« 「警戒情報」出ても避難しないのが現実 | トップページ | 何事も基本が大切なことを知る。 »

2013年10月23日 (水曜日)

騙しても儲けたい「地に落ちた商人道」

  食品の産地偽装、消費期限偽装、メニュー偽装、食べ残しの再提供などは、日本社会の「道徳崩壊の象徴」なのだろうか。
 企業が提供する商品やサービスには、常に消費者に信頼される「安全・安心・便利・高品質」が追及されるべきなのに、これに逆行する事件が相次いでいる。
 経営者たちは、消費者・顧客らを騙しても金儲けしたい、「地に落ちた商人道」に対する代償は大きいと知るべきだ。
 せっかく、和食がユネスコの無形文化遺産に「日本人の伝統的な食文化」として新規登録される運びだというのに・・・・・情けない話だ。

 まず、最悪なのが、「阪急阪神ホテルズ」運営の8ホテルなど計23店舗でメニュー偽装(大阪府大阪市北区芝田1丁目1番35号 代表取締役社長:出崎弘)
     
 そして、熊本県の馬肉加工・卸売会社「寿光 ( じゅこう ) 食品」(末光信哉社長)の馬刺しの産地偽装(上益城郡嘉島町上六嘉11−1)
000000images
 更に、静岡県のウナギ養殖販売会社「大井川うなぎ販売」(吉田町片岡1463-1 藪崎周二社長)によるうなぎ産地偽装や、
 その取引先の
 「丸明」(静岡県榛原郡吉田町川尻3444-3.)
 「カネヨシ水産」(静岡県焼津市田尻1846−7)、000002100023_size0
 「●マルナカ商店」(●は○の中に「中」)
       (静岡県焼津市本中根399)、
 「ヤマケイ見原商店
     (静岡県焼津市大村新田174-5)
 
 

 このような人達には、この本を奨める。
  「江戸商人・成功の法則八十手」 (PHP文庫) 羽生道英著
 「義を先にして、しかるに利を後にする者は栄え、利を先にして、しかるに義を後にする者は辱められる」
 「ただただ、お得意さまの利益を守ってやること、お得意さまに利益があれば、自然に、商家は繁栄するものです」

過去の主な食品偽装
 雪印牛肉偽装事件(2001年)
 飛騨牛偽装事件(2003年)
 ミートホープによる豚肉・鶏肉等の混入挽肉販売(2007年)
 浪花酒造による大吟醸酒原材料偽装(2013年2月)
 馬肉混入問題(2013年)
 赤福による「赤福餅」の消費期限偽装(2007年10月)
 石屋製菓による「白い恋人」の賞味期限偽装(2007年8月)
 食用の適否の偽装 三笠フーズ(大阪市)・浅井(名古屋市)・太田産業(愛知県小坂井町)による事故米食用偽装転売(偽装米流通)(2008年9月)
 船場吉兆による食べ残しの再提供(2007年)
 三瀧商事の中国米を「国産米」と表示した弁当やおにぎり販売(2013年)

 
阪急阪神ホテルズ、メニューと違う食材 7万9000人に提供
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2201W_S3A021C1CC0000/
   2013/10/22 13:26

「食品偽装」はヒルトンやプリンスホテルでも
     2013.10.22 21:20
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/131022/waf13102221210043-n1.htm
 

|

« 「警戒情報」出ても避難しないのが現実 | トップページ | 何事も基本が大切なことを知る。 »

04  気になった事件・事故」カテゴリの記事