« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月に作成された記事

2013年7月28日 (日曜日)

「鳴くよ(794)ウグイス平安京」

 日本の首都は「エルサレム?」かという話・・・・  0c2b5fe

 「鳴くよ(794)ウグイス平安京」は、年号を覚える語呂合わせで知られる。きっと、日本人に一千年以上言われ続けた可能性もある。

 日本の都は、藤原京(橿原市)→平城京(奈良市)→長岡京(長岡京市)→平安京(京都)→「東京(江戸)」と遷都するのだが、東京は遷都ではなく、都を追加しただけの「奠都(てんと)」とされる。

 つまり、明治天皇は平安京から江戸に行幸して、そのまま皇居に居ついただけなのだから、今上天皇は一旦平安京(京都)に戻るか、戻った後、東京遷都を改めて検討すべきとの意見もある。

 これはさておき、「平安京(京都)」は、延暦13年10月22日(794年)の桓武天皇入京から明治2年(1869年)に明治天皇が江戸に行幸するまで千年以上の期間、日本の首都だった。
  この平安京は「平和な都」の意味で、ヘブライ語で「エルサレム」と言い、平安京のシンボルは六芒星(ダビデの星)だ。
 つまり、日本の首都は「エルサレム」ということになる。 
  また、平安京の東には八坂神社があり、その周辺は「祇園」と呼ばれている。
 そして、エルサレムの東側にも「ジホン」という丘があり、それが「ギホン」→「祇園」と呼ばれるようになったという。Star_of_david_svg
 華やかな「祇園祭」の神幸祭は7月17日に行われるが、この日は旧約聖書で「ノアの箱舟」がアララト山に漂着した日で、ユダヤの「シオン祭」が行われる日でもある。
 
 なお、長岡京や平安京の構築のスポンサーはユダヤ人の末裔「秦氏」とされ、優れた土木技術を駆使し、京都のインフラ整備に貢献したことで京の街の原型が出来た。
 このようなことから「日ユ同祖論 」を称える人には格好の根拠とされる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月26日 (金曜日)

客家(中国ユダヤ人)18の教え

 中国の世界遺産は、万里の長城や故宮の他に、どんなところがあるのかと思い調べていたら、2008年に登録された福建省南西部の山岳地域にある「客家土楼群」があった。0758_2
 この「土楼」は「東洋のユダヤ人」、或いは「中国のユダヤ人」といわれる「客家(ハッカ)」の住まいだ。米国にミサイル発射秘密基地と誤認された地域でもある。

 客家は古代イスラエルの末裔とされる。
 約2700年前に国家を失ったイスラエル人は、預言者に従い「東の海の島々」を目指したが、長い旅の途中、仲間と別れて中国に残った部族、それがユダヤ人=客家と言われる。

 よって、「客家(ハッカ)」には「よそ者」という意味もあり、土地所有ができず多くが商人や金融業になったが、政治にも関心を持つ人も多く、客家(ハッカ)の多い地域では中国共産党に強い影響を与えているそうだ。
 「客家」出身の政治家には、鄧小平、洪秀全、台湾の李登輝、シンガポール建国の父リー・クアンユーや二代首相ゴー・チョクトン、三代首相リー・シェンロンなどがいる。
 学者では陽明学の陽明や朱子学の朱子もいる優秀な民族でもある。
 「客家18の教え」の最初にある、「運は親切をした相手の背中から来る」はなかなか意味深い。

 「客家(はっか)18の教え
1.運は親切をした相手の背中から来る
  出会いは決して偶然ではなく、頑張っている人間を必ず誰かが見ているのだ。
 他人に親切にしても、その人から何か返ってくることはまずない。
 しかし、その人の友人やそれを見ている人間が必ずいて、その人間から運を与えられる。つまり、自分の運をコントロールすることは可能なのである。

2.許す事を知れば運命は変えられる 
 あなたの周りで起こることは、本来自分が操ることができることばかりだ。
 すべては自分の責任である。他人を責めても何も生まれない。
 逆に、相手を許すことによってその心を開き、自分の思い通りに操ることができる。許すことを知れば、自分の運命を変えることができるのだ。

