« 日本人が忘れている親日国・ポーランド | トップページ | 石原知事辞任、後継に猪瀬副知事を指名 »

2012年10月25日 (木曜日)

「ハシシタ騒動」第三者機関で検証

 朝日新聞社には平成13年発足の「報道と人権委員会」という第三者機関があるそうだ。果たして、橋下氏、朝日、部落解放同盟、そして国民が納得いく公平な見解を示すことが出来るだろうか。
 朝日新聞出版は、同委員会の見解が出た後に、再発防止策なども含め、まず橋下市長に報告することを約束。これに橋下市長は「検証報告は具体的な役職は任せるがトップの方から、あらゆるメディアが入れるオープンな場で受けたい」との要望を伝えたそうだ。
 朝日新聞社の「報道と人権委員会」委員は、
 ・長谷部恭男 委員(東京大学法学部教授)
 ・藤田 博司 委員(元共同通信論説副委員長)
 ・宮川 光治 委員(元最高裁判事)
 の三名。
 委員への給与支給は朝日新聞社だろうし、公平なジャッジが出来るのだろうか。


 「ハシシタ 奴の本性」という企画は、数々の遺恨ある朝日グループが橋下氏をこの際とばかりに徹底的に貶める目的の企画だったはずだ。
 そして、人物のルーツを徹底的に暴くことを得意とする佐野ノンフィクション手法に期待した朝日は、グループをあげた取材班を編成してまで支援したはずだ。

 そして期待通り、これ以上ない悪意に満ちた文章を羅列して、これなら橋下をギャフンと言わせることができると、満を持して掲載したものであろう。
 ペンの暴力以外の何者でもないのに、ストップをかける人は誰もいない
 弱い者いじめするときと同じ感覚だったのだろう。
 発売日前の佐野真一氏や朝日グループスタッフの高笑いが聞こえてきそうだ。

当然ながら、橋下市長からの反論も想定していた
 「ハシシタ 奴の本性」の文中には、
 「この連載で私が解明したいと思っているのは、橋下徹という人間そのものである。
 もし万々が一、橋下が日本の政治を左右するような存在になったとすれば、一番問題にしなければならないのは、敵対者を絶対に認めないこの男の非寛容な人格であり、その厄介な性格の根にある橋下の本性である。そのためには、橋下徹の両親や、橋下家のルーツについて、できるだけ詳しく調べ上げなければならない。
   オレの身元調査までするのか。
 橋下はそう言って、自分に刃向かう者と見るや生来の攻撃的な本性をむき出しにするかもしれない。そしていつもの通りツイッターで口汚い言葉を連発しながら、聞き分けのない幼児のようにわめき散らすかもしれない。だが、平成の坂本龍馬を気取って〝維新八策〟なるマニフェストを揚げ、この国の将来の舵取りをしようとする男に、それくらい調べられる覚悟がなければ、そもそも総理を目指そうとすること自体笑止千万である。
 それがイヤなら、とっとと元のタレント弁護士に戻ることである。もっとも、一度負け犬になった男をまた起用するほど、日本のテレビは心やさしい世界ではない。それは、橋下が誰よりもよく知っているはずである。」
 と、ここまで言い切っているのだ。

 朝日も佐野も、ハブマムシのような猛毒を持って噛み付いたはずだった。
 しかし、相手から地球最強の毒を持つとされる「イボウミヘビ」の毒で逆に噛み付かれてしまったから、あっと言う間にギブアップしてしまった。
 根性なしもいいところだ。

週刊朝日の橋下徹・大阪市長をめぐる連載記事の検証について
  弊社は本日24日、本件連載記事の検証のため、弊社社長・神徳英雄(こうとく・ひでお)名で、朝日新聞社の第三者機関「報道と人権委員会」に審理を要請しました。同委員会は、朝日新聞の紙面や、弊社の発行物を審理対象としています。

 連載をめぐって弊社は、同和地区などに関する不適切な記述が複数あったことなどを理由に第2回以降の中止を決め、弊誌11月2日号で編集長・河畠大四が「企画立案や記事作成の経緯などについて徹底的に検証を進めます」などとする「おわび」を掲載しました。
 本日、弊社の役員待遇管理統括兼管理部長・井手隆司が大阪市役所を訪れ、「報道と人権委員会の見解を踏まえて、再発防止策等を講じます。見解を含め市長に報告し、弊社のホームページなどで公表します」などとする謝罪文を、報道担当課長を通じて橋下市長に手渡しました。
 報道と人権委員会は、朝日新聞社や弊社の取材・報道による人権侵害などを審理するための第三者機関で、2001年に発足しました。苦情申立人だけでなく、審理対象となる社からも委員会に審理を要請できると定められています。 現在の委員は、長谷部恭男(東京大学法学部教授)、藤田博司(元共同通信論説副委員長)、宮川光治(元最高裁判事)の各氏です。
朝日新聞社「報道と人権委員会」について
朝日新聞社や朝日新聞出版の取材・報道による人権侵害等について、調査、審議をするための第三者機関です。委員会は社外の専門家・識者で構成され、人権侵害の申し立てを受けた場合、これを審理します。審理の結果は「見解」としてまとめられます。
 委員会は2001年1月に発足しました。これまでに13件を審理し、10件について見解を公表しています。現在の委員は次の3人です。
 ・長谷部 恭男 委員(東京大学法学部教授)
 ・藤田 博司 委員(元共同通信論説副委員長)
 ・宮川 光治 委員(元最高裁判事)
 なお、委員会は、運営規則で、朝日新聞の紙面だけでなく、朝日新聞出版の発行物も審理の対象とし、苦情申立人だけでなく、朝日新聞社または朝日新聞出版からも委員会に審理を要請できると定めています。朝日新聞出版は今回、この規定に基づき、審理を要請しました。また、同規則で、「委員会は、取材・報道をめぐる問題全般について意見を述べることができる」と定めています。

|

« 日本人が忘れている親日国・ポーランド | トップページ | 石原知事辞任、後継に猪瀬副知事を指名 »

01 ごまめの歯ぎしり」カテゴリの記事

コメント

Christian Louboutin is most definitely one shoe designer which managed to transpose the dream shoes of a woman into reality, and this can be deducted also by taking a glimpse at the shoe designs created by Louboutin over time
[url=http://wellplayedsir.com/2012/10/28/replica-miu-miu-matelasse-lambskin-leather-shoulder-bag-just-go-for-it/]Allen A. Bond[/url]
Allen A. Bond

投稿: Allen A. Bond | 2012年10月30日 (火曜日) 午後 05時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本人が忘れている親日国・ポーランド | トップページ | 石原知事辞任、後継に猪瀬副知事を指名 »