« 見苦しい言い訳が続く「猪瀬都知事」 | トップページ | 猪瀬都知事に「解決する力」は無い! »

2013年11月23日 (土曜日)

もう辞任した方がいい「猪瀬都知事」

 この男、首都・東京を代表するに相応しい顔でないことだけは確かだ。
 0000009m1
 
 こんなダーティなイメージでは、2020年の東京オリンピックの準備すら出来ない。テレビの画面からも、「気もそぞろ」、「うわの空」の心境が伝わり、公務に集中出来る状況ではない。こんなに恥を晒し指導力を失ってしまっては、29日からの都議会を乗り切れるのか?

 猪瀬都知事の一年ほどの実績は、「東京オリンピック誘致に多大の貢献をした」との評価で十分であろう。失脚に追い込まれ晩節を汚す前に、早々に自ら辞任した方がいい
 男には引き際が大切なのだ。
 それから、気の早い都知事の後釜を狙う人達は、この成り行きを虎視眈々とほくそ笑んで様子見しているはずだ。
 次期都知事選候補としては、舛添要一氏そのまんま東氏の立候補の可能性は高いが、それよりも誘致に貢献した、滝川クリステル氏、吉野利明・都議会議長、水野正人・招致委員会副理事長、森喜朗元首相、太田雄貴選手、佐藤真海選手に加え、竹田恆和JOC会長あたりからの立候補を推薦したい。
 もっとも、現実的には小池百合子元防衛相や平沢勝栄衆院議員を担ぐことが有力なのか。しかし、猪瀬都知事自身も、石原前都知事が猪瀬氏を後継指名したように、誰かを推薦したらいいではとも思うが、この現状では誰からも断られるのが関の山か。

|

« 見苦しい言い訳が続く「猪瀬都知事」 | トップページ | 猪瀬都知事に「解決する力」は無い! »

04  気になった事件・事故」カテゴリの記事