

第3話 こんなに弱いぞ朝鮮軍!〜え?ハングル文学ないの?韓国
http://www.youtube.com/watch?v=KlfHgUpb0bU&feature=share&list=PLF5UuMfKdyZjjHiN52UnizAA_GfsyC2wH&index=2

第4話 グローバル化と対峙した日本人〜真人間が悲惨な国韓国
    http://youtu.be/nVH0OZQur4g

第5話 朝鮮は秀吉の"通り道"〜強すぎた日本、弱い中国・韓国
     http://youtu.be/Lm_yrA2mQ5A

|

2014年1月 8日 (水曜日)

中国CCTVは、NHKと同居して情報交換?

 Cctv_nhk_image
Nhk_cctv_image これがNHK(日本放送協会)を信用できない大きな理由でもある。
 日本国民は早くこの真実に気づくことだ。

 中国「中央電視台(CCTV)」日本支局が、NHK(渋谷区神南2-2-1)に、お返しに、NHKの北京支局は中国のCCTVのビルに同居していることをご存じですか。
 当然ながら、ビル内の食堂や喫煙室、図書館等の厚生施設も相互利用しているはずだし、個人的交流や情報交換も密接であろうと見るのが自然だ。

 賢明な日本国民は御存じだろうが、「中央電視台(CCTV)」は中国共産党宣伝謀略機関であり、当然ながら本国に忠誠を尽くす優秀な共産党員ばかりだ。
 つまり、NHKは最高のスパイ活動の場を中国に提供していることになる。

 これまでも、NHKのクローズアップ現代で天安門事件の大虐殺がないと報じたり、尖閣諸島や沖縄、九州などの空撮映像をCCTVへ渡したり、他にもNHKの技術提供などの黒い噂は絶えない。
 これでは特定秘密保護法が必要になるはずだし、NHKが懸命に反対する訳だ。
 日本国民は早く、「中央電視台(CCTV)」=中国解放軍であることに気づき即刻退去させるべきなのだ。

 
 
 
NHKは支那の反日謀略情報機関CCTV・中国中央電視台を退去させよ
  http://youtu.be/-5RhVw7mml4

櫻井よしこ氏と金美齢氏がNHKを斬る
  http://youtu.be/COHQFjcscCY

|

2014年1月 7日 (火曜日)

石原元都知事が田母神候補を推薦!

 元航空幕僚長の田母神俊雄氏が6日東京都知事に立候補を表明したが、これに石原慎太郎元都知事(日本維新の会共同代表)が応援するそうだ。I0000055164_0
 今日7日には、田母神俊雄氏の立候補記者会見が行われるが、これに石原元都知事も同席する。
 きっと、猪瀬氏を後継指名したとき以上のインパクトを有権者に与えるはずだ。
 田母神氏にとって、石原元都知事の加勢は百人力だ。
 マスコミは無視する態度に出ても、石原軍団の応援は見られるであろう。
 かつて、石原慎太郎氏は都知事当時、田母神俊雄氏と対談しているが、国家観や歴史観、安全保障等々の価値観がピッタリしていることが分かる。
 
 これで、自民や民主からの対抗馬は尻込みするか、田母神氏に負けないと見込む人材をかつぐか、それとも相乗りするのか、今週内のここ数日が山場か・・・・・
 果たして、自民は2010年除名処分した舛添元厚労相を押すのか、更迭処分した田母神氏を押すのか・・・・・支持・推薦は別にして、いい勝負になりそうだ。
Tamogami
 選挙の応援形態には、「公認」、「推薦」、「支持」とあるが、「公認」は文字通り政党所属の人物を正式な候補者として認めることで、「推薦」は「支持」より強い支援をすることになる。
 なお、田母神氏の高い能力は下段の動画で確認して欲しい。
 この能力を都知事として、是非、発揮させたいものだ。

1/4 【田母神俊雄】『田母神流!富国強兵論
   http://youtu.be/4iRsfvEPfTU

原慎太郎と田母神俊雄の対談 Part 1/5
  http://www.youtube.com/watch?v=LnEHviHQb5g

12 その他の情報 |

2014年1月 6日 (月曜日)

拉致事件報道に見る「NHKの体質」

   公共放送・NHKは拉致被害者へ向けた短波放送「しおかぜ」の放送要請に散々難癖を付けて非協力的だったそうだ。日本を貶める数々の偏向・歪曲報道を続けるNHK00000089236_p_2は公共放送とは名ばかりで、日放労に支配された赤く染まった組織であることを知ることだ。
 特定失踪者問題調査会代表・荒木和博氏の、「NHKは拉致問題をどう報じてきたか」という論文が正論 第20号に掲載していた。
 結論を先に述べると、NHKの拉致事件に関する報道は、表面的なことばかりで、拉致問題の本質に迫るものは殆どないという。それに引き換え、原発問題には手を替え品を替えシツコイ放送を繰り返すが、その報道の意図は見え見えだ。

