« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月に作成された記事

2013年1月31日 (木曜日)

今後更新されないセレブなブログ

 Photo_2

 大金持ちの人が事件に巻き込まれると、嫉妬心を煽るような報道が目立つ。
 「ざまを見ろ・ いい気味だ」などの人の不幸を喜ぶ心理が伝わってくる記事やコメントが目にとまる。
 情けない現象の一つだ。
 スイス在住の金融業で資産家夫妻の霜見(しもみ)誠さん(51) と妻・美重さん(48)の遺体は、埼玉県久喜市で発見された。
 そして、今後けっして更新されることのないブログがネット上に残った。
http://blog.goo.ne.jp/bijou-bijou

プロフィール
性別 女性
都道府県 ヨーロッパPhoto
自己紹介
 しっかり者の茉莉花とウッカリ者の瑛美花が、チューリッヒと日本の行ったり来たり、姫ライフを満喫しております~ ヨーロッパでのワンコ情報も、レポしてます。
http://blog.goo.ne.jp/bijou-bijou

カテゴリー
   ワンコのヨーロッパ生活(616)

続きを読む "今後更新されないセレブなブログ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月30日 (水曜日)

資産家夫妻殺害容疑事件捜査は大詰めだ。

 スイス在住の金融業で資産家夫妻の霜見(しもみ)誠さん(51) と妻・美重さん(48)の遺体は、埼玉県久喜市で発見されたと報道があった。

 そして、1月29日に死体遺棄容疑で逮捕された桑原隆明容疑者(41)とともに、沖縄県宮古島市に逃走していた主犯格の渡辺剛容疑者(43)が潜伏先の宮古島で自殺を図り、同市内の病院に搬送されたことが30日分かった。
 生命に別条はないらしい。
 資産家夫妻殺害容疑事件の捜査は大詰めだが、遺体発見場所である埼玉県久喜市のどこかは気になることであろう。
 グーグルでちよっと調べてみると、
   埼玉県久喜市佐間1387番あたりであることが分かる。

Photo

埼玉県久喜市佐間1387

資産家夫婦遺体か、さいたまの農地に埋められる
 先月上旬から行方不明になっている東京都中央区銀座在住の金融業の男性(51)と40歳代の妻とみられる男女の遺体を、警視庁がさいたま市中央区内で発見したことが捜査関係者への取材でわかった。
近くでは失踪直前に夫婦が乗り込んだとみられる車も見つかった。
同庁はDNA型鑑定で2遺体の身元を確認するとともに、遺体を遺棄した人物の割り出しを進めている。
捜査関係者によると、同庁は、夫婦が先月7日に自宅マンションから乗り込んだ車の所有者の男性を特定し、この男性が銀座から約30キロ離れたさいたま市中央区に農地を所有していることを突き止めた。
 さらに、この農地を調べたところ、近くで車が見つかり、今月28日の日中に2遺体が埋められた状態で見つかった。
 同庁で関係者から事情を聞いたところ、車は所有者の男性が知人に貸していたものと判明。  夫婦が失踪した先月上旬、この知人を含む数人が農地に無断で深い穴を掘っていたことも分かった。 (2013年1月29日03時11分 読売新聞)

  「センスの良い投資家」資産家夫婦
  http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20130129-1078147.html
 行方不明になった後、遺体で発見された霜見誠さん(51)は、周囲から「センスの良い投資家」と評され、東京とスイスを行き来して活躍していた。妻美重さん(48)とともに愛犬をかわいがり、夫婦仲の良さも評判だった。
 霜見さんは東京都内に本社がある証券会社に長く勤務。入社当時から付き合いのある元同僚は「元気が良く、歌が好きだった。営業もよくできた」と語る。国際部門にも所属し、元同僚は「その時代に人脈を築いたのだろう」と指摘する。
 霜見さんは十数年前に証券会社を退社し、スイスを拠点に投資、資産管理の事業で成功を収めた。現在の仕事仲間は「優秀なトレーダーで、飲みに行く時もパソコン1台に携帯3台を持っていた」と多忙ぶりを振り返る。
 美重さんとは二十数年前、証券会社時代に職場結婚した。子どもがいない夫婦は愛犬2匹に愛情を注ぎ、どこに行くのも一緒だった。12月7日、愛犬を連れたまま行方が分からなくなった。(共同) [2013年1月29日11時42分]

資産家夫婦遺棄:投資巡りトラブルも 国内外で資産運用
       6時間前
  行方不明になっていた霜見誠さんらの遺体が見つかった現場
=埼玉県久喜市佐間で2013年1月29日午後0時22分、本社ヘリから撮影
 国内外で資産運用を手がけていた霜見さんについて、知人らは「営業力のある努力家だった」と高く評価する。その一方で投資事業をめぐり、約3300万円の損害賠償請求訴訟を東京地裁に起こされるなどのトラブルも抱えていた。
 訴状などによると、霜見さんらを訴えた男性はドバイで不動産投資や株式投資を行う会社に約5000万円を預託。その後、男性が解約を求めたところ、すでに預託金はスイスの口座に移されており、解約できないと拒否されたため、男性は訴えを起こしたという。
 霜見さんは、同社のスイスにある口座や送金手続きなどの管理を担当していたという。 今月下旬には、霜見さんの証人尋問が予定されていたが、法廷には姿を見せなかった。
 霜見さんをよく知る別の仕事関係者は今回の事件について「数百億円単位の金を扱っていたと聞いている。金銭をめぐり何らかのトラブルに巻き込まれたのではないか」と話す。 霜見さんは熊本市の私立大を卒業後、東京に本社のある証券会社に就職。退職後はスイスやオーストラリアなどを行き来しながら、顧客の資産運用などをしていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月29日 (火曜日)

階段にDIYで手摺りを付けた。

 休日に日曜大工(DIY)で屋外階段のコンクリート壁に手摺りを取り付けた。
 連れ合いが先日の雪の日、階段で転んだことが切っ掛けだ。2013128_003

 今回は怪我は無かったが、歳をとってからの転倒は致命傷になることが多い。
 「転ばぬ先の杖」は、まず手摺りからにした。

  屋外用には「樹脂巻手すり棒」が理想的なことは分かっているが、以前から準備してあったステンレスパイプ38Φを利用することにした。1902
 ステンレスは錆びにくく見た目は綺麗でいいのだが、素手で触れたとき冷たいのが欠点だ。
 よって、寒い季節は手袋を使用することにする。

 コンクリートに取り付けるだけに準備するものも意外に多い。
振動ドリル~振るわせてコンクリートに下穴を開ける。
充電式電気ドライバー~ねじを締めるのに必要
ドリル~下穴を開けるため6ミリを準備した。
プラグ~下穴に詰める6×25ミリ(理想は仕様)
巻尺~正確に高さを測る
ねじ~25ミリ
パイプ~38φ 
支柱(ブラケット)~38φ ゲンコ止まり(端部)
                  ゲンコ通し(中間部)
  2501
 取り付けてから知ったのだが、ブラケット(支柱)の間隔は60cmが理想なのだそうだ。
 きれいに取り付けるポイントは、ブラケットのネジ穴を開けるとき正確な位置に穴を開けることだが、分かっていてもドリルの振動で動いて難しい。
 これらの部材は全てジョイフル本田・瑞穂店で購入した。
 取り付け全てを業者に依頼したら数万円はかかるだろう。

ジョイフル本田・瑞穂店
〒190-1212 東京都西多摩郡瑞穂町殿ヶ谷442
   駐車場は可能台数:3200台Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月27日 (日曜日)

新築祝に「京焼」湯呑みを頂く。

 「本物を見抜く目を養え」なとど子供たちに言った覚えもあるが、いざ、身の回りのことになると無頓着なものだと気づいた。2013127_278
 普段から、目や手、口にするものが本物であるからこそ、いざというとき、物の良し悪しを見抜く力がつくようになるのは当然のなりゆきだ。

  先日、昔からの仲間から新築祝に土渕陶あん作の「京焼き」の茶碗を頂いた。
 我が家の湯呑みは普段は100円ショップで購入したお茶碗では、本物を見抜く力が育っていない。
 だが「京焼き」の湯呑みは、ド素人でも手に持った感触や絵柄から高級感が伝わる。

  失礼ながら、ネットで価格などを調べるとアマゾンでも一椀6000円以上だ。
 きっと二椀で15000円前後したものだろう。Sakkatouan
 一つは「清水焼 京焼 お茶呑茶碗 紅葉」らしいが、片方は分からない。
 説明書に、「京焼は、京都千年の歴史につちかわれた独特の文化風土にはぐくまれ、華麗にして繊細、香りゆたかな用の美を今日に伝える、日本の代表的な伝統工芸の逸品です。」とある。

 今後は出来るかぎり、本物を目にしたり、口や手にして生活したいものだ。
 
 株式会社  陶葊
 所在地:京都府京都市東山区泉涌寺東林町38
 電話番号:075-541-1987   従業員数40人(H22年1月現在)

  京焼・清水焼窯元・陶葊は大正11年、京都の東山泉涌寺で創業して以来、上質の原材料を使い、熟練した職人の手で作品を作り続けています。その作品は、品質と創造性によって高い評価を得てきました。野々村仁清(にんせい)、尾形乾山(けんざん)からの京焼・清水焼の伝統を受け継ぎつつ、常に技術革新に取り組み、他の京焼・清水焼と一線を画する作品を作り続けています。現在は、四代目である土渕善亜貴(どぶちよしあき)が陶葊の当主であります。華やかで独創的な作品を生み出し、現代の生活に潤いを与える器を創りだしたく、特に草花をモチーフにした作品を多く手がけています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月26日 (土曜日)

横浜が舞台「天国と地獄」と「悲しい酒」

 映画「天国と地獄」〈1963年〉と唄「悲しい酒」〈1960年〉は、なんら脈絡がないのだが、いずれも戦後の貧しい街並みが残る横浜が背景だ。

 昨年末だが横浜駅西口に降り立ち、浅間台方面に行く機会があった。
 「天国と地獄」の被害者・権藤邸が浅間台だったことは、「浅間台誘拐事件捜査本部」と画面に映しだされることから知っていたが、「悲しい酒」のことは知らなかった。
  そして、これらの舞台を一昨日と今日、テレビで知ることとなった。
 それは、美空ひばりの「悲しい酒」の舞台が横浜駅西口だったことを語る石本美由起氏の回想録がテレビに流れたこと、更に黒澤映画「天国と地獄」が一昨日WOWOW放送されたことで知った。
 まず、「悲しい酒」を作詞した石本美由起氏は、1960年当時、横浜西口商店街にあった行き付けの酒場で飲んでいるときに、一人のホステスの身の上話を聞く。夫と別れ、一人娘と暮らしている女性のしんみりとした話が心に響き、直ぐに帰宅して、その夜のうちに歌詞を作った経緯を語っていた。
Img_1963_3 

 映画「天国と地獄」〈1963年〉は幾度も観ているが、一昨日WOWOWで放送され、改めて当時の貧しい横浜の街並みを知ることが出来る。そして、被害者の権藤邸は何処なのか、昨年、近くに訪問したときも気になったが、調べると横浜市西区浅間台125-5の高台だった。
 今はマンションが建ち、撮影当時の面影はない。
Yokohamamap01 映画は、高台の豪邸と低地の貧民街を、天国と地獄と対比させて表現しているが、最近はそこまでの差は感じられない。地獄の一部と表現された黄金町界隈の大岡川沿いも気になるので今度出かけようと思う。
 当時の名残を見つけられるだろうか。
 戦前の地図を見ると、横浜駅は海を埋め立てて建設されたことが分かる。
 そして
天国と地獄」が放映された直後に有名な営利誘拐事件が発生した。
 台東区入谷町の村越吉展ちゃん(4歳)が1963年(昭和38年)3月31日(日)、台東区入谷378、現在の台東区松が谷3丁目23番7号「入谷南公園」で誘拐され殺害されるが、犯人の小原保は「天国と地獄」の予告編を観たことで犯行を計画したと供述している。

神奈川県横浜市西区浅間台125-5

悲しい酒(作詞石本美由起、作曲古賀雅夫)
ひとり酒場で 飲む酒は
別れ涙の 味がする
飲んで棄てたい 面影が
飲めばグラスに また浮かぶ
(台詞)
ああ別れたあとの心残りよ
未練なのね あの人の面影
淋しさを 忘れるために
飲んでいるのに 酒は今夜も
私を悲しくさせるの 酒よ
どうしてどうして あの人を
あきらめたらいいの
あきらめたらいいの

酒よこころが あるならば
胸の悩みを 消してくれ
酔えば悲しく なる酒を
飲んで泣くのも 恋のため

一人ぽっちが 好きだよと
言った心の 裏で泣く
好きで添えない 人の世を
泣いて怨んで 夜が更ける

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月24日 (木曜日)

iPS細胞はハゲ頭にも朗報?

