« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月に作成された記事

2013年5月31日 (金曜日)

酒田市高見台二丁目大学生殺人事件

 山形県酒田市内で、家族と離れて一人暮らしていた東北公益文科大の大学生が、自宅アパートで、何者かに背後から刺殺されるという事件が発生した。Photo
 この辺りには妹の嫁ぎ先もあり、今月はじめにも立ち寄ったが、普段は事件からは無縁のような地域環境だ。
 まずは、被害者のご両親はじめ御家族には突然の訃報に、心よりお悔やみ申し上げます。よって事件の早期解決を願って、新聞報道等の情報をまとめてみた。
0550
事件発覚:平成25年5月29日(水) 午前11時25分頃
発覚場所:山形県酒田市高見台 (たかみだい)二丁目
               
 アパート2階 6畳間

被 害 者:東北公益文科大2年 設楽亮介さん(19)
 司法解剖の結果、背中の刺し傷は、脾臓などに達しており致命傷になった。
 発見時は普段着姿で、頭部には殴られたような跡があった。

発覚状況:山形市内居住の家族が、5月27日から連絡が取れなくなったため、Sitara_11同アパート管理会社に連絡し、同社員が玄関から合鍵で室内を調べたところ、頭から血を流して死亡状態の設楽亮介さんを発見した。
 玄関や窓は施錠されていた。

捜査態勢:酒田警察署に捜査本部がおかれ、刑事部長を本部長として113人態勢で捜査にあたると言う。TEL0234-23-0110 Fax0234-26-7062

予測される捜査方針
(1)近隣居住者や犯行時間帯の付近通行人等からの聞き込み捜査
(2)被害者の家族、交友関係、学校関係者からの捜査
(3)事件現場に遺留された毛髪、指紋、足跡、血痕等からの捜査
(4)電話、メールなど事件情報提供者からの捜査及び防犯カメラの解析

事件の推理
■背後から刺されていることから、背中を見せるほど油断していた相手だったか、抵抗出来ない状況だったのか。
■室内の鍵を全て閉めたのは、事件発覚を遅らせる意図があったのか。
■携帯電話が現場に残されていれば事件解決は早いが、犯人が持ち去ったのなら怨恨説がより濃厚となる。
■刺し傷が少ないことから計画性や強い殺意は認められず、犯人がカーッと激情した突発的犯行の可能性が高い。(その後、刺し傷多数、頭蓋骨陥没等の情報あり)
■致命となった背中の傷と合致する刃物が発見されていないことの意味は。
 複数犯で、一人は置いて逃げたが、背中を刺した一人は持ち去った?
■第一犯行現場は、アパートだけなのか?、それとも大学、空き地、車内?
■怨恨説が有力なら、恨みをかった原因は何か?
■犯人は結果に驚き自殺を図る可能性があるので、早期の身柄確保が重要だ。

 

続きを読む "酒田市高見台二丁目大学生殺人事件"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月29日 (水曜日)

5/27 TVタックル「慰安婦問題」激論

  5月27日のTVタックルは「慰安婦問題」で激論が交わされていた。
 これに、少なからず参加したい気分になった。Cakug9hp

 
 まず、戦地に軍人大量派遣型の戦争に便乗し、金儲けのチャンスと捉えた日本人や朝鮮人業者が「慰安婦」を大量募集し、女性達を戦地に送ったはずだ。
 広告で募集した証拠のチラシは幾らでも残っている。

 兵隊の月給が10円前後の当時、「慰安婦」の月給は300円以上だったという。
 今なら、300万円以上か。
 こんな高額の月給を貰う地位や職業など、今の時代でも極めて少数であろう。
 よって、強制などする必要がなかったと断言する。
 それに、当時の日本には公娼制度が合法的に存在したのだから、兵隊さんはそれを利用しただけで、応募した女性も生活のために身体を張って働いただけだろう。
 平和な今の価値判断で、当時のことを非難することは出来ないはずだ。

 今、非難すべきは、戦争による合法的な人殺しであり、現在進行形の韓国から日本に送り込まれる約5万人の売春婦や、米軍女性兵士三人に一人の強姦被害問題なのだ。
 
 
 それにしても、このアメリカ人・スキナー氏の傲慢不遜な態度やコメントには反感を覚えるが、この人の考えが今のアメリカ人を代表しているのではないかと感じた。
 

 きっと、アメリカの黒幕と言われる『アシュケナジー系(偽者ユダヤ人=ハザール人)』たちも、一枚も二枚も加わっているはずだ。米は韓国を手足に使って、日本を貶めているのかと勘繰る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

虚飾にまみれた隣国の実態「悪韓論」

  「悪韓論室谷克実/著 、なんとも凄い題名の書物に目が留まった。しかし、近年の韓国を見ていると「超極悪韓論」が最適の題名ではないだろうか。32910321
 副題は 「あの国に学ぶことなど一つとしてない!」。
 虚飾にまみれた隣国の実態に迫るとある。

 最近の韓国では大卒が一流企業に就職しても、三年以内に8割方が退職するという。
 退職理由は殆どがストレス。
 有名なサムスン電子でさえも毎年2万人採用しても、1年以内に2万人が退職するから従業員数は増えない。
 こんなに入れ替わっては良い製品が出来るわけがない。

 また、韓国人は「息を吐くように嘘を吐く」というが、2010年、韓国で偽証罪で起訴された人数は日本の66倍の数字があり、嘘つき国民の実態を裏付けている。
 強姦などの性犯罪の発生率は言うに及ばずだ。
 是非、早めに購読したものだ。 

■「悪韓論」目次
 はじめに 
 古来、戦争が起きるのは大体のところ隣国との間だ。
 隣国との間には人と物の往き来が絶えない。_p01
 だから、戦争にならなくても、摩擦がつきまとう。
 従って、隣の国の実情、その民の思考と行動パタンは常に冷厳な視点で捉え、その動向を把握しておかなくてはならない。
 これは私のかねてからの主張だ。
 では隣国である韓国。そこでは、どんな性格と思考方式を持った人間が、どなん営みを続けているのだろうか。俗にいう韓流ブームを通じて、韓国に関する知識が増えたと思っている日本人が多いようだが、私は疑っている。
 なぜなら、韓流ブームそのものが、韓国政府の補助金によりドラマを安価で輸出するシステムに基づく。
 つまり、国営の対外PRの一手段なのだ。

序章 李王朝の昔から続く宿痾
 滅私奉公とは逆の価値観/儒教は武器、儒教に基づく政はなかった/水の漏れない桶・樽も作れなかったので/「君子不器」の精神で世は回る
第一章 韓国コンプレックスに陥ることなかれ
韓流オバさんの世迷言/教育熱強国であることは間違いない/法定最低賃金を守らなくても処罰されない国/失業率優等生国、その統計の「裏側」/「サムスン財閥」の雄姿に潜む歪み
第二章 格差王国の身分制度
大卒でなければ人間扱いされない/大手財閥系はブルーカラーも高給/オフィスの人口密度が違いすぎる/「大部屋重役」のいない国/一社に社長が十六人!?/進歩的労組が“職場世襲”を要求
第三章 就職浪人大国の悲惨
 大卒新入社員の平均年齢は二十八歳超/国民の〇・六%が「留学ないしは遊学中」/米国には韓国人専用大学が!?/兵隊のライタイハンの次は留学生のコピノ/大学を出ても半数は職がない/「学歴過剰大国」症は昂進する/「ニート大国」症候群も悪化する/カップラーメンと焼酎で「消日」
第四章 短期退職者が溢れる国に匠はいない
 「超」短期退職者がいっぱい/一番人気・最も尊敬される企業でも/どんな汚い術を使おうと勝てばいい/鉄拳制裁健在、七三%が“会社うつ病”/四十五歳定年の仕組み/最高のバイトは事務補助、最低は……/生産職は定年延長、事務職には希望退職/ヒムドゥロヨとケンチャナヨの大合唱
第五章 長時間労働大国の怠慢
  OECD労働統計の罠/「韓国人は勤勉」とは外国人観光客向け/自分の苗字も漢字では書けない/ソウルの板長が吠えた/怖いからKTX乗車はご遠慮致します
第六章 嘘吐き大国は《外華内貧》で老人自殺大国 韓国紙にここまで載っているのに/嘘を重ねて自縄自縛になると/大統領夫妻が美容整形した輝かしい歴史/結婚「式」だけの費用が年収を上回る/子育てと産業化に邁進した高齢者は今
第七章 詐欺大国の上に訴訟大国
  「謝罪させたい」という欲望/保険金詐欺は医師の協力が不可欠/交通事故の入院率五八・五%、日本の九・五倍/請求権、詐取を企図して詐欺に遭う/「犯罪大国」でもある/国民の一%超が年に一回告訴する国/国際法廷を逃げ回る訴訟大国
第八章 高級マンションはヤミ金大国の象徴
  世にも不思議な伝貰というシステム/ヤミ金市場があるから成り立っている/「資金の出所は一切問わない」と呼び掛けた軍事政権/本当は博打大国/静かな下落で「損切り」できないまま/リーマンショックを奇貨としたウォン安操作/関心事は給料日とカード決済額/家計負債という時限爆弾
第九章 お笑い欺術大国、だから原発が恐ろしい
  就職のために金を払うか――イエス三〇%超/月給の何倍も稼げるから/原発「不正部品」納入の闇/「技術大国」ではなく「欺術大国」/超公然たるキックバックの手法があった
第十章 恩赦大国に腐臭なき人はいるのか
 「民・民汚職」の常識/警察官とは、昔から悪い人の代名詞/朴槿恵が首相候補に指名した元憲裁所長も/お笑い「就任二十五周年記念でグループ内恩赦」
第十一章 韓国型生活様式が内包する売買春天国
 ソウル特派員はなぜ送稿しなかった/傷痕だらけの「性史」が今も続く/専業売春婦と副業売春婦/老人には老人専門売春婦が偽バイアグラで/「システムを輸出、人員も派遣」で悪の世界拡散/文明終末の様相、ここにあり
終章 「大国」「強国」だらけのウリナラ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年5月28日 (火曜日)

山形県鶴岡市で「蜘蛛の糸」製造

 鶴岡市の研究所で、強度があり伸縮性も耐熱性もある「蜘蛛の糸」が作られたそうだが、建築、農業、軍事、車や飛行機等々、どのような分野で利用されるのか楽しみなことだ。
01024
 芥川龍之介の短編小説「蜘蛛の糸」の中では、お釈迦様は蜘蛛を踏み潰さずに助けたことがある悪党を「蜘蛛の糸」で地獄から助け出そうとしていた。
   映画「スパイダーマンⅡ」では、スパイダーマンが暴走列車をクモの糸で停止させる場面があった。

   このように実際に、人を釣り上げたり、列車を停止できるほど強い蜘蛛の糸ができるかも知れないし、この特性を活かし各種の安全対策や救助活動にも応用出来そうだ。

 これを可能にしたのは山形県鶴岡市の慶大先端生命科学研究所だが、生産は愛知県豊田市の小島プレス工業だ。
 だが、生産拠点は鶴岡市に新設するとあるから安心した。

 この「合成クモ糸繊維」は、強度は鉄鋼の4倍、伸縮性はナイロンを上回り、耐熱性は300度超を誇るクモ糸の特性を生かした繊維。
 炭素繊維にはない伸縮性、合成ゴムにはない硬さを兼ね備え、次世代素材と期待される。

 クモの糸量産 慶大発VB、車部品などに微生物を活用
       2013/5/24 21:51
   慶応大学発ベンチャーのスパイバー(山形県鶴岡市)は24日、クモの糸を人工合成し繊維にする技術を確立、量産に乗り出すと発表した。40001
 自動車部品メーカーの小島プレス工業(愛知県豊田市)と工場を新設、2013年中に月間100キロを供給できる体制を整える。クモ糸は強度が高く伸縮に優れる次世代素材とされる。自動車部品や医療素材向けなどに用途開拓を急ぐ。
 スパイバーの人工クモ糸は微生物から出る特殊なたんぱく質を原料としている。成分や特性はクモの糸と同様だが、分子や遺伝子の配列を見直して他の素材などと組み合わせやすくしている。微生物も培養効率を高めており、紡糸を含め繊維にするまでの量産技術を開発した。
 小島プレス工業と連携して約7億5千万円を投じ山形県鶴岡市に生産拠点を新設する。当初は年産1.2トンだが、用途開発を進め15年には年産10トンに能力を拡大する。
 人工クモ糸による新素材は極めて高い強度があり、ナイロンより高い伸縮性を持つという。低コスト化を進め、自動車用部品、人工血管などの幅広い利用を見込む。
 スパイバーは07年9月に設立。
 慶大先端生命科学研究所(鶴岡市)で学生だった関山和秀社長らがクモ糸の特性に注目し、新たなバイオ素材と位置づけて量産技術を開発してきた。
 海外でも研究機関を中心に実用化に向けた開発が進むものの、基礎研究の段階にとどまるという。スパイバーは既に関連技術を含めて16件の特許を出願している。
 人工クモ糸を使った青色のドレスを公開した関山社長は「世界で初めての技術を立証でき、工業化が視野に入った」と説明した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月27日 (月曜日)

