« 「日光火之番」は八王子千人同心 | トップページ | 詐欺的商売人は「マネーの拳」に学べ »

2013年11月 4日 (月曜日)

旅先で一番の楽しみは食事だ!

 一流とされるホテルや旅館、料理店などの食品偽装の発覚が後を絶たないのは、まだ「氷山の一角」だからか。それに、「成型肉」のことは常識の範疇、肉を扱う店の経営者や調理人達が知らなかったり、気付かないはずがない
 「品質第一主義」「お客様第一主義」は表向きで、客を騙しても儲けたいだけか。

 旅した土地の歴史や文化に触れることは楽しみなこと。特に、地産地消と銘打った自慢の料理を食することは、誰しも癒やしのひと時のはずだ
 それが、一流どころのホテル、旅館、料理店などの食品偽装・産地偽装問題報道を見ていると、何を何処を信じていいのか分からなくなる。
 先日も旅先のホテルで食事をしたところ、テーブルには、そのときの献立一覧が添えられていたが、隣から「これ偽装じゃないよね」などの会話が聞こえた。
 小生らも、つい余計な神経を使いながら食べることになった。

 このような現象は、マスコミが集中的に「食品の裏事情」に取材を集中しているからだろうか。それならそれで良しだが、是非、膿を出し切るまで続けて欲しい。
 今のところ、この問題は関西方面に集中している感があるが、この方面の観光産業に与えるイメージダウンは小さくないはずだ。000000000002b
 旅先で一番の楽しみは食べることなのに、それを奪った代償は大きいと知ることだ。

 今度、発覚した食品問題は、
 奈良市の「奈良万葉若草の宿三笠」」(ミシュランガイド掲載)では、和牛ステーキなどとメニューに書きながらオーストラリア産牛肉を固めた加工肉を提供したり、「吉野葛餅」と表示して吉野産とは異なるくず粉を使い、奈良県の地鶏「大和肉鶏のつみれ鍋」ではハンガリー産のアイガモ肉とブラジル産鶏肉を使用していた。
 他にも、大阪・天王寺区の「シェラトン都ホテル大阪」、大阪・阿倍野区の「天王寺都ホテル」など大阪、京都、兵庫それに沖縄の6つのホテルのレストランでは「ビーフステーキ」などとメニューで表示をしながら牛の脂を注入した加工肉を提供していた。 Yg6epn

 「成型肉」は、細かいくず肉や内臓肉を軟化剤で柔らかくして結着剤で固め、Photo形状を整えた食肉。牛肉の赤身に牛脂や食品添加物などを注射した、「インジェクション加工」と呼ばれる処理を施した牛肉も含まれる。
 こんな程度の知識を、料理店の経営者や調理士が知らないはずがない。そして、このような肉を食べるなら割り切って食べることだ。和牛の脂を注入すれば美味くなるのは当然だし価格も半額程度らしい。

注入肉の作り方
 

 「和牛ステーキ」実は豪州産
 10月31日 18時57分
 http://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20131031/5701201.html
 メニューの表示と実際の食材が異なることが全国のホテルで相次いで明らかになるなか、近鉄グループの奈良市の旅館が和牛ステーキなどとメニューで表示しながらオーストラリア産牛肉を使った加工肉を提供していたことがわかりました。
 ------中略------
 
 
 また大阪市の「近鉄ホテルシステムズ」が運営する、大阪・天王寺区の「シェラトン都ホテル大阪」、大阪・阿倍野区の「天王寺都ホテル」など大阪、京都、兵庫それに沖縄の6つのホテルのレストランでは「ビーフステーキ」などとメニューで表示をしながら牛の脂を注入した加工肉を使った料理を計37万人に提供していたということです。
 

|

« 「日光火之番」は八王子千人同心 | トップページ | 詐欺的商売人は「マネーの拳」に学べ »

03  紹介しておきたい話」カテゴリの記事