« 隣国の仮想敵国が呆然とした人事! | トップページ | もう辞任した方がいい「猪瀬都知事」 »

2013年11月23日 (土曜日)

見苦しい言い訳が続く「猪瀬都知事」

 オリンピック誘致で見せた得意顔が、22日の記者会見では青ざめていた00002013112220580468e
 猪瀬都知事は、「徳洲会から提供された5千万円」に関して、しどろもどろの見苦しい言い訳が続いているが、果たして司法機関や都民は納得するだろうか。
 当分は見苦しい悪あがきの姿を見せるのであろう。

 借入の実際は昨年11月、「猪瀬氏から1億5千万円欲しいと言われたが、取りあえず5000万、取りに来させろ」と、徳田虎雄前理事長が徳田毅衆議院議員に指示していたそうだ。
 誰が見ても、こっちの証言の方が信憑性が高い。

 
 先般は『週刊文春』に作家の中平まみ氏との女性スキャンダル や「飲酒運転当て逃げ」の発覚、五輪招致に際して、ライバル都市をけなしイスラム教徒を差別した発言等々からメッキが剥がれていた。大島で被災時に「ジョギングしている」などの軽はずみなツイート行為もあった。
 それに、猪瀬都知事は、かつては新左翼学生運動の指導者であり、通称「白ヘル」(革命的共産主義者同盟全国委員会)に所属し、1969年には信州大学全共闘議長を務めたバリバリの極左暴力集団のトップだったことも忘れてはならない。
0000000photo
 今回の大失態は、議員会館で新右翼=似非右翼=街宣右翼=朝鮮系右翼=一水会木村三浩代表が立ち会いのもと、徳田毅衆議院議員から5千万円を受け取ったそうだが、猪瀬都知事側の選挙運動費用収支報告書や、資金管理団体の政治資金収支報告書には記載がない。
 猪瀬都知事は個人的理由で、無利息、無担保で借り、「1カ月ぐらいの借り入れと思っていたので、金利の設定をする必要はないと考えた」と言い訳しているが、徳洲会グループ関係の捜索後に慌てて返却したのは誰から見ても明らImg_rijityouかだ。
 マスコミは、先のオリンピック誘致の功労者の一人と持ち上げていたが、日本最大の医療事業グループに群がった政治家の一人であったようだ。
 
 
 会見では何度も「あくまで個人として借り入れた」と強調していたが、都知事選出馬に伴い湘南鎌倉総合病院で療養中の虎雄氏と面会し、資金援助を受けることになったはずの当時の事情と整合性は取れるのか、それを司法機関やマスコミ、都民は、どのように反応し、都知事はどのような言い逃れをするつもりなのか。
 いや、近く進退問題に発展し逃げ切れない可能性が高いと見た。

■「徳田議員から5000万円」猪瀬知事会見ノーカット2(13/11/22)

 

徳洲会施設に補助金7億5000万円 猪瀬氏副知事時代
   http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131123/crm13112308590005-n1.htm
      2013.11.23 08:58 [徳洲会事件]
 医療法人徳洲会グループは東京都内にも病院・保険施設を抱えており、猪瀬直樹都知事が副知事だった時代には、グループが開設した老人保健施設に都が約7億5千万円の補助金を支出していた。
 グループは東京都内に総合病院として東京西徳洲会病院(昭島市)を運営しているが、昨年5月にグループ傘下の特定医療法人「沖縄徳洲会」が老人保健施設「武蔵野徳洲苑」(西東京市)を開設した。
 武蔵野徳洲苑の工期は平成22~23年度の2年間で、沖縄徳洲会が西東京市に設立を申請し、都が近隣に所在する施設数などを考慮して150床を認可した。
 150床規模の施設の場合、都は最大で9億6千万円の工事費を補助している。沖縄徳洲会は一般競争入札で工事業者を選定し、工事額全額の7億4970万円の補助を受けた。

|

« 隣国の仮想敵国が呆然とした人事! | トップページ | もう辞任した方がいい「猪瀬都知事」 »

01 ごまめの歯ぎしり」カテゴリの記事