« 「蘆花恒春園」の雑木林は蘆花が植林 | トップページ | ウイグル人による天安門テロの背景 »

2013年10月29日 (火曜日)

外環道「桶川~白岡菖蒲」間の迂回道

 秋も深まり、世界遺産「日光」や「いろは坂」、「中禅寺湖」あたりの紅葉も見頃との便りが聞こえて来たので、近く日帰りのドライブに出かけようと思う。
 中禅寺湖までは、我が家から片道約160キロあり「東北自動車道」を利用して向かう予定だが、寄り道をするので往復で400キロ前後の運転距離になるであろう。当日は早朝5時には出発し、6時迄にETCを通過し最大50%OFFにしたいものだ。

 我が家(東大和)から「東北自動車道」を利用する際は、これまで「外環道」の「大泉IC」から入っていたが、今回は「圏央道」の「青梅IC」から入り、「久喜白岡JCT」から東北自動車道で宇都宮方面に向かう方針だ。

  しかし、「外環道」の「桶川北本IC~白岡菖蒲IC」間は未開通のため、途中、一般道路に降りることになる。(開通目標は平成27年春の予定)
  この迂回路は、主に「埼玉県道12号川越栗橋線」を利用するのだが、約20キロあり、所要時間は約40分はかかる。
 これまで利用していた、外環道「大泉IC」まで約7キロ戻って高速を利用した場合とのプラス・マイナスは、今は何とも言えない。
  また、圏央道の相模原愛川インターチェンジ(IC、神奈川県)―高尾山IC(東京都)は6月28日開通するが、「桶川北本IC~白岡菖蒲IC」間は、平成27年3月頃迄には開通予定だそうだ。
 待ち遠しいものだ。2014map

|

« 「蘆花恒春園」の雑木林は蘆花が植林 | トップページ | ウイグル人による天安門テロの背景 »

12 その他の情報」カテゴリの記事