   ハゲ頭に悩む人は多いはずだ。
   アデランスなどのカツラ業界が、相当の高利益を上げていることからも分かる。
   小生は、若い頃に比べて、額の生え際が約二センチ近く後退したことを鏡で見るたびに、年相応に老けたものだと自覚しているが、別に悩んではいない。
 基本的に「ハゲたらハゲたでいい」、「何も高い出費して人に笑われる事をする必要はない。」と思っているからだ。

   だが、今日のニュースで「iPSで部分的な毛再生実験成功」を知った。
   髪が育つ場所である「毛包」を部分的に再生する実験が成功したと言う。
   これが、数年後には手頃な治療費で植毛出来るようになったらカツラ業界も大打撃のはずだ。そして、世の中からハゲがいなくなるのだろうか。

iPSで部分的な毛再生実験成功Pn2013012301002098___ci0003
       2013.1.24
   慶応大医学部の大山学専任講師(皮膚科学)らの研究チームは23日、人間の人工多能性幹細胞(iPS細胞)を利用し、毛をつくったり支えたりする「毛包」を部分的に再生する実験に成功したと発表した。脱毛症に対する新しい治療の開発に向け、可能性が示せたとしている。
   毛包は毛穴より下にある組織。主にケラチノサイトという皮膚細胞でできた筒の形をしており、底部分に発毛の命令を出す毛乳頭細胞がある。
   大山さんらは人間のiPS細胞をケラチノサイトになる手前まで成長させ、毛乳頭細胞と同じ働きをするマウスの幼若線維芽細胞と混ぜてマウスの皮膚の下に移植。2~3週間後には毛包のような構造や、毛ができたという。
  増殖力の高いiPS細胞を使うことで、毛包の材料となる細胞を必要なだけ得られるのが利点。今後は、今回はできなかった毛乳頭細胞を含め、より本物に近い毛包を作るための技術開発を進めるとしている。(共同)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月23日 (水曜日)

iPS細胞で人工透析患者に朗報?

   昨年末、かつての同僚が53歳で急死した。
   7年前に糖尿病から腎不全となり、人工透析を行なっていた。
   人工透析は、『1回約4時間で、週3回、月水金』必要とのことであり、それに伴う勤務上の軽減措置手続きから、担当医師に面会し糖尿病や人工透析の知識を得た。

   人工透析は開始してから半数は5年以内に死亡することや、平均余命は10年であろうとも教えられた。
 日本国内には、人工透析患者数 29万1千人(平成21年12月末、日本透析医学会調べ)も居ると言う。
   今回ニュースになった、ヒトiPSから腎臓細胞が再生されたなら、腎臓の細胞や組織を移植して機能回復を目指すことも可能になることであろう。
 実現すれば、医療費を年間743億円節約できるという。
    こんな生きる希望が湧く話を死亡した同僚にも教えてやりたかった。

ヒトiPSから腎臓細胞 京大、新治療法に道
2013/1/23 1:03
 京都大学iPS細胞研究所の長船健二准教授らはヒトのiPS細胞から腎臓の細胞を作ることに成功した。腎臓の様々な細胞のもととなる「中間中胚葉」と呼ぶ細胞を効率よく作る方法を開発し、腎臓の細胞に育てた。腎不全や人工透析が必要な重症患者に、腎臓の細胞や組織を移植して機能回復を目指す新たな再生医療実現の足がかりとなる成果だ。
   ヒトiPS細胞から作った腎尿細管の一部(京都大iPS細胞研究所の長船健二准教授提供)=共同
 英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(電子版)に23日掲載される。
 腎臓は老廃物を体外に排出するなどの働きを持つ。糖尿病や肥満、高血圧などの症状があると、腎臓機能低下のリスクが高まる。国民の約1割が慢性の腎臓病といわれ、特に症状が重く、人工透析を余儀なくされている患者は30万人超に上る。
 研究チームは腎臓の様々な細胞のもととなる中間中胚葉を高効率で作った。iPS細胞を1個ずつばらして培養し、成長に必要な化合物やたんぱく質の加え方などを工夫した。この結果、約10日後にiPS細胞の約9割が中間中胚葉になった。
 この中間中胚葉を培養し、約2週間後に腎臓で重要な器官である「糸球体」や「尿細管」の細胞に成長させた。さらに中間中胚葉をマウスの胎児の腎臓細胞とともに培養すると、一部が管状になった。今後研究が進めば、尿細管の立体構造をすべて再現できる可能性もある。
 iPS細胞はあらゆる細胞に成長できる。既に神経や心臓の筋肉、目の網膜などの細胞ができており、これらを患者に移植する再生医療実現に向けた研究が進んでいる。網膜移植の臨床研究は2013年度にも始まる予定だ。
 これに対し、腎臓は構造が複雑で、細胞が体内で作られる詳しい仕組みも不明で再現が難しい。人工透析にかかる医療費は年間約1兆5000億円に達しており、今回の成果をもとに再生医療が実現すれば、経済的な効果も大きい。
 医療経済学が専門の大阪大学の田倉智之教授の試算によると、腎臓の再生医療が可能になれば、15年後には医療費を年間743億円節約できるという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月22日 (火曜日)

中国共産党の残酷非道の数々!

   中国共産党政権誕生は、1949年10月1日に中華人民共和国の建国を北京で宣言したことによる。
   この誕生から約63年間の歴史は、虐殺の血生臭い歴史でもある。
  流血の裏にある事実は、残酷非道であるばかりでなく殆ど知られてない。
   中国人の6千万とも、8千万とも言われる罪のない人々の命が犠牲となり、更に多くの家庭が迫害されつづけ、今日でも多くの人たちが迫害を受けている。
    更には、国民の弾圧にとどまらず、中国共産党は近隣諸国への侵略も活発だった歴史がある。
 中国共産党の体質は誕生以来、殆ど変化していないのだろう。
  今日のサンケイ新聞の正論では、防衛大学校教授・村井友秀氏により中国の外国侵略の一端が紹介されている。

【正論】防衛大学校教授・村井友秀 中国の「非合理的行動」に備えよ
                    2013.1.22 03:10
 「2013年、海洋強国に向け断固、歩み出す」(中国共産党機関紙、人民日報)。中国は、東シナ海や南シナ海で海洋監視船、漁業監視船や海軍艦艇の活動を強化して、「多彩なパンチを繰り出している」(同国国家海洋局)。
 《尖閣棚上げ論は過去の遺物
 その国家海洋局の航空機が12年末には、尖閣諸島の日本領空を侵犯した。沿岸国の利益を侵害しない限り「無害通航権」が認められている領海とは異なり、政府機関の航空機が許可なく領空に侵入すれば重大な主権侵害である。棚上げ論など一顧だにせず、日本との対決をエスカレートさせている中国は、日本との軍事衝突をどのように考えているのであろうか。
 中国共産党は中国本土を制圧すると同時に朝鮮戦争に介入し、台湾の島を攻撃し、チベットを占領した。1960年代になると国境をめぐりインドやロシアと軍事衝突し、70年代に入るとベトナムからパラセル(西沙)諸島を奪い、さらにはベトナム国内に侵攻し、「懲罰」作戦を行った。80年代には南シナ海でベトナム海軍の輸送艦を撃沈し、90年代にはフィリピンが支配していた島を奪った。
 中国共産党は戦争を躊躇(ちゅうちょ)する政権ではない。彼らにとり、国境紛争のような小さな戦争は平和時の外交カードの一つに過ぎない。
 中共は、核心的利益である「固有の領土」を守るためには戦争も辞さないと主張している。それでは、中国の固有の領土とは何であろうか。中国の領土について次のように説明されることがある。
 「一度、中華文明の名の下に獲得した領土は、永久に中国のものでなければならず、失われた場合には機会を見つけて必ず回復しなければならない。中国の領土が合法的に割譲されたとしても、それは中国の一時的弱さを認めただけである」(Francis Watson、1966)。中国の教科書では、領土が歴史的に最大であった19世紀中葉の中国が本来の中国として描かれ、「日本は中国を侵略し、琉球を奪った」(『世界知識』2005年)との主張が今でも雑誌に掲載されている。
 《ミスチーフ礁を奪った手口》
 フィリピンが支配していたミスチーフ礁を中国が占拠した経過を見れば、中国の戦略が分かる。
 中国がミスチーフに対し軍事行動を取れば、米比相互防衛条約に基づき米軍が介入する可能性は高かった。そうなれば、中国はフィリピンを屈服させることはできない。時のベーカー米国務長官は、「米国はフィリピンとの防衛条約を忠実に履行し、フィリピンが外国軍隊の攻撃を受けた場合には米国は黙認しない」と述べていた。
 したがって、1974年のトウ小平・マルコス会談、88年のトウ・アキノ会談で、トウは問題の棚上げを主張したのである。軍事バランスが中国に不利である場合、中国は双方が手を出さないように主張する。将来、ミスチーフ礁を獲得するために当面は問題を棚上げし、相手の行動を封じたのである。
 91年9月、フィリピン上院が米比基地協定の批准を拒否し、92年11月に米軍がフィリピンから撤退した。第二次大戦中に建造された旧式駆逐艦1隻を有するフィリピン海軍は中国海軍の敵ではない。フィリピンのマゼタ国防委員長は「フィリピン海軍としては軍事力による防衛は不可能で、戦わずに撤退せざるを得ない」と発言している。中国はミスチーフ礁問題に米軍が介入する可能性が低いと判断し、問題の棚上げを放棄して95年にミスチーフ礁を占領した。
 《軍事バランス維持し抑止を
 トウは尖閣についても、日中軍事バランスが中国に不利であった78年に棚上げを唱えている。「棚上げ」は時間を稼ぎ、不利を有利に変える中国の戦略である。中国の危険な行動を抑止するには、軍事バランスが日本に不利にならないようにすることが肝要である。
 ただし、軍事バランスは相手の合理的な判断に影響を与えるが、相手は常に合理的に行動するとは限らない。
 人間は感情に動かされる動物である。
 人間は何かを得ようとして失敗するときより、持っているものを失うときにより大きな痛みを感じ、失うまいとして、得ようとするときより大きなコストに耐え、あえてリスクを取る傾向がある(プロスペクト理論)。
 尖閣に関して中国が本来自分の領土ではない島を日本から奪うと認識していれば、あえて軍事行動といった大きなリスクを取ることはないであろう。
 しかし、失った「固有の領土」を取り戻すと中国が本気で認識していれば、大きなコストに耐え、軍事行動という危険を冒す可能性が高くなる。
 「国家には我慢のできないことがある。国家の名誉、統合性、領土などに対する攻撃は我慢の出来ないことであり、こうしたことに対してはあえて危険を冒すものである」(ネルー・インド首相)
 とすれば、中国が日本から見て合理的な判断を常に下すとは限らない。
 軍事バランスを維持し「合理的な中国」に対する抑止力を高めると同時に、想定外の事態を想定して、「非合理的な中国」に備えることが防衛の基本である。
         (むらい ともひで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近「LINE」をダウンロードした。