蕨は「なんぼがだげもある!」

 26日・日曜日は近くの市場で山形県最上郡金山町産の山菜「ワラビ」と「ミズ」、他に山菜ではないが「ハナニラ」も手に入った。
 ワラビは二箱まとめ買いした。
2013515_012
 「これだけあれば、ナンボガダゲもあるぞ」と連れ合いに語ると、「なんぼがだげ」とは久しぶりに聞いたと言う。
 郷里は山形県庄内同士で、庄内弁は生活の中で普通に使うが、死語になったような方言も飛び出ることがある。
 庄内弁で「ひとがだげ」は一食分、
 「ふたがだげ」は二食分、
 「なんぼがだげ」は何食分ものこと。
 「さんがだげ」、「よんがだげ」とは言った記憶はない。

   庄内地方の若者は、今も「ひとがだげ」などで通じるのだろうか。

 さて、ワラビはあく抜きして「御浸し」にしてショウガ醤油で食べるのが最高だが、時には、厚揚げと一緒に味噌汁、卵と混ぜスクランブルエッグ風にしても美味い。

ワラビのゆで方
1.大き目の鍋で水を沸騰させ、重曹を入れる。
2.ワラビを根元の方から鍋に入れたら火を止める。
3.数分後に裏表をひっくり返し、熱が満遍なく伝わるようにする。
4.蓋をして、そのまま翌朝まで放置すればアクは抜けている。
5.二日位なら水に浸しつつ食してしまえばいいが、それ以上なら小分けして冷凍保存している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月26日 (日曜日)

山形大で新しい「ナスカ地上絵」発見

 5月26日付け産経新聞の「おやこ新聞」の今週のテーマは「日本の研究者が、新しいナスカの地上絵を見つけたんだって?」だった。

 目を通すと、山形市の山形大学の研究チームによる発見と知り驚いた。
 更に驚いたのは、山形大学はペルー政府から世界で唯一ナスカ台地に立ち入りを認められているところで、現地に研究所をつくり、これまで100点以上の地上絵を発見しているそうだ。
 「ナスカの地上絵」 は「世界の七不思議」の一つと言われ、誰が何のために描いたのか謎だが、山形大学は、それを解明できる一番手にありそうだ。
 夢のある話題が山形県から届いた。

詳しくはコチラ

 ナスカで新たな地上絵を発見
  2013年04月13日
 ナスカ台地南部で、新たに「人間の頭部」と「動物の形」の黒い地上絵と中心点(ラインセンター)76点を発見しました。
 今回発見した地上絵は、大きさ約4.2×3.1メートルの人間の頭部の形をしたものと、大きさ約2 .7×6 .9メートルの動物の形をしていると想定できるものの2点。ともに珍しい黒色の地上絵であり、台地に広がる黒い石を除去することで制作されたものです。
 山形大学では、平成16年度よりナスカ台地の地上絵に関する共同研究に注力し、平成18年には衛星地図による解析で約100個の地上絵を発見するなどの成果をあげています。昨年の8月からは、衛星地図による解析による調査から、現地調査を開始し、6ヶ月にわたって現地調査を行っていました。
  ナスカの地上絵プロジェクトは、「YU-COE(山形大学先端的研究拠点)」の1つに選ばれており、今後もさらなる発見や研究成果が期待されます。

詳しくはコチラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月25日 (土曜日)

酒田出身吉野弘さん作「祝婚歌」

 知り合いの娘さんが近くジューンブライドJune bride)だそうだ。
 この「祝婚歌」のことを伝えてお祝いの言葉としたい。1

 山形県の酒田市や遊佐町界隈で行われる結婚式の披露宴で、吉野弘さんの詩「祝婚歌(しゅくこんか)」が朗読された場面に参列したことが幾度かある。

 個人的には、「正しいことを言うときは 少しひかえめにするほうがいい 相手を傷つけやすいものだと気付いているほうがいい」のくだり好きだが、以前、鳩山由紀夫前首相に引用されて、価値が半減された感覚になったものだ。

 吉野弘さん(1926年(大正15)1月16日~)は山形県酒田市出身の詩人だ。
 山形県遊佐町立遊佐中学校の校歌も作詞されていることから、名前だけは昔から存じ上げている。
 そう言えば校歌の作詞を依頼し、国語の先生が遊佐駅に出迎え、街や学校周辺を案内した際、「汐の匂いがするね」と言われたそうだ。
 その場面を「詩人は鼻がきぐもんだ。先生はコエ(堆肥)の香りしかしねけ」と笑わせたことを思い出す。(※コエは庄内弁で堆肥のこと。コエヅカは堆肥を積んだ場所)
 オッと、お祝いの話から大きく脱線してしまった。
 吉野さんは他にも多くの詩を世に出しているが、「」も好きな詩なので下段に掲載させていただいた。
88_0
祝婚歌  吉野 弘
二人が睦まじくいるためには
愚かでいるほうがいい
立派すぎないほうがいい
立派すぎることは
長持ちしないことだと
気付いているほうがいい

完璧をめざなないほうがいい
完璧なんて不自然なことだと
うそぶいているほうがいい
二人のうちどちらかが
ふざけているほうがいい
ずっこけているほうがいい

互いに非難することがあっても
非難できる資格が自分にあったかどうか
あとで
疑わしくなるほうがいい
正しいことを言うときは
少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは
相手を傷つけやすいものだと
気付いているほうがいい

立派でありたいとか
正しくありたいとかいう
無理な緊張には
色目を使わず
ゆったりゆたかに
光を浴びているほうがいい

健康で風にふかれながら
生きているなつかしさに
ふと胸が熱くなる
そんな日があってもいい
そして
なぜ胸が熱くなるのか
黙っていても
二人にはわかるのであってほしい

   吉野 弘 
人もまた、一本の樹ではなかろうか。
樹の自己主張が枝を張り出すように
人のそれも、見えない枝を四方に張り出す。
 
身近な者同士、許し合えぬことが多いのは
枝と枝とが深く交差するからだ。
それとは知らず、いらだって身をよじり
互いに傷つき折れたりもする。
 
仕方のないことだ
枝を張らない自我なんて、ない。
しかも人は、生きるために歩き回る樹
互いに刃をまじえぬ筈がない。
 
枝の繁茂しすぎた山野の樹は
風の力を借りて梢を激しく打ち合わせ
密生した枝を払い落とす――と
庭師の語るのを聞いたことがある。
 
人は、どうなのだろう?
剪定鋏を私自身の内部に入れ、小暗い自我を
刈りこんだ記憶は、まだ、ないけれど。

続きを読む "酒田出身吉野弘さん作「祝婚歌」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月24日 (金曜日)

韓国は何処まで腹黒い国なのだ!

 拉致問題解決にクサビを打ち込むという、超高度の綱渡り外交を進める安倍内閣に水を差すのは、北朝鮮と国交正常化して欲しくない韓国だ。
 あの手この手で妨害工作に出た。
 実に腹黒い国家だ。

 北朝鮮が飯島内閣官房参与に対し、拉致された疑いのある特定失踪者二人の帰国を提案し­たと韓国の新聞が伝えたことについて、飯島参与はこれを強く否定した。

 飯島参与、韓国紙報道を「妨害工作だ」失踪者2人の帰国提案
  2013.5.24 11:44 [北朝鮮]
 飯島勲内閣官房参与は24日午前、韓国の前駐日大使が韓国紙のインタビューで安倍晋三首相が早ければ今月末にも訪朝する可能性を示したことに否定的な見解を示した。官邸で記者団の質問に「そんなことあるわけない」と語った。
 北朝鮮が飯島氏に拉致の可能性を否定できない「特定失踪者」2人を帰国させることを提案したとの韓国紙報道に対し「(韓国紙から)取材も受けていない。
 日朝交渉がうまくいかないようにするための妨害工作だ」と批判した。
  
 http://www.47news.jp/CN/201305/CN2013052401001468.html

関連記事
【拉致問題】「特定失踪者2人帰国、飯島氏に北朝鮮が提案」 韓国紙が報道
 http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1369322627/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福沢諭吉は120年前に見抜いていた。

 韓国・中央日報は広島、長崎の原爆投下は「神の懲罰」などと掲載し物議を醸し、中国は尖閣諸島や沖縄までも狙い一触即発の状況、北朝鮮は言うに及ばずだ。
 福沢諭吉は120年以上も前に、中国朝鮮半島の世界の中でも群を抜いた最悪最低の国民性、ダメさ加減を見抜いている。E0241684_22361174_2
 事実、隣国だからとして、いろんな面で気遣いしてきたが、全て裏切られている。
 天文学的数字の援助金はドブに捨てたも同様だ。
 もっとも、こんな国は世界のドブのようなものだ。

 福沢諭吉曰く
 「日本の不幸は中国朝鮮だ。この二国の人々も日本人と同じく漢字文化圏に属し、同じ古典を共有しているが、もともと人種的に異なるのか、教育に差があるのか、日本との精神的隔たりはあまりにも大きい。」
 と「脱亜論」で中国・朝鮮に対して精神的な「絶交宣言」をしている。

 左(さ)れば、今日の謀(はかりごと)を為すに、我国は隣国の開明を待て共に亜細亜を興(おこ)すの猶予(ゆうよ)あるべからず、寧(むし)ろ、其(その)伍を脱して西洋の文明国と進退を共にし、其(その)支那、朝鮮に接するの法も隣国なるが故にとて特別の会釈に及ばず、正(まさ)に西洋人が之に接するの風に従て処分すべきのみ。悪友を親しむ者は共に悪名を免(まぬ)かるべからず。我れは心に於て亜細亜東方の悪友を謝絶するものなり
【参考文献】 「脱亜論」
 
 http://blechmusik.xii.jp/d/hirayama/h03/
 要約すると、
・我国は清国や朝鮮国のマネをするのではなくて、むしろ西洋の文明国にならって行動しよう。
・清国や朝鮮国に接する仕方も今までのように隣国だからと言って特別扱いをするのは止めよう。
・まさに西洋人が清国や朝鮮国に接するようにクールかつドライに法律に従って接しよう。
だから、
・別に国交を断絶するのでもなく、外交を停止するのでもなく、貿易を中止するのでもない。
・国交も外交も貿易も続けるけれども、隣国だからと言って特別扱いをするのだけは止めよう。
・そして、外には表さないけれども「心の中でだけ」東アジアの悪友を謝絶することにしよう。

福沢諭吉「脱亜論」 
 1885年3月16日 時事新報
 日本の不幸は中国と朝鮮だ。
 この二国の人々も日本人と同じく漢字文化圏に属し、同じ古典を共有しているが、もともと人種的に異なるのか、教育に差があるのか、 日本との精神的隔たりはあまりにも大きい。
 地球規模で情報が行き来する時代にあって、近代文明や国際法について知りながら、過去に拘り続ける中国・朝鮮の精神は千年前と違わない。
 国際的な紛争の場面でも「悪いのはお前の方だ」と開き直って恥じることもない。
 もはや、この二国が国際的な常識を身につけることを期待してはならない。
 「東アジア共同体」の一員として その繁栄に与ってくれるなどという幻想は捨てるべきである。
 日本は、大陸や半島との関係を絶ち、 欧米と共に進まなければならない。
 ただ隣国だからという理由だけで特別な感情を持って接してはならない。
 この二国に対しても、国際的な常識に従い、国際法に則って接すればよい。
 悪友の悪事を見逃す者は、共に悪名を逃れ得ない。
 私は気持ちにおいては「東アジア」の悪友と絶交するものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月23日 (木曜日)

慰安婦は連行せず広告で募集した。

 日本兵の月給が10円前後の当時、慰安婦至急大募集月収300円以上、本人来談」の募集広告が幾つも発見されている。Comfor1
 今なら月300万円以上の給料か。
 この一流企業の役員クラス以上の高給に応募者は少なくなかった。つまり、強制連行する必要など全くなかったのだ。

 橋下徹大阪市長以外の政治家や評論家は、「物言えば唇寒し秋の風」《芭蕉》と言わんばかりに一斉に口を閉ざす「慰安婦問題」。
 しかし、常に切れ味鋭い現代史家の秦郁彦氏は、5月23日の産経新聞の「正論」で、
 歴史家は過去の史実を正確に復元するだけですむが、政治家はそれを踏まえたうえでの具体的提言や主張を求められるし、予期される内外の反響に対する戦略的、戦術的配慮も必要とすることは言うまでもない。H20_ou09_
 と橋下徹大阪市長をやんわりと諭しつつ、論理的にその実態を看破する。

 

