« T.P.P参加は「百害あって一利なし」 | トップページ | TPPは黒船ではなく泥船、開国ではなく売国 »

2013年3月 9日 (土曜日)

TPP参加、後発組には三条件あり。

 TPP交渉参加を巡り、「ISD条項」と並ぶ不利きたない話が明らかになI8186った。
 TPP交渉を先に始めていた米国など九カ国は、遅れて交渉に参加したカナダとメキシコに交渉権を著しく制限した条件を課していたのだ。
 その条件は、
 〈1〉合意済みの部分をそのまま受け入れ、議論を蒸し返さない。
 〈2〉交渉の進展を遅らせない。
 〈3〉包括的で高いレベルの貿易自由化を約束する。――
 このことは、民主党政権当時、日本は把握しながら公表していなかった。
 

 安倍晋三首相は、近く日本の交渉参加を正式表明する方針だそうだが、T.P.Pは「百害あって一利なし」を分かって欲しい。
 このような協定は、日本が中心になって結ぶような条約にしたらいい。
 日本も、そのような器量ある国家になって欲しいものだ。
 
 

 TPP不利な条件 首相、事実説明を拒否 照会の有無も答えず
    2013年3月8日 東京新聞夕刊
 安倍晋三首相は八日午前の衆院予算委員会で、環太平洋連携協定(TPP)への交渉参加に関連し、カナダ・メキシコ両国が交渉参加に際し、既に交渉を始めていた九カ国から不利な追加条件の受け入れを求められていたことを民主党政権時代に日本政府が把握し、両国に問い合わせをした事実について「相手国に問い合わせをしたかどうかも、この場で言うことは今後の情報収集に大きな影響がある」と、明らかにしなかった。
 不利な追加条件については、カナダ・メキシコ両国の交渉参加が決まった二〇一二年六月までに日本政府が把握し、両国政府に「こんな条件を受け入れるのか」と問い合わせをしていたことを、野田前政権の関係者が認めている。
 首相は、不利な追加条件を政府が把握していたかどうかについても「参加国同士のやりとりは当然、(参加国に)守秘義務がかかっている。
 私たちはコメントするべきではない」と答弁を拒否した。
 その上で、参加条件も含めた関係国間のやりとりについて「TPP交渉にまだ参加していないから、情報収集は難しい」と釈明した。
 岸田文雄外相は「少なくともわが国には、そうした条件の提示は全くない。引き続き情報収集に全力を挙げる」と述べた。
 岸田氏は、関係国からの情報収集では日本など遅れて参加を希望している国に
(1)包括的で高いレベルの貿易自由化を約束する
(2)交渉進展を遅らせない-などの要求があることを示した。
 質問した日本維新の会の松野頼久国会議員団幹事長は「政府が交渉参加のルールを探って議会に説明するのは当然の責任だ」と批判した。

TPP交渉参加、「後発組」に出された3条件
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130308-OYT1T01098.htm?from=ylist
 岸田外相は8日の衆院予算委員会で、環太平洋経済連携協定(TPP)に関し、新たに交渉に参加する国に、
 〈1〉合意済みの部分をそのまま受け入れ、議論を蒸し返さない
 〈2〉交渉の進展を遅らせない
 〈3〉包括的で高いレベルの貿易自由化を約束する――
といった条件が出されていることを明らかにした。
   3条件を出したのは、交渉を先行して進めていた米国など9か国。
 岸田氏は、こうした条件が出されていることを昨年3月に日本政府が把握していたと明かした。新たに交渉参加したカナダやメキシコが受け入れたかどうかについては、「コメントする立場にない」とした
 これに関連し、安倍首相は、「交渉力も情報収集も強化し、国益を守るために全力を尽くし、結果を出す」と述べ、関税撤廃の例外品目が認められるよう努める考えを示した。
 菅官房長官は、TPP参加による日本経済への影響試算について、「首相の判断材料になるような時期に出したい」と語った。(2013年3月9日01時52分  読売新聞)

|

« T.P.P参加は「百害あって一利なし」 | トップページ | TPPは黒船ではなく泥船、開国ではなく売国 »

01 ごまめの歯ぎしり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/50670946

この記事へのトラックバック一覧です: TPP参加、後発組には三条件あり。:

« T.P.P参加は「百害あって一利なし」 | トップページ | TPPは黒船ではなく泥船、開国ではなく売国 »