 「LINE」は登録ユーザー数:世界1億人突破・日本国内では4,100万人だと言う。
   ラインは無料で電話とチャットが使えるとして、利用者が広まっているそうだ。
 最近、「LINE」をダウンロードすると、LINEに友だちが10数名表示された。
   きっと少ない人数なのだろう。
   一応、アドレス帳には二百名近く登録しているが、年齢が年齢だけに「LINE」をダウンロードしている友人も少ないのだろう。
    「LINE」は自分のアドレス帳に登録している人で、更に相手も「LINE」を利用し同時にアドレス帳に電話番号を登録していたら、自動的に友だちと判断される。
   登録を終えたら、間も無く二人からチャットメールが入って来た。
 これを機会に友達の輪を広げようと思った。

LINEの良いところ
▪CM・口コミ効果で日本のユーザー数が急増中なので、使っている友達も増えてきている。
▪無料で電話とチャットが使える
▪チャットでは、テキストメッセージはもちろん、写真、絵文字、スタンプ、顔文字、位置情報まで送れる
▪広告がまったくない → 広告モデルでの運営も検討していないという。収入源は、有料スタンプや今後始まるであろうゲームが主体になりそう
▪iPhone、Android、WindowsPhone対応(メール機能は、ガラケー、Win/Mac、タブレット、▪BlackBerryでも使用可能)
▪アカウント作成、交換、ログイン不要
▪発着信は高速で、ほとんど遅延が無い Viberより早いという噂
バックグラウンドで作動して、バッテリーにやさしい。
▪翻訳機能や天気情報も提供
▪グループチャットが可能
▪インタフェースが日本語対応
▪スタンプが豊富、無料版、有料版あり
▪「ホーム」「タイムライン」機能、公開範囲が絞れる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月19日 (土曜日)

生活保護の見直しは当然だ。

 今日は朝から、新聞やテレビで生活保護問題が取り上げられている。Yoac01
 結論から言えば、いくら困っていても「タダで金を貰う」或いは「金を与える」という発想は間違いだ。
  生活保護の本来の目的は、自立を促すものではないだろうか。

 昨年、シンガポールに旅したが、ホームレスが一人も居なかった。(「発見出来なかった」が正しいのか)
 逆に目についたのが、駅、空港、公園や道路などで清掃する人たちだった。
 確認すると、この人たちの殆どは、日本で言う生活保護受給者だそうだ。
 シンガポールの福祉政策は①自助互助間接的援助が大原則で、健康状態も含め能力に応じて、介護や道路や河川等の公共の場所の掃除、ボランティアなど何らかの仕事をやってもらうのだという。また、生活困窮者を収容し、社会復帰を目指す「福祉の家(Welfare Homes)」が運営されている。
  さすが、この国は日本を反面教師として成長したというだけのことはある。
 日本のようにタダでバラマキして、国民を堕落させ公平感を無くす制度ではない。

 安倍晋三政権には見直しの動きがあるが、この機会に金額だけでなく、外国人や暴力団員への受給問題等々も含めて、制度そのものを大幅に見直して欲しいものだ。

生活保護改革 就労支援に全力を傾けよ
       産経新聞 2013.1.19 03:09 [主張]
 生活保護改革において最優先すべきは、働く能力のある人たちを確実に就労へと導くことだ。
 厚生労働省の審議会が改革案をまとめた。その法制化に向け、政府・与党の議論が本格化する。安倍晋三政権は雇用創出を含め、実効性のある就労支援策を早急に具体化しなければならない。
 生活保護費は、受給者が増大して平成24年度に3・7兆円に上る見通しだ。高齢化の進行でやむを得ない面もあるが、本当に必要な人のみが利用する制度にしていかなければ、やがて行き詰まる。
 見過ごせないのが、雇用環境の悪化に伴い、働き盛りの受給者数が急激に伸びていることだ。ひとたび受給者になると、そこから抜け出すのは容易ではない。リストラで住まいを失ったり、学校卒業後も就労経験がなかったりして、就職が難しい例も少なくない。
 勤労世代の就労意欲、機会を高めるために、あらゆる政策手段を講じることが重要となる。
 例えば、働く受給者のために行政が収入分の一部を積み立てて生活保護の脱却後に支給するという、審議会が打ち出した制度などは、有効な手立てとなろう。
 社会人としての経験が乏しい人などに、訓練期間として簡易な作業から始めてもらうのも、一つのやり方だろう。着手できるものから順次、実現してもらいたい。
 就労支援と同時に取り組まなければならないのが信頼の確保だ。詐欺的行為である不正受給は論外だが、就業できるのに生活保護に「安住」し続ける人たちも、大目に見るわけにはいかない。
 不正受給に厳罰で臨むことはもちろん、こうした甘えの構造も断ち切っていく必要がある。
 食費など「生活扶助」の支給額が、低所得世帯の生活費に比べて高止まりしている「逆転現象」が一部で生じていることも分かり、田村憲久厚労相が来年度からの支給水準引き下げを明言した。
 当然である。高齢受給者や他制度への影響に配慮しながら、適正な水準に改めるべきだ。
 生活保護は国民の血税で成り立っている。「働く方が損」となれば、不公平感が広がるばかりか、受給者の自立も進まなくなる。その子供まで受給者となれば、貧困の連鎖を引き起こしかねない。
 政府・与党には、くれぐれも制度の本質を見失わない改革議論を期待したい。

 生活保護受給者の医療費無料は不公平か 医師の7割以上が医療費の一部負担に賛成
      MONEYzine 2012年11月25日(日)14時0分配信
生活保護受給者の多くが国民健康保険の被保険者から除外されており、その医療費の全額が医療扶助で負担されている。その1人当たりの医療費についてみると、市町村国保の被保険者などと比べて、生活保護受給者のほうが高く、適正化のための取り組みを強化すべきだという声が上がっている。
 そんな中、生活保護の医療扶助の悪用で逮捕者も出ている。大阪市は今年7月、生活保護受給者の処方箋を複製して、複数の薬局から向精神薬を不正に入手した罪で、有印私文書偽造並びに詐欺罪で逮捕者が出たことを明らかにした。このケースでは、生活保護受給者が受け取った処方箋をカラーコピーし、複数の薬局に提出して、各薬局から向精神薬である「ハルシオン」などを入手していた。
 このような現状について、生活保護受給者を実際に診察している医師は、どのように感じているのだろうか。
 ケアネットが運営するサイトの会員医師1,000名を対象に、10月26日に実施した「生活保護受給者の医療扶助に関する意識調査」によると、医療費適正化のために生活保護の医療費の一部を受給者に負担させることをどう考えるか聞いたところ、全体の73.1%の医師が、医療費一部負担案に賛成した。
 その理由として、「年金生活者や、働きながら保険料を納め医療費の一部負担をしている低所得者がいることを考えると、生活保護受給者のみ全て無料というのは不公平」などといった意見が寄せられた。
 また「違った方法を考えるべき」と答えた医師は15.6%、「現状のままで良い」と答えた医師は11.3%だった。「現状のままで良い」と答えた医師は、「生活保護の本質まで変えるべきではない」「受給認定を厳格にすることで対応すべき」などの理由を上げたほか、「支払いができなければ病院の負担になるのが見えている」といった意見が寄せられた。
 一方、三井辨雄厚生労働相は、生活保護受給者の医療費一部負担について、医療費の自己負担を導入すれば、必要な受診を抑制する恐れがあり、慎重な検討が必要と述べている。
 生活保護受給者の医療費の一部負担については賛否両論あるが、不正が行われないような仕組みづくりが期待される。 (サイトウ イサム 、 加藤 秀行)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月18日 (金曜日)

税金を払うも社会貢献の一つだ。

 山形県酒田市にある「株式会社 庄内タイヤ」が脱税で摘発されたことが全国版の記事になっていた。
 ネット商法が当たったことで、税務署から目を付けられたのだろう。http://www.syounaitire.com/  
 さて、今年は年頭から、経営理念として、
 税金を払うも社会貢献の一つであること、
 赤字を出さない経営をすること、
 一人でも多く雇用することの大切さを学ぶ機会があった。

  国民主権国家においては、国民の納める税金によってのみ国家の財政が維持される。国家の存立と国政の運営が可能となることからして、納税は国民の当然の義務なのだ。摘発された社長は、20歳代の若さでボロ儲けし有頂天になり、そこまで考えが及ばなかったのだろう。コンプライアンス(=遵法精神)の重要性を説く指南役が近くにいなかったのも残念なことだ。
 福田行治社長も「これからは、申告漏れのないよう経理を徹底しておこなっていく所存でございます。」と述べている。
 ネットを活用して、地の利の悪さを乗り越えて欲しいものだ。
http://ameblo.jp/shounaitaiya/

 3400万円超法人税脱税 タイヤ会社社長起訴
   3400万円超の法人税を脱税したとして、山形地検は17日、中古タイヤ販売会社「庄内タイヤ」(酒田市大宮町)の社長福田行治容疑者(29)を法人税法違反と犯罪収益移転防止法違反で山形地裁に在宅起訴したと発表した。
 起訴は昨年12月18日付。
  法人としての同社も同日付で、法人税法違反で同地裁に起訴された。
  起訴状によると、同社は2008年6月~11年5月31日の所得金額が約1億3050万円で、法人税約3626万円を納付すべきだったにもかかわらず、福田容疑者は所得金額約886万円、法人税約158万円と虚偽の法人税確定申告書を税務署に提出し、約3468万円の法人税を免れたとしている。
 福田容疑者は社長として、業務全般を統括する立場だったという。
   また、福田容疑者は、第三者名義の預金口座を同社の売上金の入金先として利用しようと考え、09年12月下旬、自宅で、他人名義の通帳とキャッシュカードを第三者から受け取ったとされる。
   脱税については昨年、仙台国税局が同地検に告発していた。
   同社は06年7月設立。タイヤなどの自動車部品の販売や輸出などを行っており、従業員は20人程度という。同社は17日、今回の起訴に関する取材に対し、「社長が不在で答えられない」としている。 (2013年1月18日  読売新聞)

続きを読む "税金を払うも社会貢献の一つだ。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月17日 (木曜日)

備えあれば憂なし、国防の基本だ!

