« 非常に卑しい卑劣な男「佐野眞一」 | トップページ | 「橋下氏VS朝日」には前哨戦があった。 »

2012年10月22日 (月曜日)

返答次第では作家生命が絶たれる。

 作家・佐野眞一氏が「ハシシタ 奴の本性」を執筆し掲載した経緯を想像してみる
 あくまで想像だ。
 まず、朝日グルーブや「週刊朝日」は「橋下徹や維新の会」に関して、知事~市長時代を通じて一貫した労組や日教組憎し政策、更にメディアを小馬鹿する姿勢が気に入らなかった。
 そこで、「橋下や維新の会をこのままにしておくべきではない。橋下にはメディアも随分とコケにされた。朝日が親しくしている日教組もやられている。総選挙も近いので、このあたりで徹底的に叩く必要がある。執筆のネタ探しはは朝日がグループを挙げて取材班を編成して全力で探して揃える。それを土台にして、後は佐野先生の筆力に期待している」
 などと依頼した。
 これに佐野眞一氏は、
 「同和や被差別部落の問題について強い関心を持っている。それに、こんな生い立ちや経歴を持ち、ヤクザの親族がいる者に日本の政治を左右させてはならない。」
 などと、価値観や狙いが一致し依頼を受諾したはずだ。

 まあ、実際の執筆は自身ではなく若手ライターに任せた可能性も高いが、出来上がりを監修し、朝日側に読ませて両者納得ずくで掲載したものであろう。
 当然、親会社である「朝日新聞」にも閲覧させ、掲載の日程は来たる総選挙に合わせて投票日前あたりを最終にした5回程度の連載にする計画であっただろうと想像する。

 内容は、人を蔑み貶める勢いは、絶対的・確信的に力強く、興味深く読ませる力を持っている。
 当然ながら、橋下市長からの反論も想定していた
 「ハシシタ 奴の本性」の文中には、
 「この連載で私が解明したいと思っているのは、橋下徹という人間そのものである。
 もし万々が一、橋下が日本の政治を左右するような存在になったとすれば、一番問題にしなければならないのは、敵対者を絶対に認めないこの男の非寛容な人格であり、その厄介な性格の根にある橋下の本性である。そのためには、橋下徹の両親や、橋下家のルーツについて、できるだけ詳しく調べ上げなければならない。
   オレの身元調査までするのか。
 橋下はそう言って、自分に刃向かう者と見るや生来の攻撃的な本性をむき出しにするかもしれない。そしていつもの通りツイッターで口汚い言葉を連発しながら、聞き分けのない幼児のようにわめき散らすかもしれない。だが、平成の坂本龍馬を気取って〝維新八策〟なるマニフェストを揚げ、この国の将来の舵取りをしようとする男に、それくらい調べられる覚悟がなければ、そもそも総理を目指そうとすること自体笑止千万である。
 それがイヤなら、とっとと元のタレント弁護士に戻ることである。もっとも、一度負け犬になった男をまた起用するほど、日本のテレビは心やさしい世界ではない。それは、橋下が誰よりもよく知っているはずである。」
 と、ここまで言い切っているのだ。
 公の場で何か反論があって然るべきだ。
 しかし、作家、佐野眞一氏のコメントや反論が一切聞こえてこない。
 なぜだろうか。
 千葉県流山市流山7丁目の自宅兼佐野眞一事務所に引き篭っているのだろうか。
 これだけ、世間に、橋下市長に対して強いことを言い放った作家として、早期に何らかのコメントをすべきであろう。 もっとも、こんなことは、他人に言われるまでもなく、覚悟の上でペンをにぎっているはずだ。

 夕刊フジでは、佐野氏に直接取材を申し込んだが、佐野氏は「週刊朝日に『取材には応じないように』といわれている」と返答したそうだ。
 作家としては致命的な盗作癖があると言われている。
 今後の態度や返答次第では、作家生命を絶たれるおそれがある。

  国民の中には、自分で直接話す勇気も無いのか、弱虫過ぎるのだろう 。自分への都合の悪い取材は拒否するならジャーナリストなんて辞めてしまえと言う声もある。http://blog.livedoor.jp/hanatora53bann/archives/52059597.html

