« 格言?「階段の設計が出来たら一人前」 | トップページ | さすが宦官の国!性犯罪者は「去勢」刑 »

2012年9月 9日 (日曜日)

6億円強奪事件23人目犯人を国際手配

 久々に  立川市の6億円強奪事件に関連する報道があった。
 ただ、どうして名前を出さないのだろうか。
 そして、この男が最後の事件関係者なのだろうか。
 さらに、残りの約3億6千万円は見つかるのだろうか。
 
 この事件は、平成23年5月12日、立川市の警備会社「日月警備保障」立川営業所で、約6億円が奪われた事件で既に22名の関係者が逮捕されている。
 ただ、奪われた現金のうち約3億6千万円が見つかっておらず、まだ共犯者がいても何ら不思議ではない。
 果たして今回、国際手配した首謀者が最後の関係者なのか。
 この男は、首謀者として逮捕されている元山口組系暴力団組員の小沢秀人被告に近いそうだ。
 

 立川の6億円強奪事件、首謀者の男を国際手配
  http://www.sanspo.com/geino/news/20120909/tro12090904170002-n1.html 
                      2012.9.9 04:00
 昨年5月、東京都立川市の警備会社から現金約6億円が強奪された事件で、首謀者の1人とみられる男が海外に逃亡していることが8日、捜査関係者への取材で分かった。
 警視庁は強盗傷害容疑で逮捕状を取り、国際手配して行方を追っている。
 捜査関係者によると、男はモンゴル、中国を経由して、昨年6月にカンボジアに入国。奪われた現金のうち約3億6000万円が見つかっておらず、警視庁は男が現金の保管場所を知っている疑いがあるとみている。
 事件ではこれまでに22人が逮捕されている。

カンボジアで“主犯格”拘束 6億円強奪
                                                2012年9月15日 3:53 >
   東京・立川市の警備会社から約6億円が奪われた事件で、主犯格とみられる男がカンボジアで身柄を拘束されたことがわかった。
 この事件は、去年5月、立川市の「日月警備保障」で男性警備員が襲われ、現金約6億円が奪われたもので、主犯格とみられる西沢健司容疑者(44)は海外に逃亡し、強盗傷害の疑いで警視庁に国際手配されていた。
 捜査関係者によると、西沢容疑者は潜伏先のカンボジアで、現地当局に不法滞在の疑いで拘束されたという。西沢容疑者は今後、国外退去処分になるとみられ、警視庁は現地に捜査員を派遣する方針。
 この事件ではすでに22人が逮捕されているが、奪われた約6億円のうち約3億円が見つかっておらず、警視庁は金の行方についても追及する方針。

|

« 格言?「階段の設計が出来たら一人前」 | トップページ | さすが宦官の国!性犯罪者は「去勢」刑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 格言?「階段の設計が出来たら一人前」 | トップページ | さすが宦官の国!性犯罪者は「去勢」刑 »