【正論】現代史家・秦郁彦 
    橋下発言の核心は誤っていない

          産経新聞 2013/05/23 03:22
慰安婦は連行せず広告で募集
 橋下徹大阪市長が5月13日、大阪市役所で記者団に語った慰安婦をめぐる発言は、内外に波紋を巻き起こし、その要旨はテImagesレビや新聞などで大々的に報じられた。
 改めて発言の核心と思われる3カ所を、入手した速記録から抜いてみよう。
 草稿なしのアドリブ発言なので、こなれの悪い口語体になっているが、あえて「整形」せずに引用し、歴史家の観点から解説を加えてみたい。
  
 (1)「軍自体が、日本政府自体が暴行・脅迫をして…女性を拉致をしたというそういう事実は今のところ証拠で裏付けられていない」
 (2)「当時慰安婦制度は世界各国の軍は持ってたんですよ」
 (3)「なぜ日本のいわゆる従軍慰安婦問題だけが世界的に取り上げられるのか」  
 1990年前後の発端から関わり、『慰安婦と戦場の性』(新潮選書、99年)という研究書を刊行した筆者として、(1)~(3)の捉え方は引用部分に限れば、大筋は正しいと思う。
 ただし、歴史家は過去の史実を正確に復元するだけですむが、政治家はそれを踏まえたうえでの具体的提言や主張を求められるし、予期される内外の反響に対する戦略的、戦術的配慮も必要とすることは言うまでもない。

 (1)は、女性たちを強制連行したか否かという争点で、橋下氏は安倍晋三内閣と同様に、今のところ強制連行の証拠は見当たらないと控えめだが、筆者は次のような理由から強制連行はなかったと断定したい。
 第1に、この20年以上にわたり数多く紹介され裁判所でも陳述された彼女たちの「身の上話」で、家族、隣人、友人など第三者の目撃証言が登場した例は皆無である。たとえ、こそ泥レベルの微罪でも「被害者」の申し立てだけで有罪と判定する例はないはずだ。
 次に戦中のソウルの新聞に「慰安婦至急大募集月収300円以上、本人来談」のような業者の募集広告が、いくつも発見されている事実を指摘したい。
 日本兵の月給が10円前後の当時、この高給なら応募者は少なくなかったろうから強制連行する必要はなかった。
朝鮮戦争でも韓国軍慰安所
 朝鮮人捕虜が「そんなことをやれば、朝鮮人の男たちが反乱を起こすだろう」と、米軍の尋問に答えた記録も残っているぐらいで、事は朝鮮人男性のプライドに関わってくる。しかも、警察官の7割以上を朝鮮人が占めていた朝鮮総督府が、植民地統治の崩壊を招きかねないリスクを許容したとは思えない。
 橋下氏の論点の(2)と(3)については、第二次大戦中ばかりではなく朝鮮戦争やベトナム戦争中も、参戦諸国が慰安所ないし類似の施設を運営したのは、紛れもない事実だが、ここでは、最近になって明るみに出た朝鮮戦争期(50~53年)における韓国軍の慰安婦事情を紹介しよう。
 調査したのは、宋連玉編『軍隊と性暴力』(現代史料出版、2010年)の第7章を執筆した金貴玉氏(漢城大学教授)で、韓国陸軍本部で1956年に刊行された『後方戦史(人事篇)』の記述から、軍慰安所の存在を知ったという。それによると、陸軍本部が施設を設置した理由は、軍人の士気昂揚(こうよう)、性欲抑制から来る欲求不満の解消、性病対策からだったとされる。
 書類上は「第5種補給品」と呼ばれた4カ所、89人の慰安婦に対し、52年だけで延べ20万4560回(1日当たり6・5回、時には20~30回)の性サービスが「強要」されたことを示す実績統計表も付されている。
歴史問われるべきは韓国も
 しかし、陸軍本部が関連史料の閲覧を禁じ、ようやく見つけた2人の元慰安婦も「証言を拒み、涙と沈黙で答えるのみ」なので、金貴玉氏の調査は難航を極めたらしい。メディアも沈黙し、進歩的男性たちからさえ「身内の恥をさらし、日本の極右の弁明材料にされる」と警告されながらも、彼女はひるまなかった。
 ソウルの日本大使館前で毎週水曜日に挙行される慰安婦デモに同行した学生たちは、「日本を批判すると同時に、韓国人も歴史認識について反省しなければ」と発言するようになり、「韓国軍性奴隷の問題を隠し続け、今でも反省の色を見せていない」韓国の国家権力を批判する。
 「なぜ日本だけが…」と憤慨する橋下発言の(3)と通じ合う「総ざんげ」の志向と見ることもできるが、残念ながら、当分はマイノリティーの域にとどまるだろう。
 韓国の挺対協などの支援組織、反日の韓国系米国人ロビイストたち、それと連帯して、「身内の恥」(慰安婦問題)を小学校教科書に載せるべきだと主張する日本の自虐派、「極右」の弁明かと誤認されるのを恐れて沈黙する政治家たちという裏返しの構図は、今後もマジョリティーとして変わらず、橋下バッシングに励みそうな気がする。(はた いくひこ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷惑かけないなら何やってもいいか

 「人に迷惑をかけなければ何をやってもいい」 
 これまで、この言葉を自分でも何度も口にしたり、他人にも言われた記憶がある。 
 現実は、生れてから死ぬまで、人間は人に迷惑をかけながらしか生きられない。
   この、「人は一人では生きていけない」ことを忘れている。

 5月23日木曜日の朝、テレビ朝日の「そっと後押し きょうの説法」は、日蓮宗妙福寺 ご住職のお話だった。
 (以下、住職の話)
 以前から子ども達の教育の中で、大切なことは「人に迷惑をかけないことだ」とよく言われるのですが、なんとなくいつも違和感を感じています。
人に迷惑をかけない、ということだけを強調していると、反対に人に迷惑をかけなければ何をやってもよいという考えが育ってしまうような気がするのです。
本当に教えなければならないことは、人間は人に迷惑をかけながらしか生きられない ということではないでしょうか。
 だからこそ、感謝し、反省し、少しでも迷惑をかけないように、と心掛けていくのだと思います。
 私たちは生まれてから、たくさんの人達の力を借りて生きています。
人間は決して一人では生きられない動物なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月21日 (火曜日)

歴史は勝者が作るもの

   5月20日の「産経抄」は、なかなか奥深いと思った。
Mapbosin勝てば官軍・負ければ賊軍」は、天皇毒殺疑惑、偽・錦の御旗など汚い手の数々で戊申戦争で勝利した薩長土肥連合の官軍、対して、日の丸を掲げて正攻法で戦ったものの敗者となった会津藩、庄内藩等が賊軍とされたことを言う。
 そして、賊軍側は明治新政府から受けた数々の差別・悲惨を一身に受けた歴史があるが、負けたのだから仕方ないと全てが正当化された。
 しかし、会津藩は孝明天皇から辰翰を賜り正に「官軍」だったというジレンマがある。特に、官軍は菊紋章を掲げたが、賊軍側は「日の丸」を掲げて戦ったことなど誰も教えない
 この図式を大東亜戦争に当てはめれば、官軍はアメリカを中心とした連合軍となる。
 
勿論、日本には大東亜共栄圏をつくると言う大義があったが、勝者側に根底から否定され、賊軍としての歴史を刻むことになった。
 昔から「歴史は勝者が作る」と言われる。Image1
 「正史」と「稗史」のことだ。
 このことから、明治から敗戦までの日本の大筋の歴史は、薩長土肥連合の官軍が作ったとされるが、大東亜戦争の敗戦から現在までの大筋の歴史は、アメリカを中心とした連合軍が作ったことになる。
 敗戦によって、押し付けら00000jpgれた憲法や歴史観、民間人大量虐殺の原爆投下の正当化等々、悔しい出来事は、賊軍にされた会津や庄内などの東北の人びとが受けた数々の差別や屈辱感と重なるが、これに思いをやった国民は少数であろう。
 歴史に「もし」は禁物だそうだが、戊辰戦争や大東亜戦争の勝者が逆だったら日本史や世界史がどう変化し、現在どんな生活や価値観が生まれたのかと思うときがある。
 この産経抄や橋下徹市長発言をめぐるマスコミの反応からこんなことを思った。
   

産経抄】5月20日
   産経新聞 2013/05/20 03:13
 今の憲法が施行された昭和22年5月3日、永井荷風が日記『断腸亭日乗』に書いた「感想」は、有名だ。
  「米人の作りし日本新憲法今日より実施の由。笑ふべし」。
  荷風とて、占領下の日本が憲法を押しつけられることは仕方ないと考えたかもしれない。
▼だが2年前まで米国に敵愾(てきがい)心を燃やし、戦ってきた日本人が、これをありがたく押し頂いている。その姿には「笑ふ」しかなかったのだろう。
  しかも戦勝国の米国が日本に押しつけたのは、憲法だけではなかった。
  歴史観や倫理観までがそうだったのである。
▼まず先の大戦の日本側呼称だった「大東亜戦争」の使用を禁止した。全ての出版物を検閲し「太平洋戦争」と書き改めさせた。大東亜共栄圏を目指すという日本人の戦争観を抹殺し、米など連合国側による「正義の戦い」だったことを日本人に教えこむ狙いだった。 ▼さらに日本の新聞に「太平洋戦争史」を連載させるなどして、日本が「侵略国家」であるかのようなイメージをたたきこんだ。
  「東京裁判」がそうした意図で行われたことは言うまでもない。
そして日本人も、戦前の日本を全て悪とする自虐的史観に染まっていったのだ。
▼現代でも日本の政治家らがそうした侵略史観や「従軍慰安婦」に疑問を挟むと、中国や韓国だけでなく米国からも批判の声が上がる。
  いまだ日本への「戦勝国」意識があるとしか思えない。
  むろん日米同盟は大切だ。
  だからと言って歴史観まで縛られていいわけはない。
▼もっとおかしなこともある。
  沖縄の米軍基地問題などで、あれほど「反米」をあおっているマスコミが、歴史問題となると、まるで米国からの批判、非難を「錦の御旗」のように振りかざす。
  「笑ふべし」ではすまない気がする。

続きを読む "歴史は勝者が作るもの"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月20日 (月曜日)

「韓流芸人」を日本女性が性処理?

 韓国芸能人と日本女性が関連するセックス・スキャンダルが発覚した。
 韓国の男性タレントを日本人女性ファンにセックス斡旋疑惑」だそうだが、金持ちの日本女性が韓国男性タレントを買った可能性が高い。
 そして、その対価の殆どは斡旋業者に渡ったと見る。

 そのうち日本でも報道されるだろうが、この逆のケースもあると聞いたことがある。
 それにしても、日本女性の韓国男性タレントに対する騒ぎ方は異常だ。
 殆どが整形による美男美女だと知っているのだろうか。
 今や大和撫子は、韓国人の餌食になるまで落ちぶれてしまった。
 -----------------------------------------------------------------

 韓国紙「日本女性が韓流タレントの性処理係に」との証言掲載
  週刊ポスト2012年6月1日号
 http://www.news-postseven.com/archives/20120521_109391.html
 
 

 芸能プロダクション・オープンワールドエンターテインメントの社長チャン・ソグ氏が、未成年を含む自社の練習生らに対して性的暴行を働いていたとして、5月7日に性的暴行および強制わいせつ容疑で起訴された。  
 その渦中で社長に新たな疑惑が浮かび、日本に飛び火する気配を見せている。
 事務所所属の男性タレントと、日本人女性ファンとの「セックス斡旋疑惑」である。  
 発端は、韓国大手スポーツ紙『スポーツソウル』(4月24日付)に掲載された元職員の証言だった。  
 「社長は会社所有のバンを私物のように使い、夜明けに出かけて行って、主に日本の女性ファンたちを呼び集めてソウル見物をさせていた。さらに社長は、彼女たちに事務所所属のタレントと関係を持たせた。金銭等の対価があったかは知らないが、1週間に1~2度はやっていたし、タレントが日本に行ってそうする場合もあった」  
 この爆弾証言は韓国で波紋を呼んだ。  
 「発言の真偽やタレントの名前をめぐって、すでにマスコミの間では様々に取り沙汰されています」(韓国の別のスポーツ紙記者)  
 一方、日本では全く報じられていないが、一部の日本人女性ファンの間には動揺が走っている。
 これまでもファンの間で噂になっていたからだ。  
 K-POPに詳しい芸能ライターはいう。  
 「この事務所がマネジメントするK-POPグループの追っかけをしていた40代のある女性は、グループのスタッフを名乗る男性と知り合いになり、『自分も含めて2人と関係を持てば、メンバーと会わせてあげる』と誘われたそうです。
 彼女は断わったが、女性ファンがメンバーに近づくため事務所のスタッフに接触する例は珍しくない。あり得る話です」
 さらにこの社長は、90個もの「大人のおもちゃ」をオフィスに常備していたことが、警察の捜査で明らかになっている。それらはほとんどが日本から輸入したモノだという。
 「所属タレントにも渡していたそうですから、女性ファンとの間でも使用されていたのかもしれません」(前出・スポーツ紙記者)  
 日本人として、何ともやりきれない事件である。
  ※週刊ポスト2012年6月1日号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月19日 (日曜日)

