« 「橋下氏VS朝日」には前哨戦があった。 | トップページ | 日本人が忘れている親日国・トルコ »

2012年10月23日 (火曜日)

佐野真一は「ノンフィクションの虚人?」

 「週刊朝日」が橋下氏の実母に、記事を掲載した週刊誌を送りつけ、取材を求めたことを明らかにし、「人間じゃない。鬼畜、犬猫以下。矯正不可能だ」などと激怒した。また、おわびが掲載された同誌が市役所に届いたが、これに、「謝り方も知らない鬼畜集団」などと批判、公開の場で直接謝罪するよう求めた。
 怒りはもっともだと思う。
 ※後に週刊朝日サイドから実母へ送ってきたのは連絡が欲しい旨のレタックスだったと訂正

 さて、「ハシシタ 奴の本性」は、朝日と佐野真一氏の共同執筆と伝えられている。
 最終回までの連載を期待していたが、アッサリと朝日が白旗を揚げたのに、執筆者・佐野真一氏の声は何も聞こえて来ない。
 忸怩たる思いをしているのだろうか。
 其れとも、虎視眈眈と反撃の準備をしているのだろうか。

  朝日側は、「記事チェックのあり方を見直し、社として今回の企画立案や記事作成の経緯などについて、徹底的に検証を進めます」などと、尤もなことを述べている。
 今更、何を言うかだ。
   この「ハシシタ 奴の本性」という企画は、橋下氏に数々の遺恨がある朝日グループが橋下氏をこの際とばかりに徹底的に貶める目的で、グループを上げての企画だったはずだ。
 そして、どの作家に執筆を依頼するか、グループの総力をあげて取材班を編成するなど、徹底的に検討したはずだ。満を持して、これ以上ない悪意に満ちたトゲトゲしい文章を羅列して、これなら橋下をギャフンと言わせると踏んで掲載したものだろう。
 こんな重要な企画に、親会社の朝日新聞が全く絡んでいないはずがない。
 なぜ、そう思うかと言うと、
 これ迄の橋下徹市長のバトルの相手は全て朝日新聞社だったからだ。 
 「週刊朝日」とは、特段バトルは無かったはすだ。
 橋下徹市長も、ここが肝心と思っているはずだ。
 「企画が通ったプロセス」などの説明を聞いた上で、説明が不十分なら「また言論で戦う」と宣言している。
 また、執筆を依頼された佐野真一氏には、作家としては致命的な盗作癖があると言われている。これまで「ノンフィクション界の巨人」と呼ばれていたそうたが、実際は「ノンフィクション界虚人」だったのかと言われている。
 早期に何らかの意思表示すべきだ。

■石原都知事「佐野眞一は、いやしく卑劣で許し難い男だ」


 橋下市長:週刊朝日は「謝り方も知らない鬼畜集団」
毎日新聞 2012年10月22日 20時05分(最終更新10月22日23時08分)
 橋下徹大阪市長は22日、自身の出自に関する週刊朝日の連載を巡り、おわびが掲載された同誌が市役所に届いたことを明かし、「謝り方も知らない鬼畜集団」などと批判、公開の場で直接謝罪するよう求めた。
 記事を執筆したノンフィクション作家の佐野眞一氏に対しても「佐野を(社会的に)抹殺しに行かないといけない」などと激しい言葉を並べた。市によると、同誌を発行する朝日新聞出版の社員が22日に市職員に手渡したという。
 橋下氏は大阪市内で記者団に「僕は子供に、謝る時は週刊誌を送りつけて終わりという育て方はしていない」と批判。
 同誌が橋下氏の実母に、記事を掲載した週刊誌を送り、取材を求めたことを明らかにし、「人間じゃない。鬼畜、犬猫以下。矯正不可能だ」などと激怒した。
 また、佐野氏についても「向こうはペンの力で僕(や家族)を殺しにきた。佐野を抹殺しに行かないといけない」「僕と同じくらい異常人格者だ。佐野のルーツを暴いてほしい」などと話した。
 連載は同誌が10月26日号で始めた「ハシシタ 奴の本性」。同誌は2回目以降の連載休止を決めている。
 23日発売の11月2日号では2ページにわたる「おわび」を掲載した。【原田啓之】

【橋下氏VS朝日】
 人権に著しく配慮を欠くものになった」 週刊朝日がおわび掲載
               2012.10.22 15:04

 橋下徹大阪市長の出自を題材にした連載の打ち切りを決めた「週刊朝日」は、23日発売の最新号(11月2日号)で「記事チェックのあり方を見直し、社として、今回の企画立案や記事作成の経緯などについて、徹底的に検証を進めます」などとするおわびを掲載することが22日、分かった。
   おわびは、河畠大四編集長名で見開き2ページ。
 「次の衆院選では、第三極として台風の目になるとも言われる政治家・橋下氏の人物像に迫ることが狙いで、差別を是認したり助長したりする意図はなかった」としながらも「同和地区を特定するなど極めて不適切な記述を掲載した」
 「ジャーナリズムにとって最も重視すべき人権に著しく配慮を欠くものになった」と謝罪した。
 問題になった記事は、ノンフィクション作家佐野真一氏と取材班が先週発売の10月26日号から始めた「ハシシタ 奴の本性」。

|

« 「橋下氏VS朝日」には前哨戦があった。 | トップページ | 日本人が忘れている親日国・トルコ »

01 ごまめの歯ぎしり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/47803510

この記事へのトラックバック一覧です: 佐野真一は「ノンフィクションの虚人?」:

« 「橋下氏VS朝日」には前哨戦があった。 | トップページ | 日本人が忘れている親日国・トルコ »