« 就職率100%の「国際教養大学」 | トップページ | パチンコの廃止に賛成ですか? »

2013年2月21日 (木曜日)

2月21日三人の死刑が執行された。

 今日三人の死刑が執行されたそうだ。
 未執行の死刑確定囚は過去最多の137人だったが、今回の執行で134人となった。  
 まだまだ多すぎる。
 収容施設の確保に困っているはずだ。

 死刑判決を受けた者の「刑の執行」は死刑そのもので、執行までの身柄拘束は刑の執行ではないとして、その間は、「刑務所」ではなく「拘置所」に置かれる。
  「拘置所」は全国に8箇所(東京・立川・名古屋・京都・大阪・神戸・広島・福岡)あるが、死刑囚は、これら施設に収容されている。

 死刑囚に対する刑の執行は法務大臣の命令によらなければならない(刑事訴訟法第475条第1項)。法律上、特別な理由のない限り、死刑判決が確定してから6か月以内に死刑が執行されなければならない(同法同条第2項)。
 この法律がある限り、淡々と執行すべきだ。 

 小林死刑囚ら3人の刑執行
     
=奈良女児誘拐殺害―安倍政権で初・法務省
               時事通信 2月21日(木)11時9分配信
 谷垣禎一法相は21日、奈良市の小学1年有山楓ちゃん=当時(7)=が誘拐、殺害された事件で死刑が確定した元新聞販売店員小林薫死刑囚(44)=大阪拘置所=ら、3人の刑を執行したと発表した。
 死刑執行は昨年9月以来で、現在の安倍政権下では初めて。
 小林死刑囚は、事件発生から約8年、確定から約6年での執行だった。
 他に執行されたのは、茨城県土浦市のJR荒川沖駅周辺での無差別殺傷事件の金川真大(29)=東京拘置所=、
 名古屋市のスナック経営者殺害事件の武藤(現姓加納)恵喜(62)=名古屋拘置所=の両死刑囚。

  死刑見直し「必要ない」=会見で谷垣法相
      時事通信 2月21日(木)12時36分配信
 死刑執行を受けて谷垣禎一法相は21日午前に記者会見し、「いずれも身勝手な理由で尊い人命を奪った極めて残忍な事案。慎重な検討を加えた上で執行を命令した」と述べた。死刑制度の見直しについては、「問題点があれば改善しないといけないが、大綱を見直す必要はない」と強調した。
 執行命令の感想について、「改めて(責任の)重みを感じた」と述べた。執行には立ち会わなかったと明らかにし、「(立ち会いは)極めて例外であり、私は考えていない」とした。3人を選んだ理由や時期の具体的な説明は避けた。

|

« 就職率100%の「国際教養大学」 | トップページ | パチンコの廃止に賛成ですか? »

01 ごまめの歯ぎしり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/49552760

この記事へのトラックバック一覧です: 2月21日三人の死刑が執行された。:

« 就職率100%の「国際教養大学」 | トップページ | パチンコの廃止に賛成ですか? »