« 虚飾にまみれた隣国の実態「悪韓論」 | トップページ | 酒田市高見台二丁目大学生殺人事件 »

2013年5月29日 (水曜日)

5/27 TVタックル「慰安婦問題」激論

  5月27日のTVタックルは「慰安婦問題」で激論が交わされていた。
 これに、少なからず参加したい気分になった。Cakug9hp

 
 まず、戦地に軍人大量派遣型の戦争に便乗し、金儲けのチャンスと捉えた日本人や朝鮮人業者が「慰安婦」を大量募集し、女性達を戦地に送ったはずだ。
 広告で募集した証拠のチラシは幾らでも残っている。

 兵隊の月給が10円前後の当時、「慰安婦」の月給は300円以上だったという。
 今なら、300万円以上か。
 こんな高額の月給を貰う地位や職業など、今の時代でも極めて少数であろう。
 よって、強制などする必要がなかったと断言する。
 それに、当時の日本には公娼制度が合法的に存在したのだから、兵隊さんはそれを利用しただけで、応募した女性も生活のために身体を張って働いただけだろう。
 平和な今の価値判断で、当時のことを非難することは出来ないはずだ。

 今、非難すべきは、戦争による合法的な人殺しであり、現在進行形の韓国から日本に送り込まれる約5万人の売春婦や、米軍女性兵士三人に一人の強姦被害問題なのだ。
 
 
 それにしても、このアメリカ人・スキナー氏の傲慢不遜な態度やコメントには反感を覚えるが、この人の考えが今のアメリカ人を代表しているのではないかと感じた。
 

 きっと、アメリカの黒幕と言われる『アシュケナジー系(偽者ユダヤ人=ハザール人)』たちも、一枚も二枚も加わっているはずだ。米は韓国を手足に使って、日本を貶めているのかと勘繰る。

|

« 虚飾にまみれた隣国の実態「悪韓論」 | トップページ | 酒田市高見台二丁目大学生殺人事件 »

01 ごまめの歯ぎしり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/51822659

この記事へのトラックバック一覧です: 5/27 TVタックル「慰安婦問題」激論:

« 虚飾にまみれた隣国の実態「悪韓論」 | トップページ | 酒田市高見台二丁目大学生殺人事件 »