« 中国首相は家宝を温め隠している。 | トップページ | 海の武士道「敵兵を全員救助せよ」 »

2012年10月28日 (日曜日)

「ホームシアター」のいろはを勉強中

 「ホームシアター」のアンプは、ONKYOTX-NR717(B)7.1ch対応AVレシーバーがいいと紹介された。
 理由は、HDMI端子入力8/出力2系統装備であること。
 
 簡単に言うと、HDMI端子出力が2系統あると、壁掛けテレビとホームシ109アターのプロジェクターを同時にアンプにつなぐことが出来る。
 1系統を2系統にする分配器もあるが薦めることは出来ないという。
 まだこの程度の知識だ。

 家を建て直し中だが、唐突にリビングに「ホームシアター」を造りたくなった。
 計画性がない場当たり的な性格が出てしまった。
  設計段階で決断をしていれば、これに合わせた間取りにしたり、プロジェクターやスピーカー取り付け箇所を補強したり、埋め込みにしたりと、いろいろあるが今となっては仕方ない。

   夫婦とも大した趣味を持たないが、映画鑑賞だけは唯一共通している。
 それに、いずれ家に居る時間が長くなるのは目にみえている。
 そんなとき、「ホームシアター」があれば、多少は充実した生活になるはずだ。
 よって、直ぐには造らなくても、建築中に隠匿配線などの準備が必要になる。
 壁や天井が隠れる数日前の決断だった。02

 プロジェクターなどの「ホームシアターシステム」は後日検討すればいいが、配線は目立たないように天井裏や壁に埋め込む必要がある。
 
 数日後には、防音効果が高い断熱材アクアフォームが壁や天井に充填される。

 そこで、秋葉原で唯一、視聴室がある「アバック」でカタログを入手するなど情報を仕入れた。
 まず、スピーカーコード60メートルとHDMI端子の10メートルケーブルを購入した。
 その他、配線図、プロジェクターやスピーカーの設置場所の補強等々を一気に勉強する。
 部屋の広さから計算して100インチ、出来れば120インチのスクリーンを置きたい。これも、プロジェクターのズーム機能の性能で制限される。
 ジックリと一年計画で、手作りするつもりだ。

Hc6800_distance

プロジェクターの位置
   天井に設置するのが理想であり、それなら、天井の補強、電源、HDMI端子。
AVコントロールの位置
 サラウンドアンプやプレイヤー、チューナー等を置く場所を決める。
 HDMI端子やスピーカーなどの全ての配線が、ここに集まることになる。
スピーカーの設置位置
 壁内に隠匿配線にして、後方、フロントスピーカーはスクリーンの横サイドに設置。センタースピーカーやウーファーのコードも必要になる。
遮光カーテンの設置
 プロジェクターは光が弱点だ。
 我が家は、一階は全て電動シャッターで暗くなるが、吹き抜けの二階部分には大きな窓ガラスがある。これには暗幕を付ける以外にない。

アバック 秋葉原本店  
 〒113-0034 東京都文京区湯島3-14-9湯島ビル1F 
  http://www.avac.co.jp/

|

« 中国首相は家宝を温め隠している。 | トップページ | 海の武士道「敵兵を全員救助せよ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ホームシアター」のいろはを勉強中:

« 中国首相は家宝を温め隠している。 | トップページ | 海の武士道「敵兵を全員救助せよ」 »