« 葛飾花火大会に「DJポリス」出動 | トップページ | 「鳴くよ(794)ウグイス平安京」 »

2013年7月26日 (金曜日)

客家(中国ユダヤ人)18の教え

 中国の世界遺産は、万里の長城や故宮の他に、どんなところがあるのかと思い調べていたら、2008年に登録された福建省南西部の山岳地域にある「客家土楼群」があった。0758_2
 この「土楼」は「東洋のユダヤ人」、或いは「中国のユダヤ人」といわれる「客家(ハッカ)」の住まいだ。米国にミサイル発射秘密基地と誤認された地域でもある。

 客家は古代イスラエルの末裔とされる。
 約2700年前に国家を失ったイスラエル人は、預言者に従い「東の海の島々」を目指したが、長い旅の途中、仲間と別れて中国に残った部族、それがユダヤ人=客家と言われる。

 よって、「客家(ハッカ)」には「よそ者」という意味もあり、土地所有ができず多くが商人や金融業になったが、政治にも関心を持つ人も多く、客家(ハッカ)の多い地域では中国共産党に強い影響を与えているそうだ。
 「客家」出身の政治家には、鄧小平、洪秀全、台湾の李登輝、シンガポール建国の父リー・クアンユーや二代首相ゴー・チョクトン、三代首相リー・シェンロンなどがいる。
 学者では陽明学の陽明や朱子学の朱子もいる優秀な民族でもある。
 「客家18の教え」の最初にある、「運は親切をした相手の背中から来る」はなかなか意味深い。

 「客家(はっか)18の教え
1.運は親切をした相手の背中から来る
  出会いは決して偶然ではなく、頑張っている人間を必ず誰かが見ているのだ。
 他人に親切にしても、その人から何か返ってくることはまずない。
 しかし、その人の友人やそれを見ている人間が必ずいて、その人間から運を与えられる。つまり、自分の運をコントロールすることは可能なのである。

2.許す事を知れば運命は変えられる 
 あなたの周りで起こることは、本来自分が操ることができることばかりだ。
 すべては自分の責任である。他人を責めても何も生まれない。
 逆に、相手を許すことによってその心を開き、自分の思い通りに操ることができる。許すことを知れば、自分の運命を変えることができるのだ。

3.退却は重要な才能なり3120
4.何を始めるかに最も時間を費やすべし
5.ビジネスには大義名分が必要なり
6.準備していなかったチャンスはリスク
7.小さい約束こそが重要なり
8.家族を蔑ろにする者は成功せず
9.お金に使われず、お金を働かせるべし
10.50人の仲間が成功の核心となる
11.金鉱ではスコップを売るべし
12.安売りには必ず終わりがやって来る
13.嫉妬は成功の敵、愛嬌は成功の素
14.物事は因数分解して考えよ
15.汗ではなく考える事こそが富を生む
16.笑顔はコストゼロの最良戦略
17.「ありがとう」は必ず声に出すべし
18.欲望に忠実になる為にこそ禁欲的に

|

« 葛飾花火大会に「DJポリス」出動 | トップページ | 「鳴くよ(794)ウグイス平安京」 »

09 共産主義国・中国のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/52610288

この記事へのトラックバック一覧です: 客家(中国ユダヤ人)18の教え:

« 葛飾花火大会に「DJポリス」出動 | トップページ | 「鳴くよ(794)ウグイス平安京」 »