 「備えあれば憂なし」、これを逆に見るなら備えが十分でないから憂が大きくなる。
  しかし今の日本は、分かっていても隙だらけなのが防衛システムであり、防災や震災対策ではなかろうか。
 特に、国家防衛の最前線にある自衛隊に手かせ足かせを嵌めて、持てる能力を十分に発揮できないようにしているのが、憲法をはじめとする日本の法制度だ。
 宝の持ち腐れもいいとこだ。

 まず、自衛隊法第95条で「正当防衛」又は「緊急避難」の場合以外は人に危害を加えるような攻撃は出来ない規定がある。
 このことは相手国も熟知しているため、いいように弄ばされている。
 かつては、北朝鮮の高速艇を使った拉致事件、最近では、中国公船の尖閣諸島周辺海域における領海侵入事案であろう。
 日本国憲法の前文にある「平和を愛する」「公正と信義に信頼」できる国など、いったい何処にあるのだ。
 誰の著作か忘れたが、「憲法守って国滅ぶ」ようではお話しにならない。

 現に、中国人民解放軍・総参謀部は全軍に「戦争の準備をせよ」と指示している。
 この指示は、きっと、日本との軍事衝突を想定しているのであろうPhoto
 中国の本気度はどの程度なのかと、専門家もいろんな見方があるが、日本としても、それなりの準備と覚悟は必要だなどと思っていたら、尖閣から約200キロの先島諸島に航空自衛隊の配備を検討中との報道があった。
 先島諸島は沖縄県にある。
 沖縄県だけに、当然のように反対も沸き上がるだろうが、ミサイル防衛システム、更には防衛関連の法整備と共に喫緊の課題として進めて欲しい。
 そして、国民の安全と安心感を高めるべきだ。


 
  先島諸島に空自戦闘機部隊の配備検討…尖閣警戒
       尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺で中国機による領空侵犯や接近などが頻発していることを受け、政府が沖縄本島西の先島諸島に航空自衛隊の戦闘機部隊を配備する検討に入ったことが16日、分かった。   現在の配備地としては最西端の空自那覇基地(那覇市)に比べ、尖閣諸島までの距離が半分程度になることから、緊急発進(スクランブル)などの対処能力の向上が期待できる。   配備のための調査費用として、政府は2013年度予算に数百万円を計上する方向で調整している。候補地として検討されているのは、先島諸島の空港で唯一、戦闘機の運用に支障のない3000メートルの滑走路を持つ下地島空港(沖縄県宮古島市)で、尖閣までの距離は約200キロ。新石垣空港(石垣市)や宮古空港(宮古島市)も検討対象となる。 (2013年1月17日00時50分  読売新聞)

続きを読む "備えあれば憂なし、国防の基本だ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月15日 (火曜日)

鉄道の父・佐藤政養のこと。

 「鉄道の父」と言われる佐藤政養のことが、15日付けの産経新聞に「政養は海舟門下では竜馬の兄弟子だった。政養が果たした役割はもっと評価されていい」と紹介された。
 このように専門家の評価は高いが、残念ながら、政養のことは東京あたりでは殆ど無名だ。
 比較的大きなJRの駅長との会話中にも話題にしたが、知らなかった。Sato_1

 佐藤政養(さとう・まさよし)(※地元では「せいよう」と呼ばれる)(1821~18727)は山形県遊佐町生まれだ。
 毎年、1 0月14日は鉄道記念日、「汽笛一声新橋を、はや我が汽車は離れたり・・・」の鉄道唱歌の生まれた日だ。
 この10月14日の決定には、政養が大きく関係している。
 それは、明治5年10月14日、日本で初めて列車を、新橋~横浜間を走らせることに成功した日であり、明治4年に「初代鉄道助(今の運輸次官)」に就任した政養の功績から「鉄道の父」と呼ばれる。

 因みに、「○○の父」と呼ばれる方々を数名あげると、
 ■「騎兵の父」は秋山好古(秋山兄弟の兄)
 ■「警察の父」は川路利良(初代・警視総監)
 ■「民生委員の父」は林市蔵 (第15代大阪府知事)
 ■「日本スキーの父」はレルヒ少佐(スキー術の普及)
-----------------------------------------------------
1854年10月26日 佐藤政養が勝海舟に入門
    産経新聞 2013.1.15 07:38
 農民出の技術者、龍馬を支える
 嘉永7(1854)年10月26日、江戸・赤坂見附にあった勝海舟の蘭学塾に、1人の男が入門した。
 庄内(山形県)出身の佐藤政養(せいよう)(与之助、1821~77年)である。
 この年の1月にはペリーが再来日し、日本中が欧米の軍事的脅威をひしひしと感じていた。  
 政養は海舟のもとで蘭学や西洋砲術、測量学などを学んで頭角を現していった。
 彼は農家の出身だった。にもかかわらず勉学の才によって庄内藩士に取り立てられ、江戸で学ぶことができた。
 時代が彼に、そうした働きを要請したとみることも可能だろう。
 海舟はこの2歳年長の弟子を重宝し、かわいがった。
 ほどなく政養は塾頭のような立場になる。
 海舟に連れられ長崎にも赴いた。
 文久2(1862)年、坂本龍馬が海舟門に入るが、政養は兄弟子として世話した。
 維新のあと、政養は民部省の鉄道助(すけ)(次官)に任官する。
 新政府が技術者としての手腕を見込んだのだった。新橋-横浜間の鉄道敷設(明治5=1872年完成)に尽力し、その後は関西で京都と敦賀(福井県)を結ぶ鉄道建設を推進した。
  「政養がほとんど無名なのは、彼が政治的な動きを避け、技術者の実務に徹したからです。海舟や龍馬からも深く信頼されていました。政養が果たした役割はもっと評価されていい
 維新史の研究家、増田恒男・司馬遼太郎記念館特別学芸員は言う。
 京都市東山区にある馬町(うままち)交差点の北側住宅地の一画に、「政養招魂碑(しょうこんひ)」が残っている。
 京都在任中の政養が先祖ゆかりの地として買い取り、没後に夫人が石碑を建立したものだ。
 顧みる人もなく荒れていたが昨年、故郷の遊佐(ゆざ)町が政養顕彰のため土地を購入した。海舟が題字を揮毫(きごう)した碑の修復も、近く動き出す。(渡部裕明)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月14日 (月曜日)

今日・成人の日は「爆弾低気圧」

 今日14日は「成人の日」で世間は休日だと言うのに、昼から仕事だ。
 外は朝から冷たい雨が降っている。
 出来れば休みたい心境になるものだ。

 テレビで新成人にマイクを向けているが、成人の豊富を聞かれて「就職が決まるか心配だ」と言う。  
 昨年のデータだが、大学を卒業しても就職率は63・9%だったことが、文部科学省から発表されている。
 新成人が心配するのも、もっともなことだ。
 安倍政権の経済政策方針「3本の矢」、大胆な金融政策、機動的な財政政策、成長戦略に期待がかかっているが、年内にも景気は好転し就業率も大幅にアップするだろうか。
 就業が、こんな厳しい状況なのに天気に怖気づいているようではと気合を入れている。
 今日は温帯低気圧が急速に発達する「爆弾低気圧」で東京地方も大荒れの天気になる可能性が高い。
 こんな天気と、新成人の皆さんを関連づけては申し訳ない。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月13日 (日曜日)

自殺で示した「自己の重要感」

 人を心から動かす秘訣は「自己の重要感」を満たすことであり、暴力や脅しが伴う体罰ではない。
 桜宮高校・バスケ部主将は自殺することで自己の重要感を示したのかも知れない。

 桑田真澄さんは「殴られて愛情を感じたことは一度もない。」、
 「体罰で力のある選手が野球嫌いになり、やめるのを見てきた。」と言う。
 殴るのは、「育てたいという愛情があるからだ。」と、体罰肯定派が良く使う理屈だ。
 しかし、暴力や恐怖心を与えて人を動かそうとするのは暴力団やチンピラと同じ次元で、最も下劣なこと。場合によっては犯罪だ。

 「人を動かす」秘訣はこの世にただ一つしかない」、それは「みずから動きたくなる気持ちを起こさせること」とカーネギーは断言している。
 暴力や脅しでも人は動くが、それは少なくとも監視の目を向けているあいだだけだ。そして、
 「現実社会で自己重要感を満たせないと、狂気の世界で重要感を満たす方向に行ってしまう人もいるようです。」
 と、
 そして思った。
 桜宮高校・バスケ部主将の自殺は、自己の重要感を満たすための最後の手段だったのではないかと・・・・・・・・・・・
 指導的立場にある人達には一度は読んで欲しいものだ。

 「人を動かすP32から引用
 人を動かす秘訣は、この世に、ただひとつしかない。A300_
 この事実に気づいている人は、はなはだ少ないように思われる。
 しかし、人を動かす秘訣は、まちがいなく、ひとつしかないのである。
 すなわち、みずから動きたくなる気持ちを起こさせること—–これが秘訣だ。
   もちろん、相手の胸にピストルを突きつけて、腕時計を差し出したく気持を起こさせることはできる。従業員を首きりでおどして協力させることもできる。
--少なくとも監視の目を向けているあいだだけは。
 鞭やおどしことばで子供を好きなように動かすこともできる。
  --中略--
 心理学者、ジグムント・フロイトの言葉によると、人間のあらゆる行動は、ふたつの動機から発する—-すなわち、性の衝動と、偉くなりたいという願望がこれである。
 アメリカの第一流の哲学者であり、教育者でもあるジョン・デューイ教授も、同様のことを少しことばをかえていいあらわしている。
 つまり、人間の持つもっとも根強い衝動は、”重要人物たらんとする欲求”だ。
 ”重要人物たらんとする欲求”とは、実に意味深い文句だ。
 --中略--
 普通の人間なら、まず、つぎにあげるようなものをほしがるだろう。
 1.健康と長寿
 2.食物
 3.睡眠
 4.金銭及び金銭で買えるもの
 5.来世の生命
 6.性欲の満足
 7.子孫の繁栄
 8.自己の重要感

 これらはたいてい満たすことができるものですが、ひとつだけ例外があります。
それは、食欲や睡眠欲同様になかなか根強く、しかもめったに満たされることがないもの。
つまり8番目の「自己の重要感」です。
   専門家の意見では、現実社会で自己重要感を満たせないと、狂気の世界で重要感を満たす方向に行ってしまう人もいるようです。
 このような場合、実際に精神の異常をきたす人もいるようです。
 アメリカの病院には、精神病患者が他の患者全部合わせたよりも多くの患者が収容されているとさえいわれています。
 このような精神病患者の精神異常の原因は何か?
 医者でもわからないと、答えが返ってくるようです。
 なぜなら、その人たちがなくなられてから、脳細胞には何ら組織的欠陥は認められないようです。
 しかし、専門家の言葉として、現実の世界では満たされない自己の重要感を得るために、狂人になる人が大勢いることは確かだ。
 人はいかに自己の重要感を満たすかに、常に腐心しているのかもしれない。

 -------------------------------
 元巨人桑田真澄さん「スポーツ界は変わるべきだ」
    産経新聞 2013.1.13

 小学生の時、グラウンドで監督やコーチから殴られない日はなかった。
連帯責任が当たり前で、チームメートがミスをしても「キャプテン、来い」と呼ぱれ平手打ちされたり、お尻をバットでたたかれたりした。
 殴られて愛情を感じたことは一度もない
 「なぜだろう」「おかしい」と思ってきた。体罰が嫌でグラウンドに行きたくなかった。
 体罰で力のある選手が野球嫌いになり、やめるのを見てきた
 子供は仕返しをしない、と思っているから体罰をする。
 一番ひきょうなやり方で、スポーツをする資格はないと思う。
 体罰をする指導者はたくさんいる。
 そうした人たちのほとんどが情熱家だが、熱意が空回りしてしまっている。
 体罰を受けた子供は「殴られないためにどうしたらよいか」と、その場しのぎのことを考えるだけだ。
 これではうまくならないし、自立心がなくなってしまう。
 平成21年に早稲田大大学院に入学して、プロ野球選手と東京六大学の選手約550人にアンケートした結果、中学や高校時代に「指導者から体罰を受けたことがある」と答えた選手が約半数いた。
 われわれの時代に比べて「こんなに少ないのか」という印象だった。
 驚いたのは、選手の8割以上が中学や高校での体罰について「必要」 「時には必要」と回答したことだ。
 一定の成功を収めることができたからこそ、「あの指導方法は良かった」と思うことができるのだろう。
 体罰が減らないのは勝利至上主義があるためだ。
 プロ野球はそれでもよいが、アマチュアは育成主義でなくてはならない。
 本来、スポーツにおいて乗り越えなくてはならないのは自分自身。
 人から何かをされて強くなるものではない。
 スボーツには体力と技術力と精神力が必要なのであって、根性では勝てない。
 道具も戦術も進化した。それなのに指導者だけは進歩せず、昔のままだ。
 もっとスポーツの理論やコミュニケーションを勉強して、時代に合った指導方法に変えなくてはならな今回の体罰事件を機に、スポーツ界は変わっていくべきだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月12日 (土曜日)

