« 日本の外交は“いじめ被害者”と同じ? | トップページ | 酒田出身プロ棋士・阿部健治郎五段 »

2012年8月12日 (日曜日)

韓国は国際司法裁判から逃げるな!

 韓国は国際社会と共に歩み、交流するグローバル・コリアを展開するなら、まず国際司法裁判から逃げるな!Img13_060422
 この裁判で、仮に日本側に不利な判決が出ても、日本国民はそれを受け入れる用意があるのに、土俵にも上ってこない、臆病な韓国だ。

 オリンピック最中の8月10日、韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領が日本固有の領土・竹島を無断で訪問した。また、五輪施設内で政治的活動を禁じているのに、韓国の朴鍾佑選手が「独島は我々の領土」と書かれたメッセージをミレニアムスタジアムで掲げた。

  平気で違法行為や汚い方法で自己主張する国柄なのに、国際司法裁判所(ICJ)からは何故逃げるのだろうか。131257413673913311628
 韓国は、「5000年前から我が韓国領だ」と主張するだけでは説得力が無い。
 何か日本国民が納得いく証拠を示して欲しい。

 江戸時代「鬱陵島」は「竹島」と呼ばれ、現在の「竹島(韓国名・独島)」は「松島」と呼ばれていたことから、韓国民も勘違いしていることは理解出来る。また、自国や自分を客観視できない、歴史をねじ曲げることも平気な、民度の低さは一流の国民であることも分かる。

 
 しかし、大阪育ちで日本贔屓の李明博(イミョンバク)大統領が、韓国内の世論を高めて裁判を受け入れる決断をするなら、日韓の歴史に名を残す名大統領になる。
 いつまでも、日韓にしこりを残すより、数年中に解決したほうが両国のためだ。
 
 この領土問題が解決したなら、日本からの韓国援助に反対の声は少なくなる。

-------------------------------
竹島:国際司法裁判所への提訴 日本、領土問題アピール
        毎日新聞 2012年08月11日 19時32分Plc12081112280012p1
 日本政府は11日、竹島(島根県)の領有権問題をめぐり、約半世紀ぶりに国際司法裁判所(ICJ)に提訴する検討に入った。
 韓国の李明博(イミョンバク)大統領による竹島上陸への対抗措置だが、ICJは紛争当事者双方の合意がなければ手続きが始まらない仕組みで、韓国は応じない可能性が高い。それでも政府が提訴へ動けば、韓国の否定する領土問題の存在を国際社会にアピールできるとの計算がある。
 「韓国は『グローバル・コリア』を標ぼうしているわけだから、当然(提訴に)応じるべきだ。領土問題の存在も当然、国際社会が知るところになる」。玄葉光一郎外相は11日、外務省で記者団にこう語り、国際社会へのメッセージを意識していることをにじませた。
 過去にも政府は1954、62年と提訴へ動いたが、韓国側が拒否。
 65年に日韓基本条約を結んで以降は「韓国が一番嫌がる手法」(政府高官)が日韓関係に与える影響を考え、控えてきた。
 今回の竹島上陸で韓国自ら領有権対立の火に油を注ぐ形になり、政府関係者は「韓国が静かに実効支配を強めるだけならやりづらかったが、こちらも遠慮する必要がなくなった」と説明する。
 政府は北方領土問題でも72年に提訴を提案してソ連(現ロシア)に拒否されたことがあり、竹島問題で提訴を検討することはロシアへのけん制にもなる。
 ロシア側はメドベージェフ首相の国後島訪問や経済開発などによって実効支配を強めており、日本政府は北方領土問題も念頭に、こうした領土問題に省庁横断で取り組む態勢を整備することにした。
 一方、海洋進出を強める中国への対応や北朝鮮情勢を考えれば、日韓関係に決定的な亀裂が入るのは避けたいというのも日本政府の本音だ。
 経済的な対抗措置や、両国首脳が相互に訪問する「シャトル外交」の中断などには踏み込まない構えで、玄葉氏は「領土問題には領土問題で、というのが基本だ」と語った。【西田進一郎、横田愛】

|

« 日本の外交は“いじめ被害者”と同じ? | トップページ | 酒田出身プロ棋士・阿部健治郎五段 »

08 朝鮮半島に関すること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本の外交は“いじめ被害者”と同じ? | トップページ | 酒田出身プロ棋士・阿部健治郎五段 »