3.退却は重要な才能なり3120
4.何を始めるかに最も時間を費やすべし
5.ビジネスには大義名分が必要なり
6.準備していなかったチャンスはリスク
7.小さい約束こそが重要なり
8.家族を蔑ろにする者は成功せず
9.お金に使われず、お金を働かせるべし
10.50人の仲間が成功の核心となる
11.金鉱ではスコップを売るべし
12.安売りには必ず終わりがやって来る
13.嫉妬は成功の敵、愛嬌は成功の素
14.物事は因数分解して考えよ
15.汗ではなく考える事こそが富を生む
16.笑顔はコストゼロの最良戦略
17.「ありがとう」は必ず声に出すべし
18.欲望に忠実になる為にこそ禁欲的に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月24日 (水曜日)

葛飾花火大会に「DJポリス」出動

 23日(火)午後は、急遽、「第65回鎌倉花火大会 」に向かうことになった。Dj
 鎌倉市の天気は、予報通り夕方から弱雨程度で予定通り実施されたが、同時間帯に予定されていた「葛飾納涼花火大会」は豪雨で中止となっていた。

 折角出かけた人達には残念であったと思いきや、サッカーW杯ブラジル大会の日、渋谷で「DJポリス」と話題になった機動隊員が久々に江戸川に現れ、花火は中止になったが見られて良かったなどとニュースに流れている。 

 この日のDJポリスは、
 「花火に負けず劣らずのきれいな浴衣姿の女性の方もたくさん見受けられます。どうか男性の皆さん、女性の方が転ばないように会場までしっかりとエスコートしてあげて下さい。この花火を機に、二人の愛をしっかりと育んで下さい」
 「家族仲良く、ゆっくりと座って花火を見れば、お父さんの家の中での評価もうなぎのぼりですよ」
 などユーモアを交えた広報で誘導していたそうだ。
 このように一言一句、一挙手一投足が注目されるとやり難いことは理解できるが、受け狙いの広報より、基本に徹することも大切だ。

 雑踏警備は、不特定多数の群衆の安全と秩序を維持することで、事故を防止することが目的であり、マイク広報や各個広報により、人々に適宜・的確な情報を与え注意喚起することも重要だ。
 花火大会のような催しでは、事前に徹底した現場調査や開催関係者などとの事前協議が行われ、人出の予測に基づく「動線の確保」、「緊急動線の確保」、「滞留場所の安全確保」などを研究しているはずだ。
 特に、転倒や将棋倒しなどの事故防止には「動線」の確保は重要であり、歩道橋や階段、エスカレーター、坂道など段差のある場所では丁寧な広報が重要となる。

 これら基本的なことを理解しつつ、DJポリスは、やんわりと包むような広報で目的を達するのだから立派な才能と言える。ただ、受け狙いの広報より、基本に忠実な広報がより大切なことを、当事者もマスコミも理解しておく必要がある。
 この若い隊員への過度の期待から、本人も重圧を受けていることであろうし、決して、潰すことのないように育てて欲しいものだ。

 

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月22日 (月曜日)

参議選、改憲発議議席に達せず

 21日投開票の第23回参院選は、改選定数121の全議席数が確定したようだ。
 各党の獲得議席は、
  ▽自民党65議席、
  ▽民主党17議席、
  ▽日本維新の会8議席、
  ▽公明党11議席、
  ▽みんなの党8議席、
  ▽生活の党0議席、
 ▽共産党8議席、
  ▽社民党1議席、
  ▽みどりの風0議席、
  ▽新党大地0議席、
  ▽沖縄社会大衆党1議席、
  ▽幸福実現党0議席、
  ▽緑の党グリーンズジャパン0議席、
  ▽無所属2議席。

 これで、ねじれは解消し今後三年間は安定した政権運営が可能になったものの、憲法改正に前向きな、自民党、日本維新の会、みんなの党の獲得議席は非改選と合わせても、改憲発議に必要な3分の2(162議席)に達しなかったことは残念だ。
 自民党と連立を組む公明党が加われば3分の2を超すが、現段階で公明党の憲法改正は極めて慎重だ。
 改憲発議に一番足を引っ張っているのが連立を組む相手だ。

83_size0





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月21日 (日曜日)

