« 万引対策、レジの前後でカゴの色を変化 | トップページ | 日本は原爆使用に直ぐに抗議した。 »

2013年8月 8日 (木曜日)

心強い!次世代護衛艦「いずも」進水

 0000075866046

 
 8月6日、横浜市磯子区の「ジャパンマリン・ユナイテッド」磯子工場でヘリコプター搭載型・次世代艦「22DDH」に「いずもと名付けられた。
 全長248メートル、基準排水量約1万9500トン、海自で最大の護衛艦で、ヘリは5機が同時に発着艦でき、計9機を同時に運用する能力がある。
 きっとオスプレィも発着できるはずだ。
 2015年3月に就役予定。
 更に二番艦は2017年3月予定らしいが、可能なら五番艦程度は欲しいものだ。

  この次世代艦は外観からも船体が大きく、性能もグレードアップされ、より正規型空母に近づいたようだ。
 
 防衛省は、「いずも」は周辺国が懸念するような「攻撃型空母」ではないと説明しているが、有事には、甲板の強度をアップするなど適宜改造し戦闘機の離発着も想定していることであろう。
 この護衛艦に、最大の仮想敵国「中国」は、自国のことは棚に上げて、かなり神経質に反応しているようだが、日本に本領を発揮して欲しくなかったら、尖閣のように、あからさまな刺激をしないことだ。
---------------------------------------------------------------
中国、護衛艦「いずも」を「准空母」と呼び警戒
     2013.8.7 13:34 [中国]
  http://sankei.jp.msn.com/world/news/130807/chn13080713370002-n1.htm
【北京=川越一】海上自衛隊のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」の命名・進水式が6日に行われたことを受け、7日付の中国各紙は同艦を「准空母」と位置づけ、日本の「右傾化」や「軍事力増強」の一環だと非難した。
 中国国防省も中国紙を通じ、「日本は歴史から学び、自衛政策を守り、平和発展の道を歩むとの約束に従うべきだ」と反発した。
 「いずも」はヘリコプター14機を搭載する能力があり、各紙は「改造すれば戦闘機の搭載も可能だ」と主張。
 北京青年報は「護衛艦の上着を着た准空母」と表現した。
 中国人民解放軍機関紙、解放軍報によると、中国の軍事専門家は「(最新鋭ステルス戦闘機)F35を搭載すれば、本当の空母になり得る」と指摘した。
 「いずも」の名称についても、各紙は「日本による対中侵略戦争の際に使われた艦船と同じ名前だ」などと、歴史問題に絡めて非難した。
 さらに、6日が「広島原爆の日」だったことも関連付け、「平和の願いと戦争兵器を織り交ぜて、国際社会の関心を引き起こした」などと伝えた。
 中国人民大学の国際関係学院の金汕●副院長は解放軍報に対し、「安倍晋三首相は国民の悲しみの気持ちを利用して、軍国主義の野心を支持するよう希望しているのだ」と述べた。
 中国共産党機関紙、人民日報傘下の国際情報紙、環球時報は社説で「護衛艦の名を借りた日本の准空母に対抗し、中国は本物の空母を発展させるしかない」と海軍力の増強を正当化した。●=くさかんむりに写の与が木

|

« 万引対策、レジの前後でカゴの色を変化 | トップページ | 日本は原爆使用に直ぐに抗議した。 »

09 共産主義国・中国のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/52790406

この記事へのトラックバック一覧です: 心強い!次世代護衛艦「いずも」進水:

« 万引対策、レジの前後でカゴの色を変化 | トップページ | 日本は原爆使用に直ぐに抗議した。 »