« 「おしん」の両親役は上戸彩と稲垣吾郎 | トップページ | 今日15日(土)は施主による「竣工検査」だ。 »

2012年12月14日 (金曜日)

塩爺がいいことを語っている!

    『塩爺』というあだ名で有名な、元財務相・塩川正十郎が伸び伸びといいことを語っている。
小選挙区での落選におびえ、選挙に勝つためだけにマスメディアを通じた大衆迎合に汲々とする政治家が多くなる。
現在の小選挙区から都道府県単位に改め、人口比で、例えば「東京都42議席、大阪府20議席、高知県2議席…」という具合に、複数の候補者を選ぶ選挙制度に変える。
新政権は社会保障、デフレ経済、震災復興、教育再生などさまざまな課題について有権者の負託に応える責任がある。快活な政治を行ってもらいたいと心から願っているが、小粒な政治家ばかりが増えてしまうと、難局を乗り越えることはできない。
優位に選挙戦を進めているという自民党は、直ちに選挙制度改革に着手すべきだ。安倍晋三総裁にはぜひ政治改革を進めてもらいたい。2度目の登板になるとしても気負うことはない。自民党、民主党の間に壁を作らず、寛容の精神を持ってすれば、かつて果たせなかった志は貫徹できるはずだ。国民のために、新しい国家像を打ち出してほしい。

塩爺のもう一度よく聞いてください】元財務相・塩川正十郎
2012.12.14 03:11
 ■政治家をどう選ぶか
 今回の衆院選では12の政党、1504人の候補者が立候補している。国民それぞれが、政治の実行能力、識見のある人物を、責任を持って選ぶべきである。
 ところで、今回の選挙に当たり、忘れてはならないことがある。それは、最高裁が昨年3月、最大2・305倍の「一票の格差」を「違憲状態」と判断した区割りで行われることだ。この格差は公示前日の3日現在で2・428倍に拡大している。確かに、最高裁は「違憲」ではなく「違憲状態」としているわけだが、今後、不幸にして、「一票の格差」を理由に、選挙無効判決が出るとすれば、政権の正統性は著しく損なわれることになる。
 先の臨時国会で、民主、自民、公明3党は11月16日の解散に先立ち、「一票の格差」是正のため衆院選挙区を「0増5減」する関連法を成立させた。3党は来年1月の通常国会で、定数削減を含めた選挙制度の抜本改革の検討に入る予定だ。
 今回は解散のため区割り見直し作業が間に合わなかったが、仮に改革が「0増5減」だけで終われば、「一票の格差」問題は尾を引く。選挙区300議席のうち、最初に47都道府県に1議席ずつ割り当て、残り253議席を人口比で割り振る「一人別枠方式」を改めない限り、何年か後に再び格差が拡大するからだ。
 そこで、私なりの改革案をお示ししたい。衆院については、現在の定数480を300に減らし、比例代表をなくす。選挙区を現在の小選挙区から都道府県単位に改め、人口比で、例えば「東京都42議席、大阪府20議席、高知県2議席…」という具合に、複数の候補者を選ぶ選挙制度に変えるのだ。
 現在の選挙制度の下では、小選挙区での落選におびえ、選挙に勝つためだけにマスメディアを通じた大衆迎合に汲々(きゅうきゅう)とする政治家が多くなる。比例代表に重複立候補し、小選挙区で負けながら復活当選する不合理も起こる。都道府県ごとに選ぶようになれば、多彩な社会経験を積んだ人材が当選でき、しかも、落選を気にせずに思い切った政治活動を行えるようになるはずだ。
 当然、「地方の声が国会に反映されなくなる」という指摘もあるだろう。それならば、参院を47都道府県に各2議席を割り振ることで定数94とし、地方の意見を代表させてはどうか。予算執行をチェックする決算や、地方自治に関する審議に重点を置くようになれば、「衆院のカーボンコピー」ではない良識の府として再生できるはずだ。
 衆院選後、新政権は社会保障、デフレ経済、震災復興、教育再生などさまざまな課題について有権者の負託に応える責任がある。快活な政治を行ってもらいたいと心から願っているが、小粒な政治家ばかりが増えてしまうと、難局を乗り越えることはできない。
 今回、優位に選挙戦を進めているという自民党は、直ちに選挙制度改革に着手すべきだ。安倍晋三総裁にはぜひ政治改革を進めてもらいたい。2度目の登板になるとしても気負うことはない。自民党、民主党の間に壁を作らず、寛容の精神を持ってすれば、かつて果たせなかった志は貫徹できるはずだ。国民のために、新しい国家像を打ち出してほしい。(しおかわ まさじゅうろう)

|

« 「おしん」の両親役は上戸彩と稲垣吾郎 | トップページ | 今日15日(土)は施主による「竣工検査」だ。 »

03  紹介しておきたい話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/48318138

この記事へのトラックバック一覧です: 塩爺がいいことを語っている!:

« 「おしん」の両親役は上戸彩と稲垣吾郎 | トップページ | 今日15日(土)は施主による「竣工検査」だ。 »