« 李明博大統領は来春逮捕必至か | トップページ | 昭和天皇「A級戦犯」墓参り(稗史) »

2012年11月16日 (金曜日)

iPS細胞の実用化は早まるか。

   iPS細胞から作り出した心臓の筋肉を、培養液を工夫するだけで、98%Ips_cells_jaの純度にまで高める新しい技術を、慶応大学のグループが開発したそうだ。
 サルの心臓に移植実験は成功している。

   開発者の福田教授は「極めて単純な方法なので、心臓の再生医療が大きく前進するのではないか」と話している。
 数年後には、人にも移植されることを期待している。

  iPS細胞:心筋細胞大量作製方法を慶大などが発見
         
 毎日新聞2012.11.16
 さまざまな体の組織になりうるヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)などから心筋細胞を、従来より効率良く低コストで大量に作製する方法を、慶応大と医薬品開発会社アスビオファーマ(神戸市)のグループが見つけたと、16日付の米科学誌「セル・ステムセル」(電子版)に発表した。重い心臓病を治療する再生医療用の細胞作製法として有望という。
 福田恵一・慶大教授(循環器内科)と同社の服部文幸主任研究員らは以前、心筋細胞に多い細胞内小器官「ミトコンドリア」を目印に、他の細胞の中から心筋細胞をふるい分ける方法を発見。今回はそれを応用した。
 他の細胞がブドウ糖(グルコース)を栄養とするのに対し、心筋細胞はミトコンドリア内の化学反応が主な栄養源で、ブドウ糖が不要と分かった。そこで、iPS細胞や胚性幹細胞(ES細胞)を育てるのに、途中からブドウ糖を含まない安価な培養液を使ったところ、心筋だけが生き残った。
 がん化につながるiPS細胞やES細胞もほぼ残らず、この方法で作った心筋細胞をサルの心臓に移植しても、がんにならなかった。福田教授は「細胞をふるい分ける高価な機械が不要になるのも利点」と話す。【野田武】

|

« 李明博大統領は来春逮捕必至か | トップページ | 昭和天皇「A級戦犯」墓参り(稗史) »

03  紹介しておきたい話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/47859709

この記事へのトラックバック一覧です: iPS細胞の実用化は早まるか。:

« 李明博大統領は来春逮捕必至か | トップページ | 昭和天皇「A級戦犯」墓参り(稗史) »