「世に盗人の種は尽きまじ」現代の悪党

114

 警視庁が公募した「母さん助けて詐欺」のネーミングに賛否両論があるそうだ。
 しかし、警察幹部は「話題を集めただけでも効果があった」と見ているし、高齢者からも「特徴を表している」と好評だと言う。
Wide
 さて、今月の警視庁広報誌「広報けいしちょう」59号 「母さん助けて詐欺」を見破れとの特集が掲載された。警視庁では、5月12日「ツイッター」などで公募した「振り込め詐欺」の新名称を「母さん助けて詐欺」と発表した。
 これまで、息子等の親族になりすました犯人のウソ電話にだまされて大金を渡してしまった母親達が日本中になんと多いことか。
 犯人は家族が心配することをネタにして、大金を振り込ませたり、仲間に自宅辺りまで受け取りに行かせる。
 日本人の強い家族愛に付け込む卑劣な犯行だ。
 被害者になる人も、平常なら「騙されるはずがない」と思っているのだが、巧妙な犯人からの電話によって、一気に催眠状態にはまり全てを信じて行動している。

再現音声
振り込め詐欺犯人が掛けてきた電話の内容を再現したものです。
(警視庁ホームヘージから )
 再生はこちらから :再生時間 約 4分56秒(WMA形式 746KB)
 再生はこちらから
 :再生時間 約 6分27秒(WMA形式 975KB)
 再生はこちらから
 :再生時間 約 5分17秒(WMA形式 798KB)

 かつては、ひったくり同士が奪った金額を競い合ったそうだが、最近は「振り込め詐欺」、いや「母さん助けて詐欺」で騙した金額の多寡を競っているそうだ。
 
 警視庁では、これ以上加害者を増やさない対策として、自動録音出来る装置を高齢者宅を中心に1万5千台を設置するという。電話には電話で対策をとることも効果的と思うが、一番の抑止効果は、平素からの家族同士の語らい、コミュニケーションであろう。

 「石川や 浜の真砂は 尽きるとも 世に盗人の 種は尽きまじ
 は石川五右衛門の辞世の句だが、「振り込め詐欺」いや「母さん助けて詐欺」の報道を知るたびに、この句を思い出す。
 「母さん助けて詐欺」という現代社会の悪党を許してはならない。
-------------------------------------------------
 振り込め詐欺に自動録音で対抗 高齢者宅中心に1万5千台設置へ
    2013.3.21 18:09
 振り込め詐欺事件の被害防止を図ろうと、警視庁は21日、東京都内の高齢者477399p宅などに通話内容を自動録音する装置を設置し、運用を開始した。過去の被害者宅を中心に計1万5千台を順次設置する。
 同庁によると、装置ははがき大の大きさ。電話がかかってくると、通話先に「振り込め詐欺の犯罪被害防止のため会話内容が自動録音されます」などとメッセージが流れ、録音される。メッセージを流さない設定にして秘密で録音することも可能。録音内容は警察官が収集、余罪の照会や分析にあてるという。
 昨年都内で発生した振り込め詐欺は2274件、被害総額は計約81億円といずれも前年より大幅に増加。認知件数も約1万1千件にのぼっており、同庁幹部は「犯人側が警戒して被害を未然防止する効果が期待できるほか、捜査資料の蓄積にも役立つ」と期待を寄せる。
 装置を設置した豊島区東池袋の無職、鍋倉テイ子さん(78)は「家族が一人増えたようで心強い。5年ほど前に長女の夫を名乗る男から電話があり、だまされそうになった経験がある。今度かかってきたら犯人を捕まえたい」と話した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月18日 (土曜日)

「軍隊と性」、現実を直視しよう!

 軍隊売春も「必要悪」の典型と思っている。
 いずれも無いほうが理想だが、世界の現実を直視するこ09837_1とが大切だ。ベトナム戦争当時までは、日本中の米軍基地周辺には、オンリー(米兵専用の妾)、パンパン(米兵専用の娼婦)」がたくさんいた。
 つい最近の話だ。
 日本では、マスコミ、政治家、評論家等殆どが、ないことを前提にして議論を避けているように見える。
 米国務省のサキ報道官は、橋下市長発言に関連し、「当時、性を目的として人身売買された女性たちに起きたことは嘆かわしく、大規模かつ重大な人権侵害であることは明白だ」と非難したそうだ。
 
 米も自国のことは棚に上げて、よく言えたものだ

 昭和20年の米軍進駐以来、今の在日米軍も含め、どのくらいの日本女性が米軍関係者の餌食にされたか調べたらいい。
 昭和20年末には約35万人の米軍が日本に駐留したが、その米兵のために組織された特殊慰安施設協会(RAA)は最高時約7万人売春婦を雇ったと言われる。
 ベトナム戦争当時は、戦地から定期的に慰安目的に日本各地に送り込まれる米兵を度々見る機会があったが、その目的は明らかだった。慰安先は、タイ、フィリピン、オーストラリア、韓国等にもあったが、一番人気は日本だったと聞いている。
 現在でも、
 日本各地に駐留する米軍人を対象として働く日本女性の数は、正確な把握は難しいだろうが、相当数にのぼることは明らかだ。
 日本駐留米軍人・軍属は本土に約2万5千人、沖縄に約2万5千人で計約5万人が駐留しており、当然ながら基地周辺には米軍相手の歓楽街が形成される。そして、夜な夜な街へ繰り出す米兵やその相手をする女性達で賑やかになる。
 売春が違法となった現在は、米軍は自由恋愛、場合によっては法に触れない自由な商取引を基本としているそうだが、これで納得させるつもりか。

 また、最近も米軍女性兵士の三人に一人軍内部で強姦被害者になっている現実が明らかになった。
 アメリカでは、女性が軍隊に入ったらレイプ被害の覚悟が必要なのか。
 このほうが、より異常なことだ
 このことは、米国内でも「見えない戦争」と問題視されている。
 昨年9月の調査の結果、イラクとアフガニスタンに派遣された女性兵士の33.5%が米軍内でレイプされ、63.8%が性的いやがらせを受けたという。
 軍人の「性問題」は、これが現実なのだ。

 
 石原慎太郎議員も、“軍隊と性”は悩ましく、すねに傷を持たない国はないと指摘する通りだ。
 そして、「軍隊」も「売春」も必要悪といわれ、いずれも無いことが理想だが、どんなに綺麗ごとを並べても永遠に絶対に無くならない。
 こんなことは当たり前すぎて、わざわざ書くようなことではなかったか。

従軍慰安婦の真実
 http://makizushi33.ninja-web.net/

第二次世界大戦以後の戦場の性
  http://www010.upp.so-net.ne.jp/japancia/kiji/ianfujittai.html
----------------------------------------------------------
駐留部隊:米女性兵士の3割、軍内部でレイプ被害
 http://mainichi.jp/select/news/20130319k0000m030127000c.html
   毎日新聞 2013年03月19日 02時30分
  米英軍主導の侵攻から20日で10年を迎えるイラクや国際部隊の駐留が続くアフガニスタンに派遣された米女性兵士延べ28万人の3割以上が、上官らから性的な暴行を受けていたことが分かり、米国内で「見えない戦争」と問題視されている。
 連邦上院の軍事委員会で13日、「軍内性的トラウマ(MST)」と呼ばれる心的ストレスに関する公聴会が初めて開かれた。新たな被害を恐れ沈黙を余儀なくされてきた被害者は「風穴が開いた」と歓迎している。
 カリフォルニア州図書館調査局が昨年9月に発表した実態調査によると、イラクとアフガニスタンに派遣された女性兵士の33.5%が米軍内でレイプされ、63.8%が性的いやがらせを受けたと回答した。
 国防総省も問題を認めている。
 軍内での性的暴力は2010年だけで、男性の被害も含め推計1万9000件にのぼる。
 上院公聴会で議長を務めたバーバラ・ボクサー議員は「被害申告が出ているのは17%にすぎない」と指摘。「この問題の公聴会を開くのに10年もかかった。変革の第一歩だ」と意義を強調した。
 イラク戦争中の03年にクウェートに派遣された前後に米国内基地で上官から性的暴力を受けたコーリン・ブッシュネルさん(39)は、公聴会をインターネットの生中継で見ながら「草の根運動で長年取り組んできたことがようやく公に明るみに出た」と興奮した。証言する予定だったが心的外傷後ストレス障害(PTSD)のため断念。議長の言葉に救われた思いがした。
 クウェート派遣前に男性上官からレイプされ、帰還後に女性上官から性的暴力を受けた。「上官を訴えても自分を助けてくれる人がいると思えなかった」。精神的なバランスを崩し、06年に退役。2人の子供がいる家には帰れず、5年近くホームレス生活を続けた。「自分が恥ずかしく、行く場所がなかった」
 05年のイラク派遣中に変死した女性米兵ラベナ・ジョンソンさんの両親が、自殺と断定した軍に「殺害された」と異議を唱えていることを知った。ジョンソンさんの遺体には、殴られ、レイプされたと見られる痕が残っていた。下士官時代のつらい記憶と重なり「彼女の無念を伝えるのが使命」と感じた。
 昨年夏から3カ月、全米12州の退役軍人組織を巡る行脚に出た。

続きを読む "「軍隊と性」、現実を直視しよう!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月17日 (金曜日)

橋下徹市長発言を評価する。

 孤軍奮闘、四面楚歌の橋下徹市長の真正面から向き合う姿勢を評価する。
 他の政治家たちは、世論を気にしてか「触らぬ神に祟りなし」、「臭い物にフタ」の姿勢を保っているとしか見えない。

 まず、橋下発言を批判したいなら、すべてチェックしてからにすることだ。
 発言は「日本が侵略戦争した」以外は間違ったことは語っていないと思う。
 新聞、テレビは断片的な、多少言葉が走った箇所を誇張して伝え、前後の脈絡は無視する手法をとる。
 特に橋下市長は、明確に「現在は許され無い」、「過去、当時は必要とされたのでしょう」と何度も使い分けているのに、殆どのマスコミは「橋下市長は慰安婦を必要」と誤報している。
 日本人なら、日本のマスコミなら、日本自体を擁護することを少しは考えたらどうだ。
 何処の国の報道機関なのだ
 ここぞとばかりに、上げ足をとったり、嵌めたりすることしか頭にないのか。
 「日本だけを特別に非難するのはアンフェアだ」と、懸命に日本を護ろうとする橋下徹市長発言を全面支持する。
 

 アメリカ国務省のサキ報道官も「言語道断、侮辱的だ」とコメン000005448トしたそうだが、戦後、進駐軍や米兵は、沖縄をはじめ、立川横須賀福生、厚木辺りで何をしてきたのか、少しは調べてから語ることだ。
  福生の米軍専用と思える赤線地区は若いころ仕事で出入りしたが、夜間は日本人が歩くには度胸がいる場所だ。
 ましてや店内に一歩入ると驚く。Photo
 近い人は夜の街に出かけたらいい。マスコミも取材したらいい。

 なお、この福生・赤線は村上龍『限りなく透明なブルー』の舞台になった場所だ。
 最近でも赤線で通じる場所は、都内ではここしか知らない。

米軍・女性兵士用「慰安夫」 ここまでも 男女平等 求めたり
    http://z-shibuya.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-5c03.html

基地の街「立川市」の秘話Ⅰ
     http://z-shibuya.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-7c9e.html

基地の街「立川市」の秘話 Ⅲ
   http://z-shibuya.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-c172.html

http://www.youtube.com/watch?v=EmaPFwZTP08
  橋下vs朝日のアホ記者
  「一言一句気にして発言しろと言われるなら今日で会見は辞める」

<橋下氏>大誤報をやられた」 メディアの報道批判
  毎日新聞 5月17日(金)22時15分配信 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は17日、従軍慰安婦制度が「当時は必要だった」とする自らの発言を巡り、「大誤報をやられた」とメディアの報道を批判した。
 「僕は慰安婦を容認したことは一度もない。メディアは一文だけ聞いて、そこだけ取る。(誤解されたのであれば)日本人の読解力不足だ」とも語り、正式な記者会見以外の取材を今後拒否する意向を示した。
 橋下氏は市役所で記者団に、発言について「必要だったから(世界各国の軍が)皆やってたんでしょ。(自分が)必要と認めたわけではない」と説明。「文脈をきちっと取って報道するのが皆さんの役目だ。『一言一句チェックしろ』というなら(取材対応を)やめます」と話した。
 一連の報道について橋下氏は、最初の発言の翌日の14日、「(記事は)比較的正確に引用してくれていた」「フェアに出している」などとツイッターに書き込み、毎日新聞が掲載した一問一答について「ある意味全て」と評価。その後も「いろんな報道の仕方は、報道の自由だから仕方ない」と語っていた。
 また、日米関係への影響については「何もない。本当に信頼関係があるなら、全然違うことに関しては『違う』と言わないといけない」と否定。「沖縄の占領中、(米兵が)沖縄の女性を性のはけ口として活用したのは事実だ。
 沖縄県民の人権が蹂躙(じゅうりん)されているような現況について直視すべきだ」と、米政府の批判に改めて反論した。
 一方、維新幹事長の松井一郎大阪府知事は17日、「そういう形でコメントを(米政府が)出していること自体マイナスだろう」と記者団に影響を認めた。
 【村上尊一、津久井達】