橋下氏VS朝日 佐野眞一氏「『週刊朝日』に取材には応じないよういわれている」
          2012.10.19   
 新党「日本維新の会(維新)」代表である大阪市の橋下徹市長の出自を題材にした連載記事を、朝日新聞社系「週刊朝日」が掲載し、橋下氏が朝日新聞の取材を拒否している問題で、出版元の朝日新聞出版は18日夜、謝罪コメントを発表した。
 ただ、橋下氏は公開論争を求めており、バトルはまだ続くもよう。
 連載が打ち切りとなるか否かが注目されそうだ。
 「同和地区を特定するような表現など、不適切な記述が複数ありました。橋下市長をはじめ、多くのみなさまにご不快な思いをさせ、ご迷惑をおかけしたことを深くおわびします」
 週刊朝日の河畠大四編集長のコメントにはこう書かれていた。「私どもは差別を是認したり、助長したりする意図は毛頭ありません」ともあったが、連載継続について朝日新聞出版は「コメントできない」としている。
 これを受け、橋下氏はツイッターで「週刊朝日の編集長から直接会って説明をしたいと申し入れがあった」と明かし、「これはオープンの場でやらなければならない」との考えを示した。
 さらに、問題の連載「ハシシタ 奴の本性」を執筆したノンフィクション作家、佐野眞一氏について、橋下氏は「(佐野氏は)そもそもが僕は『敵対する相手を絶対に許さない人格』だと断定し、僕が政治家であることが危険だという考えで連載開始。その人格を暴くために、僕のDNAを暴くと。政治的に決戦を挑んできた相手、侮辱してきた相手には負けるわけにはいかない」ともツイートしている。
 今回の論戦は、あくまで連載内容に関するものだが、在阪ジャーナリストは「橋下氏が朝日新聞を攻撃することで、結果的に、竹島発言などで離れた保守層の支持を取り戻すことになるのではないか」と分析する。
 維新の支持率低下は、合流する国会議員を選別する公開討論会がお粗末すぎたことが原因といわれている。さらに、日本固有の領土である竹島について、橋下氏が「韓国と共同管理すべき」と語ったため、保守層の空気が変わったとされる。
 こうしたなか、リベラル色が強い朝日新聞とのバトルは、橋下氏や維新が保守層に再評価されるという指摘だ。
 今後の注目は、橋下氏と朝日による公開論戦と、問題の連載が継続されるかどうか。騒動の効果もあり、週刊朝日10月26日号は、関西をはじめ各地の書店で次々と売り切れになっているが、関係者の間では「タイトルを『はしもと』ではなく『ハシシタ』としている時点で(連載継続は)厳しい」との声もある。
 夕刊フジでは、佐野氏に直接取材を申し込んだが、佐野氏は「週刊朝日に『取材には応じないように』といわれている」と返答した。

花田紀凱氏「いつもの佐野さんらしくないと思っていた」打ち切りの橋下連載に

10.20

花田紀凱氏

 連載記事を書いた佐野氏と交流のある月刊『WiLL』編集長の花田紀凱氏は、週刊朝日の連載打ち切りについて「編集長の交代は免れない」との見解を示した。

 「編集部、編集長は記事の内容をチェックするのが仕事で、明らかにそれを怠っていた。前例がないこと。編集長の交代は免れない」

 佐野氏とは「長い付き合い」という花田氏。「よく彼の性格も知っている。が、今度の件に関してはいつもの佐野さんらしくないと思っていた」と、疑問を抱いていたという。

 「人の出自はどうしようもないことで、タイトルからしてバイアスがかかり、記事を読んで嫌な感じがした。冷静さを欠いていた。編集長はどこまでチェックをしたのか。橋下さんの憤慨はもっともだと思っていた」

 朝日ブランドが受けるダメージも深刻だ。「当然、痛手は大きい。人権などのテーマを最も商売に使ってきたのが朝日。週刊朝日は子会社が出しているとはいえ、グループであることに間違いない」と、チェックの甘さが信用を傷つけたとみる。

 週刊朝日は1回での連載打ち切り、次号でのおわびの掲載により、事態の幕引きを図る。これで収束へと向かうのか。

 花田氏は「連載の打ち切りは週刊誌にとって非常に重い決断」としたが、廃刊の可能性については、「ないと思う。橋下さんの対応次第ではあるが、橋下さんは大きな選挙を控えた身でもある。この問題だけに関わっていくとは思えず、ほどほどのところで落としどころを見つけるのではないか」とみている。

|

« 非常に卑しい卑劣な男「佐野眞一」 | トップページ | 「橋下氏VS朝日」には前哨戦があった。 »

01 ごまめの歯ぎしり」カテゴリの記事

コメント

この記事を発端に、佐野氏自身、DNA・血脈を探るまでもなく、薄汚い剽窃作家であったという本性があぶりだされて、破滅寸前ではありませんか。
己の愚かさ醜さ犯罪行為を棚上げし、天に唾するがごとき自業自得のブーメラン飛ばし記事を書いた虚妄のノンフィクション売文師佐野眞一。
そのDNA血脈は子子孫孫に受け継がれ「盗人の子孫はやっぱり盗人さ」と言われても、佐野氏にとって因果応報、自らまいた種であり、恨みも愚痴もいう資格などありません。哀れな末路です。

投稿: あらま | 2012年10月25日 (木曜日) 午後 03時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 非常に卑しい卑劣な男「佐野眞一」 | トップページ | 「橋下氏VS朝日」には前哨戦があった。 »