« 第二次安倍内閣の顔ぶれ | トップページ | 町会の「年末パトロール」に参加 »

2012年12月28日 (金曜日)

中国も認めた尖閣は日本領土の文書発見

    ここまで、ハッキリした証拠の文書が残っていると言うのに、中国政府は今後どの様な言い訳や理屈をコネるのだろうか?

中国政府の主張覆す文書=「後付け理屈」鮮明に-尖閣、領土問題と認識せず  http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012122700521&m=rss
 【北京時事】
  日中両国間で対立する沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島0121227at43_p)をめぐる問題では、現在の中華人民共和国が成立した1949年から、中国が初めて領有権を公式に主張する71年12月30日までの間に、中国政府内部でどういう認識が持たれていたかが大きな焦点だった。
 50年に尖閣諸島を「琉球(沖縄)の一部」と認識し、「尖閣諸島」と日本名を明記した外交文書が作成されていた事実は、71年末から現在まで一貫する「釣魚島は古来より台湾の付属島しょ」という中国政府の主張を覆すもので、中国側の主張が「後付けの理屈」であることが鮮明になった。
 これまでにも、53年1月8日付の共産党機関紙・人民日報が「琉球諸島は、尖閣諸島など7組の島しょから成る」と記述。
58年に中国で発行された「世界地図集」が尖閣を沖縄に属するものとして扱ったことも分かっていた。
 人民日報の記述について、尖閣問題に詳しい清華大学当代国際関係研究院の劉江永副院長は中国メディアに、「中国政府の立場を代表していない」と強調。しかし今回発見されたのは中国政府作成の文書で、対日講和に当たって政府としての立場や主張をまとめている。
 注目に値するのは、この外交文書が琉球、朝鮮、千島列島などの領土問題を扱いながら、尖閣諸島を主要議題にしていない点だ。
 中国名の「釣魚島」の登場は皆無。日本名の「尖閣諸島」に言及したのも1回だけで、中国が領土問題として尖閣をほとんど認識していなかった表れとみられる。
 中国外務省档案館の他の外交文書でも、尖閣諸島を扱ったものは見当たらない。
 中国政府が尖閣諸島の領有権を主張するようになるのは、68年に国連アジア極東経済委員会が尖閣周辺海域での石油埋蔵の可能性を指摘し、71年6月の沖縄返還協定で、米国から日本に施政権が返還される対象地域に尖閣が含まれてからだ。
 結局、「台湾の付属島しょ」とする現在の論理は、70年代に入って中国側が領有権を主張する際、つじつまを合わせるためにつくり出されたものとみられる。
   (2012/12/27-14:38)

|

« 第二次安倍内閣の顔ぶれ | トップページ | 町会の「年末パトロール」に参加 »

09 共産主義国・中国のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/48499457

この記事へのトラックバック一覧です: 中国も認めた尖閣は日本領土の文書発見:

« 第二次安倍内閣の顔ぶれ | トップページ | 町会の「年末パトロール」に参加 »