大東亜戦争は「窮鼠猫を噛む」戦いだった

 19世紀から20世紀初頭にかけて、アジア・アフリカ諸国は欧米列強の植民地にされ、奴隷状態を余儀なくされた。D006
 黒人や黄色人種国家で唯一、欧米列強と対等に渡り合える能力・国力を有する国は日本ぐらいだった。

 そして、1894年の日清戦争に続く日露戦争(1904~1905)勝利は、世界を驚かせたが、ほぼ同時期に沸き上がった、黄色人種がいずれ白人国家を脅かす存在になるとした「黄禍論」だった。
 以後、日本は経済封鎖や関税、移民政策などで国際的イジメが続き、結局「ハルノート 」なる通告により戦わざるを得ない方向に追い込まれた。  

 1941年12月8日の開戦直前の日本は、万策尽き果て事態ここに至る。「座して死を待つより、戦って死すべし」という気運が高まり開戦を決意する。
 これは西欧の植民地勢力(白人社会)に捨て身の一撃を与えんと、 欧米列強(白人)による世界支配を黄色人種国家・日本が阻止した戦いであった。  
 この捨て身の精神の発露は、神武天皇以来、万世一系で貫かれた世界に類のない国家を守らんとする誇り高き日本民族の不屈の武士道精神であった。

 このような勇気ある民族が、世界の歴史の中に存在したであろうか。
 かつて世界を席巻した、ローマ帝国、モンゴル帝国、ロシア帝国、大英帝国などの領土拡大を主目的とした侵略戦争と、極東の小国・日本が並居る強国に追い詰められた結果の「窮鼠猫を噛む」戦いと比較すべきではない。

2013721


大東亜戦争【不屈の武士道精神】

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月19日 (金曜日)

中国の大人向け「母乳提供サービス」

 なんと言う国だ。01000
 中国の金持ちは、出産まもない母親の母乳を飲むため母親ごと買うことが流行っている。
 大人向け「母乳提供サービス」と言うそうだ。
  金持ちと貧乏人の格差社会のゆがみが、こんな形で現れるとは・・・・・・・。

  母乳を売る母親は赤ちゃんを親に預け、金持ちの「乳母」として出稼ぎ生活を送る。親子の絆を作る大切な期間を、金持ち達に身体を預けるのだから尋常なことでない。
 この「母乳提供サービス」は、若くて美人が人気があって割高となると言うから、その心根は知れている。
 そして思う。
 乳母を買った金持ちは、男か女か、どんな風に母乳を与えるのだろうかと・・・・
 斡旋業者の広告には「授乳中の女性が直接飲ませます」と謳ってあるそうだ。

 
 まあ、「栄養補給」を口実に女を囲っていると思われても仕方ないであろう。
 もっとも、最近でも堕胎した赤ちゃんや死刑になった人も食べてしまう噂がある国であり、論語で知られる孔子も人肉が好物だったそうだ。
 これだから、論語の教えもマユツバものなのだ。
 
 いずれにしても、日本人にはマネして欲しくないことだ



--------------------------------------------------------------
 中国で母乳を闇売買 富裕層が購入
               [2013年7月19日8時59分]  http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp1-20130719-1159827.html
    中国で母乳が闇で売買され、社会問題になっている。
 富裕層が「希少な栄養剤」として貧しい女性の母乳を飲用しており、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」では、道徳や人間性を失った格差社会のゆがみを批判する声が相次いでいる。
 中国メディアによると、経済特区広東省深セン市の裕福な男性の間では、働き過ぎによる疲労からの回復や手術後の養生を目的に自分専用の「乳母」を自宅などで雇い「栄養補給」するのがはやっており、1カ月1万5000元(約24万円)で雇った例もあるという。
 農村部の平均年収の約2倍に相当する高額報酬だ。
 母乳を売るのは四川省や黒竜江省などの貧しい家庭出身で、出産直後の女性。子どもの教育費を稼ぐため「心を鬼にして」赤ちゃんを親に預け「乳母」として数カ月の出稼ぎ生活を送る。売買には仲介業者が関与。
 若くてきれいな女性の人気が高いという。
 中国ではかつて、特権階級が良薬として母乳を服用していたとされ、現在も富豪の「ステータスシンボル」になっているとの指摘がある一方で、「栄養補給」を口実に女性を囲っている可能性もある。
 微博では「腐りきった富豪は直ちに死んでしまえ」「貧しい子どもはおなかを満たせず、金持ちは赤ちゃんの母親の乳を飲む。
 これが中国の新型“社会主義”だ」との痛烈な批判も出ている。
 富裕層向けとは別に、200ミリリットルなどのポリ袋詰めの母乳が数十元で売られており、母乳の出ない母親が買うケースもある。
 ただ、専門家は「肝炎などが感染しかねない」と闇市場での売買の危険性を警告している。
 中国では2008年、少なくとも6人の乳幼児が死亡した粉ミルク汚染事件が発覚した際も、貧しい女性が自分の赤ちゃんには粉ミルクを飲ませ、富裕層の赤ちゃん専用の「乳母」として雇われる問題があった。(共同)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月16日 (火曜日)

