« 死語になった言葉?「ジロ(地炉)」 | トップページ | 心強い!次世代護衛艦「いずも」進水 »

2013年8月 7日 (水曜日)

万引対策、レジの前後でカゴの色を変化

 物品の売り方には百貨店などの「対面方式」、コンビニやスーパーマーなどの「セルフサービス方式」、他にも「通信販売」「訪問販売」などがあるが、それぞれに一長一短がある。
     

 昭和30年頃「セルフサービス方式」を一早く採用したのはダイエーと言われる。
 ダイエーもモデルしたといわれるドラマ「おしん」に、万引きの場面があった。111116052038
 おしんが、スーパーマーケットの経営を始めた当時、「かご抜け」した主婦を、おしんが咎める場面だった。
 「セルフサービス方式」は、人件費は節約出来るが万引きを誘発すると、当時から指摘されていたことをドラマで演出していた。

 さて、近所のスーパーで、なかなか効果的と思われる万引対策を採用していたことに最近気づいた。
 それば買い物カゴの色を二種類準備し、一つは店内での買い物用、あと一つは、レジを通過したあとに入れるカゴだ。
 この方法は、いわゆる「カゴ抜け」を防止するには極めて有効と思われる。

 時折、買い物カゴやカートを車の荷台に積んているところを見かける。
 この全てが、スーパーなどから無断で持って来たとは言わないが、かなりの確率でそれと思っている。
 中には堂々と、カートを近所やキャンプ場などで利用しているツワモノも見かけるから驚きだ。
 先ず、このような方々は手癖が悪いと思われても仕方ない。
 カートや買い物カゴに店舗名が表示されていないと、まず被害店舗を特定することは困難だろうが、こんなものを平気で使用する人は信用出来無い人物と思っている。

 

|

« 死語になった言葉?「ジロ(地炉)」 | トップページ | 心強い!次世代護衛艦「いずも」進水 »

02 「うんちく」知ったかぶり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/52757247

この記事へのトラックバック一覧です: 万引対策、レジの前後でカゴの色を変化:

« 死語になった言葉?「ジロ(地炉)」 | トップページ | 心強い!次世代護衛艦「いずも」進水 »