« 大人気ない男、ロンブー「田村淳」 | トップページ | チャンネルサポートシステム »

2012年11月 2日 (金曜日)

対中国で日本はロシアと連合する?

  対中国問題で、日本はロシアと連合する可能性があると中国は恐れているそうだ。
 ロシアが北方四島を無条件で返還してくれるなら、一気に中国が期待する方向に進むことになるであろう。
 それは、プーチン大統領の決断一つだ。

<尖閣問題>ロシアと日本が連合する可能性は?!プーチンの決断に警戒せよ—香港紙
配信日時:2012年11月1日 7時27分
31日、香港紙・太陽報は記事「プーチンによる日本・ロシアの対中国連合に注意せよ」を掲載した。プーチン大統領の決断でロシアが日本支持に回る可能性を分析している。写真は浙江省義烏市にある釣魚島食品店。
2012年10月31日、香港紙・太陽報は記事「プーチンによる日本・ロシアの対中国連合に注意せよ」を掲載した。
【その他の写真】
尖閣問題で中国と対立する日本にとって仲間は多ければ多いほどいい。ロシアがその候補に選ばれてもまったく不思議ではない。だが現在のロシアにとって日本以上に中国のほうが重要なパートナー。ロシア議会が中国を捨てて日本支援に傾くことはない。

だが注意するべきはプーチン大統領の決断だ。シベリア、極東地区の開発に海外の資本と技術を必要としているロシア。中国も開発協力に名乗りをあげているが、中国を牽制する意味でロシアは日本の引き込みを狙っている。

シリア問題など外交問題では中国と歩調を一にしてきたロシアだが、尖閣問題で日本につくとするならば、上述の点を考え、短期的な利益を犠牲にしても長期的利益を狙う時となるだろう。プーチン大統領は北方領土問題で2島返還による解決に前向きだという。もしこれが実現したならば中国にとっては悪い知らせとなる。(翻訳・編集/KT)

|

« 大人気ない男、ロンブー「田村淳」 | トップページ | チャンネルサポートシステム »

09 共産主義国・中国のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大人気ない男、ロンブー「田村淳」 | トップページ | チャンネルサポートシステム »