« 鉄道の父・佐藤政養のこと。 | トップページ | 税金を払うも社会貢献の一つだ。 »

2013年1月17日 (木曜日)

備えあれば憂なし、国防の基本だ!

 「備えあれば憂なし」、これを逆に見るなら備えが十分でないから憂が大きくなる。
  しかし今の日本は、分かっていても隙だらけなのが防衛システムであり、防災や震災対策ではなかろうか。
 特に、国家防衛の最前線にある自衛隊に手かせ足かせを嵌めて、持てる能力を十分に発揮できないようにしているのが、憲法をはじめとする日本の法制度だ。
 宝の持ち腐れもいいとこだ。

 まず、自衛隊法第95条で「正当防衛」又は「緊急避難」の場合以外は人に危害を加えるような攻撃は出来ない規定がある。
 このことは相手国も熟知しているため、いいように弄ばされている。
 かつては、北朝鮮の高速艇を使った拉致事件、最近では、中国公船の尖閣諸島周辺海域における領海侵入事案であろう。
 日本国憲法の前文にある「平和を愛する」「公正と信義に信頼」できる国など、いったい何処にあるのだ。
 誰の著作か忘れたが、「憲法守って国滅ぶ」ようではお話しにならない。

 現に、中国人民解放軍・総参謀部は全軍に「戦争の準備をせよ」と指示している。
 この指示は、きっと、日本との軍事衝突を想定しているのであろうPhoto
 中国の本気度はどの程度なのかと、専門家もいろんな見方があるが、日本としても、それなりの準備と覚悟は必要だなどと思っていたら、尖閣から約200キロの先島諸島に航空自衛隊の配備を検討中との報道があった。
 先島諸島は沖縄県にある。
 沖縄県だけに、当然のように反対も沸き上がるだろうが、ミサイル防衛システム、更には防衛関連の法整備と共に喫緊の課題として進めて欲しい。
 そして、国民の安全と安心感を高めるべきだ。


 
  先島諸島に空自戦闘機部隊の配備検討…尖閣警戒
       尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺で中国機による領空侵犯や接近などが頻発していることを受け、政府が沖縄本島西の先島諸島に航空自衛隊の戦闘機部隊を配備する検討に入ったことが16日、分かった。   現在の配備地としては最西端の空自那覇基地(那覇市)に比べ、尖閣諸島までの距離が半分程度になることから、緊急発進(スクランブル)などの対処能力の向上が期待できる。   配備のための調査費用として、政府は2013年度予算に数百万円を計上する方向で調整している。候補地として検討されているのは、先島諸島の空港で唯一、戦闘機の運用に支障のない3000メートルの滑走路を持つ下地島空港(沖縄県宮古島市)で、尖閣までの距離は約200キロ。新石垣空港(石垣市)や宮古空港(宮古島市)も検討対象となる。 (2013年1月17日00時50分  読売新聞)

<尖閣問題>人民解放軍、新年方針で全軍に「戦争準備」指示—シンガポール紙       配信日時:2013年1月17日 2時0     2013年1月15日、香港・明報によると、中国・解放軍報はこのほど、1面トップ記事で中国人民解放軍総参謀部の新年方針を掲載し、同記事は軍と武装警察部隊に対し「今年は戦争思想を強化し、開戦の準備を進める」と指示した。軍当局が「戦争」の文言を使うのは最近はまれで、軍事専門家は「航空自衛隊の演習に対する強硬姿勢を示したものだ」と分析している。シンガポール華字紙・聯合早報が伝えた。   それによると、中国軍はこれまで「軍事闘争準備」との婉曲表現を用いるのが一般的で、「戦争」との直接表現は珍しかった。一方、習近平(シー・ジンピン)総書記は昨年12月、広東省で「戦争も可能であり、勝つことが重要である」と明言。「兵士を訓練し、戦争へ行く思想を強化する」と表明していた。 上海政法学院国際事務・公共管理科の倪楽(ニー・ラー)教授は、「軍総参謀部の指示は最終的には(武力衝突の)抑止効果を狙ったものだ。中国は尖閣諸島(中国名・釣魚島)周辺に民間機を飛ばし、日本の自衛隊機を出動させることで、最終的には(各国の)“中国脅威論”を消すことができると考えているのだろう」と指摘した。(翻訳・編集/AA)

|

« 鉄道の父・佐藤政養のこと。 | トップページ | 税金を払うも社会貢献の一つだ。 »

09 共産主義国・中国のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/48775690

この記事へのトラックバック一覧です: 備えあれば憂なし、国防の基本だ!:

« 鉄道の父・佐藤政養のこと。 | トップページ | 税金を払うも社会貢献の一つだ。 »