« 中国よ尖閣にいつでも来い! | トップページ | 祝、ノーベル賞:医学生理学賞受賞 »

2012年10月 8日 (月曜日)

日本の消極平和主義は終わった。

 米国の中央情報局(CIA)の元専門家集団が運営する民間研究調査機関「リグネット」が実に的を射た分析を出してくれた。
 今までの、日本の消極平和主義は終わったという。
 分析の結果は、中国、ロシア、北朝鮮、韓国と言う平和を脅かす隣国がある限り、それなりの軍隊を持つべきだという。
 そして、「憲法第9条の改正による自国防衛の明確化への動きが起きて、左派が国民感情を利用して改正案を自動的に抑えるようなことはもうできなくなるだろう」との予測も明らかにした。
 いつまでも近隣諸国にナメられたままでは、国民の不満がつのるだけだ。
 経済活動にも 大きな支障がでる。
 それに、アメリカに頼るだけでなく、自国は自分の力で国を守る決意がなにより大切だ。
 近年の中国の激しい攻勢が、日本人の目を覚まさせてくれたようだ。The_bahamas
 中国さん、有難うと言うべきか・・・・
 日本は、まず、空母と原子力潜水艦を保有すべきだ。
 更に、日本も「核保有」を宣言すべきであり、そして核使用ドクトリン (Doctrine) を内外に表明することだ。
 これが戦争を防ぐ唯一の方法でもあり、経済活動も安定させることになる。
  外交評論家伊藤貫の試算では、核弾頭(原爆)付き巡航ミサイル200~300基と、専用の駆逐艦及び潜水艦約30隻の建設と運用にかかる軍事予算は年間1兆円となる。
 政府が開発を決定してから、最短でも4~5年かかるとされる。

【尖閣国有化】
中国の激しい攻勢で「日本の消極平和主義は終わった」 米調査機関報告書
2012.10.6 00:24
 【ワシントン=古森義久】
  米国の中央情報局(CIA)の元専門家集団が運営する民間研究調査機関が、尖閣諸島をめぐる中国の激しい対日攻勢のために日本は憲法を改正し、自国の防衛を固めるようになるだろうという予測を公表した。
  しかし日中の本格的な軍事衝突の見込みは小さいとしている。
 国際的な安全保障問題を主に分析する同調査機関「リグネット」は3日、「中国との紛争は日本に消極平和主義の再考を余儀なくさせる」と題する調査報告を発表した。
 同報告は、中国がこんごも日本に対し尖閣の主権を果敢に主張する攻勢を主に外交面で続け、尖閣自体へも艦艇を接近させていくだろうと予測し、その結果、「日本は緊張を緩和する措置をとるだろうが、国民の間に自国の防衛にはこれまでよりも強い対応が必要だという意識が急速に高まった」と診断している。
  同報告はさらに「中国における最近の反日デモでの日本側の経済的被害によって、国益の擁護には従来の『経済外交』というような方法を変えて、もっと積極果敢な対応をしなければならないという認識が国民レベルで広まった」として、自民党の安倍晋三総裁が主張するように憲法を改正して自国防衛を強化する動きが進むだろう、と述べた。
 また、「憲法第9条の改正による自国防衛の明確化への動きが起きて、左派が国民感情を利用して改正案を自動的に抑えるようなことはもうできなくなるだろう」との予測をも明らかにした。
 同報告は、こうした動きは東アジアの新しい政治や軍事の情勢の結果であり、「日本は第二次大戦終了時からの長年の消極平和主義の姿勢の放棄を迫られるだろう」との見通しをも強調した。

|

« 中国よ尖閣にいつでも来い! | トップページ | 祝、ノーベル賞:医学生理学賞受賞 »

09 共産主義国・中国のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/47352973

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の消極平和主義は終わった。:

« 中国よ尖閣にいつでも来い! | トップページ | 祝、ノーベル賞:医学生理学賞受賞 »