 荒木氏は拉致事件という国家の一大事を前にしても、日本政府も公共放送局であるNHKも何かちぐはぐした実情を垣間見せることを遠慮がちに批判している。
 これでは拉致を本当に解決する気があるのか不満に思うのも無理がない。
 
 しかし、その理由は簡単だ。
 NHKは公共とは名ばかりで、かつての国鉄や今のJR北海道、日教組同様に極めて左寄りの労働組合に支配された赤い組織なのだ。北朝鮮と親交深かった社会党系の「日放労(日本放送労働組合)」には、NHK全職員約1万1000名中、管理職ら一部を除く一般職員全員約8500名の組合員で構成されている。
 NHKの戦後の初代会長は「天皇制廃止」を主張していた高野岩三郎だったが、その体質は今も色濃く流れている。
 NHKの政治的な報道を良く観察するといい。
 日本を弱体化に導く出来事は些細なことでも積極・肯定的に報道して国民を洗脳しようとする反面、左翼=革命勢力に不利な出来事は否定的に報道する。
 最近では、沖縄や米軍基地、オスプレイ配備、原発、靖国問題、特定秘密保護法、憲法改正、集団自衛権等の防衛問題等々の報道に良く表れている。
 もっと具体的には、左翼の数十人程度の反対運動は針小棒大に報道しても、保守派の数千人規模のデモや集会は無視する。
 
 この体質を改善するには、どうしたらいいのかと考えるより、国鉄同様に一日も早く解散したほうが日本のためになると言われる。
--------------------------------------------------
---抜粋----
 拉致被害者向け放送をなぜNHKでやれないのか000012
 もう一つ、報道ということではないが特定失踪者問題調査会がNHKとの関係において運営している北朝鮮向け短波放送「しおかぜ」について書いておきたい。
 「しおかぜ」は平成十七年夏、脱北した元北朝鮮人民軍将校金ソンミン氏が韓国で北朝鮮向け放送を始めるというニュースが産経新聞で報じられたことがきっかけでスタートした。
 私がソウルに行って金氏から話を聞き、自由北韓放送が契約交渉をしていた英国の配信会社「VT」を教えてもらった。九月にロンドンに行って契約し、同年十月三十一日夜(正確には十一月一日零時三十分)から放送を開始した。
 このときは旧ソ遠地城の放送施設をVTが借りて流すものだった。
 しかし英国の会社を通じて他地域の送信所に送るのでどうしても意思の疎通がうまくいかない。やはり日本の放送なのだから日本から送信したいというのが課題だったが、平成十八年十月、第一次安倍内閣のとき、日本国内から「しおかぜ」を送信する検討が始まった。そして約半年後の平成十元年三月末、KDDI八俣送信所(茨城県古河市)からの送信が実現した。
 
  ----中略----
 もともと、北朝鮮にいる拉致被害者に向けて放送するというのは政府がやるべきことである。しかし、私たち民間の「しおかぜ」が日本国内から送信されている一方で、政府が遅ればせながら始めた「ふるさとの風」が外国の送信所を使っているというのはどう考えてもおかしいのではないか
 もちろん、総務省が「しおかせ」に免許を出してくれたことは感謝しているし、私たちにすれば国内から送信になって格段に作業がスムーズになったことは間違いないのだが、何か根本的なところが違うような気がしてならない。----中略----
 
 本誌では、NHK報道の偏向性についての論考やリポートが多数掲載されている。
 しかしNHKの職員には優秀な人も、熱意や思いのある人も少なくない。
 その意味であえて書くならば組織的な問題、つまりは冒頭に挙げたような国鉄との共通性、「悪いところ取り」のような根本的問題を追及しなければならない。
 公共性の部分はもっと政府が主体性を持ち、報道の自由に関わる部分はメディアとしてのNHKが責任を明確にすべきではないだろうか。

拉致被害者向け短波放送「しおかぜ」 オープニング
     http://youtu.be/7urad7cczx0

■「しおかぜ」 6135kHz 日本語放送
     http://youtu.be/icODXtIrhkI

|

2014年1月 5日 (日曜日)

日・韓は戦争をともに戦った仲だった!