続きを読む "橋下徹市長発言を評価する。"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

台湾の神様になった森川巡査の話

   随分前に帰化しているが、台湾出身の社員から、「台湾には日本が大好きな人が多いが、それにはそれなりの理由がある」と、こんな話しを聞いた。
468_z_3
 日本統治時代に水利事業に貢献した八田與一の話は多少知っていたが、台湾の神様になった森川巡査の話は初めてだった。
 森川清治郎は明治30年に台湾に渡り、台南州(今の嘉義県)東石郷副瀬村の派出所に勤務した。住民の困窮ぶりを見かねて、上司に減税を嘆願するが聞き入れられず自殺に追い込まれる。その後、減税が聞き入れられ台湾の住民からは「義愛公」・土地神として崇められているという話だ。
 社員は、嘉義県近くの出身であり、旅行に案内したいと言われたが、是非行きたくなった。
 佐賀県警察のコレラが猛威を鎮めた増田敬太郎巡査は「警神」と呼ばれているが、これに並ぶいい話だ。

http://linkbiz.tw/2010-08-04-05-58-19/2010-11-30-06-04-29/11-


大きな地図で見る
台湾の神様になった森川巡査

  森川清治郎は明治30年、台湾に渡り、南西部の台南州(今の嘉義県)東石郷副瀬村の派出所に勤務した。森川巡査は、村内の治安維持に努める一方、派出所の隣に寺子屋を設け、手弁当で、子供たちのみならず、大人たちにも日本語の読み書きを教えた。
  また朝早くから田畑に出て、どうしたら生産が上がるのか、村民とともに汗を流して実地に指導したり、病人が出ると飛んでいき、薬や医者の手配まで世話をした。
  ある年、総督府は漁業税を制定した。しかし貧しい村のこと、なんとか税の軽減をお願いできないかと村民は一致して、森川巡査に嘆願した。巡査は「納税は日本においても義務であり、何とも仕方がない。しかし生活が極めて苦しい実情を見ると忍びない。税金の軽減については、その意を上司に伝える」と約束した。
  そして税の減免を支庁長に嘆願したが、逆に森川巡査が村民を扇動していると曲解され、懲戒処分にされてしまう。村民のために尽力してきた森田巡査にとって、この懲戒は無念やる方なかっただろう。自ら村田銃の引き金を引いて自決した。銃声を聞いて駆けつけた村民たちは、変わり果てた巡査の姿を見て、嘆き悲しみ、村の共同墓地に懇ろに弔った。
それから、約20年後の大正12年、この地域で伝染病が流行した時、村長の夢枕に制服姿の警察官が出てきて、「生水や生ものに注意せよ」と告げた。村民にその注意を守らせると、伝染病はおさまった。
村民たちは、自分たちの親や祖父母が一方ならぬ世話になった森川巡査が、死後も自分たちを護ってくれていると感謝し、巡査の制服制帽の姿を木像で作り、義愛公と呼んで祀った。この「日本人の神様」は、今でも「観音様、媽祖様、義愛公様」と、人々の信仰を集めているという。[3,p131]

 (付記)森川巡査の自殺の原因となった副瀬村の人々に対する税金は、賦課査定に誤りがあったことが後でわかり、村人への税額は従前通りに軽減され、且つ、1935年には、台南州知事 今川淵氏は、森川巡査の事蹟を警察官の鑑として表彰しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月14日 (火曜日)

「とてつもない日本」麻生太郎

 第二次 安倍政権誕生以来、いろんな分野で「新しい日本の夜明け」を感じるとることが多いはずだ。413rilt8al__ss500_
 この安倍政権を支える、副総理で財務大臣(第17代)かつ金融担当大臣(第18代)の麻生太郎氏が、
 日本の底力はまだまだ凄い!
 「この国の底力を信じてみようじゃありませんか
 と語る。

 日本国民がそれぞれの立場で、普段通り努力すれば日本は間違いなく蘇る。
 もっとも、それを一番恐れるのは特亜三国(中国、韓国、北朝鮮)だ。
 まずは、この動画を観て誇りと自信を持とう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月13日 (月曜日)

韓国民の真の姿を世界に示した報道官

 さすが国を代表する韓国青瓦台の報道官の行動であったと評価したい。
 自国の性文化レベルを国際社会に見事に証明した。

 韓国社会は、朴大統領の訪米に随行した尹昶重(ユン・チャンジュン)報道官が駐米韓国大使館の女性(21歳)に対する性犯罪に揺れている。
 「国のイメージを損なった」、「国民の顔に泥を塗った」、「同じ国民として恥ずかしい」などの意見を韓国マスコミは挙って報じているようだが、何も恥じ入ることはない。
 一国の報道官らしく、国民のありのままを身を以て世界に示したと見ればいい。

 さて、韓国の強姦事件の発生は10万人中、39.2件で、なんと日本(0.9件)の40倍以上だ。
 更に驚くのは強姦被害者の平均年齢は12.8歳で、小学生が多いというが、これを惨いと思うのが当然だが、韓国では常識の範疇なのだろう。A3be_2
 このような性犯罪データからも、世界中から「韓国の特技或いは文化」という見方をされている。
 
 また韓国は「売春婦輸出国」とも言われ、日本に約5万人、米国では約3万人、オーストラリア約1万人、最近はグアムや台湾、シンガポールにも多いそうだ。
 

 このような性モラルが国民に浸透したことには、原因や経緯があるもので、李朝時代(1392~1910)は、毎年、宗主国(中国)に貢女や宦官の献上を余儀なくされた歴史や、儒教の影響で女性蔑視の風潮から、女性を性の道具として捉える面が強いらしい。
 旧・日本軍に、何らためらいもなく金儲けのチャンスとして「慰安婦」を送り続けた背景もここにありそうだ。
 このような性文化が長年続いた為、現代の女性も売春を悪とする感覚が薄く、売春行為は普通の会社員や公務員、教師、大学生、高校生、タレント、モデルと、あらゆる層に及んでいると聞く。韓国政府は売春専従者は約27万人と公表しているが、実際は、はるかに多いと考えられているそうだ。

 韓国では、「貢女」「慰安婦」「妓生キーセン」「アガシ遊び」と呼び名は変わっても、同根と見ることが出来る。
 そして、この実態を裏返せば、そのまま韓国男性に当てはめることが出来ることであり、随行報道官が「文化の違いを忘れていた」と答弁していたことが証明でもある。

 事件を早期に鎮静させるには、犯人を米国警察に引き渡して、裁判を受けさせることだが、今、駐米韓国大使館では金銭で解決するために懸命のことであろう。
 信用回復には、世界中に送り出す売春婦対策に力を入れることや、日本に、ありもしない慰安婦問題を声高に発言しないことだ。
 歴史認識、現状認識は、まず「隗より始めよ」だ。

 

【社説】世界で韓国に恥をかかせた報道官のセクハラ更迭
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/05/11/2013051100515.html?ent_rank_news
  朴槿恵(パク・クンヘ)大統領の訪米に随行していた尹昶重(ユン・チャンジュン)報道官が、米国ワシントンで、駐米韓国大使館のインターン職員の女性にセクハラ行為を行ったとして警察に告発された。
 現地在住の韓国人で米国の市民権を持つこの女性は、今回の朴大統領訪米に当たって尹氏のアシスタント業務を担当していたが、現地時間の8日午前、尹氏からセクハラを受けたとしてワシントンの警察に尹氏を告発した。
 尹氏は問題が発覚した直後に自ら航空チケットを購入し、荷物も置いたまま1人で韓国に帰国。大統領府は事件発生から24時間後、ロサンゼルスで尹氏の更迭を発表した。
 尹氏は帰国後に大統領府から事情を聴かれた際、身体接触は認めたがわいせつ行為は否定した。また米国で取り調べを受けると自分を守ることが難しくなると考え、急いで帰国したとも説明しているという。しかし大統領の訪米という国家次元の重大行事に随行した政府高官が、現地でセクハラという不名誉な事件に関係するなど絶対にあってはならないことだ。国としてこれ以上の大恥はない。
 大統領府はこの問題が大統領訪米の成果を目立たなくしてしまうのを心配しているようだ。しかしそれならむしろ事件の真相を徹底して解明した方が、波紋を小さくできるのではないか。韓米間ですでに締結されている犯罪人引渡し条約では、尹氏に対して米国の警察が直接捜査を行うのは難しいため、真実を明らかにできるかどうかは韓国側の対応にかかっている。今回の問題を、政府関係者に軽々しい行動を戒める大きな教訓とするか、あるいはいたずらに尹氏を擁護し国際的なメンツをさらにつぶしてしまうかは、完全に大統領府の今後の行動次第だ。
 このニュースが伝えられると、多数のメディアや国民の間から「ついに問題が起こった」とする声が相次いだ。これまで尹氏については「このままでは必ず何か問題を起こす」といった声が何度も出ており、誰もがある種の不安を感じていたからだ。これが結局は最悪の時期に最悪の形で表面化してしまった。
 尹氏は大統領選挙後、当選した朴槿恵氏が最初に指名し選んだ人物だ。大統領職引き継ぎ委員会の報道官となった尹氏は、人事の内容が書かれた紙をどういうわけか自ら封筒に入れて密封し、報道陣の前でそれを開くというパフォーマンスを行った。ところがその行動はかえって国民に「考えが通じない」というイメージを与え、それはそのまま発足直後の朴槿恵政権のイメージとなってしまった。
 この問題をきっかけに、尹氏は大統領府報道官として適切でないとの指摘がメディアなどで相次いだが、朴槿恵氏はこれらの声に耳を貸さず尹氏を大統領府報道官として改めて任命した。尹氏は報道官就任前から印象の強いコラムを新聞などに何度か発表し、その独特の個性である程度名前が知られていた人物だ。しかし毎日のように大統領の代わりに国民の前に姿を現す報道官として適切かどうかについて、何らかの検証と検討が行われたかどうかは今でも分からない。この人事による最大の被害者はまたも朴大統領自身となった。この結果、朴大統領が選んだ政府高官のうち不名誉な理由で辞職した人物は8人になった。とりわけ尹氏の指名は朴大統領が最初に行った人事でもあるため、この問題はまさに行き着くところまで行った感じだ。
 国民は今、大韓民国に恥をかかせた尹氏の行動に当惑し怒りを感じている。しかし国民は尹氏の後ろに朴大統領の姿を見ているはずだ。朴大統領は今からでも自らの「人を見る目」を深く反省すべきだ。これを怠れば再び同じような問題が発生してしまうだろう。

大統領府報道官更迭:米警察、セクハラ捜査に着手
  尹昶重氏、米国に召喚の可能性も

  http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/05/11/2013051100530.html
 尹昶重(ユン・チャンジュン)前大統領府報道官の米国でのセクハラ疑惑事件は、被害者との合意の有無にかかわらず、米国の警察が捜査を進めることになる。韓国ではセクハラは本人が告訴をして初めて捜査を開始する「親告罪」だが、米国ではセクハラが親告罪ではないためだ。ワシントンD.C.の警察当局関係者は「われわれはセクハラ(misdemeanor sexual abuse)申告に関する調査をしている」と報道機関に発表した。
 2011年、米国でホテルの女性従業員に性的暴行を試みたとされたドミニク・ストロス=カーン国際通貨基金(IMF)専務理事(当時)は、ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港で警察に逮捕・拘束され、警察の取り調べを受けた。しかし、尹前報道官はすでに韓国に戻っているため、捜査手続きが複雑になる。
 尹前報道官に対する捜査にはいくつかの方法が考えられる。まず、米国の警察が被害女性に事情を聞いた後、尹前報道官に召喚状を送って現地に呼び寄せ、取り調べをする方法だ。しかし、尹前報道官が米国の警察の召喚を拒否した場合は状況が変わってくる。
 もしそうなれば、米国の警察は尹前報道官の容疑が「韓米犯罪人引き渡し条約」に基づく引き渡し請求対象犯罪になるかどうかを判断する。引き渡し条約の対象となる犯罪は「1年以上の自由刑またはそれ以上の重刑」だが、尹前報道官の行為がどれほどの刑に該当するかは米国の捜査を見守る必要がある。尹前報道官の引き渡し請求が行われ、韓国の裁判所が許可すれば、尹前報道官は米国で捜査を受けることになる。
 一方、米国の警察の捜査で「軽犯罪」と判断されれば、犯罪人引き渡し請求の対象から除外される可能性もある。こうなれば、この事件は「捜査中の未済事件」になる。米国が犯罪人引き渡し請求を行っても、韓国は自国民の保護などに関する条約に明記された例外規定を理由に、引き渡し要求を拒否することもできる。
 外交関係者の間では「韓米両国は政治的影響を考慮して尹前報道官の容疑を適切なところで線引きし、引き渡し請求をせずに終わらせる可能性が高い」との声もある。
 米国とは違い、韓国ではセクハラが親告罪であるため、現時点では韓国の司法当局が尹前報道官について捜査することはできない。被害女性が韓国の司法当局に訴えて初めて捜査が開始されることになる。法律の変更に伴い、韓国でも来月19日からはセクハラが親告罪の対象から外されるが、過去にさかのぼって尹前報道官に適用されることはない。
    ユン・ジュホン記者  朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

