« 酒田の阿部市長が山形3区出馬へ | トップページ | 中国から国を守るには『核武装』以外ない。 »

2012年9月18日 (火曜日)

他国の軍事に敏感に反応する中国

 中国よ、軍事のことは「あんたにだけには言われたくない。」
 日本は戦後一貫して、アメリカからの押しつけながらも平和憲法を守ってきたのだ。
 しかし、周辺国、特に中国・ロシア・北朝鮮・韓国が、度を過ぎた内政干渉、侵略行為、日本人拉致などの挑発行為により、平和憲法を維持できない状態だ。
 

 中でも、中国の急激な軍事力強化がパワーパランスを不安定化させている。
 最近、次期総裁候補として呼び声が高い、石破茂元防衛大臣が「自衛隊国防軍にする必要がある。」と公言したことに対して、中国は「日本の平和憲法に完全に背く内容だ。」と問題提起した。
 良く言えたものだ。
 とにかく、「あんたには言われたくない。」と日本人なら全員思うはずだ。
  ただ、中国、韓国などの隣国が一番恐れているのは日本が軍隊を持つこと、更に核を保有することと推測できる。

中国人民解放軍の正体
 中国情勢に精通する鳴霞氏の新著『中国人民解放軍の正体―平和ボケ日本人への警告!!』を紹介しながら、「国防動員法」の施行や「尖閣包囲構想」など、着々と「日中有事」に備えている中国の本音。
 まずは鳴霞氏の話をじっくり聞いてみよう。


■「日本 軍事力」に関する他の記事」
               2012年9月18日 11:00
 第2次世界大戦の敗戦国である日本は軍隊を持てず、小規模の自衛隊しか持つことができない。これは日本の平和憲法に明記されている。
 しかし石破氏は防御型の自衛隊を、攻撃型の「国防軍」に変えようとしているのだ。
 これは日本の平和憲法に完全に背く内容だ。
 中国人民解放軍海軍情報化専門家委員会主任の尹卓氏は、
 「自衛隊とはただの呼称にすぎない。日本が実際に持つ軍隊は、その規模、質、軍事力の構造のいずれの面から見ても、国防軍の規模を持っている。
 特に海軍と空軍は、高い攻撃能力を持っている」
 と指摘した。
 尹氏は、「これはすでに自衛にのみ用いられる軍事力ではなく、1950年代に米国が策定した自衛隊の構想とは完全に異なっている。自衛隊の装備の技術水準は、米国に並んでいる」
 と述べた。
 ◇大・中型艦艇の数は世界3位
  海上自衛隊は140隻の主力艦艇を持つ。
  大・中型艦艇の数は世界3位で、その多くが過去10年内に配備された新型艦だ。
  海上自衛隊は6隻のイージス艦を持つ。
  そのうち4隻は米アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦を基に設計された「こんごう型護衛艦」で、2隻はこんごう型を改造した「あたご型護衛艦」だ。
                     (続)(編集担当:米原裕子)

■石破氏の国防軍発言 憲法に背くと新華社通信
                  2012年09月17日(月) 09:36
  中国新華社通信は自民党総裁選挙に出馬している石破茂元防衛大臣が「自衛隊を国防軍にする必要があると公言した」と報じて「日本の平和憲法に完全に背く内容だ」と問題提起した。
  記事は「第二次世界大戦の敗戦国の日本は軍隊は持てず、小規模の自衛隊しか持つことができない。これは日本の平和憲法に明記されている」とし「石破氏は防御型の自衛隊を攻撃型の国防軍に変えようとしている」と強い警戒心をうかがわせた。
  新華社通信は日本の軍事力総まとめ「主力戦車の水準が米国を上回る」との特集記事トップ扱いで、この発言を取り上げた。
  石破元防衛大臣が平和憲法の精神を遵守するのは当然で、憲法改正後も、専守防衛の立場にかわるところはないが、自衛隊の実態に即した名にすべきとの意向が誤解を招いている。
  石破元防衛大臣は国家安全保障のあり方について「文民統制を強化し、国全体で安全保障に取り組む国家安全保障基本法の制定や国家安全保障会議の創設、自衛隊に領土保全と邦人救出を加える、自衛隊のあるべき姿を再検討する」などの必要をあげている。(編集担当:森高龍二)

|

« 酒田の阿部市長が山形3区出馬へ | トップページ | 中国から国を守るには『核武装』以外ない。 »

01 ごまめの歯ぎしり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/47119289

この記事へのトラックバック一覧です: 他国の軍事に敏感に反応する中国:

« 酒田の阿部市長が山形3区出馬へ | トップページ | 中国から国を守るには『核武装』以外ない。 »