« 八王子スーパー射殺事件は解決に動くか | トップページ | 自殺は自分に対する殺人、犯人は自分 »

2012年9月13日 (木曜日)

治安の最後の砦「警視庁機動隊」

 今月の警視庁広報誌「広報けいしちょう」55号 に機動隊特集が掲載されていWide02た。
 警視庁機動隊は、昭和32年4月1日第一~第五機動隊が設置され、更に昭和44年、極左暴力集団の武装闘争が過激化し、対応する機動隊の充実が図られ、第六から第九機動隊及び特科車両隊の5個隊が新設され現在に至る。

 警視庁機動隊は、災害警備や雑踏警備はもとより、治安に不安があれば都内は元より日本各地に展開することで、治安の「最後の砦」と言われる。
 本来なら、国の治安を守る最後の「砦」は軍隊なのだが、日本の自衛隊は手枷足枷で簡単には動けない現状だ。
 よって、警視庁機動隊は、一旦命令が下れば、どのような過酷な状況下であれ、都民・国民のために全力を挙げ、命を賭けて活動しなければならない宿命にある。

 ここで言う治安問題は、日常発生する殺人・強盗・強姦・放火等の事件ではない。
 それは、国家転覆を謀る組織・団体・個人による
内乱罪、外患誘致・外患援助に当たる行為や政治上の主義主張のためには、騒乱、放火、爆発物破裂、往来危険、汽車転覆等、殺人、強盗、爆発物の使用も辞さない行為の予備・陰謀・教唆・せん動等を言う。
 当面の課題は、国際通貨基金(IMF)・世界銀行年次総会が、来月10月9~14日、東京国際フォーラム、帝国ホテル等で関連会議があり、各国要人らが東京に集まる。
 この総会警備に万全を期す警視庁としては、警戒警備に従事する機動隊を前面に出すことで、都民の協力を求めつつ、隊員の士気を高める目的であろう。

 高橋副総監は「違法行為を伴う過激な抗議活動やテロ、サイバー攻撃など懸案は多い。インターネットを通じた呼び掛けで情勢が急に変化することもある」、「全職員が危機意識を共有し、連携して対策に当たってほしい」と訓示。(2012/9/7)
 この機動隊の人事異動が、今日9月13日実施される。
  新旧各隊員、一層奮励努力して任務を果たして欲しいものだ。

 電話番号が警察署で使用している0110の代表番号を使用しているのは、四・六・九機だけだ。
 なぜだろうか。
 単に電話架設が新しいだけか。
第一機動隊(101-0091千代田区北の丸公園4-1)03-3212-8871 
第二機動隊(130-0003墨田区横川5-7-2)  03-3622-5151
第三機動隊(153-0044目黒区大橋2-17-16) 03-3466-2371 
第四機動隊(190-0014立川市緑町3567) 042-522-0110 
第五機動隊(162-0845新宿区市谷本村町6-1)03-3269-7131
 
第六機動隊(140-0012品川区勝島1-3-18) 03-3765-0110
第七機動隊(182-0035調布市上石原3-5) 042-484-3101
第八機動隊(162-0056新宿区若松町14-1) 03-3202-0551
第九機動隊(136-0075江東区新砂1-7-20)  03-3645-0110
特科車両隊(162-0845新宿区市谷本村町7-1)03-3267-2451

 
出動の歌

[1] 熱血に 誓いも固き 四千の 希望は踊る
  雪白の 輸送車こそは 警視庁 鎮めの先駆
  おお 都路の 治安(まもり)の華ぞ
   ああ 正義 われら機動隊
[2]暴力の 輩騒げば 輸送車は地軸を揺らす
  法護る 聖なる怒り 精鋭の胸にたぎりて
  出動は怒濤のごとし
   ああ 我ら機動隊
[3]ふしぎなる えにしの糸に 結ばれて 友と相呼び
  共に練り 共に学びて 永遠の 真理求むる
  おお くろがねの 契りも固き
   ああ 光り われら機動隊
[4]厳正の規律の下に たゆみなく 時潮(じちょう)を学び
   堂々と ゆるがぬ備え 我にあり 死をもおそれず
   いざや行かん 白き輸送車 
  ああ誇り 我ら機動隊

この世を花にするために(機動隊応援歌)」
 作詞:川内康範
 作曲:猪俣公章
 歌唱:橋 幸夫
1.若いいのちは 誰でもおなじ
  空と海とが 好きなのさ 
  けれども 街が暗いから 
   この世を花にするために
  いのちを歌う 機動隊 
2.恋もなさけも 人間らしく
  してもみたいさ かけたいが 
  それすら 自由になりはせぬ
  この世を花にするために
  鬼にもなろうさ 機動隊
3.何を好んで そしりをうける 
  損はやめろと 言われても 
  信じているんだ 太陽を
   この世を花にするために
  明日に生きる 機動隊

新人機動隊員が訓練 警視庁
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120921/crm12092120420027-n1.htm
                                               2012.9.21 20:40
  警視庁の機動隊に新しく入隊した隊員が警備の基本技術を訓練し、披露する「新隊員合同訓練」が21日、東京都で行われた。“Crm12092120420027p1新人”隊員たちが厳しい表情で、暴徒化したデモ隊への対応や催涙ガス銃の操作訓練に取り組んだ。
 訓練には今月、機動隊に配属になったばかりの警察官ら約480人が参加。鉄パイプなどの暴力に対して身を守る楯の使い方など、入隊で習得した基本的技術を、藤山雄治警備部長の前で披露した。
 藤山警備部長は「入隊後、続けてきた訓練の成果が現れていると思う。日々、真剣に取り組むことが大切」と激励した。
 一方、羽田空港(大田区)では、10月に都内で開かれる国際通貨基金(IMF)・世界銀行年次総会に向け、東京空港署などがテロ対策訓練を行った。

|

« 八王子スーパー射殺事件は解決に動くか | トップページ | 自殺は自分に対する殺人、犯人は自分 »

コメント

出動の歌 いい歌ですよね 昔 剣道の飲み会で誰か歌ってたような(?_?)この歌ともう一曲 この世を花にするために

投稿: ひろ | 2015年9月15日 (火曜日) 午前 10時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/47008085

この記事へのトラックバック一覧です: 治安の最後の砦「警視庁機動隊」:

« 八王子スーパー射殺事件は解決に動くか | トップページ | 自殺は自分に対する殺人、犯人は自分 »