参院選比例区は候補者名の記入を!

 今まで、こんなことも知らずに投票場に行っていた。
 もっとも、大分県の選管も知らずに案内していたのだから仕方ないか。

 Ohyou3_2

 もうすぐ第23回参議院議員通常選挙だ。
 参院選の比例区は政党名ではなく「候補者名」を記入しよう。
 これは、貴重な1票が二倍になる仕組みでもある。

 政党名を書くと、その政党だけの応援となるが、候補者名を書くと、その所属政党と候補者両方を応援することになる。
 よって、仮にその候補者が落選しても、その候補者が所属する政党の得票になることで、あなたの一票は無駄にはならない。また、「政党名」と「候補者名」を両方が書いても有効票となるそうだ。勿論、所属政党と候補者が一致することが条件。

 これは貴重な1票が二倍になる仕組みだ。
 このことを知ったのは、大分県別府市の期日前投票所で、投票用紙を出す交付機が自動音声で「政党名をお書きください」と誤った案内していたというニュースからで、なにも自慢しているわけではない。

 「比例区は政党名」参院選期日前投票で案内ミス 大分
 http://www.asahi.com/national/update/0705/SEB201307050028.html
 大分県別府市役所に設けられた参院選の期日前投票所で5日、比例区の投票について、政党名だけ書くよう音声案内するミスがあったことが分かった。
 市選管によると、投票用紙を出す交付機が自動音声で「政党名をお書きください」と案内した。午前8時半から午前10時半ごろまで流し、この時間帯に約100人が投票したという。
 参院比例区は政党名と候補者個人の名前のどちらを書いてもよく、個人名での得票が多い順に当選者が決まる。市選管は「当落にも関わる重大なミスで、大変申し訳ない」と陳謝した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月15日 (月曜日)

「TPP交渉参加」日本は23日から

 TPP協定の18回目の交渉会合が、今月15日~25日までの日程でマレーシアで開かれているが、日本は23日午後から初めて交渉に参加できる見通しだ。
 日本からは、鶴岡公二・首席交渉官ら総勢100人近い交渉チームが22日に現地入りの予定だ。
 精々、「遅ればせながら宜しくお願いします」と挨拶程度の参加か。

  しかし、アメリカは「TPP」に日本を参加させて、日本国民の貯蓄など眠っている資産を奪い尽くす魂胆があると言われているから、日本がその気なら比較的簡単に参加は可能なのであろう。
 ただ、肝心のアメリカ自体が金融ユダヤ人=偽ユダヤ人に支配されているから疑念が付きまとう。

 最近のアメリカは、アメリカン・ドリーム(American dream)に象徴される、自由・平等・民主主義に立脚した建国の精神は消えてしまったとされる。
 つまり、今のアメリカは、かつて日本に君臨したマッカーサー元帥がいた当時の古き良き時代の健全な国家ではないと理解すべきだ。
    最近のアメリカ社会を知る いい動画があった。

   【金融ユダヤ】TPPは植民地支配の罠【NWO阻止】

  http://m.youtube.com/watch?feature=related&v=rxI1cXdE11Y

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月13日 (土曜日)

TPP推進者は、まず伊勢神宮参拝を!

