« もう辞任した方がいい「猪瀬都知事」 | トップページ | 猪瀬都知事!「もうだめだ!観念しろ」 »

2013年11月24日 (日曜日)

猪瀬都知事に「解決する力」は無い!

 Topkaiketsumainimg

 「医者の不養生」と言う諺は、医者は他人には養生の大切さを説くが、自分は案外不養生だという意味で、立派なことを言いながら実行が伴わない例えだ。
 また『大工の家はボロ屋』も似たような意味を持つ。
 闇を暴くことを得意とするノンフィクション作家でもある猪瀬都知事には『解決する力』と言う著書がある。
 その一部は電子版でも閲覧が可能だ。
 主な内容は、「その日までが勝負」と「その日のみの勝負」、
 「改革とは具体的な数字を示すこと」、「決断は見切り発車で」
 「 ツイッターがつないだ奇跡の絆」、「日本人に足りない言語技術力」
 などだが、さすがに石原都知事から「問題解決能力が高い人物」と買われて副知事に指名、そして知事に後継されただけのことはあると見ていた。著書でも「平常心を保ち、覚悟を決め、対極的に判断せよ!」と立派なことを述べている。
0000001as
 しかし今、「自らの不明朗な黒い闇」に関しては、どの程度『解決する力』を発揮出来るのかは疑問視されている。
 之までの報道では、猪瀬氏が徳田氏を訪問した際も、議員会館で5000万円を受け取る際も、更に猪瀬氏の秘書が5000万円を返還する際にも、全てに同席したのは新右翼=街宣右翼=似非右翼「一水会」の木村三浩代表だったとされる。

 この木村代表は、猪瀬・徳田の両氏とも交流があるとされる。
 この人脈は石原前都知事から引き継がれたようで、後継指名を受けて最初に挨拶し相談したのが木村三浩代表だった可能性が高い。
 そして木村代表から選挙には資金が必要なこと、次に資金面は徳洲会に相談すべきと話がまとまり、徳田虎雄前理事長の入院先に二人は落ち合い選挙への支援を要請する。その約2週間後には、虎雄氏と息子の毅議員との間で電話で話し合いが行われ、「まず5000万円だ、受け取りに来させろ」と指示を受ける。

 このように徳田氏側は全て選挙がらみで動いているのに、猪瀬氏は「5000万円は使わずに返したから問題無い」「金は勝手に向うが持って来た」などと子供のような言い訳を並べている。
 猪瀬都知事には、自分のことに対しては『解決する力』は全くないと見た。
 「医者の不養生」、「大工の家はボロ屋」と同じだ。

■【インタビュー】猪瀬直樹「解決する力」
    このインタビューでも、「当たり前のことに疑問を持て」、「疑問を持つと次に何が必要か見えて来る」、「出来ないことに言い訳をするな」などと実に立派なことを語っている。それなら、「自分のことはどうなんだ」と言われても、気付かない人なのだろう。

|

« もう辞任した方がいい「猪瀬都知事」 | トップページ | 猪瀬都知事!「もうだめだ!観念しろ」 »

01 ごまめの歯ぎしり」カテゴリの記事