« スピード化で会話と健康を失った日本 | トップページ | 橋下市長を全面的に応援する。 »

2013年4月 8日 (月曜日)

憲法改正いつやるか?「今でしょ!」

 流行り言葉の「いつやるか?今でしょ!」に便乗するわけではないが、憲法改正の機が熟したと世論も見ているようだ。
 別の言い方をすると、「今動かねばいつ動くのか」だ。
 一か月ぶりに復帰した石原慎太郎共同代表は「参院選の焦点は憲法(改正)になる。」と予測する。
 安倍首相も2月15日、政権交代後初めて開いた憲法改正推進本部の会合で、
 「自民党結党の目標は占領時代の仕組みを見直し真の独立を勝ち取ることと、安定的な経済政策を推進することの2つだった。2番目の目標は見事に達成したが、大きな宿題が残った。いよいよ憲法だ。」
 と語ったそうだ。
 安倍首相が日ごろから言う通り、占領憲法を改正してこそ、戦後レジーム(regime)からの脱却のはじまりだ。
 65年間もの長期間、日本人に手枷足枷を嵌めて、家族制度の破壊や教育現場など、あらゆる制度を弱体化させ、自立心まで奪い続けた屈辱的な占領憲法から逃れる日が待ち遠しい
 
 

|

« スピード化で会話と健康を失った日本 | トップページ | 橋下市長を全面的に応援する。 »

01 ごまめの歯ぎしり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/51070806

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法改正いつやるか?「今でしょ!」:

« スピード化で会話と健康を失った日本 | トップページ | 橋下市長を全面的に応援する。 »