« 映画「鳥刺し」をユーチューブで | トップページ | 「LED」開発は50年前に日本人 »

2012年11月 6日 (火曜日)

「相撲」は古代イスラエルの神事

    「ヤッホー」、「ハッケヨイ」、「ワッショイ」、「エッサホイサッサ」、などは古代ヘブライ語と似ているという。
 ユダヤ人が伝えたという、京都八坂神社の祇園祭は7月1日~17日に行われているが、イスラエルの「シオン祭」はノアの箱舟がアララテ山に漂着した人類復活の日の7月17日に行われている。
 このような関連性に関心がある古代ユダヤ直系の元日本ユダヤ大使・コーエン氏は自身のDNAを使って、日本人のDNAも調べているという。

 なお、今のイスラエルを支配しているのは「アシュケナー­ジ偽ユダヤ人」だということを抑える必要がある。Imagesc_2
 つまり、8世紀末から9世紀にかけてユダヤ教に改宗した「ハザール民族」であって、国民の殆どは「古代ユダヤ直系」では­ないことに注意が必要だ。

   もし、日本人が本当にユダヤの「失われた十支族」の末裔だとするならば、ハザール人にではなく、イスラエルで格下扱いを受けている本来のユダヤ人に救いの手を差し伸べるべきと思う。

 簡単に言えば、日本人が旧約聖書にあるヘブライ人の末裔であり、皇室の存在は、旧約聖書の「神はダビデの王位を永遠に保つ」という神の契約の証拠だという。

真のユダヤ教徒はイスラエル国家を認めない

古代日本語とヘブライ語の単語の発音と意味
ミカド (帝)     - ミガドル (高貴なお方)
ミコト (尊)     - マクト  (王、王国)
ネギ  (神職)    - ナギット (長、司)
ミササギ(陵、墳墓)  - ムトウサガ(死者を閉ざす) 
アスカ (飛鳥)    - ハスカ  (ご住所)
ミソギ (禊ぎ)    - ミソグ  (分別・性別) 
ヌシ  (主)     - ヌシ   (長)
サムライ(サムライ)  - シャムライ(守る者)
ヤリ  (槍)     - ヤリ   (射る)
ホロブ (滅ぶ)    - ホレブ  (滅ぶ) 
イム  (忌む)    - イム   (ひどい)
ダメ  (駄目)    - タメ   (ダメ・汚れている) 
ハズカシメル(辱める) - ハデカシェム(名を踏みにじる)
ニクム (憎む)    - ニクム  (憎む)  
カバウ (庇う)    - カバア  (隠す)
ユルス (許す)    - ユルス  (取らせる)
コマル (困る)    - コマル  (困る)
スム  (住む)    - スム   (住む)
ツモル (積もる)   - ツモル  (積もる)
コオル (凍る)    - コ-ル  (寒さ、冷たさ) 
スワル (座る)    - スワル  (座る)  
アルク (歩く)    - ハラク  (歩く)
ハカル (測る)    - ハカル  (測る)
トル  (取る)    - トル   (取る)
カク  (書く)    - カク   (書く)
ナマル (訛る)    - ナマル  (訛る)
アキナウ(商う)    - アキナフ (買う) 
アリガトウ(有難う)   - アリ・ガド(私にとって幸福です)

|

« 映画「鳥刺し」をユーチューブで | トップページ | 「LED」開発は50年前に日本人 »

02 「うんちく」知ったかぶり」カテゴリの記事

02 「うんちく」知ったかぶり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 映画「鳥刺し」をユーチューブで | トップページ | 「LED」開発は50年前に日本人 »