« テレビ朝日が3800万円所得隠し  | トップページ | 潜在的核兵器保有国「日本」 »

2012年10月18日 (木曜日)

中国は米との軍拡競争で体力消耗

旧ソ連と同じ罠にはまった中国、米国の仕掛けた軍拡競争で体力消耗—露メディア
配信日時:2012年7月27日 5時7分
22日、ロシア・テレビ局「ロシア・トゥデイ」は記事「米国のミサイル防衛システムが中国という経済の虎を封じ込める」を掲載した。写真は米国の最新鋭ステルス戦闘機F-22。
2012年7月22日、ロシア・テレビ局「ロシア・トゥデイ」は記事「米国のミサイル防衛システムが中国という経済の虎を封じ込める」を掲載した。
【その他の写真】
今年3月、米国防総省はアジア及び中東におけるミサイル防衛システムの構成について公開した。中国を包囲するミサイル防衛システムに対抗するため、中国は自らの核兵器システムの近代化を迫られている。中国の軍事関係者も「近代化しなければ、核の抑止力を保つことができない」と認めている。

旧ソ連はその末期に米国に対抗するため多額の予算を軍事費に注ぎ込んだ。今の中国も同様の状況にある。中国経済は今、繁栄しているかに見えるが、しかし格差は広がり、いまだ2億5000万人が貧困層として残っている。こうした問題を解決できないまま、中国政府は巨額の資金を軍事費に注ぎ込むことを余儀なくされている。

冷戦を想起させる展開となっているが、中国は果たして政治と社会の安定を損なうことなく、軍事力を強化できるのか。その将来に注目が集まっている。(翻訳・編集/KT)

|

« テレビ朝日が3800万円所得隠し  | トップページ | 潜在的核兵器保有国「日本」 »

03  紹介しておきたい話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« テレビ朝日が3800万円所得隠し  | トップページ | 潜在的核兵器保有国「日本」 »