« 謎が多い「公益大学生刺殺事件」 | トップページ | 定期健康診断は「オールA」 »

2013年6月14日 (金曜日)

大ピンチ!猪瀬都知事の醜聞噴出

 『週刊文春』で、作家の中平まみ氏が猪瀬都知事との関係を暴露した。
 猪瀬都知事ピンチ!暴露された性癖と「飲酒運転当て逃げ」とある。
 古い話とは言え、都民は、この程度の人物が都のトップにあることを知るべきだ。
Photo
 平成24年12月、石原前都知事から後継指名を受けた猪瀬直樹(66歳)前副知事は、都民から433万票という史上最高の得票で都知事の椅子を射止めた。
 
 この高い得票は、石原氏の後継指名で有権者が惑わされたものであり、猪瀬氏本来の実力や人徳でないと言われていた。

 経歴や人柄は顔だちや話し方にも現れるもので、最近ではテレビなどでは意識的にトーンを抑えて語ることが多いが、懸命に本性を隠す演技と見ている。

 猪瀬都知事は、大学在学中は新左翼学生運動の指導者であり、通称「白ヘル」(革命的共産主義者同盟全国委員会)に所属。1969年には信州大学全共闘議長を務めたバリバリの極左暴力集団のトップだった。
 社会人になってから保守に転向したとはいえ、極左嫌いの石原前都知事が、この経歴を知らないはずはなく、良く副知事に取り上げ、更に都知事に後継指名したものだ。
 まあ、自己顕示欲、権力欲だけは人一倍強い人物なのだろう。Satakamakoto

 前回は、オリンピック候補地として、東京と争うトルコ・イスタンブールを批判する失言、そして今回は、作家の中平まみ氏のスキャンダルの暴露だ。
 いよいよ、お里が知れたというか、メッキが剥がれた感がある。
 一度でも、短期間でも極左暴力集団に染まった人間に、遵法精神が育まれるはずがない。
 極左暴力集団は、あらゆる暴力や違法行為で社会を破滅又は転覆しようとする極めて過激な集団だ。
 つまり主義主張を貫くためには、殺人・強盗・放火などの凶悪犯罪、つまりどんな違法行為も正当化する。このような経歴を有する方には、たかが飲酒運転当て逃げなど犯罪行為と思っていなかったのだろう。
 果たして、任期を全うできるのか。
  猪瀬都知事は、飲酒の事実はないと否定し、事故も「軽微な自損事故」だったと反論しているそうだ。
 フロントがグシャグシャの事故を軽微な事故と言うのだろうか。
 中平氏は言う、
 「私が見た猪瀬氏はこずるくて、自己保身ばかりの男でした。そんな人にはたして人心の為に身を捧げるような仕事が出来るのでしょうか」と。

 遵法精神に欠けた人物は、そのうち大きな過ちを犯す可能性が高い
----------------------------------------------------------
 猪瀬直樹都知事が飲酒運転で交通事故を起こしていた
     2013.06.12 18:00    
 2020年五輪招致活動中の猪瀬直樹東京都知事が、不倫関係を疑われる女性が同乗する車を運転中、交通事故を起こしていたことが分かった。
 飲酒運転だったという。
 猪瀬氏は91年10月、当時交際していた作家の中平まみ氏と横浜に出掛けた。その際、飲酒したにもかかわらず、帰路、車を運転し、目の前で起きた追突事故を避けようとして、中央分離帯に衝突する事故を起こした。車は中平氏所有のものだった。
 中平氏が振り返る。
「私が『運転、大丈夫なの?』と言っても、猪瀬氏は『これくらい大丈夫』とお酒を飲んでいました。事故を起こしたとき、私は警察が来るのを待つのだと思っていました。ところが猪瀬氏はアクセルを踏んで、フロントがグシャグシャの車を走らせ始めたのです」
 猪瀬氏に取材を申し込んだところ、弁護士を通じて書面でこう回答した。
「不倫交際をしていたとするご指摘については、20年以上前のこととは言え、この様なご指摘を受けたこと自体深く反省しなければならないと思っております。(飲酒運転事故を起こし、現場から逃亡したことについては)飲酒運転をした事実はありません。車が分離帯に接触した軽微な自損事故はありました。他者への物損はありません。従って、逃亡したとのご指摘は、理解することが出来ません」
 中平氏はこの事故を機に、猪瀬氏と次第に疎遠になったという。中平氏が言う。
「私が見た猪瀬氏はこずるくて、自己保身ばかりの男でした。そんな人にはたして人心の為に身を捧げるような仕事が出来るのでしょうか」
 今後、都民が中平氏の告発をどう受けとめるかが注目される。 文「週刊文春」


副都知事室に450万かけて自分専用トイレを設置
 トイレに行くのが面倒、トイレが汚い等の理由で(?)副知事室に自分専用のトイレを作らせ、税金450万を無駄遣いした上に、そのことを議会の場で追及されると、「こうゆう問題を取り上げて時間を浪費するほうが税金の無駄遣いではないか」と開き直った。
 http://kachinet.jp/blog/blog.php?key=44837

