« 桜田淳教授の素晴らしい論文 | トップページ | 「公益文科大学生殺人事件」の続報 »

2013年6月 4日 (火曜日)

謎が深まった「酒田市公益大学生殺人事件」

 山形県酒田市内で公益大学生が刺殺された事件は、当初、学校や交友関係の捜査から早期解決と思っていたが、簡単には行かないようだ。
Hizou_03_04 この事件から思い出したことが二つある。
 以前、知人の家族が自転車運転中に交通事故に遭い、自分が乗った自転車のハンドルの左先端を脇腹に突き刺さるように衝突されたのに、その場では大丈夫と思い帰宅したが、数時間後、激しい腹痛に襲われ救急車で病院に運ばれたものの、手遅れで死亡した。
 死亡原因は脾臓破裂と知った。
 次は体験談だが、数か月前、帰宅し風呂に入るため服を脱ごうとすると背中がチカチカする。自分では見えないので「どうなっているか」と見てもらうと、「虫に刺されたか、トゲが刺さったように大きく腫れている」と言う。
 どこで刺されたのか全く記憶がない。
 元々背中は神経が鈍いことは知っている。
41n
 設楽さんが刺殺された事件は、致命傷になった背中の傷の刃物が特定されていないことなどから、こんなことを思い出し、次の推理をした。

 事件の推理

■死因は脾臓破損らしいが、交通事故の例のように、脾臓は破損しても短時間は歩く程度の移動は出来た可能性がある。
■脾臓破損は傷の差もあるが、早ければ約10分で死亡の見解もあるが、記憶では2〜3時間は存命していた。
 よって、第一犯行現場はアパートではなく、外や車内の可能性もある。
■被害者はアパートには自力で帰宅したか、或いはなどで連れて来られてからも引き続き暴行を受けた可能性もある。
■設楽さんは弓道部に所属し、昨年来、何らかのいじめトラブルに巻き込まれていたらしいという。背中の傷は弓矢の可能性はあるのか。
■設楽さんは、顔を殴られたり、背中に何かを突き刺される傷害を受けたものの、病院に行かずアパートに帰宅した可能性もある。
■ゴミ箱をかぶっていたのは、帰宅後も暴行を受け悶絶した可能性もある。
■玄関の鍵がかけてあったのは、合鍵を持つ人が無断で開けて犯行後に閉めたか、或いは、入るときは被害者に開けてもらい、犯行後は予備鍵を部屋から見つけて使った可能性もある。
 いずれにしても被害者と面識がある人物だ。
  (予備鍵一本位は管理会社から渡されるはず)
■他にも何点か思うことがあるが、被害者に不利なことなので記載しない。
《追記》
◼東北公益文科大の構内にあるごみ箱から3日、何らかの刃物が見つかったそうだが、アパートで使用した凶器を、わざわざ大学まで捨てに行くだろうか?
 捜査本部は3日、情報提供を呼びかけるフリーダイヤル(0120・0234・20)を設置した。24時間受け付ける。

設楽さんは犯人と一緒に参加したのか? 2013年9月 4日 (水曜日)
   http://z-shibuya.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-b278.html

強い愛ほど強い憎しみに変化の虞あり
  http://z-shibuya.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-a12b.html
 

|

« 桜田淳教授の素晴らしい論文 | トップページ | 「公益文科大学生殺人事件」の続報 »

04  気になった事件・事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/51903967

この記事へのトラックバック一覧です: 謎が深まった「酒田市公益大学生殺人事件」:

« 桜田淳教授の素晴らしい論文 | トップページ | 「公益文科大学生殺人事件」の続報 »