« 家の「造作は用なき所を作りたる」吉田兼好 | トップページ | 酒田市長選は本間正巳×和嶋未希? »

2012年9月26日 (水曜日)

自民新総裁決戦投票で安倍氏逆転勝利

   数日前の「自由民主党総裁選、誰を支持するか?」というアンケートの結果、安倍晋三元首相が51.2%、石破茂元防衛相25.6%、林芳正政調会長代理14.8%。町村信孝元官房長官と石原伸晃幹事長はともに4.2%だった。

    この結果からも、安倍晋三元首相へのダントツの期待感が現れている。
    間も無く、結果は判明する。

  各候補の1回目の得票は、次の通り。
  石破氏199票(議員票34、党員票165)、
  安倍氏141票(同54、同87)、
  石原氏96票(同58、同38)、Tky201209150475
  町村氏34票(同27、同7)、
  林氏27票(同24、同3)。
  決選投票は国会議員だけで行われる。

新総裁に安倍氏 決選で石破氏を逆転 
             2012.9.26 14:21
 自民党総裁選は26日行われ、安倍晋三元首相が新総裁に選出された。国会議員票と党員票の合計で行われた1回目の投票では、過半数を得た候補者がおらず、1位の石破茂前政調会長と2位の安倍氏との間で、国会議員による決選投票が行われた。その結果、安倍氏が108票を獲得し、石破氏の89票を上回り、逆転勝利した。


自民総裁選:石破氏、安倍氏と決戦 地方票で過半数
       毎日新聞 2012年09月26日 13時45分
 自民党総裁選は26日、投開票された。党員・党友投票に基づく地方票(300票)と国会議員票(198票)の合計で
 石破茂前政調会長(55)が199票を獲得し1位、
 安倍晋三元首相(58)が141票で2位となった。
 ただ、石破氏は1回目の投票で当選に必要な過半数に届かず、石破、安倍両氏による決選投票が国会議員だけで行われることになった。
 同日午後、第25代総裁が誕生する。
 谷垣禎一総裁の任期満了に伴う今回の総裁選は14日に告示された。
 新総裁の任期は15年9月までの3年間。
 石破、安倍両氏のほか、石原伸晃幹事長(55)と町村信孝元官房長官(67)、林芳正政調会長代理(51)が立候補した。
 3位は石原氏96票、4位は町村氏34票、5位は林氏27票だった。
 そのうち地方票は26日午前、各都道府県連で党員・党友投票の開票作業が行われた。毎日新聞が地方票を集計したところ、石破氏が過半数の166票を獲得し他候補を圧倒。安倍氏が87票で続き、石原氏37票、町村氏7票、林氏3票だった。

|

« 家の「造作は用なき所を作りたる」吉田兼好 | トップページ | 酒田市長選は本間正巳×和嶋未希? »

01 ごまめの歯ぎしり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/47215749

この記事へのトラックバック一覧です: 自民新総裁決戦投票で安倍氏逆転勝利:

« 家の「造作は用なき所を作りたる」吉田兼好 | トップページ | 酒田市長選は本間正巳×和嶋未希? »