体罰は最も恥ずべき卑怯な行為だ。

  大阪市立桜宮高校でバスケ部の主将だった高校二年生の男子生徒を自殺に追い込んだ体罰の是非が社会問題化している。
9de7bdaa
 まず、亡くなられた桜宮高校バスケ部主将に哀悼の意を表し、深い悲しみにあるご家族の皆さまに衷心よりお悔やみ申し上げます。
 そして、自殺に追い込むような体罰を、永年、放置あるいは容認してきた関係者のみならず、それを認めてきたOBや保護者も含めて糾弾されても仕方ない。

 まず、元々危機管理能力や補償能力のない学校現場で、体罰を与えるという行為が許され08fe69e97てはならない。
 万が一、今回のような死傷者が出た場合の覚悟はあるのか。
 ないだろう。ないから今、泣いて憔悴しているのだ。
 ましてや、学校教育法第11条で禁止されている。
 いろいろ理屈をこね、体罰の必要性を語る人もいるが、ダメなことはダメなのだ。
 第一体罰を与えて技術や能力が高まるとは思えないし、昔から「子供は褒めて伸ばせ」と言われているではないか。
 それに、たかが師や先輩ごとき、人様に体罰を与えることが出来るほどの神のような崇高な方々なのか。
 自分の平素の素行を胸に手を当てて考えてみろ。
 たかが、その分野で多少上手だったり、知識がある程度だろう。
 精々、人を叩く許される行為は、座禅で雑念を払うため警策で肩を叩く場合や、アントニオ猪木が相手の要望があって張り手を加えるような程度でいい。
 と、こんなことを思っていたら、元巨人軍の桑田真澄さんの記事が目に留まった。

 「体罰は自立妨げ成長の芽摘む
 「絶対に仕返しをされない」という上下関係の構図で起きるのが体罰です。監督が采配ミスをして選手に殴られますか? スポーツで最も恥ずべきひきょうな行為です。
 と語る。


「体罰は自立妨げ成長の芽摘む」桑田真澄さん経験踏まえ
    朝日新聞デジタル 1月11日(金)20時51分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130111-00000042-asahi-soci

 【岡雄一郎】体罰問題について、元プロ野球投手の桑田真澄さん(44)が朝日新聞の取材に応じ、「体罰は不要」と訴えた。殴られた経験を踏まえ、「子どもの自立を妨げ、成長の芽を摘みかねない」と指摘した。
 私は中学まで毎日のように練習で殴られていました。小学3年で6年のチームに入り、中学では1年でエースだったので、上級生のやっかみもあったと思います。殴られるのが嫌で仕方なかったし、グラウンドに行きたくありませんでした。今でも思い出したくない記憶です。
 早大大学院にいた2009年、論文執筆のため、プロ野球選手と東京六大学の野球部員の計約550人にアンケートをしました。
 体罰について尋ねると、「指導者から受けた」は中学で45%、高校で46%。「先輩から受けた」は中学36%、高校51%でした。「意外に少ないな」と思いました。
 ところが、アンケートでは「体罰は必要」「ときとして必要」との回答が83%にのぼりました。
 「あの指導のおかげで成功した」との思いからかもしれません。
 でも、肯定派の人に聞きたいのです。
 指導者や先輩の暴力で、失明したり大けがをしたりして選手生命を失うかもしれない。それでもいいのか、と。
 私は、体罰は必要ないと考えています。
 「絶対に仕返しをされない」という上下関係の構図で起きるのが体罰です。
 監督が采配ミスをして選手に殴られますか? 
 スポーツで最も恥ずべきひきょうな行為です。
 殴られるのが嫌で、あるいは指導者や先輩が嫌いになり、野球を辞めた仲間を何人も見ました。
 スポーツ界にとって大きな損失です。
 指導者が怠けている証拠でもあります。
 暴力で脅して子どもを思い通りに動かそうとするのは、最も安易な方法。昔はそれが正しいと思われていました。
 でも、例えば、野球で三振した子を殴って叱ると、次の打席はどうすると思いますか? 何とかしてバットにボールを当てようと、スイングが縮こまります。
 それでは、正しい打撃を覚えられません。
 「タイミングが合ってないよ。どうすればいいか、次の打席まで他の選手のプレーを見て勉強してごらん」。
 そんなきっかけを与えてやるのが、本当の指導です。
 今はコミュニケーションを大事にした新たな指導法が研究され、多くの本で紹介もされています。
 子どもが10人いれば、10通りの指導法があっていい。
 「この子にはどういう声かけをしたら、伸びるか」。
 時間はかかるかもしれないけど、そう考えた教え方が技術を伸ばせるんです。
 「練習中に水を飲むとバテる」と信じられていたので、私はPL学園時代、先輩たちに隠れて便器の水を飲み、渇きをしのいだことがあります。手洗い所の蛇口は針金で縛られていましたから。でも今、適度な水分補給は常識です。スポーツ医学も、道具も、戦術も進化し、指導者だけが立ち遅れていると感じます。
 体罰を受けた子は、「何をしたら殴られないで済むだろう」という後ろ向きな思考に陥ります。それでは子どもの自立心が育たず、指示されたことしかやらない。
 自分でプレーの判断ができず、よい選手にはなれません。
 そして、日常生活でも、スポーツで養うべき判断力や精神力を生かせないでしょう。
-------------------------------------------------------------
1.学校教育法 第11条
 「校長および教員は教育上、必要があると認めるときは監督庁の定めるところにより、学生・生徒および児童に懲戒を加えることができる。ただし、体罰を加えることはできない。」

2.学校教育法施行規則 第13条
 「校長および教員が児童等に懲戒を加えるに当たっては、児童等の心身の発達に応ずるなど教育上必要な配慮をしなければならない。」

3.法務庁長官通達 
 児童懲戒権の限界について:教師の心得(要約)
1.身体に対する侵害を内容とするもの、殴る、蹴るの類は体罰である。
2.生徒に肉体的苦痛を与えるようなものも体罰である。しかし、その場合、生徒の年齢、健康、場所、時間的環境など種々の条件を考えあわせて、その肉体的苦痛の有無を判定しなければならない。
3.放課後、教室に残留させることは体罰にならない。しかし、合理的限度を超えれば監禁罪になる。その合理的限度とは非行の性質、性行、年齢、留め置いた時間の長さなど一定の条件を総合的に考慮して通常の理性をそなえた者が判断することを標準とする。
4.用便に行くことを許さないとか、食事時間を過ぎて長く留め置くことは体罰に該当しよう。
5.授業に遅刻した生徒に授業を受けさせないことは許されない。
6.授業中、喧嘩その他ほかの生徒に妨げになるような生徒を、教室の秩序を維持するために室外に退去させることは許される。
7.懲戒の方法として学校当番を多く割り当てることは、合理的な限度であれば許される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月10日 (木曜日)

北方領土は、まず「3島返還」で決着?

 帰宅が午後8時ころになることが多い。Hoppou
 その時点で見れるニュース番組はBSフジの報道番組「プライムニュース」程度だ。
 よく晩酌を楽しみながら見ている。
 この番組の良いところは、一つのテーマを約2時間近くかけて徹底議論し問題の解決策を見つけ出し提言する点だ。
 昨日9日は、森元首相が北方領土返還に掛ける熱意を語っていた。
 プーチン大統領が言う「引き分け」とは、島の数か、面積か、それとも別のことなのか。
 森氏は安倍晋三首相の特使として2月にロシアを訪問し、プーチン大統領と会談する。

森元首相、3島返還で決着を=北方領土「現実的に対応」
      時事通信2013年1月9日(水)23:58
 森喜朗元首相は9日夜のBSフジ番組で、北方領土問題について、択捉島を放棄し、国後、歯舞、色丹の「3島返還」で解決を図るべきだとの見解を明らかにした。
 森氏は番組で示された地図上で「単純に線を引けばこう引くのが一番いい」と述べながら択捉島と国後島の間に国境線を引き、「3島か」との質問に「そうだ」と答えた。
 北方領土に関し、日本政府は四島の返還を求め、日本の主権が確認されれば、実際の返還時期や方法には柔軟に対応するとの立場。
 森氏は安倍晋三首相の特使として2月にロシアを訪問し、プーチン大統領と会談する予定で、「四島返還」にこだわらないとした発言は波紋を広げそうだ。
 森氏は番組で、従来の四島返還論について「(ロシアが)そんなに簡単に返すとは思えない。現実的にやれることをやる方がいい」と指摘。プーチン大統領が「引き分け」との表現で日本側に譲歩を求めていることを踏まえ、「日本の首相は積極的に応える必要がある」と強調した。[時事通信社]

続きを読む "北方領土は、まず「3島返還」で決着?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

防犯カメラに「PC遠隔操作」犯人

  江ノ島の防犯カメラはシッカリ見ていた。
 「ずんぐりむっくり黒縁のメガネをかけて。20代後半からB4ff508230代。1年位前は毎日(来ていた)」(付近の住民)
 昨年来、PC遠隔操作ウイルスに感染したパソコンから犯罪予告メールなどが送信されている事件が社会問題化しているが、解決も近いことであろう。

 この犯人は、警察に誤認逮捕を誘発させるなど、警察や国民をあざけ笑うような「犯行声明」に日本中が振り回されている。
 このような犯罪は、社会に強い恨みを持ち、恵まれない境遇にある人物が、本当は「自分はこんな能力があるんだぞ」などと、自己顕示欲が強い愉快犯の仕業であろう。
 「愉快犯」とは、世間を騒がせて愉快に感じることを目的とする犯罪だそうだ。
 放火や通り魔などの犯罪そのものが目的ではなく、その犯罪行為によって騒ぎを大きくして喜ぶのだから迷惑な話だ。
 さて、このPC遠隔操作犯人の姿を防犯カメラが捕えたと言う。
 神奈川県江ノ島の猫の首輪から記録媒体を回収したが、防犯カメラには、この猫と一緒に「ずんぐりむっくり。黒縁のメガネをかけて。20代後半から30代。1年位前は毎日(来ていた)」(付近の住民)の男が写っていた。
 もちろん、防犯カメラの男が真犯人から依頼されたことを含めて慎重に捜査しているであろうが、警察はこの男が犯人の可能性が高いと見ているようだ。
 ラッキーだったのは、この防犯カメラは12月21日設置したばかりだった。この事件は、Virtual Network Computing(ヴァーチャル・ネットワーク・コンピューティング)の世界では犯人が一枚上手だったが、現実社会では警察に部があると見る。
 犯人逮捕は時間の問題か。

「遠隔操作」の犯人は、20~30代? 警察に強い恨みがある可能性
     2013/1/ 8 20:17
   遠隔操作ウイルス事件の犯人とみられる人物が、ネット上を離れて、実際に動いた可能性が出てきた。神奈川県藤沢市の江の島で防犯カメラに不審な男が映っていたと報じられたのだ。その人物像とは――。
   犯人とみられる人物から報道機関などに2013年1月5日に送られたメールでは、パズルを解くと、ネコにはめたピンク色の首輪に記憶媒体を付けたとあった。