ハイヤーを乗り回し税金620万円を浪費
 道路公団民営化委員の時代、黒塗りハイヤーを私用でも乗り回し620万円の税金を無駄遣いした。他の委員は皆タクシーを使用していたが猪瀬だけがハイヤーを要求(タクシーではタバコが吸えないためか?)。行き先の経路も黒く塗りつぶされていた(私用で使った疑い)。
 http://onoderakouichi-truth.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/2005522-02d2.html

マスコミや都庁内でも「自己中」「傲慢」の声
 http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20121129/dms1211291125009-n1.htm
 実際に都庁に務める知人から、都庁内の喫煙禁止エリアでも平気で吸い、注意を受けると睨みつけた上に、タバコに火を付けたまま喫煙所に向かったとの証言もあった。

 

猪瀬都知事ピンチ!不倫・中平まみに暴露された性癖と「飲酒運転当て逃げ」

  2013/6/13 18:59
  「何であんな男が東京都知事になるの!」
   昨年十二月、猪瀬直樹氏が史上最多の約四百三十四万票の得票で東京都知事に就任したとき、私は思わずこう声をあげてしまいました。猪瀬氏の名前を聞くと、あの忌まわしい過去の記憶が蘇ってきてしまう。猪瀬氏は私と出会った後、政治と関わり合うようになり、作家から政治家へ転身を遂げていきました。その処世術は見事の一言です。でも、本当にこれでいいのか。私は猪瀬氏が政治家として出世していく姿を見る度に、危機感を覚えずにはいられませんでした>
   こう『週刊文春』で語っているのは、作家の中平まみ氏である。中平氏は「ニュースセブン」(NET・現テレビ朝日)のアシスタントを経て作家デビューし、1980年に『ストレイ・シープ』で文藝賞を受賞した。父親は「狂った果実」で知られる映画監督・中平康氏だ。
   二人が付き合っていたのは1991年当時だから、相当古い話である。それをいまになって暴露され、批判されるのは、猪瀬という人、よほど人徳というものがないのであろう。テレフォンセックスまがいのやりとりもあるが、彼女の話の中で聞き捨てならないのは、酒を飲んで車を運転して事故を起こしたのに、そのままその場を逃げて知らんふりをしたという下りであろう。猪瀬氏は中平氏の車を借りて横浜中華街に出かけ、彼女と一緒に酒を飲んでの帰りだという。
<帰り道、猪瀬氏がハンドルを握り高速道路走っていました。今思えばアルコールを飲み、あたりは暗く、路面は雨で濡れてと悪条件が揃っていた。私は猪瀬氏がスピードを出しすぎていたように感じていました。
   そのとき、車列の前のほうで追突事故が起こり、私たちの前の車が急ブレーキをかけたのです。猪瀬氏は『あー!』と叫び、ハンドルを大きく切った。車は中央分離帯に激突、三百六十度回転した。凄い音と衝撃でした。全身を打ちつけられる。衝撃で『死んだかも』と思ったほどでした。
   私は当然、警察を待つのだと思っていました。ところがです。猪瀬氏は再びアクセルを踏み込んだ。フロントがグシャグシャの車で、ネズミ花火みたいな勢いで車を走らせ始めたのです。
   かなりの距離を走ったと思います。もう大丈夫と思ったのか猪瀬氏は車を路肩に止めハンドルに突っ伏してハァハァと喘いでいる。脂汗がダラダラ流れていた>
   猪瀬都知事は週刊文春の取材に対して、彼女との不倫関係は認め、指摘されたことを深く反省すると答えているが、飲酒運転の事故に関しては、飲酒の事実はないと否定し、事故も「軽微な自損事故」だったとしている。
   猪瀬氏は中平氏が離れていって3か月もしないうちに新しい女性にアプローチを始めたそうだが、その女性もこう語っている。<「彼は最初から私を女として口説きに来た。二月には彼に誘われて『オフィスイノセ』の契約社員にもなった。毎月四十万円という給料は、今思えばそういうもの(俺の女になれという意味)が含まれていたのかもしません。でも、男女関係とはちょっと違う。いい思い出なんてありません。猪瀬さんは事務所スタッフや業界人から凄く嫌われていましたし、鳩や猫をパチンコやエアガンで打つような人でしたから」>
   早く都知事を辞めないと、これからもスキャンダルが次々噴出するかもしれない。辞める時期は東京五輪招致がダメだとわかる9月がいいのではないだろうか。

|

« 謎が多い「公益大学生刺殺事件」 | トップページ | 定期健康診断は「オールA」 »

01 ごまめの歯ぎしり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/52025237

この記事へのトラックバック一覧です: 大ピンチ!猪瀬都知事の醜聞噴出:

« 謎が多い「公益大学生刺殺事件」 | トップページ | 定期健康診断は「オールA」 »