« 富士山に一番詳しい人は誰? | トップページ | 夜行バスで「伊勢神宮参り」に出発 »

2013年6月27日 (木曜日)

風前の灯「民主」参院選一人区全滅か

 都議選完敗の腹いせか、野党は国会を愚弄する無意味な動きをするものだ。
 国会閉幕の6月26日、数の横暴で安倍首相に対する問責決議を可決、折角の生活保護法改正案など6法案が廃案となった。
 いよいよ参院選モードだが、民主党壊滅の序曲が聞こえる。

 また、維新の会の松井幹事長は、「そんなことをしても国民に理解されない」と語ったそうだが、それならナゼ賛成に回ったのか。
 維新の会は、保守の片鱗を国民に示す千載一遇のチャンスを逸したと見る。
 これでは、維新も参議選では民主党と一緒に没落の道を歩むことであろう。

 先の東京都議選では、自民と公明が全員当選し82議席、共産党が17議席を獲得したのに、民主党は15議席、維新は2議席にとどまった。
  それに、海江田代表は安愚楽牧場「和牛オーナー制度」を評価した疑惑、また、鳩山元首相は尖閣問題で「日本が盗んだ」と思われても仕方がないなどとバカな発言をし、国民に嘲笑されている。
 こんな程度の輩が民主党のリーダーたちなのだ。
 国民も呆れて、空いた口が閉まらない。
 参院選当落予想では、民主党候補は1人区で全滅する可能性が高い。


産経抄】6月27日
    産経新聞 2013/06/27 03:18
 民主党は参院選に負けたいのだろうか。きのう参院本会議で安倍晋三首相に対する問責決議が可決されたが、あおりで生活保護法改正案など国民生活と密接にかかわる6つの法案が廃案になった。
 ▼輿石東参院議員会長は「与党がこういう事態を招いたのは否定できない事実だ」と強弁するが、都議選に惨敗した衝撃で事実関係すらわからなくなったようである。
 問責可決によって、野党がその後の審議をボイコットしたため6法案は廃案となった、というのが「事実」である。
 ▼問責決議は、内閣不信任決議のような法的拘束力はない。
 ないからといって、「野党が多数派を占めているうちに」と勘ぐられても仕方がない「卒業記念」のような決議に賛同し、6法案を葬ったのは、「どうぞ自民党さん、参院選も勝ってください」といわんばかりの下策だった。
 ▼折しも民主党生みの親である鳩山由紀夫元首相が、尖閣問題でまたもやとんでもない発言をした。香港のテレビに出演し、「中国側からみれば『日本が盗んだ』と思われても仕方がない」と語っている。
 ▼1月に「尖閣は日中間の係争地」と発言して、防衛相から「国賊」呼ばわりされたのに懲りていない。反省しないのは、元首相が根っからの「中国の代理人」だからと思えば、すべての疑問が氷解する。
 ▼首相在任中、米軍普天間飛行場移設をめぐって「最低でも県外」と口走って日米同盟を危機に追いやり、経済対策もろくにやらずに国力を減退させたのも「代理人」の使命をまっとうするためだったのではないか。民主党のために助言すれば、ただちに彼を除名すべきだ。さもなければ、「国賊が党首だった党」の汚名を背負い、二度と再び政権に復帰する機会はめぐってこないだろう。

|

« 富士山に一番詳しい人は誰? | トップページ | 夜行バスで「伊勢神宮参り」に出発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風前の灯「民主」参院選一人区全滅か:

« 富士山に一番詳しい人は誰? | トップページ | 夜行バスで「伊勢神宮参り」に出発 »