« いい話しだ!「日本の高技術」 | トップページ | 韓国大統領の恥ずかしい伝統 »

2012年11月20日 (火曜日)

「原発ゼロ」と言えば票になるの?

  民主党は三年前、出来もしないマニフェストを並べて国民を騙して政権を奪った。
 この騙しのテクニックが、今回の選挙でも通用すると思っているのだろうか。
 今回は、革新的エネルギー・環境戦略として「2030年代に原発稼働ゼロ」を目指すことを決定したと言うが、実際は閣議決定は見送った中途半端なものだ。
 ここでも、曖昧模糊とさせて国民を騙そうとしている。

 「脱原発」「反原発」を主張する国民には、一見、原発稼働ゼロを目指す政策として、しかし、原発推進を求める経済界やアメリカの声に対しては、いつでも稼動させる余地を残している。
  なんとも二枚舌の民主党だ。

 この裏事情を、東京新聞の取材では、
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2012092202100003.html
 『野田内閣が「2030年代に原発稼働ゼロ」を目指す戦略の閣議決定の是非を判断する直前、米政府側が閣議決定を見送るよう要求していたことが21日、政府内部への取材で分かった。米高官は日本側による事前説明の場で「法律にしたり、閣議決定して政策をしばり、見直せなくなることを懸念する」と述べ、将来の内閣を含めて日本が原発稼働ゼロの戦略を変える余地を残すよう求めていた。』


【主張】原発ゼロと衆院選 現実見ぬ選択では国滅ぶ

 2012.11.20 03:24
  日本の将来を左右する原子力・エネルギー政策が衆院選の大きな争点となっているが、民主党が「原発ゼロ」を打ち出したのをはじめ、多くの政党も「脱原発」を標榜(ひょうぼう)している。
  だが、エネルギー小国の日本が原発を完全に手放してしまうのは現実的でない
 一時のムードに流された脱原発は、ただちに国力低下につながる危険な選択であることを改めて訴えたい。
   政府・民主党は、革新的エネルギー・環境戦略として「2030年代に原発稼働ゼロ」を目指すことを決定した。原発の新増設は認めず、運転から原則40年での廃炉を徹底するという。
   しかし、原発に代わる太陽光などの再生可能エネルギーを整備する道筋は描けていない。政府試算では再生エネ投資で50兆円、省エネ投資は100兆円が必要となる。発電コストが高い再生エネの普及によって、電力料金も現在の2倍以上にはね上がる。
  電力の安定供給や代替エネルギーの確保、電力料金の値上げ、それに伴う産業空洞化にどう対応するのか。
 各政党は脱原発をうたうならば、選挙公約などでこのような疑問に、はっきりと答えなければならない。
   原発の再稼働が進まない現在の日本では、足元の電力供給すら綱渡り状態だ。
 泊原発の運転が再開できない北海道の住民・企業に対し、政府は今冬、厳しい寒さの中で7%以上の節電を求める。
 住民の生命にも危険が及ぶ。

 安定的な電力供給ができずに節電ばかり恒常化すれば、企業の海外進出が加速して雇用が失われ、国内総生産(GDP)も落ち込んでしまう。
 「原発ゼロ」が徹底されれば原子力技術者は日本で育たなくなり、廃炉作業に影響が出るのも必至だろう。

 政権奪回をめざす自民党は「10年内に新たなエネルギーの供給構造を構築する」としているが、方向性は不透明だ。まずは安全性の確保できた原発について早期に再稼働させ、電力の安定供給を実現すべきである。
 日本が蓄積してきた原発技術は、今なお世界的に評価が高い。
 福島第1原発の事故を教訓に一層安全性を高めた原発を開発し、国民の信頼を回復するとともに、世界に輸出して新興国のエネルギー需要に応える。これが日本に課せられている責務である。

|

« いい話しだ!「日本の高技術」 | トップページ | 韓国大統領の恥ずかしい伝統 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「原発ゼロ」と言えば票になるの?:

« いい話しだ!「日本の高技術」 | トップページ | 韓国大統領の恥ずかしい伝統 »