 今月15~25日にマレーシアで開かれるTPP交渉で、日本の合流が、工003業品や農産品の関税撤廃を扱う「市場アクセス」分野の協議に間に合わないらしい。最大のテーマである関税撤廃の議論に加わることができないとは、
 どうなることやら・・・・・・・・・・・・・・

 さて、「TPP推進」と「伊勢神宮参拝」、何ら脈絡がないようだが、日本人なら多いにあると見るべきだ。
 結論を先に述べると、
 「TPP推進者」は、まず伊勢神宮の参拝、さらに10月17日の神嘗祭(かんなめさい)や11月23日の新嘗祭(にいなめさい)の見学、あるいは農業館訪問を薦める。
 いかに日本が、農業、特に稲作と密着した国造りをしてきたかを理解できる。

 問題のTPP環太平洋戦略的経済連携協定)は、「人、物、金、サービスを、ほぼ完全に自由にしよう」とする国際協定だ。
 このTPP加入に、当初から問題視されるのが農産物の自由化だが、日本の農業、米作りは、伊勢神宮の祭司にみられるように、日本人の成り立ちそのものであることを忘れてはならない。
8295_1
 古事記で日本は「豊葦原の瑞穂の国 (とよあしはらのみずほのくに)」とされる。きっと、豊かな広々とした葦原のように美しい稲穂が実る国という意味であろう。
 稲作は食料問題だけではない、日本の国柄、歴史、文化、景観そのものに直接影響してくるのだ。
 「TPP推進者」も、少しは想像力を働かせて欲しい。

 聞こえがいい、国際化、自由化、グローバル化(地球の一体化)が、結果的に日本に与える影響は果てしなく大きいことを・・・・・。

 『日本書紀』
 皇孫に勅して曰はく、
 「豊葦原の千五百秋の瑞穂の国は、是、吾が子孫の王たるべき地なり。いまし皇孫、就でまして治せ。宝祚の隆えまさむこと、まさに天壌とともに、無窮かるべし」
 とのたまふ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月11日 (木曜日)

飲食店は立地の悪い店の方が美味い?

  10日(水)は夜遅くなり、夕食を某所の駅前で食べたが、あまりのマズさに驚いた。
 待ち合わせていた若い社員にそれを教えると、「あんな立地の良い店はマズイに決まってますよ!」と言う。
 その社員に学生当時のバイトや飲食店勤務の体験を語られ、なるほどと思った。

  全ての店に該当することではないと思うが、予備知識や評判を知らないで、初めての飲食店に入るときの参考にはなりそうだ。
 社員に言わせると、駅前や表通りの角地など立地条件の良い店営業努力をしなくても客が入る
 客が入ると経営者は、これでいいと自己満足し美味しさを追求しなくなると言う。
 初めての街で美味しい店を探すコツは、裏通りで目立たない立地でも客がソコソコ入っている小規模の店なら間違いないと教えられた。

 なるほど、立地が悪いうえに味が不味かったら、直ぐに閉店を余儀なくされる。
 
  「目から鱗が落ちた」日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月10日 (水曜日)

「真の勇者」に国民栄誉賞・国葬を!

 「真の勇者」は、重大な災害や事故の最前線で、日本、いや世界を守るために自らの命を顧みず犠牲的精神で立ち向かった人達だ。

 原発事故発生直後、福島県民や国民に事実を伝えずに我先に「避難」した東電関係者が多かった中で、現地で生命の危険も顧みず01view対処した人達も多くいた。
 その一人が東京電力福島第一原発で所長を務めていた吉田昌郎(よしだ・まさお)氏だったが、9日午前、食道癌のため慶應義塾大学病院で死去された。
 大阪府出身の58歳だった。

  吉田元所長の最大の功績は、誤った指示命令を下す官邸と東電本店の妨害に屈することなく、強いリーダーシップで原発事故被害を最小限に食い止めたこと。
 原発事故の翌日3月12日、海水注入開始後、開始の報告を受けていない菅直人首相が海水注入が再臨界の可能性を指摘したことで、官邸の了承を得ず海水注入を開始したことを問題視した東京電力のフェローという技術顧問職の武黒一郎氏は、吉田所長に海水注入の中止を命じた。
 しかし、吉田所長は命令を知りながら続行を決意し、作業員に「今から言うことを聞くな」と前置きしたうえで「注水停止」を命令し注水を継続させる芝居を打った。
 結果的に、この注水作業を続けていなければ、東北・関東は人の住めない地域になっていた可能性があったことが専門家からも指摘されている。