 正月早々、朝鮮半島や中国からは日本批判の大合唱が聞こえる。00000089236_p
 尤も、日本のマスコミがその声を血まなこで拾ったり言わせて、「日本は悪い国だ!」と報道しているからだが・・・・。
 ところで、日本と朝鮮半島は、かつてはタッグを組んで大東亜戦争を共に戦った仲だったことを正論 第20号を読んで思い出した。
洪中将はじめ、約20万人の朝鮮兵が日本軍として戦ったそうだ。
 もし、あの戦争で日本や韓国側が勝っていたら、ともに戦った韓国は今ごろ何と語っているのだろうか。

 「属国清大」の朝鮮人から嘆願されて、1910年から終戦の194000000zik2zj5年までの36年間は日本は仕方なしに合併して国力を日本並みにあげてやり、価値観を共有した時代もあったのだ。

 下記論文の他に、田母神俊雄氏が語る 日韓併合100年 本当に韓国を貶めたのか でも、その事情を語っている。
 

■【古谷経衡】日韓のこれから NHKのこれから[桜H22/8/25] Furuya_tsunehira
        http://youtu.be/cX3ekzSD6vQ

別冊正論 第20号
 崔洋一との対決で考えたNHKの「異常性」
        評論家・著述家 古谷経衡
          --抜粋---
 「世界の列強が植民地獲得や海外保護領を次々と拡張していった二十世紀初頭までの当時、たとえ日本の朝鮮併合が現代の価値観に照らして悪だったという論調があっても、それを過去の歴史事実にそのまま照射して断罪するのはおかしい」
 「(万が一、日本が大東亜戦争の戦争責任を謝罪する必要があるのであれば)当時の韓国(朝鮮)は大日本帝国の一員として戦争に参画していたのだから、(その理屈に従えば)韓国は日本と共に謝罪する責任があるのではないか」という正論をぶってみせた。韓国側市民は一様に頭に大きなクエスチョンマーークを浮かび上がらせ沈黙していたが、一人私の発言に噛み付いたのが前述の崔洋一である。
 崔は、「基本的にそのような考え方で三十六年間の(日本による)植民地支配が正当化されるという人間は、歴史を語る資格が無い/」と咆嘩した。

 
田母神俊雄氏が語る 日韓併合100年 本当に韓国を貶めたの http://www.youtube.com/watch?v=y5j5zIQeYEQ

|

2014年1月 4日 (土曜日)

見えて来た「都知事選候補の顔ぶれ」

 東京都知事選(23日告示、2月9日投開票)には自薦他薦の候補者が浮かんでは消えているが、年が明けたらボンヤリだが見えてきた。0000mp0ll
 先に手を挙げたのは日弁連の宇都宮けんじ氏、まだ態度が見えない舛添要一氏、東国原英夫氏、食指が見えてきた日本維新の会のアントニオ猪木参院議員、更に、元航空幕僚長・田母神俊雄氏の名前もある。

 まだまだ、自民などから女性候補者や人気の小泉進次郎氏が押されて出る余地もあるが、概ねこのような顔ぶれで争われる可能性が高い。
 都民は支持する政党・候補者の一定していない有権者が多いとされ、いわゆる「浮動票」の行方が選挙を左右する。
 この「浮動票」はマスコミの報道姿勢が大きく影響するもので、いかにマスコミに好感度をもって露出されるかで結果に如実に現れる。
 先の参院選で、山本太郎氏を当選させてしまったのも反原発で一致するマスコミの応援が大きく、都民は66万6684票もの浮動票が与えていた。

  これまでの顔ぶれでは、福島県出身・田母神俊雄氏の頭が二つも三つも抜きん出ている人材であるが、左傾のマスコミが無視や軽視する手段に出る可能性が高い。
 少なくとも、共産党が支配する日弁連の宇都宮健児氏は相応しくないのだが、前02000gzkrf7l回の都知事選でも96万8960票の実績は大きく、当選すれば美濃部都政以来、約35年ぶりに「革新都政」に逆戻りすることになる。
 田母神俊雄氏が勝つには、保守は勿論、いかに都民の浮動票を取り込むかにかかっているが、これが同氏の最大のネックでもある。
 自民などの保守系としては、東京五輪の準備、少子高齢化対策、災害対策など待ったなしの課題が山積しており、ここでつまずいて暗黒の「革新都政」に逆戻りさせることは絶対に出来ない。

  注目される舛添要一元厚生労働相の擁立には、新党結成で2010年に自民党を除名処分したこともありハードルは高い。
 その意味でも、人気の小泉進次郎(32歳)内閣府・復興政務官の立候補もありうる。
 告示日(立候補受付日)は平成26年1月23日(木)だが、立候補届出書類の事前審査は1月15日(水)~17日(金)までの3日間で行われるので、各候補各陣営はギリギリまで腹をみせない駆け引きが繰り広げられるのであろう。
 

|

2014年1月 3日 (金曜日)

初夢、2020年まで実現して欲しいこと。

 今年の初夢は、近未来である6年後に迫る2020年の東京オリンピック開催までにBsc1401030502003p1は是非とも実現して欲しいことばかりだ。
 パナソニックからは、重い物を持ち上げる「パワードスーツ」が一着50万円で売り出されるという。

 人間が夢見たことは、いつか実現すると言われるが、これもその一つであろう。
 日本は益々パワーアップする。

 
医療 
 iPS細胞を活用した再生医療が本格的に普及する。
 重粒子線治療、陽子線治療などの高額最先端治療に公的保険が適用される。
 「移動型緊急手術室」が一般化し、まず災害などの現場に急行する。
ロボット
 産業用ロボット、介護ロボット、救助ロボット、軍事ロボットが益々普及する。   
 「二足歩行型ロボット」が盲人マラソン大会の選手伴走やマラソン大会の「ペースメーカー(ラビット)」として登場する。※箱根駅伝を見ていて思いついたが、この他にも、二足歩行ロボットを使った各種競技が考案されているはずだ。
エネルギー
 「メタンハイドレート(燃える氷)」が天然ガスとして商業化され供給が開始される。
  特に秋田県や山形県沖のメタンハイドレートは浅い海底にあり低コスト採取の可能から、日本海側の海洋土木等の産業形態や雇用に明るい見通しが出来る。天然ガスプラントは日本の独壇場であり、圧倒的強さを誇る。また自動車用燃料としても期待される。
自動車
  「ハイブリッド車」「電気自動車」「バイオ自動車」が主流になるほか、自動車のロボット機能が一層強化され子供や障害者でも運転可能の車が開発される。
 運転免許制度は、いずれ不用になる時代が到来するはずだ。
 交通量が少ない高速道路で、全自動運転システムの試験運用が開始される。
政治
 日本国憲法が自民案で改正されている。
  団塊世代の老齢化で益々人口減少が本格化するが、少子化問題は憲法改正から家庭回帰の明るい兆しが見えて来る。
  日本固有の領土である尖閣・竹島問題は膠着状態が続くが、日本はその軍事的緊張感から防衛力強化が国際社会から理解が得られ、その高い防衛力は世界平和に貢献する機会が多くなる。
  また、北方領土(択捉・国後・色丹・歯舞)はロシアが日本帰属を確認し、元島民の土地所有権や漁業権の協議が開始される。
防衛000066c3c2ab
 国産戦闘機・ATD-X「心神」の開発は順調に進む。
 実際は2025年に初飛行、2027年から量産開始を目指すとされるが、その性能は、
 全方位立体映像、視線による複数ロックオン可能、最大8個の目標に同時に攻撃可能、全方位が射程、ゼロ戦並みの旋回性能、小鳥ほどの機影しか映らないステルス性、地上からは底面光学迷彩により目視が極めて困難と言われる。

|

2014年1月 2日 (木曜日)

新年の挨拶

 明けましておめでとうございます。0009582
 本年も、よろしくお願い申し上げます
  このような稚拙なブログに多くの皆さんに訪問頂き有り難う御座います。昨年末には、「謹賀新年」「迎春」「賀正」の使い分けに随分アクセスが集中していましたが、利用して頂いたことが分かります。
 今年も身近な出来事や国内外の時事問題などに知的好奇心・問題意識を働かせ、生涯、学び続ける姿勢を保って、感じたことを配信する決意ですので忌憚ないご意見を聞かせて下さい。
 では、さっそく小さすぎるココログ利用者しか理解出来ない問題の紹介です。

 ブログサービス「ココログ」の「新アクセス解析」は昨年12月3日にリニューアルされたが、全般的に使い難くなった印象だ。
 2014年2月28日までは旧バージョンンと併用出来るが、いずれ不満・苦情が殺到するであろう。特に「生ログ」が無くなった不満は大きい。きっと「訪問者名設定」で工夫していた人も多かったはずだし、「時間帯別訪問」も分かりにくい。

 良くなったのか微妙な点もある。   
 「リアルタイム足あと」~直近のアクセス分しか情報がないのが残念。
 「リアルタイム地図」~これは面白いと見ている。
 「訪問組織/業種別ランキング」~どんな組織・会社・公共機関などから訪問しているか分かり面白い。
  ずいぶんと小さな問題を紹介してしまった。
 それくらい、のんびりした年明けだ。

|

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »