« 日本海沿岸、せめて欲しい「新幹線」 | トップページ | 日本名(通名)に本名(民族名)を併記せよ! »

2013年9月21日 (土曜日)

ホストは風呂で解体・溶かされ流された。

 人間を溶かして下水に流すという犯罪史上、稀に見る殺人事件が発生した。こんな完全犯罪の可能性が高い処理方法を、殺人犯にマネされては大変だ。八王子市みつい台二丁目の阿部邸には公明党ポスター二枚が掲示してあった。

249
 カリスマホスト「源氏名・土田十寛(みつひろ)」こと土田正道さん(当時43)は、2010年11月25日午後1時すぎ、八王子市三崎町のコインパーキングに乗用車を止め、経営に関係しTutida_masamichi5ていたホストクラブ「BALIKAN」方向に一人で歩いていく姿が防犯カメラに写っていたのを最後に行方不明となっていた。
 土田さんは家族や友人に、「連絡が取れなくなったら警察に相談して欲しい」と話していたという。
 事件に巻き込まれそうな、それなりの人間関係と予感があったのだろう。
 この「八王子カリスマホスト失踪事件」の捜査線上には当初から、金銭トラブルがあったホスト仲間が浮上していた。警察は、店長の玄地と運転手兼ホストの阿部が、土田さんの携帯電話を檜原村Photoの山中に捨てたことを突き止め、これを突破口に死体遺棄~殺人事件まで突き上げようとしたが二人の口は堅く、膠着状態が続いていた。

 昨年9月の東京地裁立川支部で開かれた二人の公判で、深見玲子裁判官は執行猶予付きの有罪判決を言い渡したが、同裁判官は「他の何らかの犯罪との関わりについての疑念を払拭できない」と異例の厳しい言葉が添えられたという。 
 その後、警視庁捜査員に、阿部容疑者の実家に死体が持ち込まれたという情報が寄せられ、事態が急展開する。2492
 警視庁は2013年4月に、八王子市みつい台二丁目の阿部容疑者の父親・阿部秀樹が住む住宅を捜査員70~80人に加え、業者を使ってトイレや風呂、汚水槽を徹底的に捜索した結果、人の顔の骨の一部とインプラントが発見された。
 インプラントを発見した排水設備には浴室の排水が流れ込むところで、遺体は浴室で損壊して大量の薬品で溶かし、排水設備に流した可能性が高い。
 この大量の薬品は業務用の洗浄剤で、カセイソーダとみられている。

 発見したインプラントに付着した骨は、状態が悪くDNA照合ができなかったが、インプラントのメーカーと型を特定し、追跡調査で流通している600個のうち599個の所在を確認し、残る1つを土田さんのものと断定した。
 正に、迷宮入り寸前の事件をインプラント(人工歯根)がストップさせた形だ。
 この事件は、警察の執念を感じさせる捜査展開だが、死体遺棄損壊の時効は3年のため、警視庁はぎりぎりのタイミングで逮捕に踏み切ることができた。

 警視庁捜査一課は、これまでに事件関係者7人を逮捕しているが、いずれも「そんなこと知らない」と口を揃えているという。
 果たして、どこまでしらを切ることが出来るか・・・・・・

玄地栄一郎(31)=ホストクラブ共同経営者(八王子市大和田町5丁目)
阿部卓也(26)=土田さんの運転手兼ホスト(八王子市市犬目町)
阿部篤子(31)=卓也の(元)妻
玄地紗希(28)=玄地容疑者の元妻、薬剤を大量購入(同市大和田町)
玄地栄美(28)=玄地紗希の妹、薬剤を大量購入(同市大和田町)
阿部秀樹(59)=卓也の父(八王子市みつい台2丁目)
平 正喜(31)=玄地容疑者と交友関係(八王子市川口町)
 ※後日逮捕
青野俊太朗(34)=飲食店経営(八王子市並木町)

カセイソーダ 
 強アルカリで工業用に広く使われる化学品。水酸化ナトリウムとも呼ばれる。
 主用途は上下水道や工業廃水の中和剤。家庭用のキッチンや浴槽の排水溝用のパイプクリーナーにも含まれている。人体に付着すると化学熱傷を起こし皮膚が溶けたり、失明する恐れがある。
 毒物及び劇物取締法では原体及び5%を超える製剤は劇物に指定されている。

大きな地図で見る

|

« 日本海沿岸、せめて欲しい「新幹線」 | トップページ | 日本名(通名)に本名(民族名)を併記せよ! »

04  気になった事件・事故」カテゴリの記事