  反面、原子力設備管理部部長当時、「そのような津波が来るはずはない」と主張して対策を講じなかったことも指摘される。
  今、功罪の「罪」を指摘するつもりはないが、吉田元所長の御蔭で日本は救われたことは多大な功績であり、日本の真の勇者として国民栄誉賞や勲章を贈り、更に「東電社員葬」はもちろんのこと、出来れば「国民葬」にすることを提案する。
12348
 国民栄誉賞の受賞者はスポーツや芸能関係者が殆どであり、国家が国民全員にスポーツや芸能を奨励しているようだ。ユダヤは世界支配のために100年前に芸能・スポーツの奨励を予測していたのだ。

 まあ、スポーツや芸能はそれはそれとして、災害や事故の最前線で 日本を守るために自らの命を顧みず犠牲的精神で立ち向かった人達を真の勇者として、その功労を迅速・的確に讃えることが、後に続く人々に勇気と希望を与えることになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 9日 (火曜日)

神風はなぜ世界で尊敬されるのか

 下手なコメントはいらない。
 まずは、この動画を観て欲しい。
 かつての日本人が尊敬されるのは、国を愛することを身を以て示したからだ。
  現代社会の堕落した日本人と比較しようとすること自体、おそれ多い
 命を懸けて守ったこの日本、今を生きる我々日本人は彼らに顔向け出来るのかと自問自答している。


 世界が語る神風特別攻撃隊―カミカゼはなぜ世界で尊敬されるのか

    世界が語る神風特別攻撃隊

 世界が語る神風特別攻撃隊
 「カミカゼはなぜ世界で尊敬されるのか」
 吉本 貞昭 著 2012.07.30 B911
 定価 1680円(本体 1600円)
  「日本は太平洋戦争で敗れはしたが、そのかわり何ものにもかえ難いものを得た。それは、世界のどんな国にも真似のできない特別攻撃隊である。代償を求めない純粋な行為、そこにその真の偉大さがある」――アンドレ・マルロー(フランスの作家、文化大臣)

  本書は、大東亜戦争末期、必死必殺の特攻兵器をもって国家の危急を救わんとした殉国の血潮に燃えた青年たちの勇気と自己犠牲の記録である。
  日本は昭和十六年十二月八日、自存自衛と大東亜共栄圏の理想を実現するべく、日本を戦争に追い込んだ欧米諸国に立ち向かった。
 白人不敗の神話を崩壊させた日本軍は、わずか半年余りで、東南アジア全域を西欧列強の植民地支配から解放した後、東南アジアの各地に独立義勇軍を結成して軍事訓練を施し、敗戦後に展開された「第二次大東亜戦争」とも言うべきアジア諸国の民族解放戦争と民族独立運動に契機を与えていくのである。 だが、開戦以来、武運に恵まれていた日本軍も、米軍の反撃の前に次第に守戦に立たされるようになっていった。
 この時、劣勢な戦局を挽回するために、昭和十九年十月二十一日から翌年八月十五日にかけて、フィリピン、硫黄島、沖縄諸島、本土防衛で敵艦船に対する熾烈な特攻攻撃が展開された。
 だが、戦後の日本では、戦時中の特攻作戦は、それまでの日本軍に前例がなかったことから「特攻を最大の罪悪の一つと見立てて、絶対服従を強要する上司の命令のために、いやいやながら死んでいった若い将兵たち」という誤った見方が生まれ、彼らを哀れな戦争被害者とする風潮があったことは、実に残念なことである。
  だが、特攻の真相は決して、そのようなものではなく、戦没海軍飛行予備学生の遺族会理事長杉暁夫氏も、「私達の常識ではとても想像もつかないような完全な“滅私”を神風特攻隊員の一人一人が実践してみせたのである」「ただ一途に、祖国の危機の前に敢然と立ち向かった若い特攻隊員達の悠久の偉功を決してないがしろにしてはならない」と述べているように、特攻こそは、欧米諸国の植民地化を恐れた、殉国の血潮に燃えた青年たちが劣勢な戦局を挽回するために行った愛国心の発露であり、また実際の戦果も戦後、米軍が公表したものよりも、遥かに大きなものだったのである。
  このことは、ビルマ初代首相のバー・モウも、「特攻隊は世界の戦史に見られない愛国心の発露であった。今後数千年の長期にわたって語り継がれるに違いない」と述べており、また米・英・仏などでも、神風特攻隊に関する書物が数多く刊行され、特攻に対して高い評価を与えているにもかかわらず、「かつて味方であった日本人が味方であった日本人を愚弄したり、揶揄したり、嘲笑している」のが、戦後の日本の特徴であると言ってもいいだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 7日 (日曜日)

