« 台湾の神様になった森川巡査の話 | トップページ | 「軍隊と性」、現実を直視しよう! »

2013年5月17日 (金曜日)

橋下徹市長発言を評価する。

 孤軍奮闘、四面楚歌の橋下徹市長の真正面から向き合う姿勢を評価する。
 他の政治家たちは、世論を気にしてか「触らぬ神に祟りなし」、「臭い物にフタ」の姿勢を保っているとしか見えない。

 まず、橋下発言を批判したいなら、すべてチェックしてからにすることだ。
 発言は「日本が侵略戦争した」以外は間違ったことは語っていないと思う。
 新聞、テレビは断片的な、多少言葉が走った箇所を誇張して伝え、前後の脈絡は無視する手法をとる。
 特に橋下市長は、明確に「現在は許され無い」、「過去、当時は必要とされたのでしょう」と何度も使い分けているのに、殆どのマスコミは「橋下市長は慰安婦を必要」と誤報している。
 日本人なら、日本のマスコミなら、日本自体を擁護することを少しは考えたらどうだ。
 何処の国の報道機関なのだ
 ここぞとばかりに、上げ足をとったり、嵌めたりすることしか頭にないのか。
 「日本だけを特別に非難するのはアンフェアだ」と、懸命に日本を護ろうとする橋下徹市長発言を全面支持する。
 

 アメリカ国務省のサキ報道官も「言語道断、侮辱的だ」とコメン000005448トしたそうだが、戦後、進駐軍や米兵は、沖縄をはじめ、立川横須賀福生、厚木辺りで何をしてきたのか、少しは調べてから語ることだ。
  福生の米軍専用と思える赤線地区は若いころ仕事で出入りしたが、夜間は日本人が歩くには度胸がいる場所だ。
 ましてや店内に一歩入ると驚く。Photo
 近い人は夜の街に出かけたらいい。マスコミも取材したらいい。

 なお、この福生・赤線は村上龍『限りなく透明なブルー』の舞台になった場所だ。
 最近でも赤線で通じる場所は、都内ではここしか知らない。

米軍・女性兵士用「慰安夫」 ここまでも 男女平等 求めたり
    http://z-shibuya.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-5c03.html

基地の街「立川市」の秘話Ⅰ
     http://z-shibuya.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-7c9e.html

基地の街「立川市」の秘話 Ⅲ
   http://z-shibuya.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-c172.html

http://www.youtube.com/watch?v=EmaPFwZTP08
  橋下vs朝日のアホ記者
  「一言一句気にして発言しろと言われるなら今日で会見は辞める」

<橋下氏>大誤報をやられた」 メディアの報道批判
  毎日新聞 5月17日(金)22時15分配信 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は17日、従軍慰安婦制度が「当時は必要だった」とする自らの発言を巡り、「大誤報をやられた」とメディアの報道を批判した。
 「僕は慰安婦を容認したことは一度もない。メディアは一文だけ聞いて、そこだけ取る。(誤解されたのであれば)日本人の読解力不足だ」とも語り、正式な記者会見以外の取材を今後拒否する意向を示した。
 橋下氏は市役所で記者団に、発言について「必要だったから(世界各国の軍が)皆やってたんでしょ。(自分が)必要と認めたわけではない」と説明。「文脈をきちっと取って報道するのが皆さんの役目だ。『一言一句チェックしろ』というなら(取材対応を)やめます」と話した。
 一連の報道について橋下氏は、最初の発言の翌日の14日、「(記事は)比較的正確に引用してくれていた」「フェアに出している」などとツイッターに書き込み、毎日新聞が掲載した一問一答について「ある意味全て」と評価。その後も「いろんな報道の仕方は、報道の自由だから仕方ない」と語っていた。
 また、日米関係への影響については「何もない。本当に信頼関係があるなら、全然違うことに関しては『違う』と言わないといけない」と否定。「沖縄の占領中、(米兵が)沖縄の女性を性のはけ口として活用したのは事実だ。
 沖縄県民の人権が蹂躙(じゅうりん)されているような現況について直視すべきだ」と、米政府の批判に改めて反論した。
 一方、維新幹事長の松井一郎大阪府知事は17日、「そういう形でコメントを(米政府が)出していること自体マイナスだろう」と記者団に影響を認めた。
 【村上尊一、津久井達】

   

「『戦時中に慰安所必要』何ら間違っていない」」
 小林よしのりが橋下発言を擁護 2013/5/20 12:17
   いわゆる従軍慰安婦をめぐる日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長の発言について、漫画家の小林よしのりさん(59)が「週刊ポスト」2013年5月31日号で「彼の言っていることは正しい」と擁護している。
     小林さんは「わしは橋下を政治家として評価していない」とした上で、当時の日本には公娼制度があったこと、慰安婦募集には女性からの応募が殺到したこと、日本以外の国でも慰安所を活用していたことなどを挙げ「『戦時中に慰安所は必要だった』とする橋下発言は、何ら間違っていない」と断じた。
     小林さんは1996年に「新ゴーマニズム宣言」で慰安婦問題を取り上げた際、「元慰安婦に対するセカンドレイプだ」などと多数の抗議を受けていた。

|

« 台湾の神様になった森川巡査の話 | トップページ | 「軍隊と性」、現実を直視しよう! »

01 ごまめの歯ぎしり」カテゴリの記事

コメント

ただし橋下さんの気になる点は、いまのところ
「韓国の歴史認識・言い分・姿勢を一切否定していない」
という点なんですよね。
・韓国の言い分は尤もだ
・だがしかし、アメリカもその他諸外国も同罪だ
となってしまうわけで。

投稿: んんー | 2013年5月29日 (水曜日) 午前 02時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/51668887

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下徹市長発言を評価する。:

« 台湾の神様になった森川巡査の話 | トップページ | 「軍隊と性」、現実を直視しよう! »