 

韓国の性犯罪、被害者・加害者ともに低年齢化が進む=韓国
  http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?d=0320&f=national_0320_053.shtml&y=2012
   韓国の国家行政機関・女性家族部は19日、2000~2010年の児童・青少年が対象となった性犯罪で、有罪判決が確定した事件を分析した結果、加害者1796人の50.6%が29歳以下の若者で、被害者1万3039人の平均年齢は12.8歳だったことを明らかにした。複数の韓国メディアが報じた。
韓国メディアは、子どもや青少年を対象とした性犯罪が再び増えており、性暴力被害に遭う青少年のうち、半分近くは13歳未満の児童だという調査結果が出たと伝えた。
 被害者の平均年齢は、性売買あっせん・強制16.4歳、性暴行14.3歳、強制わいせつ10.9歳であり、売春をあっ旋・強要した加害者も42.8%(349人)が20代以下であったと報告。
  一方、児童青少年を対象とする性犯罪加害者の62.9%は少なくとも1回の犯罪歴を持っていたことも分かった。特に性暴行の15%、強制わいせつの12.6%、売春のあっ旋・強要の11.6%が再犯であることから、処罰が強化される傾向にあると説明。
  最終審で懲役刑を受ける割合は、性暴力事件の場合、2000年には20.5%にとどまったが、2010年には62%に増加。強制わいせつも懲役刑を受ける比率が8.3%から40.7%に高まった。売春のあっ旋・強要の場合、2010年には25.6%が懲役刑を言い渡されている。学校や自治体は性犯罪根絶のため、学校内外の人けのない路地などに防犯カメラを設置しているが、まだ導入されていないところが多く、対策が急がれるとしている。(編集担当:李信恵・山口幸治)

 韓国の売春従事者は約27万人、女性人口の1.07%=韓国
  http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0124&f=national_0124_006.shtml
Y!
 【社会ニュース】 2013/01/24(木)
韓国で売春業に従事する女性が約27万人に上り、同国の女性人口(統計庁2013年調査)の約1.07%に達することが分かった。複数の韓国メディアが23日、報じた。
  韓国女性家族省が2007年に実施した売春実態調査を基に推算した。同省の調査では、専業型売春業者(売春宿の密集地)で働く女性は3644人、兼業型売春業者(居酒屋など)で働く女性は約14万7000人、インターネットでやその他の方法で売春をする女性は約11万8000人に上るという。
  統計庁は2013年将来人口推計基準で、韓国の女性人口は2508万7000万人と算出しているため、「27万人」は女性人口の約1.07%に当たることになる。
 韓国の全人口対比では0.538%となった。
  同省は2010年にも同様の調査を実施し、売春女性は約14万2000人と推算したが、インターネットや海外売春の数は含めなかった。
  記事では、ヨーロッパの売春従事者数についても明らかにした。ドイツが約40万人でもっとも多く、人口対比は0.49%に上った。英国は約8万人で同0.127%、イタリアは約5万人で同0.082%、オランダは約1万-1万5000人で同0.057-0.895%などとした。
  韓国メディアは専門家の意見として、「27万人」の数字は正確ではなく、実際にはこれよりも多い可能性があると伝えた。(編集担当:新川悠)

続きを読む "韓国民の真の姿を世界に示した報道官"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月12日 (日曜日)

人間はオオカミから学ぶことが多い。

 動物の中でも、特にオオカミは印象が悪い。28155844
 それは「狼と七匹の子ヤギ」や「赤ずきんちゃん」、「狼と三匹の子ブタ」などの童話で幼児期からの刷り込みの結果であろうか。
 しかし、オオカミは「生涯、一夫一婦制」「家族の絆が強い」「必要以上に相手を痛めない」など、実にモラルの高い動物だそうだ。

 今日の「テレビ寺小屋」の講師は「旭川市旭山動物園」の小菅正夫さんだ。
 動物園の狼の観察の結果、オスはメスが先立つと悲しみは大きく、餌を食べなくなり絶命した話や必要以上に相手を傷つけることはないことを紹介していた。

  この話から思い出したのは、動物は基本的に「同種殺しはしない」が、それは「肉食動物」であって、「草食動物」は同種の相手を死に追いやることがある話だ。
 つまり人間は「草食動物」であるから、抑制が外れると平気で「同種殺し」をやるのだという。
 戦争や殺人事件が絶対に無くならないはずだ。
 人間は身体能力的に肉食動物より劣るのだが、それを補う知恵が発達し、更に武器を使用し、その武器も徐々に発達させて、必要以上に捕獲して食べたり、叩きのめしたりして絶滅させてしまう。
 人間は抑制が外れたら、動物社会以下の生き物集団なのだろうか。
 そして人間は、いずれ地球までも絶滅させてしまうのだろうかと心配する。

 

 今日5月12日の「テレビ寺小屋」の講師は「旭川市旭山動物園」の小菅正夫さんだ。    

 日本にはもういなくなってしまったオオカミですが、 どうも不当な差別を受けているように思います。 と言うのも、どの子どもの本を見てもオオカミの役柄は悪者です。
  旭山動物園に私が入った頃、 アパートのようにピューマ、クマ、オオカミの獣舎が並んでいましたが、子どもたちの反応を見ると、ピューマは「かっこいいな」、 クマは「わー!プーさんだ」とか。
 ところがオオカミは「あ、オオカミだ。陰険そうだね」などと言われていたのです。
 当時、旭山動物園には2頭の夫婦のオオカミ、ジョンとリカがいました。
 そのメスのリカにがんが見つかりました。
 検査するとすでに手遅れで、3度目の入院のときに体力が持たず、死んでしまいました。 するとオスのジョンは、ずっとリカの小屋の前で座り込み、動きません。
 私が「待っていてももう帰ってこないよ」と話しかけても、 座り込んだまま動きませんでした。 そうして、だんだんとやせてきてしまいましたが、 検査をしてもどこも悪くありません。 食欲もなくなり、とうとう立てなくなってしまいました。
 あるとき、飼育係が3日間留守をして私がその間見ることになりました。
 私は「死んだら解剖して調べます」と、留守を引き受け、 点滴をしたり寝返りをさせたりして3日が過ぎました。
 その間、全くジョンは息をする以外何も反応しませんでした。
 ところが、3日後に飼育係が戻り、私と一緒にジョンを見に行ったとき、 その飼育係が「ジョン」と声をかけると、 ジョンは耳をピクリと動かして、前足を使って上体を起こし、 やがて「ウォーン」という声を出しそのまま息を引き取りました。
  このようにオオカミは、夫婦が愛情で結ばれ、 人間とも心通わせることの出来る数少ない動物なのです。
 このことがあって以来、私はオオカミを深く尊敬し、 もう一度飼ってみたいとお願いして、旭山動物園に入れてもらうことになりました。
 そして、それまで動物園ではタブーとされていたオスとメスを 子どもの出産後に一緒にすることに成功しました。
  そして本当のオオカミの家族愛を知ることになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月11日 (土曜日)

韓国らしい訪米随行報道官の性犯罪

 朴大統領の訪米で一番印象深かったのは、韓国報道官の性犯罪更迭事件。
 さすが韓国だ062831
 「国の品位を傷つけた」としているが、ある意味「韓国民のレベルを証明」、或いは「訪米の成果」と評価できる。

 
 本年3月、韓国で政府高官10数人の性接待が発覚し、朴政権も頭を抱えていると言うニュースがあった。今度は朴槿恵大統領の訪米に同行していた尹昶重(ユン・チャンジュン)報道官が、米国籍を持つ韓国大使館の臨時職員女性(21歳)に対する性犯罪が発覚し更迭されたと言う。

 マスコミは、飲酒のうえ「セクハラでお尻を触った」程度の報道で矮小化しようとしているが、これ位で即刻、警察に性犯罪の被害届を提出するとは思えない。
 発生場所が、指定ホテルから離れた別のホテルだったことや、マズイと思ったのか自分の荷物をアメリカに置いたまま、韓国に逃げ帰ったこともポイントだ。

 いずれにしても、韓国内では当然のように繰り返していた行為が、アメリカでは女性と話が上手く進まなかっただけだろう。
 正に、性犯罪が国技と言われる韓国代表者らしい民度を端的に示す事件だ。
 よって、この特殊な国技は自国内だけで通用すると思ったほうがいい

 すでに、この報道官は疑惑を否認しているが、韓国には「嘘も百回言えば本当になる」と言う得意技もある。
 実に便利な国だ。

<韓国大統領府>
 報道官セクハラ疑惑、事態収拾に躍起
   毎日新聞 5月11日(土)10時55分配信
  【ソウル大貫智子】
 米国を訪問した韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領に同行していた大統領府報道官が、セクハラ疑惑で外遊中に更迭されるという「醜聞」が浮上した。北朝鮮への強硬姿勢などから支持率が上昇していた朴政権にとって手痛い失態で、大統領府は早期の事態収拾に躍起になっている。
 「事件」は米韓首脳会談があった7日の夜に起きた。在米韓国大使館のインターンの米国籍女性が、尹昶重(ユン・チャンジュン)報道官(56)にワシントン市内のホテルで尻を触られるなどセクハラ行為をされたとして、現地警察に通報。青瓦台(大統領府)は9日、「国家の品格を傷付けた」として更迭を発表した。韓国メディアによると、報道官は捜査を避けるため荷物もまとめずに急いで帰国したという。
 青瓦台の李南基(イ・ナムギ)広報首席秘書官は10日夜、緊急記者会見を開き、「(報道官が)不適切な行動をしたことは大変申し訳なく、国民と大統領に心から謝罪する」と発表した。尹氏は記者出身で保守の論客とされるが、朴氏を高く評価する一方、野党側への批判には品位を欠く表現などもあり、報道官起用には当初から与党内でも問題視する声があった。
 朴政権では、当初指名した国防相に金銭がらみの疑惑が浮上するなど人事面でのつまずきが目立っている。このため、発足当初から支持率は40%台に落ち込んでいたが、北朝鮮が危機を高める中でも強硬姿勢で臨んだことや米韓首脳会談などが評価され、韓国ギャラップ社が6~9日に実施した世論調査では56%まで上昇していた。
   

 大統領府報道官がセクハラ…朴大統領の外交デビューに汚点=韓国
  サーチナ 5月10日(金)13時56分配信
 韓国の大統領府は10日、ロサンゼルスで、同府の尹昶重(ユン・チャンジュン)報道官を「不適切な行為で国家の品位を傷つけた」ことから更迭したと発表した。
 朴槿恵大統領の訪米に同行していた、実習生の韓国人女性にセクハラ行為をした疑いが浮上している。
 韓国メディアが入手した米ワシントンDCの警察の報告書によると、被害を訴えた女性は、ホワイトハウス周辺のホテルで現地時間7日午後9時30分ごろ、尹氏から許可無くお尻を触られた。
 米韓首脳会談が行われた日の夜の出来事という。
 報道によると、尹氏はカフェで酒を飲み、女性の体を触った上、ホテルに戻ると自室に女性を呼んだ。
 女性が部屋を訪れると、尹氏は下着姿だった。
 女性は朴大統領の訪米をサポートするため採用された実習生で、午前0時30分ごろ現地警察に被害を申告した。
 米最大の女性オンラインコミュニティーには、更迭に先駆け、尹氏の今回のセクハラを告発する文章が掲載されていたことも分かった。
 韓国メディアは、大統領府の高位要人がセクハラで更迭されるという騒動は、朴大統領の外交デビューに大きな汚点を残す形になったと伝えた。(編集担当:新川悠)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

憲法改正の歌(作詞・中曾根康弘)

 この「憲法改正の歌」の作詞は元総理大臣・中曾根康弘氏だ。
 中曾根氏も1918年(大正7年)5月27日生れ、現在94歳となる。
 お元気なうちに、憲法改正の日の目を見せたいものだが、この夏に待っている参議院選の結果次第であろう。

 歌詞に「マック憲法」とあるが、ハンバーガーの「マック」ではない。
 GHQ最高司令官ダグラス・マッカーサーのことだ。
 「マック憲法」は、マッカサーが日本占領政策を円滑に遂行するために暫定的に制定したもので、このように呼ばれた。
 これを、後生大切する日本人を草葉の陰から感激していることであろう。