戦争の黒幕は「共産主義者」だ。

 今日7月7日は、 織姫(おりひめ)と彦星(ひこぼし)が1年に1度、天の川を渡って逢瀬をはたすというロマンチックな物語が残る日。
 しかし約75年前の1937年(昭和12年)7月7日は、日本が長い長い泥沼の戦争に引きずり込まれることになった「盧溝橋事件」が始まった日でもある。
http://blog.goo.ne.jp/goo25715/e/c51655c141b28b33ceb1024b683c1407
 

 中国では一般的に「七七事変」と呼ばれる。84aa5e
  北京市の南西約15km地点の盧溝橋で、日本軍と中国国民革命軍第二十九軍が衝突事件であるが、日本と蒋介石・中華民国の間で行われた長期間かつ大規模な戦闘(支那事変)となる。
 
 

 だが、この「盧溝橋事件」の約二年前、コミンテルンで重要なことが決定していた。
 「コミンテルン」とは、ソ連に存在した共産主義政党の国際組織だ。

 1935年7月25日から開かれた第七回「コミンテルン大会」では、西洋においてはドイツ、東洋においては日本を目標とすることが宣言され、同時に世界的に人民戦線を結成するという決議を行い、特に中国においては抗日戦線が重要と主張し始めた。
 コミンテルン支部である中国共産党は、この方針に沿って翌8月には「抗日救国のために全国同胞に告げる書(八・一宣言)」を発表し、1936年6月頃までに、広範な階級層を含む抗日人民戦線を完成した。(ウィキペディアより)
 つまり、日本とドイツを赤い国にする方針が決定していた。

 因みに、コミンテルン日本支部は1922年に日本共産党が承認されている。
 なお、共産主義者は何も全員が共産党に所属、又は傘下にあるわけではない。
 現在も、各政党の政治家、マスコミ、大学教授、学者、評論家、経済人、宗教家などあらゆる層にいると言われる。

 戦争当時は近衛文麿 (第34・38・39代総理大臣) 。1236a
 
大東亜戦争突入の最も重要な時期の総理の一人であるが、スターリンの秘密指令を受けた正体を偽装した共産主義者グループにあり、他には政権のブレーン尾崎秀実(おざき ほつみ)や元アメリカ共産党員で洋画家の宮城与徳、ドイツ共産党からソビエト共産党に移したソ連のスパイで朝日新聞記者のゾルゲがいた。
 ゾルゲのコードネームから「ラムゼイ機関」と呼ばれた。
 近衛文麿の
総理在職期間は
 【第1次】昭和12年6月4日~昭和14年1月5日
 【第2次】昭和15年7月22日~昭和16年7月18日
 【第3次】昭和16年7月18日~昭和16年10月18日
 近衛は京都大学教授、共産主義の大御所、河上肇の教え子といわれる。
 巣鴨拘置所に出頭を命じられた最終期限日の昭和20年(1945年)12月16日に、荻外荘(てきがいそう)で青酸カリを服毒して自殺した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 6日 (土曜日)

「衛星国」は武器の製造開発も駄目?

