« リクシル新宿ショールームに行く | トップページ | 6億円強奪事件23人目犯人を国際手配 »

2012年9月 8日 (土曜日)

格言?「階段の設計が出来たら一人前」

 「階段の設計が出来たら一人前」との格言は今も生きていた。
 家ごと違う階段は、設計だけでなく施工も難しいはずだ。
1ke_2 
  常に数人の内弟子を抱えた大工の棟梁の息子として育ち、いずれ建築士か設計士になって欲しいと言われていた。

 期待に反して別の道に進んだが、父親が弟子達に図面に落としながら語っていた言葉は、50年経っても耳に残るものだ。 
 「それぞれの家に合わせた、理想の階段の設計が出来たら一人前だ。10年で任せられるようになって欲しい」などと、電卓のない当時、そろばんで割り算しながら弟子達に教えていたことを思いだす。

 このことを、設計士との打ち合わせの中で、なんとなく語ったら驚いていた。
 階段ことなど、コンピューターが簡単にはじき出すと思っていたら、現在でも難しく、昔と同じように、「階段の設計が出来たら一人前」と言われているそうだ。

  「13階段」は理想的な階段
http://z-shibuya.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-f188.html
 
 
 

 また、階段周りには、専門用語があって、
 「踏面(フミヅラ)」~階段の足でのる水平部分
 「笠木(カサギ)」~階段の手摺壁の頂部にかぶせて設ける木製の部材
 「蹴込み(ケコミ)」~蹴込み板を斜めにしてつま先が当たらないようにした部分
 「蹴上げ(ケアゲ)」~階段1段の高さ、踏み段1段の高さ
などの言葉も、耳学問で記憶していた。

Kaidan

|

« リクシル新宿ショールームに行く | トップページ | 6億円強奪事件23人目犯人を国際手配 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リクシル新宿ショールームに行く | トップページ | 6億円強奪事件23人目犯人を国際手配 »