« 「ホームシアター」のいろはを勉強中 | トップページ | 日本人が忘れている親日国・アジア諸国 »

2012年10月29日 (月曜日)

海の武士道「敵兵を全員救助せよ」

 ときには、このようないい話で日本人としての誇りと自信を回復することだ。

 日本軍との闘いで感動した元イギリス高官が自衛艦を表敬訪問
  そして、サムエル・フォール卿は語った。 
 「私は、当初、日本人というのは、野蛮で非人情、あたかもアッチ­ラ部族かジンギスハンのようだと思っていました。『雷』を発見し­たとき、機銃掃射を受けていよいよ最期を迎えるかとさえ思ってい­ました。ところが『雷』の砲は一切自分達に向けられず、救助艇が­降ろされ、救助活動に入ったのです」 「雷」は終日、海上に浮遊する生存者を探し続け、422人を救助­し、イギリス兵の体についた油をふき取り、熱いミルクやビール、­ビスケットを提供しました。そして工藤艦長はイギリス兵士官を集­めて流暢な英語で次のように述べます。 You had fought bravely.(諸官は勇敢に戦われた) Now you are the guests of the Imperial Japanese Navy.(今や諸官は、日本海軍の名誉あるゲストである)   

敵兵を救助せよ!【武士道】

|

« 「ホームシアター」のいろはを勉強中 | トップページ | 日本人が忘れている親日国・アジア諸国 »

03  紹介しておきたい話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ホームシアター」のいろはを勉強中 | トップページ | 日本人が忘れている親日国・アジア諸国 »