ネコに首輪は、自己顕示欲の表れ?
  そして、この日のうちに江の島でそのネコは見つかり、報道によると、警視庁などの合同捜査本部は、首輪にテープで固定されたマイクロSDカードを見つけた。カードを解析すると、「自分は以前に事件に巻き込まれたせいで、無実にもかかわらず人生の大幅な軌道修正をさせられた」と警察への恨みの告白ともみられるメッセージが出てきた。

   住民の目撃情報から、首輪は前日4日の夕方ごろにはめられた可能性が出てきた。江の島には、35か所も防犯カメラが設置されており、警察が解析した結果、似たようなネコに近づく20~30代ぐらいの不審な男が映っていたという。

   メールが送り続けられている落合洋司弁護士は、犯人像について取材にこう明かした。
「年齢的には、10代とかの若者ではないだろうと思っていました。20代後半から30代半ばぐらいの印象ですよ。警察をはめてやるとか書いてありましたし、ITについても相当な知識があります。職業としてプログラマーやエンジニアをしているぐらいの知識で、2ちゃんねるなどにも親しんでいます」
   産経新聞の報道では、メールにあったパズルには、ファイナルファンタジーXなど10年ほど前にはやったゲームなどが取り上げられていた。とすると、そのころにはゲームを楽しんでいた可能性があるわけで、このことからも10代の線は薄いようだ。

   犯人の狙いは不明な部分が多いが、落合弁護士は、「警察にネガティブな感情を持っているのは間違いないでしょう。リスクを冒してまでネコに首輪をはめていることから、自己顕示欲が強まっている可能性があります」と言う。
「検挙できないと、模倣犯が次々に出てくる」
犯人は特定の難しいネット上を離れ、なぜわざわざリスクを冒すような行動に出たのか。

   東京地検特捜部副部長出身の若狭勝弁護士は、3つの可能性があると指摘する。
  1つは、犯人が警察の捜査をかく乱しようとしたことだ。
「メールでミスしたとして自殺を予告したことがありましたが、今回はそれはウソだったと告白しています。結局、言っていることが変わっており、それによって、警察は犯人像についてとらえどころがなくなっています」
   例えば、犯人は防犯カメラのことをよく知っており、首輪を通りがかりの人に渡しネコにはめてもらって誤認逮捕させようとした、といった可能性もないとは言えないという。

   2つ目は、愉快犯として警察を挑発している可能性だ。
「強大な権限がある警察が難渋して、右往左往しているのを見るだけで面白いということです。ふつうはリスクを冒してまでやるとは考えられないかもしれませんが、ITスキルなどの自己顕示欲が強いことも考えられます」
   もっとも、メールで明かされたように、警察の捜査で被害を受けたとして、恨みを晴らすための犯行の可能性もあるとする。
「ネコに首輪を付けてまでやるというのは、普通の心理状態とはかなり違いますね。それだけ挑戦的で、あっと言わせたいという自己顕示欲が強いのかもしれません」
   逮捕されてもいいから、世間の注目を集めさせたいという心理が働いたこともなくはないと言う。

   若狭弁護士は、こうした事件の発生は、世間に対して警鐘を鳴らしていることになると指摘する。
「この事件が検挙できないと、模倣犯が次々に出てくることにもつながります。そして、ウイルス攻撃で国の機関が機能しなくなったり、ライフラインで誤作動が起きたりしかねません。いわばサイバー戦争が起こる危険性です。国民の身体や生命に影響が出ることですから、真剣に対処を考えなければならないと思いますよ」
 
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 8日 (火曜日)

いつ迄も創価学会票をアテにするな!

 自民・石破幹事長は選挙前、
 「過半数を取るにあたって、公明党の協力が不可欠であることは片時たりとも忘れてはならないことだ」 、Books
 「全ての選挙区で公明党の方々のご支援を要請し、これから順次、その推薦候補が決まっていくと思う」
 と語っていた。
 この公明党は、日本社会と融合しないカルト宗教・創価学会表裏一体一心同体政教一体の関係にある。
 憲法第20条1項後段、3項ならびに第89条が挙げる「政教分離の原則」など、どこ吹く風、『信仰の場』で「選挙活動」が公然と行われているのだ。
   
 全く理解出来ないのは、なぜ自民はワザワザ、カルト宗教の創価学会の票をあてにするのかだ。
 かつて民主を野合と批判していたが、これでは民主以上の野合ではないか。  
 それに自民は、創価学会の支援を受けていることで、逆に票を減らしている現実も計算に入れるべきなのだ。      M_hon11
  創価学会は暴力団山口組の後藤組を利用して人殺しを計画したこともあった。
 これは、元後藤組組長・後藤忠政氏の『憚りながら』で、創価学会が1960年代末から70年代にかけて静岡県富士宮市で土地を買い漁っていた頃、地元住民の反対運動を封じるために後藤組を利用していたエピソードを後藤氏自らがつづっている。
 この事件で、建設反対派のリーダーの自宅にブルドーザーで突っ込み、腕を日本刀で切り落とし(被害者は後に死亡)している。
 こんな犯罪者集団に協力を受けるとは、本当に情けないことと思っている。    
 今日の産経新聞にも、その批判が掲載されている。

【異論暴論】正論2月号 自公連立で満足するな
                 2013.1.8 08:07
    保守合同こそが救国への道
 総選挙は自民党の圧勝に終わり、自公政権が復活した。
  拓殖大学大学院教授の遠藤浩一氏は《三年四カ月前の自公政権をそのまま復活させれば、それでいいのだろうか。
 最大多数を確保した自民党にとって、そうした安易な選択が最良の解といえるのだろうか。
 この国難を、自公二党の主導で乗り切ることが可能なのだろうか》と問う。
 遠藤氏は《ここで重要になってくるのは、公明党以外の政党の参加を促して、政権に厚みを持たせる努力です》として、特に五十四議席を獲得した日本維新の会を与党グループに引き入れる努力をすべきだと提言する。
 そうすれば、与党内部における公明党の発言権が相対的に低下し、憲法改正のための安定的な勢力を確保できるからだ。
 そして遠藤氏は、昭和二十四年初頭の吉田茂首相の政治指導を引き合いに出す。
 二十三年秋の芦田内閣(中道左翼連合政権)の崩壊を承(う)けて発足した第二次吉田内閣(事実上の選挙管理内閣)は、日本復興のためにすぐさま解散を断行した。
 翌二十四年一月の総選挙では、吉田率いる民主自由党は二百六十四議席を獲得、社会党や民主党といった中道左翼勢力を惨敗させた。
 しかし、吉田は大勝利に満足することなく、民自党内部の反対を振り切り、民主党を分断して、犬養健ら“連立派”を政権に取り込み、政権基盤をより強固なものにしようとしたのである。
 遠藤氏はこう記す。《振り返ってみれば、戦後の日本政治は、常に保守合同によって局面を打開してきています。昭和二十四年のミニ合同こそが、復興の第一歩でした》(桑原聡)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 6日 (日曜日)

日本人堕落の象徴・パチンコ依存

 渋谷区渋谷三丁目に「公益財団法人日本生産性本部」があるが、名称からはどんな仕事をしているのか良く分らない。
 小生も、労災関係ビデオ教材の制作が生産性本部だったことから知った程度だ。
 この「日本生産性本部」の固有名詞が久々に目についた。
  「日本生産性本部 レジャー白書2012、パチンコ人口過去最低1260万人」の記事だ。
  内容は、パチンコ参加人口が調査開始以来最低となる1260万人(前年比410万人減)。これまでの参加人口の最低値は、07年の1450万人で、11年度の数値はそれをさらに190万人下回る結果となったと言う。

 
 調査開始以来最低となる1260万人(前年比410万人減)と言うが、パチンコに毒された日本人は何と多いことか。
 パチンコ産業は在日韓国・朝鮮人の割合が高く、韓国の中央日報によれば、日本に約1万6000~7000店ほど存在するパチンコ店の経営者に占める割合は90%という指摘がある(2010年2月現在の店舗数は1万1600店程度に減少している)。
 正月早々、パチンコ店近くを通りがかると、広い駐車場は一杯で繁盛しているのが分かる。
 北朝鮮の一年間の軍事予算約6500億円の内、約4500億円は日本でパチンコ屋などを経営する在日朝鮮人からの送金で支えられている。
 つまり、「犯罪国家を支えているのがパチンコユーザーだ」と言われても仕方ない。
 しかし、中毒に掛かった日本人は止めることが出来ない。
 パチンコ依存と自殺の関連を強く指摘する人も多いのだ。
 パチンコ人口過去最低というが、そういえば自殺者が3万人を下回ったのは、パチンコ人口の減少と関連しているのかも知れない。
 また、パチンコは自殺だけでなく、犯罪の誘発、家庭崩壊、労働意欲の減退などから日本国の弱体化を招いている。
 東北の被災地では、パチンコ店だけが満員だそうだ。
  せっかくの義援金は、パチンコ店を経由して朝鮮半島に流れているのだろう。
  国にはパチンコ違法化を進めて欲しいが、まず「パチンコ税」の導入を検討することだ。 
 これらには日本生産性本部も指導力を発揮して欲しい問題だ。
 因みに、2006年から韓国ではパチンコが法律により全面禁止になった。

続きを読む "日本人堕落の象徴・パチンコ依存"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 4日 (金曜日)

何と素晴らしい考え方だ!

   「自分には頭抜けた能力がないと思って誰よりも、情熱を燃やして努力した人の方が、はるかに素晴らしい結果を残す。」
   何と素晴らしい、京セラの創業者・稲盛和夫氏の考え方だ。
 子供たちや職場の若い人達にも教えてやろうと思う。  
 稲盛和夫氏は鹿児島県出身の実業家。Ol12_01
 電子・情報・通信機器や太陽電池、セラミックなどのメーカーとして知られる「京セラ株式会社」の創業者として知られる人物あり、NTTのライバルとして誕生した「第二電電株式会社(KDDIの前身)」の創業者でもある。

■人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力
   (『心を高める、経営を伸ばす』より)
   この公式は、平均的な能力しか持たない人間が偉大なことをなしうる方法はないだろうかという問いに、私が自らの体験を通じて答えたものです。
   能力とは、頭脳のみならず健康や運動神経も含みますが、多分に先天的なものです。しかし、熱意は、自分の意志で決められます。
 この能力と熱意はそれぞれ0点から100点まであり、それが積でかかると考えると、自分の能力を鼻にかけ、努力を怠った人よりも、自分には頭抜けた能力がないと思って誰よりも情熱を燃やして努力した人の方が、はるかに素晴らしい結果を残すことができるのです。
   そして、これに考え方が加わります。
 考え方とは、人間としての生きる姿勢であり、マイナス100点からプラス100点まであります。つまり、世をすね、世を恨み、まともな生き様を否定するような生き方をすれば、マイナスがかかり、人生や仕事の結果は、能力があればあるだけ、熱意が強ければ強いだけ、大きなマイナスとなります。
 素晴らしい考え方、つまり人生哲学を持つか持たないかで、人生は大きく変わってくるのです。

