« 2月21日三人の死刑が執行された。 | トップページ | 石原莞爾の「決戦戦争と持久戦争」 »

2013年2月22日 (金曜日)

パチンコの廃止に賛成ですか?

 パチンコにはまり、生活を破たんさせたり犯罪に走った人を何人か知っている。00000000000035
 パチンコ屋は戦後、マッカーサーが日本人の堕落を促す目的と、帰国費用を稼ぐために朝鮮人にだけ許可した業界とされる。
 よって、現在も殆どが在日韓国・朝鮮人による経営のパチンコ業界だが、本家の韓国では、パチンコは2006年末に法律によって禁止された。
 コンビニよりも多い、1万5000軒もあった店舗を全て閉鎖されたのだ。
 続いて、台湾でも禁止された。
 なぜか?、当然、自国民に有害と判断したからであり、実に立派な決断だ。
 よって、パチンコがあるのは日本だけ。
 最近では、年間20兆円を動かす「カジノ(Casino)」と言われる。
 日本では、なにもカジノを解禁しなくても、巨大なギャンブル大国であることを認識する必要がある。
 それも、駅前の一等地や住宅街、教育施設の隣で堂々と営業している異常な業界なのだ。
 マッカーサーの計画とおり、多くの日本人はパチンコで堕落した。
 百害あって一利もないパチンコ業界は繁栄し、朝鮮半島に潤いを与える中、日本人の悲劇が続いている。
  しかし、この事実を日本の政治やマスコミが追及することはない。
 なぜだろうか。

http://sakura4987.exblog.jp/9661964/  
 マッカーサーは戦後の日本で過去に例のない専制と独裁政治を展開した。
 彼はまず罪を犯した米兵への裁判権を日本に放棄させ、新聞が米兵の犯罪を報道することも禁止された。おかげで米兵は強姦も強盗もし放題、殺人も構わなかった。
 調達庁の調べでは占領期間中2500人が殺された。
 彼の占領政策の柱は、日本人の誇りを奪い堕落させ2度と白人支配の脅威にならないようにすることだった。そのために東京裁判で日本を侵略国家に仕立て、A級戦犯はわざと皇太子殿下の誕生日に死刑を執行した。横須賀港にあった戦艦三笠はいかがわしいダンスホールに改造された。
 日本では賭博は禁止だったが、マッカーサーは朝鮮人が国に帰還するまでのあいだ、パチンコ屋をやることを日本政府に認めさせた。
 賭けごとは日本人の堕落を促すと読んだためだ。さらに彼は、軍歌いっさい厳禁のなかでパチンコ屋に限って軍艦マーチを流すことを認めた。どこまでも日本を貶めた。
 パチンコで日本人を堕落させる計画は彼の期待以上にうまくいった。なぜなら朝鮮人は帰還しないでパチンコとともに日本に居座ったからだ。経営者の95%が朝鮮人という業界は、日本人の射幸心をあおっていまも年商20兆円を稼きだしている。
 対支那のODA総計6兆円をはるかに凌ぐ上がりは南北朝鮮を潤し、社民党への献金から北の核開発までを支えてきた。
 一方、日本ではパチンコ屋の駐車場で子供が蒸し殺される悲劇が続く。3年前の一斉巡回で56人の乳幼児が蒸し焼き寸前で救出された。借金漬けの主婦が売春に走り、景品交換所では強盗殺人事件が後を絶たない。
 松戸市の市営住宅で火事があり、3人の子供が焼け死んだ。23歳の母はそのときパチンコに熱中していた。
 マッカーサーの思うとおり日本人は堕落した。
 百害あって一利もない違法パチンコはまだ廃止もされず、悲劇を生みつづけ、南北朝鮮だけが笑っている。

|

« 2月21日三人の死刑が執行された。 | トップページ | 石原莞爾の「決戦戦争と持久戦争」 »

01 ごまめの歯ぎしり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/49516116

この記事へのトラックバック一覧です: パチンコの廃止に賛成ですか?:

« 2月21日三人の死刑が執行された。 | トップページ | 石原莞爾の「決戦戦争と持久戦争」 »