« 中国の林凡女氏「尖閣は日本領」微博に書き込み | トップページ | 韓国が日本と同格「Aa3」に格上げ »

2012年8月28日 (火曜日)

河野洋平が日韓関係をダメにした。

  橋下徹大阪市長は、慰安婦問題は「日韓関係をこじらせる最大の元凶」と批判し、石原慎太郎東京都知事も、「訳が分からず認めた河野洋平っていうバカが日韓関係をダメにした」と断じた。
 これは、1993年に河野洋平官房長官(当時)が旧・日本軍による従軍慰安婦問題をめぐって 、「心からのおわびと反省」を表明したことに端を発する。
 この発言を渡りに船とばかりに、ありもしない従軍慰安婦問題が大きくなった経緯がある。
 ただ、この問題を捏造し拡大したのは朝日新聞であることを忘れてはならない。
 「従軍慰安婦」という言葉は朝日新聞記者の造語なのだ。
 

 河野洋平元官房長官の国会参考人招致の動きがあるが、この際、慰安婦問題捏造に加担した福島瑞穂高木健一等の弁護士、朝日新聞の植村隆記者も一緒に招致し、ハッキリさせて欲しいものだ。
 そして、国会議員メディアが主導する、日本を貶める売国行為を一掃する切っ掛けにして欲しい。
---------------------------
 思わぬ「李明博効果」河野談話見直し論噴出 
                   2012.8.28 01:23
 韓国の李明博大統領による竹島への不法上陸をきっかけに、慰安婦募集の強制性を認めた「河野洋平官房長官談話」の見直しを求める動きが活発になっている。
 27日には松原仁国家公安委員長が談話見直しに意欲を表明。
 背景には、竹島上陸に踏み切った理由として慰安婦問題での「日本の誠意のなさ」を挙げる李氏への反発がある。歴代政権が不可侵としてきた河野談話だが、思わぬ“李明博効果”で国会審議の焦点となっている。(杉本康士)
 「政府が発見した資料には軍や官憲による強制連行を直接示す記述も見当たらなかったとしていることなどを踏まえつつ閣僚間で議論すべきだと提案したい」
 松原氏は27日の参院予算委員会で河野談話を踏襲する政府方針に従う一方、政府内で見直しに向けた働きかけを行う考えを示した。
 河野談話は発表当時から資料的根拠がないと指摘されてきた。
 平成7年の村山富市首相談話、22年の菅直人首相談話では慰安婦問題への直接的言及はなかったが、歴代政権は河野談話を踏襲。慰安婦をめぐる韓国側からの謝罪要求の根拠ともなってきた。
しかし、李氏の竹島上陸直後から河野談話への批判が相次ぎ噴出している。
 国会審議では、まず衆院予算委員会で自民党の下村博文元官房副長官らが見直しを要求。新党「国民の生活が第一」の森裕子参院幹事長は27日の参院予算委終了後、理事会で、談話作成に関与した河野氏と石原信雄元官房副長官の参考人招致を求めた。
 自民党の安倍晋三元首相も27日の産経新聞のインタビューで、河野談話などを見直し、新たな談話を発表すべきだとの考えを表明した。
 次期衆院選で台風の目となる「第三極」からも発言が続出。
 橋下徹大阪市長は24日、談話について「日韓関係をこじらせる最大の元凶」と批判し、石原慎太郎東京都知事も「訳が分からず認めた河野洋平っていうバカが日韓関係をダメにした」と断じた。
 ただし、野田佳彦内閣で談話見直しが実現する可能性は低い。
 27日の予算委で河野談話を引き続き踏襲する考えを示した首相は、昨年12月の日韓首脳会談で「知恵を絞りたい」と発言し、李氏に過剰な期待を抱かせた張本人。
 李氏の竹島上陸の原因を慰安婦問題とからめることは、自らの失策を認めることに等しいためだ。

【従軍慰安婦問題の元凶の一つ「河野談話」見直しか?】
 河野洋平が国会に参考人招致を外山斎参議院議員が要求!   
http://www.best-worst.net/news_afn90cgxSq.html
竹島問題で思わぬチャンスが
 従軍慰安婦の日本軍による強制連行という「デマ」が定着した元凶の一つに「河野談話」がある。
 1993年8月4日に当時の宮沢内閣官房長官の河野洋平氏が発表した談話である。
河野氏本人が日本軍が強制連行を認めたのかどうかについては現在も議論が続いてる状況である。
 ただ、当時の官房長官が「従軍慰安婦」に対し謝罪したという事実が根拠となり「従軍慰安婦問題」が韓国の外交カードに利用されていることは事実だ。
 史料的にはなんら確認されていない「日本軍による組織的強制」という濡れ衣が定着してしまったのだ。
 この発言が、日本に非常に不利益となり、日韓関係を歪める原因となっていることは確かである。
 「竹島問題」においても、全く関係ない「従軍慰安婦」の話が韓国側で浮上してくる。
 そして、そのことが逆に「河野談話」を見直すべきだという動きを生み出したのである。
河野洋平氏の国会参考人招致を
 2012年8月27日に新党「国民の生活が第一」の外山斎参議院議員が、参院予算委員会で「河野談話」の内容の事実関係、経緯を確認するため河野洋平氏と当時の官房副長官の石原信雄氏の参考人招致を求めた。

|

« 中国の林凡女氏「尖閣は日本領」微博に書き込み | トップページ | 韓国が日本と同格「Aa3」に格上げ »

08 朝鮮半島に関すること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中国の林凡女氏「尖閣は日本領」微博に書き込み | トップページ | 韓国が日本と同格「Aa3」に格上げ »