たまたま出合った仕事を、好きになることこそ大事
 最近の就職活動では、自分に合った仕事や、やりたい仕事にこだわる人も多いと聞きます。でも、自分のやりたい仕事にありつける人は、本当に少ないのです。
 また、やりたいと思っていることも、日々変わっていったりします。
 気持ちがころころと移り変わるのが人間です。それこそ9割以上の人は、自分が希望しなかった仕事に就くことになると思ったほうがいい。
 希望する会社に入社できても、希望する仕事に就けるという保証はありません。だから、たまたま出合った仕事を好きになることが大事なのです。
 たとえどんな仕事でも、それを天職と思い込むことです。
 好きにならなかったら、努力なんてできない。努力ができなければ、結果が出るはずがない。人生の成功者というのは、たまたま遭遇した仕事を好きになり、必死で立ち向かった人。徹夜も辞さないほどに、懸命に努力をした人です。惚れて通えば千里も一里、といいます。好きになれば、仕事が面白くなる。努力をしても苦にならなくなる。才能がなくても、熱意があれば人に伍していけるんです。地味な努力を一歩一歩積み重ねれば、平凡な人間でも非凡になるんです。
なのに、自分に合わない、違うと選り好みし、いつか自分の好きな仕事に巡り合えると迷っている間に仕事に打ち込めず、人生を棒に振ってしまう人がたくさんいます。自分が惚れた仕事に就けたらラッキーと思うのではなく、どんな仕事でも、就いた仕事を好きになることです。与えられた仕事という、運命を受け入れてみる。それが、次の運命を好転させるのです。
仕事は、人間を成長させてくれます。成長していくとはどういうことかといえば、人間性が高まっていくということです。では、人間性とは何か。人間というのは、たくさんの虚飾をまとって生きています。学歴などの経歴も、就職先や肩書も、自分を着飾っている装いと同様、すべては虚飾に過ぎません。それらすべてひっぺがした裸の自分というものが、果たして人から信頼され、尊敬される存在であろうか。
 それが人間性が問われるということです。
 知識やスキルを身につけることも大事ですが、この人間性こそ立派にしないといけない。そうでなければ、人の上に立つことなどできないし、人を動かすこともできません。いい仕事をするには人間性が必要になるんです。では、人間性が高い人とはどういう人か。損得ではなく、善悪で判断できる人です。自分にとって損か得か、ではなく、人間として何が正しいのか、という善悪を判断基準にできる人。自分にとっては不利益でも、それが善であれば選択できる。そんな心の持ち主です。
 損得を判断基準にする典型的な例は、利己的な人です。
 利己的な人は、自分の昇進や自分の収入のために働きます。利己的な欲望が原動力であり、すべてを自分の損得で考える。こういう人に、みなさんはついていきたいでしょうか。一方、利他的な人がいます。この会社を立派な会社にするために、頑張ろう、という人。やさしい思いやりの心を持った人。誰かのために働こうという人。こうした利他的な欲望は、善に通じます。だから、本心から頑張れる。そして、まわりの人もついていく。
 人間性というのは、生涯を通じて作り上げていくものですが、何がそれを高めるのかといえば、試練だと私は思っています。
 歴史上の偉人たちはみな、厳しい試練に見舞われています。
 明治維新の立役者、西郷隆盛は、藩主の逆鱗に触れて2度も島流しに遭いました。西郷はもう死ぬだろうと誰もが思っていた。ところが、雨露の吹き込む座敷廊で、彼は陽明学などの古典を一生懸命に勉強するわけです。
 そして2年も3年も辛酸をなめ続け、結果として人間が大きくなる。
 国に戻ると、会えば誰もが一目置く存在になりました。
 辛酸をなめて苦労をする。これが人間には非常に大切です。
 しかも、できれば若いうちがいい。30代前半くらいまでにしたほうがいい。「若い頃の苦労は買ってでもしろ」、と言われますが、本当にその通りです。
 30歳くらいまでに苦労して人間性を高めることができれば、その人の人生は大きな可能性に満ちてくると私は思います。
 私が幸運だったのは、苦労をせざるを得ないような状況に追い込まれたことでした。好んでなったのではなく、ほかに行くところがなかったから耐えざるを得なかった。
 その意味では、今の若い人は大変だと思う。
 豊かな時代に、苦労を見つけなければいけないから。
 自ら苦労に飛び込まないといけないから。
 だから試練に遭ったときには、むしろ幸運だと思ったらいいんです。「やっぱり、ラクなほうがいい」と思う人もいるかもしれませんが、だまされたと思って、自ら苦労に体当たりしてほしい。その意味は、年を取ってから必ずわかります。
 今は、たくさんの選択肢がある。だからでしょうか、就職活動がうまくいかなかった、という人だけでなく、希望の会社に入れた人までもが、会社をすぐにポーンと辞めてしまう。選択肢が、ありすぎるんです。
 でも、これは一番まずい。3年も辛抱できずにやめて他社に行っても、またよその花がきれいに見えて、辞めてしまいかねない。それを何度も繰り返しているうちに人生は終わってしまいます。人生は危うくなります。
 たしかに会社を辞めてうまくいく人もいるかもしれませんが、辛抱するという気持ちを、常に持っておいてほしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 3日 (木曜日)

侵略戦争に負けた国を植民地という

 3日早朝、NHKにチャンネルを合わせると、見覚えのある鳥海山をバックに庄内平野の酒田辺りに立って評論家・田原総一朗氏が何か語っている。
  テレビの予告番組だった。
 その番組は、「日本人は何を考えてきたのか 北一輝大川周明」が1月13日の日曜日 午後10時~11時30分までNHKで放送だそうだ。
 北一輝は佐渡島生まれの人、2・26事件に連座して処刑された。
 大川周明は山形県酒田市生まれの思想家、太平洋戦争終戦後、民間人としては唯一A級戦犯で起訴された人。
 いずれも昭和史を語る上で外すことが出来ない方々だ。
 是非、見ようと思う。

 さて、田原総一朗氏はブログで「日の丸」「君が代」は侵略戦争の遺物?
  http://www.worldflags.jp/244/
  僕は、「君が代」にも「日の丸」にもおおいに抵抗感がある。
 「太平洋戦争は侵略戦争であり、その侵略のシンボルとして、日の丸・君が代が使われた」と教えられたからだ。なので僕自身、40歳を過ぎるまでは太平洋戦争は侵略戦争だと思い込んでいた
 と述べていたが、最近では、太平洋戦争のことを次のように語っている。

 「戦争談話を調べていってよくわかった。アメリカ、イギリス、フランス、オランダ、スペイン、こういう国がやった戦争が全部侵略戦争。すべての戦争は侵略戦争。そして侵略戦争に勝った国、これを先進国という。侵略戦争に負けた国を植民地という

 「大東亜戦争というのは日本では太平洋戦争と言っているのですが、ボクが小学校1年のときに始まった。5年生の夏休みに終わるのですが、当然当時は大東亜戦10752争と言っていました。ボクらが小学校のときには、『大東亜戦争は聖戦である』、アメリカやイギリスやあるいはフランスやオランダ、そういう世界の侵略国をね、やっつける戦争だと、しかもそういう侵略国がね、アジアを全部植民地にして、アジアで植民地になっていなかったのはタイと日本だけ。アジアだけじゃなくアフリカとか南アメリカもみんな植民地にしていた。そういう侵略国と戦争をして、アジアを独立させるための戦争だと、こう習っていた」

 「小学校1年のときは調子が良かった(日本軍の快進撃を言っている)。シンガポールを占領した。マレーシアを占領した。ベトナムを占領した。インドネシアを占領した。翌年ごろから段々調子が悪くなって、結局は原爆を落とされて、広島と長崎に、そして負けるわけですよね」

 「負けたらね、アメリカやいろんな国が戦勝国になって『日本は侵略国である。侵略戦争をしたんだ』とこういわれて、悪い戦争だと。日本で戦争をやったやつはみんな犯罪者だと。現に犯罪者としてA級戦犯は処刑されたんだけど、当時、小学校5年生の1学期までは正しい戦争だったと、2学期になったらね、間違った戦争だったと、まあ、これで180度価値観が変わるんですが、変わる中でボクはね、ずっと疑問を持ってて、言えなかった怖かった、世の中に言うとね、やられるんじゃないかと。何でこれが侵略戦争なんだと、負けが決まっている侵略戦争なんてやるかと、いう思いがあったのね」
 

「世界の先進国は全て侵略国だ。」と田原総一郎氏は語る。

 この証拠文書と計画者へのインタビュー等詳細な内容が、20年前­の米国ABCテレビの番組で報道され、それは FDR plans sneak attack before Pearl HarborというタイトルのYouTubeで今も見れます。
 そ­の中で、Flying Tigers の隊員が、「Flying Tigersは100%米国政府の行った事」と証言しています。
  真珠湾攻撃前夜ルーズベルトは日本軍攻撃の暗号解読の報を受け、­側近が真珠湾に準備命令を送る事を求めたのに対し、"NO"の一­言でそれを禁じた事が、米軍戦争計画最高責任者、Wedemey­er 将軍のWedemeyer Reports (邦訳「第二次大戦に勝者なし」)に明確に記されています。
 ルーズベルトの陰湿な狡猾さは異常で、結婚のプロポーズも暗号を­用い、私生活では少くとも2人のめかけを持ち、真珠湾では250­0人の米兵をいけにえとして殺し米国民をだまし、自身の選挙公約­に反する欧州での参戦(チャーチルと密約)を可能にした大奸物で­す。常に正義の仮面をかぶり、奸計を行うのが米国の伝統でありD­NAです。
 友達作戦という言葉にだまされてはなりません。N

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 2日 (水曜日)

健さん最高作品『遙かなる山の呼び声』

 元旦は早朝からNHK BSプレミアムで映画『遙かなる山の呼び声』を見てしまった。
 勿論、好きな役者陣による気に入った作品だからだ。D9fd15722_2

 タイトル「遙かなる山の呼び声」は、映画「シェーン」の主題曲名であり、この映画のストーリーもそこからヒントを得たものと知られている。
 アラン・ラッド扮する流れ者のガンファイター「シェーン」、これに対して高倉健は殺人罪でお尋ね者の田島耕作役。
 そして、シェーンに仄かな想いを寄せる人妻マリアン・スターレット役のジーン・アーサーに対して、零細酪農農家を一人で切り盛りする風見民子役に倍賞千恵子という役どころだ。
 他の役者陣も実に映画「シェーン」を意識している。

 別れのシーンは、風見武志(吉岡秀隆)の「おじさん、どこ行くの?ねぇ、おじさん、どこ行くの?」のセリフは、「シェーン、カムバーック」のシーンだ。更に、列車で護送される田島耕作に、途中の駅から乗ってきた風見民子が黄色のハンカチを渡すシーンは泣かせるところだ。
 「幸福の黄色いハンカチ」同様にハンカチが小道具として使われているところが面白いが、「黄色いハンカチ」は南北戦争当時、兵士の無事を祈る象徴だったと言う。
 主なロケ地は、北海道別海町豊原の玉井牧場の向かい側にあった○○牧場。
 ○○牧場が移転するのを待って撮影に入ったのだそうだ。

 『遙かなる山の呼び声』は1980年(昭和55年)今から33年前に公開されているが、健さんも倍賞さんもまだ若い。
 そして自身も、あのころ何をしていたかを同時に思い出される。

田島耕作:高倉健
風見民子:倍賞千恵子
風見武志:吉岡秀隆
近藤(人工授精師):渥美清
勝男(民子の従弟):武田鉄矢
佳代子(勝男の新妻):木ノ葉のこ
虻田太郎(北海料理「オホーツク」社長):ハナ肇

シェーン‥‥‥アラン・ラッド
マリアン・スターレット‥‥‥ジーン・アーサー
ジョー・スターレット‥‥‥ヴァン・ヘフリン
ジョーイ・スターレット‥‥‥ブランドン・デ・ワイルド
ライカー‥‥‥エミール・メイヤー
ウィルスン‥‥‥ジャック・パランス
  映画のラストシーンで息子のジョーイ(ブランドン・デ・ウィルデ)が立ち去る主人公のガンマンに呼びかける『カムバック シェーン』という名シーンは、西部劇映画の中でも最も有名なシーン。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火曜日)

「神棚」は日本人として生きる証だ。

2images_2 特に、このようなブログに訪問していただく方々にとって、実りある良い年になる事をご祈念いたします。


 さて、私ども家族にとっても建て替えた新居で迎える正月となりました。
 そして日本人として当然ながら、神棚も新しくし、天照大御神のお札、縁のある神社のお札は準備したが、氏神様のお札はまだなので初詣の際にいただいて祀る予定だ。
4images
 昨今、神棚のない家庭が増えたという。
 何も特別な強い宗教心があるわけではないが、日本人なら外国製の神様や新興宗教、更に邪教より、日本古来からの神を大切にして生きることが当然だと思っている。

 今年は皇紀 2673年 西暦 2013年 平成25年となる。
 
 つまり、2673年前に神武天皇が国を一つに纏めたのが日本の始まりで、今上陛下(現・天皇陛下)まで126代続く世界最古の国家が日本なのだ。
 天皇制は「世界遺産」に登録する価値は十二分にあり過ぎる。

 「日本人の源流」、「日本人の物語のルーツ」とされる「古事記」や「日本書紀」には、日本国家誕生の由来に関する神話があり、これらには天皇の由来が記されている。5images
 これら神々に特段詳しいわけではないが、日本は天皇を中心とした、とても纏まりのある国が出来上がったと思っている。
 しかし残念なことに、この纏まりを破壊し、日本を弱体化しようとしている思想や宗教、政治団体、近隣諸国があることも事実なのだ。

1代 神武天皇 (じんむ)      
2代 綏靖天皇 (すいぜい) 
3代 安寧天皇 (あんねい)    
4代  懿徳天皇 (いとく)    
5代  考昭天皇 (こうしょう)    
6代  考安天皇 (こうあん)    
7代 考霊天皇 (こうれい)    
8代  考元天皇 (こうげん)    
9代  開化天皇 (かいか)    
10代  崇神天皇 (すうじん)    
11代  垂仁天皇 (すいにん)    
12代  景行天皇 (けいこう)    
13代  成務天皇 (せいむ)    
14代  仲哀天皇 (ちゅうあい)    
15代  応神天皇 (おうじん)    
16代  仁徳天皇 (にんとく)    
17代  履中天皇 (りちゅう)    
18代  反正天皇 (きんぜい)    
19代  允恭天皇 (いんぎょう)    
20代  安康天皇 (あんこう)    
21代  雄略天皇 (ゆうりゃく)    
22代  清寧天皇 (せいねい)    
23代  顕宗天皇 (けんそう)    
24代  仁賢天皇 (にんけん)    
25代  武烈天皇 (ぶれつ)    
26代  継体天皇 (けいたい) 皇紀1167-1191 西暦507-531
27代  安閑天皇 (あんかん) 皇紀1191-1195 西暦531-535
28代  宣化天皇 (せんか) 皇紀1195-1199 西暦535-359
29代  欽明天皇 (きんめい) 皇紀1199-1231 西暦539-571
30代  敏達天皇 (びたつ) 皇紀1232-1245 西暦572-585
31代  用明天皇 (ようめい) 皇紀1245-1247 西暦585-587
32代  崇峻天皇 (すいしゅん) 皇紀1247-1252 西暦587-592
33代  推古天皇 (すいこ) 皇紀1252-1288 西暦592-628
34代  舒明天皇 (じょめい) 皇紀1289-1301 西暦629-641
35代  皇極天皇 (こうぎょく) 皇紀1302-1305 西暦642-645
36代  考徳天皇 (こうとく) 皇紀1305-1314 西暦645-654
37代  斉明天皇 (さいめい) 皇紀1315-1321 西暦655-661
38代  天智天皇 (てんじ) 皇紀1321-1331 西暦661-671
39代  弘文天皇 (こうぶん) 皇紀1331-1332 西暦671-672
40代  天武天皇 (てんむ) 皇紀1332-1346 西暦672-686
41代  持統天皇 (じとう) 皇紀1346-1357 西暦686-697
42代  文武天皇 (もんぶ) 皇紀1357-1367 西暦697-707
43代  元明天皇 (げんめい) 皇紀1367-1375 西暦707-715
44代  元正天皇 (げんしょう) 皇紀1375-1384 西暦715-724
45代  聖武天皇 (しょうむ) 皇紀1384-1409 西暦724-749
46代  考謙天皇 (こうけん) 皇紀1409-1418 西暦749-758
47代  淳仁天皇 (じゅんにん) 皇紀1418-1424 西暦758-764
48代  称徳天皇 (しょうとく) 皇紀1424-1430 西暦764-770
49代  光仁天皇 (こうにん) 皇紀1430-1441 西暦770-781
50代  桓武天皇 (かんむ) 皇紀1441-1466  西暦781-806
51代  平城天皇 (へいぜい) 皇紀1466-1469 西暦806-809
52代  嵯峨天皇 (さが) 皇紀1469-1483 西暦809-823
53代  淳和天皇 (じゅんな) 皇紀1483-1493 西暦823-833
54代  仁明天皇 (じんみょう) 皇紀1493-1510 西暦833-850
55代  文徳天皇 (もんとく) 皇紀1510-1518 西暦850-858
56代  清和天皇 (せいわ) 皇紀1518-1536 西暦858-876
57代  陽成天皇 (ようぜい) 皇紀1536-1544 西暦876-884
58代  光考天皇 (こうこう) 皇紀1544-1547 西暦884-887
59代  宇多天皇 (うだ) 皇紀1547-1557 西暦887-897
60代  醍醐天皇 (だいご) 皇紀1557-1590 西暦897-930
61代  朱雀天皇 (すざく) 皇紀1590-1606 西暦930-946
62代  村上天皇 (むらかみ) 皇紀1606-1627 西暦946-967
63代  冷泉天皇 (れいぜい)  皇紀1627-1629 西暦967-969
64代  円融天皇 (えんゆう) 皇紀1629-1644 西暦969-984
65代  花山天皇 (かざん) 皇紀1644-1646 西暦984-986
66代  一条天皇 (いちじょう) 皇紀1646-1671 西暦986-1011
67代  三条天皇 (さんじょう) 皇紀1671-1676 西暦1011-1016
68代  後一条天皇 (ごいちじょう) 皇紀1676-1696 皇紀1676-1696
69代  後朱雀天皇 (ごすざく) 皇紀1696-1705 西暦1036-1045
70代  後冷泉天皇 (ごれいぜい) 皇紀1705-1728 西暦1045-1068
71代  後三条天皇 (ごさんじょう) 皇紀1728-1732 西暦1068-1072
72代  白河天皇 (しらかわ) 皇紀1732-1746 西暦1072-1086
73代  堀河天皇 (ほりかわ) 皇紀1746-1767 西暦1086-1107
74代  鳥羽天皇 (とば) 皇紀1767-1783 西暦1107-1123
75代  崇徳天皇 (すとく) 皇紀1783-1801 西暦1123-1141
76代  近衛天皇 (このえ) 皇紀1801-1815 西暦1141-1155
77代  後白河天皇 (ごしらかわ) 皇紀1815-1818 西暦1155-1158
78代  二条天皇 (にじょう) 皇紀1818-1825 西暦1158-1165
79代  六条天皇 (ろくじょう) 皇紀1825-1828 西暦1165-1168
80代  高倉天皇 (たかくら) 皇紀1828-1840 西暦1168-1180
81代  安徳天皇 (あんとく) 皇紀1840-1845 西暦1180-1185
82代  後鳥羽天皇 (ごとば) 皇紀1843-1858 西暦1183-1198
83代  土御門天皇 (つちみかど) 皇紀1859-1870  西暦1198-1210
84代  順徳天皇 (じゅんとく) 皇紀1870-1881 西暦1210-1221
85代  仲恭天皇 (ちゅうきょう) 皇紀1881-1881 西暦1221-1221
86代  後堀河天皇 (ごほりかわ) 皇紀1881-1892 西暦1221-1232
87代  四条天皇 (しじょう) 皇紀1892-1902 西暦1232-1242
88代  後嵯峨天皇 (ごさが) 皇紀1902-1906 西暦1242-1246
89代  後深草天皇 (ごふかくさ) 皇紀1906-1919 西暦1246-1259
90代  亀山天皇  (かめやま) 皇紀1919-1934  西暦1259-1274
91代  後宇多天皇 (ごうだ) 皇紀1934-1947 西暦1274-1287
92代  伏見天皇 (ふしみ) 皇紀1947-1958 西暦1287-1298
93代  後伏見天皇 (ごふしみ) 皇紀1958-1961 西暦1298-1301
94代  後二条天皇  (ごにじょう) 皇紀1962-1968 西暦1301-1308
95代  花園天皇 (はなぞの) 皇紀1968-1978  西暦1308-1318
96代  後醍醐天皇 (ごだいご) 皇紀1978-1999 西暦1318-1339
97代  後村上天皇 (ごむらかみ) 皇紀1999-2028 西暦1339-1368
98代  長慶天皇 (ちょうけい) 皇紀2028-2043  西暦1368-1383
99代  後亀山天皇 (ごかめやま) 皇紀2043-2052  西暦1383-1392
100代  後小松天皇 (ごこまつ) 皇紀2042-2072 西暦1382-1412
101代  称光天皇 (しょうこう) 皇紀2072-2088 西暦1412-1428
102代  後花園天皇 (ごはなぞの) 皇紀2088-2124 西暦1428-1464
103代  後土御門天皇 (ごつちみかど) 皇紀2124-2160 西暦1464-1500
104代  後柏原天皇 (ごかしわばら) 皇紀2162-2188 西暦1500-1526
105代  後奈良天皇 (ごなら) 皇紀2188-2219 西暦1526-1557
106代  正親町天皇 (おおぎまち) 皇紀2219-2248 西暦1557-1586 
107代  後陽成天皇 (ごようぜい) 皇紀2248-2273 西暦1586-1611
108代  後水尾天皇 (ごみずのお) 皇紀2273-2291  西暦1611-1629
109代  明正天皇 (めいしょう) 皇紀2291-2305 西暦1629-1643
110代  後光明天皇 (ごこうみょう 皇紀2305-2316 西暦1643-1654
111代  後西天皇 (ごさい) 皇紀2316-2323 西暦1654-1663
112代  霊元天皇 (れいげん) 皇紀2323-2347 西暦1663-1687
113代  東山天皇 (ひがしやま) 皇紀2347-2369 西暦1687-1709
114代  中御門天皇 (なかみかど) 皇紀2369-2395 西暦1709-1735
115代  桜町天皇 (さくらまち) 皇紀2395-2407 西暦1735-1747
117代  後桜町天皇 (ごさくらまち) 皇紀2422-2430 西暦1762-1770
118代  後桃園天皇 (ごももぞの) 皇紀2430-2439 西暦1770-1779
119代  光格天皇 (こうかく) 皇紀2439-2477  西暦1779-1817
120代  仁考天皇 (じんこう 皇紀2477-2506 西暦1817-1846
121代  孝明天皇 (こうめい) 皇紀2506-2526 西暦1846-1866
122代  明治天皇 (めいじ) 皇紀2527-2572 西暦1867-1912
123代  大正天皇 (たいしょう) 皇紀2572-2586 西暦1912-1926
124代  昭和天皇 (しょうわ) 皇紀2586-2649 西暦1926-1989
125代  今上陛下    皇紀2649- 西暦1989-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »