« 静かな多数派の声「秘密保護法」は必要! | トップページ | 山形県の介護食を扱う「㈱ベスト」の話題 »

2013年12月 5日 (木曜日)

猪瀬都知事は「針のムシロ」状態か

 12月5日は、早ければ年内辞任の噂も流れる、猪瀬都知事の素顔を一目拝見しておこうと思い都議会本会議の傍聴 に出かけた。2013125_001
 本会議は午後1時開会だが、受付は1時間前の正午からであり、それに合わせて議事堂二階の受付に到着する。
 今日は注目の本会議だが、その時点で順番を待っていた傍聴者は約50人で、余裕の順番だった。
 因みに、一般傍聴券は186枚だそうだ。
 本会議は予定通りに開会されたが、傍聴席は8割方埋まっていたが、報道関係のカメラ席は満杯だった。2013125_050
 500ミリ以上の望遠レンズが約40本ズラリと並んだが、そのレンズの方向は全て猪瀬都知事に向けられているようだ。そして、知事に少しでも動きがあると一斉にシャッター音が会場に響いた。

 報道カメラマンの数人の話し声が耳に入ってきた。
 「良く来るんですか」~「こんな、おいしい時しか来ないですよ」
 「レンズは何が丁度いいですか」~「顔のアップは500辺りかな」2013125_086
 「今日はゴーヨン持ってきたよ」~「私はロクヨンとサンニッパ」
 「休憩時間に囲みがあるみたいだ」~「応じないんじゃない」
 などの隠語のような会話だ。
 そして、どのカメラマンも三脚に据えた大型望遠レンズの他に、1~2台の予備カメラを持参し、一挙手投足のシャッターチャンスを逃すまいと懸命だ。きっと、自分の撮った画像がテレビや新聞・雑誌に利用されることを思いつつ真剣なのだろう。
 猪瀬都知事も、このレンズ群を意識してか終始表情が硬く、代表質問が5千万円問題に触れると、他の議員も「そうだ、そうだ」と同調する声を上げ、猪瀬氏の表情はより硬くし「針のむしろ」状態が伝わってくる。
 今日は、自民と公明の代表質問の傍聴だけで外に出たが、猪瀬都知事の去就はいかに・・・・・・・・と本当に心配する。
 都議会本会議の雰囲気からも、年内辞任は順当な予測とみた。

 
 
 なお、本会議、委員会の傍聴は傍聴のご案内をご覧ください。
 報道陣の撮影許可は4階の広報課で、一般傍聴者の撮影許可は一階で申請することになる。
東京都議会 インターネット中継
  Photo

問い合わせ先
議会局議事課議事係 電話03-5320-7142
http://www.gikai.metro.tokyo.jp/outline/audience.html

 

|

« 静かな多数派の声「秘密保護法」は必要! | トップページ | 山形県の介護食を扱う「㈱ベスト」の話題 »

01 ごまめの歯ぎしり」カテゴリの記事