一 鳴呼(ああ)戦(たたか)いに打ち破れ 敵の軍隊進駐す
  和民主の名の下に 占領憲法強制し
  祖国の解体計りたり 時は終戦6ヶ月

二 占領軍は命令す 若(も)しこの憲法用いずば
  天皇の地位請け合わず 涙をのんで国民は
  国の前途を憂(うれ)いつつ マック憲法迎えたり

三 10年の時は永くして 自由は今や還りたり
  我が憲法を打ち立てて 国の礎(いしずえ)築くべき
  歴史の責を果たさんと 決意は胸に満ち満てり

四 国を愛す真心を 自らたてて守るべき
  自由と平和民主をば 我が憲法に刻むべき
  原子時代に遅れざる 国の理想を刻まばや

五 この憲法のある限り 無条件降伏つづくなり
  マック憲法守れるは マ元帥の下僕(げぼく)なり
  祖国の運命拓(ひら)く者 興国(こうこく)の意気挙(あ)げなばや

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月10日 (金曜日)

谷中霊園の「ひったくり犯」画像公開

 犯人は早く警察に自首したほうがいい。
 こんなにハッキリした顔写真が公開されている。
 
 背広にネクタイを締めて、一見、紳士面しているが似合っていないし貧相だ。
 詐欺師のような犯罪者に多いタイプと見た。

 それにしても、この男、どっかで見たことがあるような感じをしている。
 購入したのは、伊藤園 お~いお茶 緑茶 500mlペットボトルのようだ。

 40歳ぐらいの紺スーツ男の画像公開 
 東京・谷中霊園の1千万円ひったくり犯 警視庁
              2013.5.10 14:15Crm13051014160004p1
 東京・谷中で息子を装った電話で呼び出された女性(77)が2人組の男に現金約1千万円入りの袋をひったくられた事件で、警視庁下谷署は10日、事件直前に現場近くのコンビニエンスストアで買い物をする犯人とみられる男1人の画像を公開し、情報提供を求めている。
 同署によると、男は40歳ぐらいで、紺色のスーツ姿。女性は9日、息子を名乗る電話でJR日暮里駅に呼び出され、指定された同駅近くのコンビニで男と合流。
 谷中霊園に誘い込まれたところを後ろから近づいてきた別の男に現金入りの袋をひったくられた。
 7日には近くのJR鶯谷駅で、同様の手口で別の女性(76)が2人組の男に現金600万円入りのバッグを奪われる強盗事件が起きており、同署は関連を調べている。
 情報提供は、下谷署(電)03・3872・0110

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 9日 (木曜日)

何をホザクか韓国、恩を忘れるな!

 朴槿恵(パク・クネ)大統領は、「過去に盲目的なら未来もみえない」とアメリカの上下両院合同会議で演説し暗に日本を批判したそうだ。
 まず、朴大統領は韓国加耶大学客員教授・崔基鎬(チェ・ケイホ)氏から、日本と朝鮮半島の正しい歴史を学ぶ必要がありそうだ。

   「朝鮮人はナゼ嘘を付くのか」と、韓国の大学教授・崔基鎬氏が 朝鮮人が認めたがらない朝鮮人の歴史を激白する。
 日本統治前、多くの朝鮮人の女は乳を出し、まともな教育など存在しなかった
 ハングルは話していたが、読み書きできる人間は限られた。
 すべて、日本がやってあげ、文化度を同じレベルに上げてあげた。
 それが戦後は、韓国の一般市民となると「搾取」されたと恨んでいるという。
 とにかく、日本が朝鮮半島から得たものは何もなかった
 日本は朝鮮半島に全て与えるだけだったのだ。

 それなのに何をホザクか韓国、日本から受けた数々の恩を忘れるな!と言いたい。

崔基鎬(チェ・ケイホ)氏 1923年生まれ。明知大学助教授、中央大学、東国大学経営大学院教授を経て、現在、加耶大学客員教授
   搾取されたのは日本
  そうした状況にある李朝を隣国において、1868年日本は明治を迎えます。
 当時の世界は強いものが弱いものを食う時代です。
 日本にとって清もロシアも大国です。その力が、清の属国になっていた李氏朝鮮、すなわち朝鮮半島から日本にやってくるという危機感が日本にありました。だからそれを防ぐために日本は、朝鮮としっかりと手を結ぶ必要があったのです。
  そこで1876(明治九)年二月、李朝と「日朝修好条規」を結びます。李朝成立後、484年が過ぎたときのことです。それは李氏朝鮮に、独立国家であってほしいという願いがありました。それが第一条にある「朝鮮国は自主の国」という言葉に表れています。これはきわめて重要な意義を持っています。
  しかしそうした清と朝鮮との主従関係を断ち切ろうとした日本の狙いは、実際その実現はほど遠く、民衆は相も変わらず、塗炭の苦しみを味わいつづけていたのです。
  1897年、李朝は国号を「大韓帝国」とあらため、年号を「光武」とし、王を皇帝と称し、表面的には510余年ぶりに明・清の束縛を脱し、独立国家を形成したのですが、清の保護下にある李朝の専横は変わるところがありませんでした。それは近代化と自主独立の道を拒否しつづけることであり、列強が蠢くなか李朝の存在は、東アジアの情勢に不穏な種を宿していたことになるのです。
 1904(明治37)年、日清戦争に次いで日露戦争を控えた日本は、こうした朝鮮の惨状を見かねて、目賀田種太郎(1853~1926年)を財政顧問として派遣し、日本からの財政支援をもとに、李朝をまともな国として立て直すという態勢がようやく緒につくことになります。
  目賀田財政顧問と総監府は、朝鮮の歳入不足分を補填するために、日本国民の税金から、大韓帝国政府に無利子、無期限の資金「立替え」を実施したほか、直接支出で援助しました。
  例えば1907年度、朝鮮の国家歳入は748万円しかなく、必要な歳出は3000万円以上ありましたから、その差額は全額日本が負担しています。1908年には、これがさらに増えて、合計3100万円という巨額の資金を日本は支出しています。
  総監府時代の四年間に、日本政府が立て替えた朝鮮の歳入不足分は、1428万円にものぼっています。
 そればかりではなく、司法と警察分野などに日本政府が直接支出した金額は、立替金の数倍、9000万円に達しています。
 

 日本に「正しい歴史認識」求める=朴大統領、異例の言及-米韓首脳会談
 【ワシントン時事】
 韓国の朴槿恵大統領は7日の米韓首脳会談で、オバマ米大統領が「日米韓の協調が必要だ」と述べたのに対し、「北東アジア地域の平和のためには、日本が正しい歴史認識を持たなければならない」と指摘した。韓国政府関係者が明らかにした。
 オバマ大統領の返答は不明。朴大統領はこれまでも日本の歴史認識に対して言及しているが、韓国大統領が米国との首脳会談の場で伝えるのは異例だ。安倍晋三首相の歴史認識に関する発言や閣僚の靖国参拝などによる安倍政権への強い不信感が反映されたとみられる。北朝鮮に対応する日米韓の協力にも日韓関係の悪化が影響を及ぼしていることを浮き彫りにした形だ。
 金奎顕外務次官は6日、国会で、日本の歴史認識に対する周辺国の懸念を米韓首脳会談で説明したいとの意向を示していた。
 また、朴大統領は7日、米紙ワシントン・ポスト(電子版)のインタビューに応じ、対日関係について「(竹島問題で日韓関係が悪化していた)8年前から何も進歩していないのを見て、非常に失望している」と強調。「日本は(韓国などの周辺国の)過去の傷を開き、うずかせてきた。自らをきちんと省みることを望む」と述べた。 (2013/05/08-12:49)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アポロ月面着陸を同時通訳の村松氏死去

 バン・アレン帯(放射能帯)を通過するときに宇宙飛行士は焼け死ぬなどのA300_理由から、アポロで人類が月面着陸したのは、アメリカのでっち上げという、いい加減な説をどう見ていたのだろうか。

 1969年、米国のアポロ計画で人類が初めて月面着陸した際、テレビで同時通訳したり、歴代首相の外遊やサミットなどの国際会議でも通訳を務めた村松増美氏(82歳)が死去した。

 村松増美氏が死去 同時通訳者
   2013/5/9 11:32 記事保存
 村松増美氏(むらまつ・ますみ=同時通訳者)3月3日死去、82歳。非営利団体「えむ・えむ国際交流協会」が偲ぶ会を11月4日に行うが、場所は未定。
 喪主は長男、繭美氏。
 日本の同時通訳の草分け的存在で、主要国首脳会議(サミット)などで通訳を担当。日本初の通訳サービス会社「サイマル・インターナショナル」の設立に参加し、社長を務めた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 6日 (月曜日)

初めて利用した「テザリング機能」

  連休中は郷里の山形県に滞在しているがテザリング機能を初めて利用01pc_2した。
 これで、外出先や旅先でもネットにつないだり、パソコンを使ってブログを配信出来ることになる。
 

 昨年9月 iPhone5に機種変更した際、「テザリング機能を付けますか」と問われたが、何のことか知識がなかった。

 テサリングは今回初めての利用だが、特に難しいことはない。
 単に、iPhone5とパソコンをUSBコードで接続したら、自動的にパソコンがインターネットにつながった。

 「テザリング機能」とは、iPhone5Wi-Fiルータとして使用し、無線LANにより複数のPCがインターネットに接続が可能になる機能だ。
  つまり、携帯電話通信が出来ないパソコンでも、テザリング機能付きスマートフォンがあれば、これをWi-Fiルーターにして、どこでも接続できる。
 便利なものだ。
 テザリングで接続している時、「インターネット共有:1台接続中」とメッセージが表示されるが、注意が必要なのは、充電しようと接続した時に、気付かずにテザリング(iPhone5から)通信してしまう可能性がある。月間通信料が7GBを超えるとiPhone5の通信速度が落ちてしまうので(もしくは追加料金が必要)、利用が終わったら必ずテザリングをオフにしましょうとある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 5日 (日曜日)

日本人の雄々しさ (天皇陛下の御言葉)

 下手なコメントは要らない。
 安倍首相も、
 「この雄々しさいうのはやはり明治天皇も、昭和天皇もですね、今上陛下もここぞという時に使われるんですね。」と語る。
 まずは、「日本人の雄々しさ 天皇陛下の御言葉を胸に刻みたい。
P_20135
 なお、山形県鶴岡市羽黒町の松ヶ岡開墾場には、昭和天皇が昭和22年8月15日に行幸されたことを祈念し、昭和21年新年歌会始「松上雪」
 ふりつもる み雪にたへて いろかへぬ 
 松そ ををしき 人もかくあれ

 の石碑が建立されている。
 この歌の価値、奥深さにいち早く気付いた庄内地方の先人にも感心した。

安倍元総理
―― あの・・先ほど勝谷さんが言われたことは大変重要なことで陛下は相当おことばについて考え抜かれたんだと思いますね。陛下が感謝を表明される中において普通、陛下は特定の団体とかですね人達について固有名詞をあげられないんですが、今回は自衛隊、そして消防、警察、そして地方自治体の方々、特に自衛隊っていう名前が陛下の口から・・この発せられたと言うことはずっとなかったんだろうと思うんですね。
 宮内庁や政府はなるべく距離を開こう、開こうとしていきました。
―― それとあの、これからの日々を生きようとしている人々の雄々しさに・・まあ深く感動しているということを陛下は仰ったんですが、雄々しさ、先ほど勝谷さんが言ったようにですね、この雄々しさというのはやはり明治天皇も、昭和天皇もですね今上陛下もここぞという時に使われるんですね。
―― 明治天皇は日露戦争の時に、「敷島の 大和心の 雄々しさ 事ある時ぞ 現れにけり」と、こう仰ったんですが。昭和天皇は先ほど勝谷さんが言ったように、終戦の翌年の歌会初めで、「降り積もる 深雪に耐えて 色変えぬ 松ぞ雄々しき 人もかくあれ」と、今、まさに雪がしんしんと降っていると、この雪の冷たさと重たさに耐えて松は雄々しく美しさを失わないと。日本は占領下にあるけれども日本の素晴らしさ、美しさは失いたくないものだという思いを込められたんですね。
―― そういう中で今度は、このやはり未曾有の大災害の中で頑張らなければいけないという気持一つになろうという気持において雄々しさ言う言葉をですね、天皇陛下は発せられたんだろうなと思いますね。

主権回復の日
 安倍首相式辞全文「日本を良い美しい国にする責任」
 本日、天皇、皇后両陛下のご臨席を仰ぎ、各界多数の方々のご参列を得て、主権回復・国際社会復帰を記念する式典が挙行されるにあたり、政府を代表して式辞を申し述べます。
 61年前の本日は、日本が自分たちの力によって再び歩みを始めた日であります。サンフランシスコ講和条約の発効によって主権を取り戻し、日本を日本人自身のものとした日でありました。その日から61年。本日を一つの大切な節目とし、これまで私たちがたどった足跡に思いを致しながら、未来へ向かって希望と決意を新たにする日にしたいと思います。
 国敗れ、まさしく山河だけが残ったのが昭和20年夏、わが国の姿でありました。食うや食わずの暮らしに始まる7年の歳月は、わが国の長い歴史に訪れた初めての、そして最も深い断絶であり、試練でありました。
 そのころのことを亡き昭和天皇はこのように歌にしておられます。
 「ふりつもるみ 雪にたへて いろかへぬ 松ぞををしき 人もかくあれ
 雪は静謐(せいひつ)の中、ただしんしんと降り積もる。松の枝は雪の重みに今しもたわまんばかりになりながら、じっと我慢をしている。我慢をしながら、しかしそこだけ目にも鮮やかに緑の色を留めている。私たちもまたそのようでありたいものだという御製(ぎょせい)です。
 昭和21年の正月、日本国民の多くが飢餓線上にあえぎつつ、最も厳しい冬を、ひたすらしのごうとしていたときに詠まれたものでした。多くの国民において心は同じだったでしょう。
 やがて迎えた昭和27年、主権が戻ってきたとき、私たちの祖父、祖母、父や母たちは何を思ったでしょうか。今日はそのことを国民一人一人深く考えてみる日なのだと思います。
 61年前の本日、国会は衆参両院のそれぞれ本会議で主権回復に臨み4項目の決議を可決しております。
 一、日本は一貫して世界平和の維持と人類の福祉増進に貢献せんことを期し、国連加入の一日も速やかならんことを願う。
 二、日本はアジアの諸国と善隣友好の関係を樹立し、もって世界平和の達成に貢献せんことを期す。
 三、日本は領土の公正なる解決を促進し、機会均等、平等互恵の国際経済関係の確立を図り、もって経済の自立を期す。
 四、日本国民はあくまで民主主義を守り、国民道義を昂揚(こうよう)し、自主、自衛の気風の振興を図り、名実ともに国際社会の有為にして責任ある一員たらんことを期す。
 以上、このときの決議とは、しっかりと自立した国をつくり、国際社会から敬意を集める国にしたいと、そういう決意を述べたものだといってよいでしょう。
 自分自身の力で立ち上がり、国際社会に再び参入しようとする日に、私たちの先人が自らに言い聞かせた誓いの精神が、そこにはくみ取れます。
 主権回復の翌年、わが国の賠償の一環として当時のビルマに建てた発電所は、今もミャンマーで立派に電力を賄っています。主権回復から6年後の昭和33年には、インドに対し戦後の日本にとって第1号となる対外円借款を供与しています。主権回復以来、わが国が東京でオリンピックを開催するまで費やした時間はわずかに12年です。自由世界第2の経済規模へ到達するまで20年を要しませんでした。
 これら全ての達成とは、私どもの祖父、祖母、父や母たちの孜々(しし)たる努力の結晶にほかなりません。古来、私たち日本人には、田畑をともに耕し、水を分かち合い、乏しきは補いあって、五穀豊穣(ごこくほうじょう)を祈ってきた豊かな伝統があります。その麗しい発露があったからこそ、わが国は灰燼(かいじん)の中から立ち上がり、わずかな期間に長足の前進を遂げたのであります。
 しかしながら、国会決議が述べていたように、わが国は主権こそ取り戻したものの、しばらく国連に入れませんでした。国連加盟まで、すなわち一人前の外交力を回復するまで、なお4年と8カ月近くを待たねばなりませんでした。
 また、日本に主権が戻ってきたその日に奄美、小笠原、沖縄の施政権は日本から切り離されてしまいました。とりわけ銘記すべきは、残酷な地上戦を経験し、おびただしい犠牲を出した沖縄の施政権が最も長く日本から離れたままだった事実であります。
 「沖縄の祖国復帰が実現しない限り、わが国の戦後は終わらない」。佐藤栄作首相の言葉です。
 沖縄の本土復帰は昭和47年5月15日です。日本全体の戦後が初めて本当に終わるまで、主権回復からなお20年という長い月日を要したのでありました。沖縄の人々が耐え、忍ばざるを得なかった戦中、戦後のご苦労に対し、通り一遍の言葉は意味をなしません。私は若い世代の人々に特に呼び掛けつつ、沖縄が経てきた辛苦に、ただ深く思いを寄せる努力をなすべきだということを訴えようと思います。
 わが国は再び今、東日本大震災からの復興という重い課題を抱えました。しかし同時に、日本を襲った悲劇に心を痛め、世界中からたくさんの人が救いの手を差し伸べてくれたことも私たちは知っています。戦後、日本人が世界の人たちとともに歩んだ営みは、暖かい、善意の泉を育んでいたのです。私たちはそのことに深く気付かされたのではなかったでしょうか。
 中でも米軍は、そのトモダチ作戦によって、被災地の人々を助け、汗と、時として涙を共に流してくれました。かつて熾烈(しれつ)に戦った者同士が心の通い合う、こうした関係になった例は、古来まれであります。
 私たちには世界の行く末に対し、善をなし、徳を積む責務があります。なぜなら、61年前、先人たちは日本をまさしくそのような国にしたいと思い、心深く誓いを立てたに違いないからです。ならばこそ、私たちには日本を強く、たくましくし、世界の人々に頼ってもらえる国にしなくてはならない義務があるのだと思います。
 戦後の日本がそうであったように、わが国の行く手にも容易な課題などどこにもないかもしれません。しかし、今61年を振り返り、くむべきは、焼け野が原から立ち上がり、普遍的自由と民主主義と人権を重んじる国柄を育て、貧しい中で次の世代の教育に意を注ぐことを忘れなかった先人たちの決意であります。勇気であります。その粘り強い営みであろうと思います。
 私たちの世代は今、どれほど難題が待ち構えていようとも、そこから目を背けることなく、あのみ雪に耐えて色を変えない松のように、日本を、私たちの大切な国を、もっと良い美しい国にしていく責任を負っています。より良い世界をつくるため進んで貢献する、誇りある国にしていく責任が私たちにはあるのだと思います。
 本日の式典にご協力をいただいた関係者の皆さま、ご参加をくださいました皆さまに衷心より御礼を申し上げ、私からの式辞とさせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 3日 (金曜日)

インプレッサが泥棒の標的!

  スバル・インプレッサは、レーシングカー並みに加速が良く、若者に人気がある程度の知識しかない。
 昨年12月に9人が死亡した中央自動車道・笹子トンネルの天井崩落Image事故に遭遇したNHK甲府放送局の後藤喜男記者が乗っていた車がスバル「インプレッサ WRX STi」。崩落の瞬間アクセルを踏み込み間一髪、奇跡的に脱出し、改めてその性能が注目されたことがあった。
 だからと言う訳ではないだろうが、最近、各地で集中的に盗難被害に遭っているそうだ。

 宣伝ポスターは盗難に遭うと評価されるらしいが、高価な車が性能がいいからと狙われたのでは、所有者やメーカーは盗難対策を工夫する必要がある。
 群馬県太田市にあるSUBARUの前身は、ゼロ戦のエンジンを開発した「中島飛行機・荻窪製作所」だ。
 この荻窪製作所は、杉並区桃井三丁目の荻窪警察署の北側にあった。
 つまり、スバル車には「ゼロ戦」エンジンの子孫が搭載されていることになる。

 狙われるインプレッサ…千葉で多発、殺人事件
 1日午前1時10分頃、千葉県四街道市の民家に駐車されていた青のスバル「インプレッサ」を男2人が盗もうとしているのを持ち主の男性会社員(32)が発見。
 男性は車にしがみついたが引きずられて転倒し、腕などに軽傷を負った。
 同県警四街道署が強盗傷害容疑で逃げた2人の行方を追っている。01_l
 発表によると、男2人は1人が男性の車に乗り、もう1人は近くの白い乗用車で待機していた。自宅にいた男性は、エンジン音がしたため外に出たところ、車を盗もうとしている男を発見し、もみ合いになった。白い車の男が男性の車に衝突し、逃走を手助け。もみ合いになった男は運転席のドアを開けたまま車を発進させたため、男性は運転席のシートなどにしがみついたが、約25メートル先で振り落とされた。当時、車は施錠されていたという。
 約4時間後、男性宅から東に約6キロ離れた同県佐倉市内の駐車場で車が炎上しているのを通行人が発見し、119番。車台番号などから男性の車と判明した。県警捜査1課は犯人が証拠隠滅を図るために燃やしたとみている。車を奪った男は、30~40歳くらいで上下とも黒っぽい服装をしていたという。
 千葉県内ではインプレッサが盗まれる事件が多発。今年2月には、柏市篠籠田しこだの市道で、会社員保田智さん(31)が青のインプレッサを奪われ、阻止しようとして死亡する強盗殺人事件が発生しており、県警は関連を調べている。
(2013年5月2日10時47分  読売新聞)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 2日 (木曜日)

北方領土、面積折半に元島人は納得か?

   元島人と現在居住しているロシア人の生活と心情を考慮すれば、プーチン大統領が提案したという面積等分返還案でいいのではないかと思うようになった。
 以前から言われていた「引き分け」とは、これのことだったのだろう。Images_2
 まず、国後、歯舞、色丹の3島を完全返還させ、択捉島を分割して「日露平和条約」の締結を結ぶ案は検討の余地があると思う。
 もちろん、四島の日本帰属を認めさせ、将来の完全返還をハッキリ約束させてからだ。
 プーチン・ロシア大統領が「われわれが作った問題ではない。過去の事だ。」と語ったことから、一番実現可能な提案であろう。    
 当然、四島同時返還は理想だが、現在居住するロシア人の生活も理解する必要がある。
 もっと大切なのは、面積折半返還に元島人の皆さんが納得するかだが、きっと妥協してくれるはずだ。
 ただ、この妥協案が俎上にのった際は、ロシア大使館辺りで、ぶち壊す目的で「四島全面返還だ」と口汚く騒ぐであろう在日や同和関係者が殆どの似非右翼の声に惑わされてはならない。

 2013年 4月 30日 20:01
 面積折半方式に言及=首脳会談でプーチン大統領
 【モスクワ時事】
 プーチン・ロシア大統領が29日の安倍晋三首相との首脳会談で、北方領土問題に関し、係争領土の面積を等分して決着を図る面積折半方式に言及していたことが30日分かった。首相同行筋が明らかにした。
 プーチン氏は首脳会談で、ロシアが中国やノルウェーとこの方式で領土問題を決着させた経緯を説明。北方領土について具体的に面積折半を求めたかは不明だが、解決法の一つとして触れた可能性がある。
 菅義偉官房長官は30日の記者会見で、面積折半方式について「4島が日本に帰属するという前提に立って返還を進めていくのが基本方針だ」と否定的な見解を示した。 
[時事通信社]

続きを読む "北方領土、面積折半に元島人は納得か?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 1日 (水曜日)

子猫産み落とし騒動、その後

  我が家の車庫に野良猫の子猫が産み落とされたと、先日、掲載した。
  車庫に不用意に段ボール箱を置いていたら、その段ボールに三匹の子猫が産み落とされていたのだ。
 http://z-shibuya.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-a503.html
 「直ぐ役所に連絡して」と連れ合いに告げると、「駄目、野良猫の子供だけど餌をやっている家があるから相談する」と言う。Images
 隣近所とは、多少のことは我慢して、人間関係を大切にしたいのだと言う。これに対して、「この際だから、猫に被害を受けていることや、我が家の野良猫に対するスタンスを告げて置いた方がいい」と付け加えた。
 そして、何らかの話し合いがあったのであろう。
 子猫三匹は、餌付けの二軒の家庭で面倒見ることになったのだが、数日後、三匹とも死んだと連絡があり、更に母猫まで近くで死んでいたと言う。
 餌付けが、結果的に動物虐待に繋がっていることに気が付かないのだろうか。
 短期間に親子四匹の猫が死亡し、これで一件落着と思ったら、残り数匹の野良猫を「地域猫」として面倒みたいとの話が持ち上がっているらしい
 一見、猫を大切にする愛情に満ちた地域にみられそうだが、そのマイナス効果もいろいろ知っている。
 犬猫などの動物には、好き嫌いがハッキリしている人が多いし、被害をガマンしている人も多い。「地域猫」や「動物愛護」の考えを、黄門様の印籠や錦の御旗のように振りかざして、 正義づらで他人に押し付けること自体が反社会的な行為と思っている。
 そもそも、多くの野良猫は、餌やりで殖えていることを忘れている。
 他の地域でも似たりよったりであろう。
 餌やりの家や地域には、野良猫が野良猫を連れて来るのだ。    
 今度、我が家が野良猫から直接被害を受けたなら、近所には相談せず黙って役所に通報することにする。

続きを読む "子猫産み落とし騒動、その後"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »