« 「韓国人は日本が大嫌い」に大人の対応? | トップページ | 「殺される覚悟で言う。韓国人は強制従軍慰安とか歴史捏造をやめるべきだ」 »

2012年8月15日 (水曜日)

ナゼ、韓国、竹島問題に及び腰になる?

 カルト宗教団体、創価学会が、大手メディア教育機関をはじめ、司法、立法、行政など、日本社会の隅々に入り込んでいるからだ。
 その恐ろしい実態を、この方のブログをコピペしてお知らせしたい。
 朝鮮半島からの強い影響がある宗教には、要注意だ。
----------------------------------
竹島と韓国になぜ日本の政治が及び腰なのか
 http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/e492d6803bb6bdc5dbe70077b674cefd
                        2012-01-15 | 日記
 日本国民として心得ておかねばならないことなのに、案外知られていないことが幾つかありますが、今日はそのうちの一つを・・・
 過去何度か述べてきていますが再び整理がてら、論評は最小限に、なるべく事実のみ簡略に並べてみます。
 ご判断はどうぞ皆さまで。
 日本の政治家がなぜ韓国に対して 奇妙なまでに顔色伺いの及び腰であるのか、 竹島を放置し続けているのか、その原因の一端はここにあるのではないかとも思われます。
 ソウルオリンピックスタジアムで行われた、 「独島は韓国領土」マスゲーム。主催は創価学会です。
 週刊文春は2005年5月26日号記事
 韓国SGI創立以来、最大規模のイベント (注;SGI=等価学会インターナショナル)
 五月十五日、ソウル・オリンピックスタジアム。
 韓国SGI創価学会インタナショナル)が主催する「愛国大祝祭」は、 韓国全土から十万人の会員が訪れ、盛況を極めた。 最初のうちこそ、韓国の伝統芸能や韓国芸能人のミニコンサートが催され、和やかに式は進行していった。
 しかし中盤に突然、オーロラビジョンに竹島が映され、マスゲームで「独島(竹島)は韓国の領土である」 という文字が作られると、会場には怒号のような歓声が上がった。略)
 池田大作SGI会長は事あるごとに、 『韓国は日本に仏教を伝えた偉大な国。 (注・事実とは異なります)その韓国を侵略した日本の軍国主義は間違っていた」と会員にメッセージを発しています。
 八○年代初めには、三二独立運動の女性闘士・柳寛順を褒め称える発言もありました」(韓国SGI元幹部) この日、会員たちの中には感激の余り泣き出すものもいた。
 反日という戦略は効果てきめんだったようだ。
 ・・・・・引用以上・・・・
 公明党の竹島認識は当然韓国領土であるということでしょうか。
 母体の創価学会がその認識であるならば。では、その公明党と結託することは、その政党及び政治家は竹島問題は実質的放棄ということになりますね。
 更に言えば、反日支持、少なくとも黙認、容認・・・・。 (従えているのは在日の手下2名だという情報を拾えましたが、しかし真偽の程は解りません)
(同じく若き日、何の運動をなさっていたのか解りません)
以下は池田大作氏が平成9年に南朝鮮に建てた碑の碑文です。

安らけき朝の光に 貴国を想う
 古の書に「東表日出之国」と謳われ
 山高く 水麗しき 風雅の国
 東海の小島へ 重畳の波浪超え
 あまたの文化 文物をもたらし
 尊き仏法を伝え来りし 師恩の国
 隣邦を掠略せず 故郷の天地 守り抜く
 誉の獅子の勇たぎる 不撓の国

 然れども 世紀の災禍いくたびか
 小国の倨傲 大恩人の貴国を荒らし
 大国の横暴 平和の山河 蹂躙す
 アボジ(父)、オモニ(母)の叫喚は
 我が魂に響き その傷み須臾も消えず
 不思議なるかな今 悲劇の祖国に
 巍巍堂堂たる地湧の同胞 湧き出で
 韓日新時代へ 敢闘の前進を開始せり

 敬愛せる貴国の友人いわく
 「心をとざして相対すれば戦いとなり
 胸襟を開き相語れば平和となる」と
 過去を忘却せず 現当へ誠信尽くし
 人道と正義の 大いなる旭日昇る
 韓日友好の「新しき千年」築かん
 無窮花の如き 馥郁たる幸と平和の楽園
 アジアと世界へ永遠に拓かん と誓いつつ
   一九九九年五月三日 池田大作
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
要約してみます。
 韓国は小さな島である日本に仏教他の
 文化などもたらしてくれた。
 隣国を侵さぬ立派な強い国である。
 ところが日本というつまらぬ国が
 その傲慢さをもってして
 大恩人である韓国を荒らしてしまった。
 アボジ(父)やオモニ(母)の悲痛は私の魂にも届き、
 瞬間も消えることがない。ところが
 地湧の菩薩(地から湧きいでるごとき韓国人創価学会員)が
 出現。韓日新友好時代へ向けて行進を始めた。
 日本は韓国へ悪を為したその過去を忘れず
 韓国に誠意と謝罪を尽くし、
 国の国花であるムクゲの花のごとく

 香り高い楽園を作ることを誓います。←(注;ムクゲ=韓国が主語と読めますね。
 楽園は韓国にとっての楽園でしょうか)  
 蛇足だとは思いますが、念のため付記しておくと、仏教の伝来はインド発で朝鮮半島を「経由した」というだけであり、 「経路(ルート)」に過ぎません。
 また伝来は南伝・北伝と双方あり、伝来のルートは、朝鮮半島のみではありません。
 朝鮮半島経由も、源流は中国ですが、そもそもオリジナルはインドなのであり、
創価学会が重用する法華経の編纂は天台大師智(中国)であり、朝鮮発ではない。
しかも、釈迦直伝ではない智の創作経典であることがすでに検証されています。
つまり、創価学会がその依経とする法華経は本来の仏教ではありません。
ですので、朝鮮が日本に「仏教」を教えてくれたというのは
学術的にも史実としても誤りです。

 また「南無j妙法蓮華経」というお題目は日蓮上人であり、朝鮮と何の関わりもありません。
 意図的ごまかし文ですね・・・。
 また文化を教わったごとき事実もほとんどないことは、拙ブログでしばしば検証してきたとおりです。
 創価学会が採択している大乗仏教そのものの学問的位置づけももはや明確になっていますし、その大乗仏教(法華経)や日蓮上人の言説と学会的主張と齟齬を来す部分は「文底秘沈(もんていひちん)」・・・つまり表ではこう説いているけれど、実は日蓮の真意はこうなのだよ、という二重読みの、読み解き技まで編み出して・・・
う~ん・・・・改めて検証してみると、稚拙というも愚かなほどの稚拙さ・・・
しかこの稚拙な作為を信じこんでいる人達が驚くべくいて、それらが在日の総数たちと組んで数をたのみ政治さえ動かしているという・・・・慄然たる現実・・・。
池田大作氏が韓国仏教団に語った言葉。

「韓国は日本にとって『文化大恩』の「兄の国」である。
『師匠の国』なのである。
その大恩を踏みにじり、貴国を侵略したのが日本であった、故に私は永遠に罪滅ぼしをしていく決心である」と語った。
(平成十二年(二〇〇〇年) 五月二十二日付聖教新聞より)

|

« 「韓国人は日本が大嫌い」に大人の対応? | トップページ | 「殺される覚悟で言う。韓国人は強制従軍慰安とか歴史捏造をやめるべきだ」 »

08 朝鮮半島に関すること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「韓国人は日本が大嫌い」に大人の対応? | トップページ | 「殺される覚悟で言う。韓国人は強制従軍慰安とか歴史捏造をやめるべきだ」 »