 ソ連崩壊後は死語になったような「衛星国」という新聞記事に目が留まった。
 「衛星国」とは軍事占領された後、占領国軍隊の駐留を認めた上で、形式上は独立国であるが従属的な立場におかれた国。
 主権、特に外交・軍事関連で一部が制限されていることも多い。
 簡単に言えば「奴隷国」のことだ。

 さて、1989年、ベルリンの壁が崩壊し東欧諸国は晴れて独立したが、未だに日本はアメリカの立派な衛星国であることを自覚しているだろうか。
 確かに日本の自衛隊は、衛星国としては十分過ぎる装備を持ち、一見、独立国の軍隊のように見える。
 しかし、現在の厳しい国際情勢の中で、防衛に不可欠な武器使用や核武装は8e5f7a勿論、爆撃機、給油機、強襲揚陸艦などの装備保有は制限されている。
 特に、昭和42年に決めた「武器輸出三原則」は、日本は武器輸出や開発も出来ない顕著な縛りがある。
 この三原則とは、
 (1)共産圏諸国向けの場合
 (2)国連決議により武器等の輸出が禁止されている国向けの場合
 (3)国際紛争の当事国又はそのおそれのある国向けの場合
だが、(1)(2)は分かり易いとして、(3)は殆どの国が該当するではないか。

 しかし今回、紛争当事国イスラエルも購入計画がある「ステルス戦闘機F-35」製造に日本企業の参加を、三原則4289_nの例外とする方針としたことは、三原則撤廃に向けて一歩前進と見られ喜ばしい。
 できれば、早急に完全撤廃し、価値観を共有する国々に限定した輸出や技術提供を可能にすべきだ。
 それに、この三原則は法律ではなく、ただの政府見解のはずだ。
 だが、日本がアメリカの「衛星国」から抜け出し、完全独立を実感する日は果てしなく遠いように思う。
 参議院選の自民党のスローガンに
 「日本を、取り戻す。その実感をあなたの手で
 とあるが・・・・・・・・・・

  田母神俊雄氏も「武器輸出三原則」の矛盾を述べている。
 以下は、田母神俊雄氏のブログから
   http://ameblo.jp/toshio-tamogami/entry-11145546291.html
 「私は自衛隊にいる頃から、自衛隊の主要装備品は国産でなければならないと主張してきた。近年では戦闘機、護衛艦、ミサイルシステムなどはシステムが極めて高度化し、システムの半分はソフトウェアが占めているため、装備品開発国の技術支援がなければ動かない。
 我が国がアメリカなどの開発した戦闘機などを導入すれば、アメリカなどの技術支援がなければそれらは動かない。従ってアメリカから一方的に武器を買っていれば、我が国は外交交渉ではアメリカに対し決定的に不利になる。
 自国で造った武器を外国に売るということは、相当程度相手国を支配できるということなのである。
 だから多くの国は武器を出来るだけ輸出をして、輸入は局限しようと努力しているのである。
  ところが我が国では武器輸出三原則があり、輸入はいいが輸出はだめだというわけだから倒錯しているというしか言いようがない。
 しかも武器輸出をしないことが正義であるとの考えを持つ政治家はかなり多いのである。外国から武器を買うならば、当該国に同じくらい武器を売って、相互に相手を支配しているという形を作らなければ外交交渉では必ず負けてしまう。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 4日 (木曜日)

警視庁機動隊対抗舟艇大会

 201374_044
 6月22日(火)午後、仕事で江戸川河川敷を動いていたところ、「警視庁災害警備総合訓練」の場面に遭遇した。

 江戸川区篠崎辺りの江戸川河川敷に警察車両が、100台以上も駐車してあり、何かと思ったら警察関連の行事だった。
 災害警備総合訓練に続いて、「機動隊対抗舟艇大会」があるという。
 この大会は、第一機動隊から第九機動隊、特科車両隊の各隊から20名の選抜された隊員が5名一組でゴムボートを漕ぎ、約500メートル幅の江戸川をリレーで二往復する。
 単純と言えば単純な競技だが、それだけに各隊のプライドと意地が激突する。
 選手は当然ながら、応援する隊員や幹部達も気合が入る。

 是非、写真を撮影したいと関係者に申し出ると、一番近い場所に案内してくれた。
 近くで見学すると隊員は全員が二十歳代と思われるほど若い。
 体力に任せて必死で漕ぐ選手、応援する隊員たちの体育会系ののりがいい。
 
 
 結果は、一位は三機、二位は七機、三位は特車だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »